メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

TEE[ベイビー・アライブユー」が日本で一番聞かれた曲

記事を見るまで、そもそもTEE
というアーティストを知りませんでした。

最も聞かれたというのはUSENの
データーをもとに集計した昨年の
実績だそうです。


さっそくTEEのベイビー・アライブユーを
聞いてみました。

出だしはちょっとわたくし的にはダメでした。
多分だから記憶に残らなかったんでしょう。


聴き進めると徐々に良くなってくる。
大勢が聞く曲ってやはりいい曲ですね。


75万ダウンロードされたそうです。
曲が売れなくなったと言われる中
75万とは強烈な数字です。




新曲も



著作権法と生類憐れみの令の類似性

世に有名な悪法といえば日本においては生類憐れみの令。

324年も前に動物愛護法を制定し、しかも圧倒的な権力を持ってそれを守らせたのだから21世紀のどんな先進的な国家や国民よりも優れていたと言えるかもしれないものです。

しかし、生類憐れみの令を現代のペット保護活動家のひとたちでも完全に賛成することは難しいのではないでしょうか。蚊を殺したら遠島などということになったら虫にだって命はあるとは言っていられなくなるでしょう。

さてある意味で素晴らしい法律が著作権法です。
生み出したアイディア・芸術を他人の魔の手から守る。
生類憐れみの令と同じく非の打ち所のない、基本理念がそこにはありますし、豊かな社会であればあるほど守られるべきものになるでしょう。

しかし、日本の著作権法とその運用される姿は生類憐れみの令と徳川綱吉公、そして悪法と世に呼ばれ大勢の庶民を泣かせ苦しめた生類哀れみ法を盾に私服を肥やしたり権力の座に登ったりする、越後屋や悪代官が現代に蘇るようで恐ろしい物を感じます。

先日の最高裁によるまねきTV判決の高裁差し戻しなどは、顔を見せない悪代官様そのものに見えてしまいました。
ひとことおことわりしておくと、まねきTVそのものの存在の是非について言えば、よろしくないビジネスモデルだと考えています。いわゆる公序良俗に反するグレーゾーンビジネスは展開するべきではない。ただ法解釈や事実解釈を曲げて、取り締まろうとする姿は悪代官様そのもので、生類憐れみの令よりも悪意あるものに見えます。

何事も行き過ぎれば、なかったことにされてしまいます。
生類憐れみの令も行き過ぎた結果、ほとんどを残すことなく消されてしまいました。
著作権法も消滅するとどうなるのでしょう。

本物の芸術家は古来、稼ぐことに無頓着で、かつ、実にヘタで、著作権法の有無などあまり関係なく、ない時代のほうがヨーロッパや中国、日本を見てさえも金持ちや領主などから庇護されその才能を発揮して数百年の時を経ても人類の遺産としてたたえ続けられています。

金儲けに走り過ぎた20〜21世紀の日本の芸術?著作物?のなかにどれほどのものが残るのだろうかと考えると、生み出された量と残りそうなものに比率の変化に愕然とします。

いっそ無くしてしまえば、お金を目的にした創作活動という本質的に矛盾とまでは言わなくともモチベーションが異なるもことをしなくてもすむようになり、著作活動・芸術活動そのものに心底打ち込める一部の人が生み出し続け、そういうひとをまた庇護するひとや団体が現れるように思えてなりません。


以上、極論ですが著作権法を考えていくと生類憐れみの令と酷似してきているなと、極刑になったりはしていませんがそこまで行ってしまわないうちに軌道修正しないといけないのではないだろうかと、感じるままを書いてみました。なにせ、スタート地点は、どちらもすばらしいんですから。


USB駆動ななんちゃってターンテーブル

こんなギミックは好きだ



ターンテーブル
いあわゆるレコードプレーヤー

USBケーブルから電力をもらい駆動する

そしてパソコンにレコードの音を
取り込むこともできる

ケースやカバーをつけて
もっとレコードプレーヤっぽくしてもいい
台だけでも作ってターンテーブルにしてもいい

なのになんともいさぎよいほど
余計な物が削ぎ落とされている。

こういうのを見せられるとレコードは
全部処分してしまったくせに
ついつい欲しくなってしまう

金額や上海問屋のイタモノ系ということを踏まえ
音質を云々するひとはもちろん
購入を考える以前に見ないほうがいい

こういうイタモノはひたすら
遊び心を持ってみるべきもの。

台にどんな板材をつかおう
カバーはアクリルで透明に仕上げるべきか
重厚にニスでも塗って仕上げるか
はたまたオークションで使い古された
革製の旅行かばんを探しその中に収める
電源はエネループとかでもいい

ニッパーの置物を飾ったらそれっぽくなる
※ニッパー
電線を切るあれじゃぁないですから
Victorのワンコの方ですから

↑これね



野暮は承知で
ヘッドは何を使っているんだろう
そもそも交換できるのだろうか

バランス用におもりを貼りつけたら
音質アップするのだろうか

なんともこういう素材的な玩具を見つけると
創作意欲に火がついてしまいます




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク