メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

懐かしのキャラクター『バザールでござーる』猿

送信者 Instant Upload


覚えていますか!?
バザールでござーる

実に久しぶりに再会したのはライフハッカーLaVie Touch LT550/FSタッチアンドトライイベントの帰り際
おみやげに頂戴したNECのノベルティー

ハンドモップです。

NEC9801が全盛だった頃、代名詞的存在だったバザールでござーる、結構欲しかった。


アレからもう何年も忘れていたのに、ぱっと見せられただけで鮮明にキャラクターを思い出す。
こういう存在を創り上げるのがマーケティングですが、一旦下火になっても企業モノグッズとしての価値はむしろつくし、忘れ去られるのを待っておもむろに使うと、ひとびとのなかにその全盛時の記憶をそれぞれ別個によみがえらせる。こういうことはたとえどれほど受けるキャラクターを作っても、生まれたてのキャラクターではできません。

わたくしも、はじめてであったころどんな生活していたとか、誰に心惹かれていたとか、いろいろなことが不意に思い出されて懐かしさでいっぱいになりました。

NECがおもにパソコン関連のハードとサービスで活用していたマスコット的存在


関連リンク:
バザールでござーる




まだグッズが売られていたのにもびっくり



ことしはモップ上のクリーナーが密かに流行し始めています。
何十年も前からアメリカのインフォマーシャルでは一大分野を築いているのがモップ。
いろいろな素材や形状がつくられ、ものすごい費用をかけて宣伝され売られ続けています。

今年の流行はこれ見たい。


わたくしもじつは買ったばかりで、なんでこれなんだってガクッときましたが、いくつあってもいいもんです。

AMN国内初!テンキー付ストレート型Androidスマートフォン EMOBILE「smart bar (S42HW)」タッチ&トライ ブロガーミーティングに参加してきました

EMOBILEさんの会議室におじゃまするのは今年二回目
席に着くとすでに一人一台のamart bar S42HWが置かれていました。

送信者 2011年9月29日AMN国内初!テンキー付ストレート型Androidスマートフォン EMOBILE「smart bar (S42HW)」タッチ&トライ ブロガーミーティング



今回も友ちゃんがお出迎え
送信者 2011年9月29日AMN国内初!テンキー付ストレート型Androidスマートフォン EMOBILE「smart bar (S42HW)」タッチ&トライ ブロガーミーティング


自筆サイン入りです
送信者 2011年9月29日AMN国内初!テンキー付ストレート型Androidスマートフォン EMOBILE「smart bar (S42HW)」タッチ&トライ ブロガーミーティング


撮りまくる人も居ないので、一人じっくり撮影
そう、今回撮り直した写真です
アレからあちこちで使われたのでしょうにいたんでないですね。
さすが友ちゃん、劣化しない。



台風で流れてしまったので発売中なS42HW(smart bar)
送信者 2011年9月29日AMN国内初!テンキー付ストレート型Androidスマートフォン EMOBILE「smart bar (S42HW)」タッチ&トライ ブロガーミーティング


結論から言うとコンセプトと使い勝手はもう、惚れてしまいそうです。

キーボードとディスプレイサイズは参加ブロガーの中でも意見いろいろでした。

WinCE時代からPDAに馴染んできた者にとっては、小さなキーボードなんて当たり前ですっかり馴染んでいてかえって使いやすいくらい。
ありがちなテンキー付きタイプはキートップが平らか丸くなっているだけ。
その作りだと面積が必要なんですね。

smaet barでは屋根瓦のようにキートップが傾斜ついていて、それに気づくとすごく押しやすいんです。
キーボードに垂直ではなく、やや斜め上から指を当ててあげるといい感じでクリックできます。

ぱっとみて、キートップがいい雰囲気なんですきになってしまいました。
もってみると幅は普段使っているSO906i(ガラケー)より気持ち幅広なだけ。
ホールド感とか片手操作での指の動かし安さで言うとこのくらいが限界かもしれない。

ガラケーで言うとスライド式タイプのようなサイズで長さが割と短い。
それでいてスライド式ではなくストレートタイプなので厚みも薄くてこれもありだなって作りになっています。


同じくキーの話をするとAndroidなんで画面上にqwertyキーボードが表示されます。
出た瞬間思わずチッセー!無理!!
と、大声出してしまってAMNのカイ・シデンさんが飛んできました(^^ゞ

周りの人も皆、Androidの仕様でやむなく付いているだけ。
使えるわけないとおっしゃる。

もう、そうとしか思えないんですが・・・

他人が否定すると本当なのか確認したくなるのが人の性というもの
キートップも使えないと言われたけど全然使いやすいし。

さて、再び驚きました。
その驚きはiPhone3G使い出した時と同じ。

絶対キーの1つだけをタップするなんてできてません。
そんなの不可能。
静電式のタッチペンを針の穴に糸を通す気持ちで使わないと出きっこない。
そんな無理なことせず適当にタップしていくと

あれ、普通にQWERTYキーボードのローマ字入力モードで自分の名前を変換できる。
それも一発でできてしまいました。

キーのどれを押下しているのかの判定が一般的なAndroid端末よりうまく作られている感触です。
文字も小さいけどディスプレーが高精細なのであまり無理がなく使えてしまいました。


実は欲しくならないようにあら捜ししたんですが、ハードとしては不本意ながら文句がつけにくい。
一個だけ明らかにダメなのはディスプレー表面が指紋で汚れやすすぎること。
他の方のも見せて頂きましたがどれも油で汚れでしまい見難い。

別にフィルム貼るのが一般的なんで問題視するほどではないですが、もう一工夫欲しかった。



カメラのテストも兼ねてドリンクホルダーを撮影し背景に設定。
送信者 2011年9月29日AMN国内初!テンキー付ストレート型Androidスマートフォン EMOBILE「smart bar (S42HW)」タッチ&トライ ブロガーミーティング


愛らしい子梅くんの子猫時代の写真も手垢(あぶらっけ)に汚れて美しくない。
500万画素にしては撮影結果はそこそこ良かったのに残念な表面処理。



時間が無いので一番気に入ったキーボード周りについてのインプレッションでした。

なお、今日までの期間限定キャンペーンで本体29800円
月額費用がパケ代と通話代込みで定額4,580円と超戦略的。

なんでも『食べ放題&飲み放題プラン』とイー・モバイルの社長自ら呼んでいるとか。

使い放題といっても制限はあります。
通話相手は固定電話でも携帯電話でもよく1通話10分以内で一ヶ月に300回まで無料。
パケットも定額なんですが使い放題と言いつつ携帯会社と同じ300万パケット制限があります。

ともに普通の利用シーンなら使い放題といって間違いないでしょう。

わたくしのように写真を撮影してその場でpicasaなどにアップしたいという欲求があるものにはたりない。
撮影する量が4GB SDカードを簡単に使いきり、8GB SDカードを数枚持ち歩く人なので。
でも、そういう人でも使えるプランが欲しいしそうでないと使い放題とは言えない。

テザリングOKなのでパソコンをWi-Fiで接続して動画など見てしまうとあっという間に制限超えます。
Youtubeなんて数時間見てしまうという話はよく聞きます。
低画質の小さな表示で見ればいいのかもしれませんがそれでは数年前にタイムスリップしたようなものです。UQ WiMAXのように制限なしで頑張って欲しい。


ただ、端末の作りは批判的な意見もありそうですがわたくし的にはとても気にいっています。


もう一つ足りないのはバッテリーでしょう。
テザリングで3,5時間程度しか持たないそうです。
ヘビーユーザー向けではなくてライトユーザー向けなんで十分かもしれませんが電池の1100mAはこころもとない。



こんな大容量のバッテリー持てば、別にWi-Fiタブレット持ち歩いても怖くない。
多分SMART BARもつなら別にタブレットも持ち歩きたくなるでしょう。

本体軽くてモバイルルーターにもなってくれるので、タブレットがあとはあればいうことなし。
イー・モバイルからもさくさく(ぬるぬる)動くシャープ製タブレットが出ていて両方あわせて持ったらかなりよさそうです。


個人的には買ってしまいたいところですが下唇かんで我慢。
だって帯域制限にかかる自信満々ですから。


ハードの作りこみはとてもしっかりしていて、そのくせOS部分は素のAndroid。
だからパソコンで言えばショップモデルみたいなもので余分なものが嫌というよく聞く不満を持たなくて済むんで、実はライトユーザーよりヘビーユーザーにこそ向いている。


桃子との思い出作り:ペットフードでは泣きました

送信者 2011年9月19日桃子との思い出の散歩は秋葉原で



今はなき川口のダイエー一階のペットショップで購入した柴犬の桃子。

そのペットショップでは鶏の缶詰しか与えていませんでした。
生後4ヶ月だからもう離乳食から普通のペットフードに変わっている時期。
おそらくこの偏食が原因で後に犬と飼い主共に苦しめられることになりました。



与えられていたのはたしかこのシリーズ。
始に買わされたのもこのシリーズの中からでした。

鶏のささみだけ、やわらくにて詰められていました。
ために上げるのには良いでしょうが、鶏肉だけというのは偏食もいいところ。

うんちも柔らかいし、成長もちょっと悪いのは餌のせいに見えました。

普通のドッグフードに変えて育てたのですが、成犬になってからアレルギーになってしまいました。
かかりつけの獣医さんはとても高額な治療費を取られるのですが、原因は不明のまま。

しかたなく、自分でダメな食事を追求すると、鶏がダメでした。
子犬の頃、まだ消化器が未熟な頃に鶏肉ばかり食べさせられた影響で体内に抗体ができてしまったのでしょう。薬と療養食による治療(なんだかんだで100万円あまり払った計算です)で症状は落ち着いたんですが完治しない。食事はどうみても合っていなくて軟便続きで下痢になることも珍しくない。


どうにも信頼できないので数年の治療でご縁を切らせていただき、自分で問題になる食事にあたりをつけ、問題ないと検討のついた米と魚だけを含むペットフードに変えて面倒見続けると完治しました。
いはま、療養食のそうしたものではなく普通のペットフードで魚ベース、鶏肉を含まないものを与え続けていてすっかり皮膚の調子も良くなりました。



数年間これだけにしました。
食いつきもよいし、うんちもよくしまって臭いも少なくとてもよかった。

完全に落ち着いたので、いまはもっと安いフードに変えています。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク