メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

私的花粉症対策はお茶の飲み方です2

Seesaa不調で操作できなくなったので
途中でアップしてしまいました。
続きです。


DSCF1755.jpg


このくらいまで粉々にします


などのフードプロセッサーでいつも使う
お茶葉を粉々になるまできざみます。


DSCF1752.jpg


ゆとりがあるときは、さらに
すり鉢であたります。
(細かく粉にする)

乾いたままではあまり変わりません。

DSCF1756.jpg


少量のぬるま湯をいれ
すりこぎですると
DSCF1757.jpg


水分がお茶に吸い取られ

DSCF1758.jpg


茶の葉に戻ってきます
粉にしているので葉っぱの形にはなりません

DSCF1759.jpg

はじめの粉がこんなに膨らみます

DSCF1760.jpg

ぬるま湯を足してすります

あまり水分が多いと水に溶けてしまい
すれませんので少量ずつぬるま湯を
足すのがこつかなと思います

DSCF1762.jpg

最後はお湯でとかし
急須に入れます
急須には合計でいつもの量のお湯を足します

DSCF1763.jpg

ポリフェノールたっぷり
見た目も色濃いお茶が出ます

いつもの温度でいれているので
熱すぎるようです。
普段より気持ちお湯の温度は低めが
良いようです。

できるだけお茶を飲むようにしていたら
一月早々からひどかった花粉症の症状が
だいぶ落ち着いてきました。

※症状が消えたわけではなく
またひどくなる時もあります

薬は飲まずにまだいられます


以前書きましたが、お茶とは別に
首筋を温めると花粉症の症状が和らぐので
VeLopsを使っています。




首筋を常時温めていることとの
複合効果かもしれません。

Velopsでなくともマフラーや
スポーツタオルでも効果は同じかな

今年はバナナが買えないことが多かったので
結果的に首筋の保温とお茶の入れ方
この二つで花粉症が軽減しました。

医者の薬の副作用もなく
頭もすっきりしていることが多いので
わたくしてきにはかなり満足しています。

私的花粉症対策はお茶の飲み方です

今年は花粉の量が昨年の10倍
そんなニュースで新年を迎えてしまいました。

病は気から。
かどうかは定かではありませんが
正月早々花粉症の症状が出てしまい
一月前半は辛い日々を送りました。

毎年様々な花粉症対策の新作が登場し
試してみても予想通りダメ。
ことしはバナナがいいという話でしたが
毎日3〜4本食べるというのは
バナナダイエットの時同様に
バナナが品切れしてしまい
あえなく頓挫しました。

にがりが効くといった合理性の低い
変わったことが流行したこともあります。
にがりは、プラシーボ効果が大半でしょうが
微量元素が不足して体のバランスを
崩しているひとにはマグネシウム中心に
ミネラル分を多量に含んでいるので
微量元素不足の解消が抵抗力を
回復させて症状が出なくなるなんて
ことがもしかしたらあるのかもしれません。

甜茶が効果あるというのも有名になる前に
サントリーの開発秘話を聞きいち早く導入。
飲んで美味しいので15年以上も続けていますが
個人的にはあまり効果が出ません。


さて
甜茶はポリフェノールに効能がある。

また、赤ワインが頭を良くするのに
白ワインが効果がないのもポリフェノールの有無

植物に含まれる各種ポリフェノールが
人間にはかなり有効だという疫学的調査結果が
様々でています。

その中で日本人に固有で向いていそうなものを探して
実践してみることにしました。

それが日本茶(緑茶)
子供の頃から大量に飲んでいます。

あまり効果がないのは、接種方法
つまり、飲み方が悪いのではないのか。

白ワインでは全く効果が出ないのに
赤ワインなら顕著な効果が出る。
それくらい原料が同じでも取り方で
効果に差が出る。

有効成分が取れていないのだろうと考え
愛用のブラウンフードプロセッサー



で粉々に粉砕してみました。

普通に急須でいれてみると
同じお茶なのにそれまでと
緑の濃さが全く違う。

粉茶状態にしていますので
最後はかなり粉を飲み込むようになり
ちょっと抵抗もありますがお茶っ葉は
食べるのも良いと言われていますから
積極的に飲み込むようにしました。

始めたのが正月三が日から。

まもなくNHKのためしてガッテンで
がん予防だったかお茶の飲み方が問題
ということで効果的な飲み方が
紹介されました。

おーーー♪

なんとなく似ています。

普通にいれたお茶ではほとんど
有効成分が抽出されていない!
深入り茶が良い!!


↑すごい
さっそくテレビで紹介と出てますね

ためしてガッテンでは掛川の深入り茶だけ有効
ただし飲み方を工夫すれば良い

紹介されたのがぬるま湯を少量混ぜ
すり鉢で60秒するという方法

発想は同じですね。

かりに花粉症に聞かなくても健康効果は
間違いなさそうだし、初めて10日ほどで
放送されるなんてタイムリーです。

※録画してみているので実際には
はじめてから二週間以上経っていました。

すり鉢はなかったので10cmほどの
小さなものを買ってきて粉砕したものを
さらによく抽出できるようにすりました。

飲んだ印象では、すり鉢を使ったほうが
濃さが数十%濃くなる感じですが
なにもしないのと比べると差は少ない。
時間がないひとはフードプロセッサーで
粉にすれば十分ではないかと思います。

注意点としてはお湯の温度。
もとの茶葉を入れる温度より若干
低くしたほうがいいように感じます。
高いお茶を熱湯でいれたときのように
お茶が変色してしまいます。

まもなく2ヶ月続いていることになりますが
全く花粉症の症状がなくなるといった
奇跡のようなことは起きていませんが
まだ薬は飲まずに過ごせています。

もう少し早く始めれば効果はもっと
あったのかもしれません。

レンコンなどと同じで個人差があって
全く影響しない人もいれば
同じように効果が出る人もいるかも知れません。

少なくともがん対策そのほうかにもなり
日本人ならおそらく緑茶を飲むでしょうから
他の方法と違って追加でお金がかかることも少ない。

※ためしてガッテンでは6杯くらい飲むと
良いと言っていたので普段より飲む量(回数)
増やさなくてはならないかもしれません。
その分お茶大が増えますがコヒー代などが
減るのであまり変わらないと思います。

コーヒー値上がりしているので試すには
調度よい時期かもしれません。

まとめて購入して一気に粉砕し
茶筒にいれています。
ゆとりがあればすり鉢でするし
ないときはそのままいれます。

粉にするとき、一度に大量にお茶葉を入れすぎると
時間がかかって大変です。
あまり多すぎないほうがいいです。
かといって少なすぎると歯に当たらないので
適量を見つけてください。
使う容器によりかわります。
高さにして5cm前後がいいようです。

DSCF1752.jpg


じゃまにならないよう小さいすり鉢を
買ったんですが10cmでは小さすぎました
周りに飛び散ってしまうので5号(5寸)
以上あったほうがいいようです。
(約15cm以上)

DSCF1755.jpg


安い茶を使っているので茎が多い
茎が多いとフードプロセッサーで
粉にするとき怖いです。

まずかったら捨てても良いように
安いものにしたのが怖い思いをした原因。
茎は少なめのものを選びましょう。



携帯の電波は脳に影響するらしい

携帯電話の影響を要約すると

携帯電話を50分間以上耳に当てて通話をする
携帯電話のアンテナ近くの脳での
ブドウ糖代謝が7%増えた。


携帯電話ができた頃から電磁波の影響を
心配すり人が絶えません。
そういうかたにとっては、これこそ証明。

ブドウ糖の代謝が増えるということは
90%使われないままで人生を終えるという
脳が活性化されていることかもしれません。

何事も悲観的に見たりするのは
心身ともに良いことではありません。

カメラが日本にやってきた江戸末期
写真を撮られると魂が抜かれると
恐れられたのは今では笑い話。

その後、電信柱が建てられると
電話線に風呂敷で包んだ荷物をぶら下げる
荷物がそれで届くと信じたという逸話です。


中国でも杞憂ということばがありますが
天(空そら)が降ってくると信じて怯えた
その人の名前だそうで、アリもしないことに
恐怖することを表す言葉として
日本でも定着してしまいました。


携帯電話の電波が危険か危険でないか
携帯電話コンテンツ周りのビジネスを
長年させていただき、5台前後の携帯電話を
24時間常時携行していましたが
特に健康被害はありませんでした。


ところで、電話そのものは嫌いです。
50分も話すなど苦痛。
50秒でもかんべんしてほしくて
かけていただきたくないし、掛けたくない。

iPhoneは、電話の中ではありえないほど
電波が強くて危険性が高い。
3Gオフにしてwi-fiで使うのが安全そう。

GALAXY TabだとBluetoothヘッドセットで
通話すれば安全そうだとか・・・


はい
わたくし不要なリスクは取らない方なんです。
危険性はないんじゃないかと思いますが
脳って電気信号の塊なので、その近くで
強い電磁波を使うのは発がん性云々とは別に
思考の邪魔になりそうな気がしたりしなかったり。

無駄に怯えるのは良くないですが
長時間使うのは肩もこるしやめたほうが良さそう。
せめてBluetoothなど微弱電波を使う
より危険性が減るヘッドセットを使うことを
オススメしたくなります。




電磁波だけではなく騒音からも
守ってくれます。



携帯電波の磁界より電気の高圧電線の下のほうが
影響は大きいということをいう人もいますし
周波数があんなに低いもので影響出るとは
不思議な発想だなとは思います。


wi-fiは出力が小さいから良さそうですが
電子レンジを使うときは距離をあけるようにしています。
電子レンジの強力な高周波はさすがに影響あるでしょう。
あまり言われないのがふしぎですが
きっと家電メーカーと報道機関は仲がいいからでしょう。





GALAXY Sもホワイトモデルがこの時期新登場
白のほうが人気があるんでしょうか。



関連記事:
携帯電話の電磁波、脳細胞の活動に影響――米科学者



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク