メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

書籍紹介「Gmail仕事術」

友人の樺沢さんがGmail本出版されました

編集の人の押しで「メールの超プロ」だそうです(^。^;)



アマゾンキャンペーンが本日夜中まで展開されています


献本頂いたのですがコメントは避けます

Gmailを活用できていない方一読されてはいかがでしょう

キャンペーンの音声
一本しか聴いていませんが、これを1500円で買ったと思っても
まあ納得してもいいかもしれません

技術屋でもなく、メールの研究者でもない方
細かな点など残念なところは多々ありますが
お医者様が書かれたGmail本としては実用性はあります


ちなみに、メールソフトはThunderbirdを使いましょう
書かれているような不便はありません
こでだけでも千円くらいの価値があるかも

樺沢さんのAmazonキャンペーン

ATOM330ベアボーンその後

購入したばかりのATOM330ベアボーン
ZOTAC/ASKTECH ION N330Dual CoreINTEL ATOM BareBone

さすがNTT-X Storeで休日の注文なのに月曜の昼直前に届きました
アマゾンプライムより使えます

手持ちの320GB SATA HDDとDDR2 667 512MBメモリー二本追加
DVDドライブはUSBで外付け

この構成でとりあえずOSインストール

WindowsXP SP1を手始めに40DB領域切ってインストール
何のこともなく入りました
古いものですからIONプラットフォームでは
認識できないのではないか
そう懸念したのがうそのようにあっけなく
インストール後に各種ドライバーを入れると
ATOMなのに1680*1050表示ができてしまいました
買おうと思っていたグラフィックボードは
ほぼこのベアボーンと変わらない金額

デュアルディスプレーは未検証
できたらすごいですね

FANレス構成なのでそのまま使っています
BIOSでみるとあと一歩で100度
良いのかなと思いますが動いているということは
設計上はOKなんでしょう
でなければ、緊急停止かエラーが表示されるでしょう

小さなファンが添付されていて心配な人は
お金をかけずにファンを増設できるようになっています
親切設計

タスクマネージャーではCPUのグラフが4つ
HT(ハイパースレッド)で擬似的に2cpuに見えるコアを
2つ搭載しているため2*2で4つ表示されます

AVAST!をインストールしディスクの完全チェック
core2duoでも結構重くて同時に何かしたくない状態

その状態でブラウザー立ち上げマイクロソフトサイトから
動画再生を試しました
当然のようにシルバーライトがインストールされ
その後の再生になりますがストレスなし

1.6GHzは伊達じゃないんだと思わせられました
Pentium4なみという表現する人もいますが
そこまでの性能はないでしょうが、それでも結構やるもの


ついでCentoOS
この段階までに2つつまづきました
1.SATAケーブル刺す位置
 場所が悪いとUSB接続のDVDドライブを認識しません
 ということでインストールできない
 視力悪いので山間で接続
 熱設計上こっちのほうがまし
 そう思った方がダメでした
 接続を変えると無事認識

2.IONマジック
CentOS4系列からはどうしてもHDD認識できず
おそらくION系列経由でHDD見られないのでしょう
デバイスドライバーがないということ
最新の4.8を落として試すもダメ
セキュリティーパッチしか出ないのだから
まあ、やむを得ません
32bit、64bit両方だめでした

5系列も初期のものはダメ
最新のCentOS5.4ダウンロードしてDVD作成
一発でインストールできました
テキストモードになってしまった原因は不明
指がキーボードに触ってしまったのかも

無事インストール終えましたがVMware Serbver1.05
インストールでつまづいています
作業時間切れでまだそこまで

秋葉原電気街のFaithにて320GB HDDとDDR2 800 2GB
メモリーを二枚購入してきたので差し替えて
CentoOS install から再試行してみます

この次躓くのはWi-Fi認識だろうと予測しています
さて、Linux用のドライバーはあるのか
自動では認識されていません

マザーボード上にはNIC一個しかなく不足
どうしてもInternet向きとLan向けに別ネットワークを
物理的に組みたい

明日までにけりがつくことを切に願っています
まだ在庫があれば2台くらい注文します

秋葉原では在庫切れでした
Faithに一台展示現品のみ存在

ベアボーン18,800円
本日価格でHDDとメモリー4GB分で10,250円
3万円でお釣りがきました



CPU上のヒートシンクは触らないほうがよいです
火傷しそうに熱い

さてマシン分解してHDDインストールしなおし
ついているマニュアルはこの値段にしては丁寧
しかし、HDDは、図解に従うと入らない
無視して90度方向からためすと入りました

本当はSSDで耐久テストもやってみたいのですが
それは将来の楽しみにとっておきます



Baidu Type現状と要望

先日のBaiduTypeでついに辞書登録機能ができた

という記事に、BaiduType開発チームさんから丁寧なコメントを今回もいただきました。

ブログの各記事への対応やTwitterでの対応など頭が下がるばかりです
これだけのモチベーションを維持した開発チームが存在することは
嬉しくて仕方ありません。

ということで、今回もBaiduType使いましょ
というのが趣旨です

様々な日本語変換エンジンを使ってきました
一番初めは、まだIMEなどというものがない時代
ユーカラARTというNEC9801用のワープロでした
ものすごい性能でESCキーを押すと何ページ書いた文章でも順に変換が戻せる。
くせは強く、FEPでさえなかったのでそのアプリでしか使えないものでした。

FEPはNECとマイクロソフトのものがdos2.11から存在しVJEβがあり松があり、オーロラエースや一太郎の前身があったりしました。

どれも不満が大きかったのですが、一番手に馴染んだのはVJEβ
今でも販売されればすぐ購入するでしょう

FEPからIMEへと変わっても変換候補が気に入らない
イライラさせられることは変わりがありません
なんでも褒められるMACでさえ、マッカーの合言葉が
「ことりえのバカ」でしたから
(本当にオフ会で初めて会う時の合言葉でした)

そんな中で不思議に使えるのが制限の多い携帯電話
割りにサクサク変換できる

ソニーだったかどこかの研究所だったか専門のIMEを
パソコン用にも提供してくれたPOboxが割に良い感じでした

BaiduTypeが素敵だなと思ったのは開発コンセプト
携帯電話が使いやすい
だからその良いところをパソコンに取り入れよう

こういう発想大好きです

思いつきだけではなく実現し
さらにこうしてフォローしまくるのは、もう素晴らしいの一言です
(中の人ではありません)


さて本題
では要望は何か?
となるとコンセプトで実現できていない部分

辞書登録機能は筆頭でした
携帯電話でも使いたい単語を作って登録出来る
パソコンで出来ないのはひどい

次にあるのは文字種でしょうか
BaiduType使っていて不便なのが全部全角扱い
多くのIMEではテンキーは半角とかカンマは、,どちらか
ー―など設定ができます

何度か変換繰り返せば覚えてくれるものもありますが
ダメな場合もあり設定できると嬉しい

携帯電話でもIT辞書など専門辞書がダウンロードできるようになり
ずいぶん経ちます
やはり、一種類の辞書だけでは苦しくて専門用語を
登録した辞書が欲しいし、切り替えて使いたい

専門分野があると特にそう感じます

ここまでは携帯電話の機能でもはや標準的なもの

パソコンならではな機能では、マウス直接入力や
編・つくり・画数などから文字を探す機能
どうしても読みから変換してくれないことがあり
単漢字でいいからさくっと出す手段が欲しくなります

パソコンらしさではインライン入力もほしい
これはBaiduTypeの良さをスポイルするので
正直微妙な要望です
他のIMEと変わらなくなってしまっていいのか!?

でも、できると便利です
なぜか、BaiduType同士が画面上で重なり合って
変換候補が見えなくなることがあります

また、インライン入力のほうが目には楽です
長時間入力していると入力先が移動してしまうのは
ちょっと辛いです

ANKへの切り替えキーなども独自に設定できると嬉しい
個人的にはShiftだけは嫌
アルファベットや記号を使う機会が多くて
Shiftに設定されていると文字切り替えとの関連で
Shift二回続けておすのが辛い

この操作は他の機能にアサインされていることが多くで
かなりバッティング市動作不全の原因にわたくしの
環境ではなっています


と、あれこれ注文書いてみました
実際問題、辞書が登録出来るので他は別に良いかもしれない
それくらい使いやすいです

変換効率も単文節で入力すればものすごくいい
長文変換ができると楽にはなりますが変換精度が落ちるよりは
今のままでも十分使い勝手良いです

先日の辞書登録機能の実装のおかげで
他のIMEに切り替える頻度が極度に落ちました

とても幸せに使わせていただいています


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク