メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

味のある洋書風なカバーの存在がうらやましくなるiPhone

iPhone・iPadは周辺機器に楽しい物が多かったり、アプリがちょっと良かったりするのが羨ましいところです。

ネットで見かけたこれもそのひとつ



イギリスの古書風に見立てたiPhone4専用カバー(ケース)。
たまにこういうもので着せ替えするとオン・オフの切り替えが気分的にもできて良いですよね。





iPad用もあるのにギャラタブやXOOM用がない。




MacBook入れて本棚に飾っておけばMBAに対抗できるかも。

Android関係はDOSと漢字talkのように、実用性という点ではAndroidがかなり優っているけれど、使ってみたくなる飛び抜けたアプリとか周辺オプションがあるんですよね。
だからこそ、DOS使いやWindows使いには隠れマッカーが案外いるんですが、iOSも同じかもしれません。





活かしたキーボード受話器!?いえ、スピーカーシステム:プリンストンの三位一体キーボード目からウロコ

プリンストンテクノロジーから目からウロコな新製品が登場



わかりますでしょうか。

Bluetoothです。

そしてキーボードです。
胸ポケットにおさまる小型キーボード。

ここまでは普通です。

ちょっとひねってBluetoothなスピーカーが付いた。
キーボードとしても使えるし無線のスピーカーシステムとしても使える。
ちょっと変だけど、まあ理解できるし発想も出来ました。


目からウロコが何枚もはがされたのは次なんです。

なんとこいつ、キーボードのくせに固定電話で使う送受話器になってしまうんです。
ヘッドセットを使うっているのはありますが、受話器つかうってわかりやすい。
なんか落ち着きますよね。

しかし、NECのキーボード付き変態携帯みたいにキーボードを顔に当てつつ電話するって面白い発想。
たしかにスピーカーつけたんだから、もう一歩。
マイクつければ受話器になるんですけど、これを上長に提案するのは勇気がいったんじゃないだろうか。
ちょっと想像するとマンガが一本かけそうです。


ガジェットのオプションにしては高いほうですが、キーボードをおもむろに持ち上げて顔に当て真面目な顔で電話はじめたら・・・
誰かのきょとんとした顔を一回見られたら十分元がとれる気がするから不思議。


iPhone、iPadとAndroidで使えるそうです。


【開梱編】ITmediaさんからXOOMがやってきた♪

ITmediaさんのXOOMキャンペーンに応募して、うれしいことに誕生日プレゼント的にXOOMをいただきました。
ギャラタブで満足しつつも、じゃあ本当のタブレットはどうなんだろう。
そう、常につきまとってきた疑問を晴らすチャンスをいただきました。

開梱編お届けします。

送信者 2011年7月XOOM


意外に大きい梱包でおどろきました。
厚みもあって、タブレット?ですよね。
XOOMですよね??
と、心のなかでつぶやきつつはやる気持ちを抑えてまずは撮影。

送信者 2011年7月XOOM


袋を開けるとこんな感じ。
プチプチで梱包されていました。
ITmediaさん、仕事が丁寧ですね。

送信者 2011年7月XOOM


でっかい猫、小梅クンがさっそくチェックにやって来ました。
いつもは調べさせてあげるんだけど、今日はそんな余裕なし。
どいて頂きました。

小梅クン、ネコらしくわがまま放題ですが、
「おいで」
「だめ」
「いけない」
なんてことは聞いてくれたりします。
もちろん、血みどろになりながら覚えてもらいました。

送信者 2011年7月XOOM

プチプチをとったところ。
なかなか良い印刷ですね。

って、感心していたら、これって箱の底でした。
モトローラってアメリカの会社にしては、丁寧な作りをしますね。

送信者 2011年7月XOOM


MacBook 13インチと並べてみました。
結構大きいんですよね。
とはいっても10.1インチと13インチの比較だから外箱はこれくらいあっても当たり前かな。
このときはまだ、裏面(底)と気づかなくて箱の底を写していたわけです。

送信者 2011年7月XOOM


箱が分厚いんです。
すごくしっかりとした空間を作ってXOOMを守っています。
輸出するにも梱包サイズが大きいと、そのままコストに跳ね返りますが、こだわりなんでしょうね。
なんだか日本企業みたい。

送信者 2011年7月XOOM


こちらが箱の上面でした。

au by KDDIっとしっかり印刷されているので日本向。
もしかしてau仕様なのかな。

送信者 2011年7月XOOM


蓋を開けたところ。
上は箱の上蓋。
気づかつかないように入っている保護フィルム(発泡性)は丁寧に両面テープで貼り付けてあり散らかりません。
最近見なくなった細やかな配慮ですね。

送信者 2011年7月XOOM


iPhoneのような収まり具合

送信者 2011年7月XOOM


クイックスタートガイドがすぐに見える。
こういう梱包の工夫は海外のほうが進んでいます。
XOOMの入れ方は良いですね。
日本でありがちなのは別梱包の袋に入っていて、すぐに見えない入れ方。

クイックスタートガイドとか同梱物一覧とか注意事項とかは、開梱作業中に眼について、本体を手にするときには利用者が意識できるようにしないと手遅れになってしまう。

送信者 2011年7月XOOM


ということで、クイックスタートガイドをどかすとセーフティーガイドが現れる。
とても正しい梱包スタイル。

送信者 2011年7月XOOM


電源です。

同梱物はこれだけ。

送信者 2011年7月XOOM


成形品の緩衝材
これもまた箱に両面テープで固定されていました。
実に丁寧で、かつ合理的な梱包。

送信者 2011年7月XOOM


保護シールを剥がす前。
保護シールは単なるフィルムではなくてパーツの名称がプリントしてあり、印刷物見なくてもすぐわかるように工夫されています。
アメリカの良い面が梱包に現れていました。
真逆で突っ込んだだけというのもあるんですが、合理性追求して訴訟になっても問題ない、文字が読めなくてもどんなタイプの人につたわる方法をきっちり採用しています。フィルムへの印刷も落ち着いてみると日本語で完全日本語仕様ですね。





割に安いですよね。



純正ケース、ちょっと物欲刺激されています。
何かしらケースに入れて傷つけないようにしたいものです。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク