メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Amazonがメール配信サービス開始:その利用基準は大変厳しい

アマゾンからAmazon Simple Email Serviceが
発表されました。

クラウドを利用して大量メールを配信できる。
かつ、到達率も良いという夢のようなサービスです。

価格も比較的リーズナブルで今後DBやwebの
利用と並行して配信での利用が進みそうです。

※ある意味弊社の競合サービスです。

ようやくメールは届いていない
ということがこれでご理解いただけるかもしれません。

大きな前進です。

Deliverability(配達到達品質)という指標
これは大切な考えで、メールは送信してなんぼ
ではなく、受信してもらってなんぼのものです。

そこから読んでいただけるか、行動していただけるか
制約するのかはまた別のお話になります。
それをごっしゃにしているかたがまだまだ
多くいらっしゃるのがビジネスマンとして残念です。


Deliverability(配達到達品質)という指標があります。これは、Eメールを送った際に実際にどれくらい受取先に届けることができたかという指標です。Deliverabilityを最大化するには、複数のInternet Service Providers (ISPs)とこちら側のコンテンツを信頼してもらえるように協業する必要があり、沢山のエラーメールやバウンスメールを監視しコントロールする必要があります。内部のハードウェアに時間とお金を費やし、サードパーティベンダーと高い契約を取り交わし、SMTPのインとアウトについて学習し、 Deliverabilityに関連する全ての要素に精通する必要があります。すべてを終えた頃には、なぜそもそもEメールを送りたかったのかすら分からなくなっているかもしれません。

アマゾンブログより引用させていただきました。
引用元リンクは関連記事欄へ

迷惑メール送信者さんほど、こうしたサービスに
食指が動くもののようです。
お気の毒ですが、そうした方はご利用になれません。

まず、送信するメールの適性度合いをチェックされます。
受信をしてくれると確認が取れているアドレスだけを
まずは登録します。
すると受信確認のメールが届きます。

ダブルオプトインならぬトリプルオプトインですね。

受診の意思が確認されているアドレスへ
最大1秒に一通のメールが送信されます。
このとき最大利用出来る送信先は200アドレスです。

この試験段階を過ぎるとようやく
トリプルオプトインは不要になります。
※世界標準はダブルオプトインです。
※日本式のオプトインで利用出来るのかは不明です。

ここまでくると最大24時間で1,000通のメールが
配信できるようになります。
1千万ではなく、一日最大1,000通です。

Deliverability(配達到達品質)に悪影響を及ぼさないかを
チェックされ、悪影響がなければ徐々に
この制限が緩んでいくそうです。

ビジネス的に使えるレベルの送信数まで
どのくらいの期間で認証されるのかは
開示されていませんでした。

良好なメールのみをオプトインできた
相手先に送信しているのであれば
数週間後には最大一秒間に90通の
メールを送信できるようになります。

これはとても大きな数字です。
一時間に最大324,000通のメールが送信できます。

課金はweb同様にメール通数と転送量の
双方に対して行われます。
良心的な価格設定ですが大量にメールを
送信したい場合にはかなりの出費が継続します。


関連記事:

Amazon、メール1,000通送信0.10ドルの大容量メール配信サービスを開始

【AWS発表】 Amazon Simple Email Serviceの発表



今後Amazon ES2やSESをはじめとしたクラウドを
利用するという方式が増えるのかもしれません。

かもと付けるのは、いままでも外部に委託と
自社での運用というものがITの世界では
常にどちらを取るのかで揺れてきたからです。

クラウドは、そのサービスが絶対であれば
そして規約その他が変わらなければいいのですが
ある意味死命を他社に委ねてしまうことであり
大きすぎるリスク要因を背負うことになります。

たとえば楽天がAmazon SESを使うとして
安心してAmazonと競争し続けられるでしょうか。
行き着く先は純国産競合サービス提供かもしれません。

そうして競合が増え、不動と思われた企業が
倒産の憂き目を見るのは世の習いです。

過去Yahoo!は絶対王者として君臨し続けました。
いまやGoogleにその地位を追われ日本のヤフー意外
果たして存続できるのかも不明な状況です。

おなじく覇者であったマイクロソフトさえ
振興のGoogleに脅かされ、またかつて
打倒したはずのアップルに背中を脅かされています。

Amazonがいつまでこうしたサービスを続けられるのか
そこに依存してしまったとき、ほんとうに
代替サービスがスムースに見つかり
シームレス内向ができるのかは誰も保証できません。

弊社でもARMSというメール配信システムを提供していますが
完全依存はおすすめしていません。

自社内にシステム部門を持たなくなったとき
本当にこれからの時代を生き残れるのか
わたくしは技術が複雑化する中
ますますシステム部門の重要性が増していると考えています。

ただその仕事内容が変わっていくだけです。

たとえば、電車が窯焚きという特殊技能が
最重要だったのがもはやエンジンはおろか
モーターの技術も要らなくなっています。
代わりに高度な運用技術が要求されています。

各社それぞれの内実を外部の企業が熟知するのは
困難であり、またそれを開示するのは危険です。

何をどうのように組み合わせて使い
将来はどのように変えていくのかなど
より高度な全社に渡る広範な知識と
ITスキルの両方が要求されていきます。

また、サーバーの運用などもなくならないでしょう。
ゴーイングコンサーンを考えたとき
継続性を自社で保証する必要があります。

ビル内に自動消火器をつけたり重要なビルには
自家発電機まで据え付けるように
サーバーの運用やストレージの設置さえ
本当に全て外部に依存できるようにはならないでしょう。


さて、個人的には大量メール(数百万通/日)を
配信するならばAmazonSESを使ってみたい。

ただしアメリカ中心にEU諸国宛のメールの場合です。
日本国内でIPSに対して影響力が多少なりとも
存在するような企業ではまだないからです。

おそらく、その状態が改善するのは難しいでしょう。
つまり、日本に限って言えばあまり期待できない
と考えています。


たとえばベリゾンへの影響力ならばあるかもしれません。
ドコモやau、ソフトバンクへの影響力があるでしょうか。
なければ大量メールなど受信していただけません。
それだけのことであり、それこそがこの種の
ビジネスの死命を制している部分になります。

なかなか進まない迷惑メール対策、被害を一番うけている企業の対策が進まない:SPF対応23.1%

迷惑メール対策として、あまり効果がないSPF
送信者認証という方法の一つでDNSに設定するだけ。
実に簡単で、しかもanyなどと指定すれば
設定しないのと同等になる。

※実際の書き方はanyではないのでご注意を。

そんなSPFという実に簡単でコストもかからない
そういう迷惑メール防止対策であっても
大企業の実施率がいまだ1/4にも満たない
23.1%とというのは実にお寒い。

なによりも、大企業ほど迷惑メールの
実害にあっています。

どういうことかといえば、受信されるメールの
90%前後が迷惑メールです。

その中から仕事に関係するメールを
より出さなくてはならず、2年ほど前の
WBSの放送でも朝の30分ほどがその
そのより分け作業に消えているとのこと。


とりあえずの自衛策なら
セキュリティーソフトの利用が一番簡単で確実です
Gmailを勧める人もいますが、誤判定が多く
迷惑判定の中身の再チェックが手間過ぎます。

なぜなら30日で削除されてしまうため
必要なときだけ見るという方法が使えないから。


自分たちが迷惑メール対策に取り組まなければ
いつまでも莫大な時間が不毛に消費される。

せめてSPFやSenderIDといった手間も暇もかからず
数分もあれば、それもたった一回で終わる作業くらい
やっていただきたいものです。

そして、SPFではなくてDKIMを一日でも早く
導入してDKIM署名の有無で選別できる程度の
社会に早くして欲しいものです。

※なぜ送信者認証をもとめるのか
送信者認証とは誰がメールの送信者かを
騙すことができにくい方法で保証して
みんながメールを送るのが大切なこと。

送信者認証されていないメールは受信しない。
そうできれば迷惑メールは激減します。
なぜならば、迷惑メール送信元の
多くはDKIM対応ができないためです。

またDKIMに対応していれば、送信者が
確実に分かりますので、迷惑メールであれば
通報することもできますし
その送信者のメールを完全にシャットアウトもできます。

迷惑メール対策としてはとても重要なことは
全員が送信者認証したメールだけを使うことです。

そうでないと、送信者認証していないメールを
いつまでも受信しつけなくてはならず
迷惑メールを効果的に防ぐことができないからです。


※送信者認証=迷惑メール防止ではない
送信者認証とは誰が送信者なのかを明確にするだけです。
それだけでは迷惑メールはなくなりません。
ここは誤解の多い部分です。

ではなぜ、迷惑メール対策になるのか。
送信者認証していれば、送信者が誰かが
はっきりわかるので、特定の送信者のメールを
受信しないということが簡単にできるからです。

また、誰が送っているかわかるので
迷惑メール防止法等による対策をしてもらいやすくなります。
※現状は誰が送信者か確認のしようがない。

※個人がわかるわけではない
DKIM使用しても従来と変わりありません。
そこから個人情報が漏れることはありません。

ただし、サーバーには情報が残るため
誰が送信者か問題が起きたときに確認できます。

また個人名を確認できなくとも、その送信アドレスや
あるいはドメインを確実に拒否することができます。

※重要なことはDKIMを簡単に使えなくすること
SPFのように有名無実にしないためには
迷惑メール送信者にDKIMを使えないような
インターネット業者の取り組みも必要です。



関連記事:
迷惑メール対策の「SPF」、日経平均銘柄225社の採用率は23.1%

2011年01月30日のつぶやき

akibaryu / akibaryu(メールのプロ黒川)
Firefoxにしたらログインできました(WindowsからSafari消してしまったので)。英語で「認証システム障害」と表示されSeesaaログインできず。ログイン周り昨年後半からどうもあまりよくありません。 at 01/30 21:56

akibaryu / akibaryu(メールのプロ黒川)
Safariの方が調子いい気はします。MacBookのときはSafariです RT @katsukity2: @akibaryu けぃてぃさんはSafariっていうのを使ってるよ。他にはOpera入れてるみたい。 at 01/30 21:52

akibaryu / akibaryu(メールのプロ黒川)
このところSeesaaブログにログイン出来ないことが多いんだけどシステム!?それともChromeどっちがわるいんだろう。ブログかけなくて困る at 01/30 21:44

akibaryu / akibaryu(メールのプロ黒川)
数年前にFDがないと電子納税できなくて焦った記憶があります RT @takachii: そもそもFDが今では…。 RT @akibaryu:... at 01/30 21:27

akibaryu / akibaryu(メールのプロ黒川)
そういえば、ドクター中松フロッピーディスクの発明者だと言っておられるけれど、どこまでが発明といえるのだろう。買い取ったIBMがすでにつくっていたという話を聞いた気もするが at 01/30 21:21

akibaryu / akibaryu(メールのプロ黒川)
8インチのうちわのお化けみたいのを使っていた記憶が at 01/30 21:19

akibaryu / akibaryu(メールのプロ黒川)
フロッピーが存在しなかったというのは嘘だろう at 01/30 21:19

akibaryu / akibaryu(メールのプロ黒川)
カセットjにデータ保存、懐かしいけど汎用機ではオープンリールが続いたし、ワークステーションも長いことDATがメインだったんだけどなぁ。ある意味当時が正解だった気もする at 01/30 21:16

akibaryu / akibaryu(メールのプロ黒川)
小梅クンは、二年4ヶ月、丈夫だな。野良猫の遺伝子は強いのかな at 01/30 19:36

akibaryu / akibaryu(メールのプロ黒川)
桃子@柴犬体調戻ったようです。金曜日拾いくいしたらしく吐いたり下痢したりで大騒ぎ(T_T) at 01/30 19:35


akibaryu / akibaryu(メールのプロ黒川)
おはありですRT @shuichi_5585: @akibaryu @usiotoko
@nagoyastyle @tadaaki_k @NobukoKANEKO
@REI_HW@tadaaki_k @manjiro0312
おはようございます。
今日もよろしくお願いしま
 at 01/30 19:31


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク