メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

世相を創りだした男|藤本義一さん逝く


藤本義一 作品

藤本義一さんが79年の生涯を肺がんで終えられた。

ぎいっさんらしいといえば、実に納得の行く死に方ではあります。

小学生の頃、親の目を盗んで見始めた深夜番組黎明期の金字塔「11PM」。

わたくし的には関東の司会者である大橋巨泉さんのほうが好きで、言葉も合うし趣味もゴルフ以外は理解できた。

藤本義一さんは25年間も11PMの司会を努めた関西の巨塔。

実に個人的には関東で関西弁が受け入れられるようになった最大ん功労者は藤本義一さんではないかとかねがね思っています。

関西弁だけれどもとても抑えて標準語に近く、それでいてやはり関西の香りを色濃く感じさせる語り口はお色気番組という強みもあって関東でも大きな視聴率を稼いでいました。

関西弁嫌いな関東人も自然にぎいっさんの言葉に馴染んでいった気がします。

そしてヤングオーオーなど夕方からゴールデンタイムにかかる時間帯にコテコテの関西弁が大手を振って関東でも放送できる下地を作り、東西の文化の垣根を大きく取り払ってくれたように感じます。

闊達なしゃべりに似合わない白髪。
いわゆるロマンスグレーの走りで、こちらも人気の一つでした。

きつい物言いされることも11PM以外ではあるようで驚くこともありましたが、まだ79歳だったんですね。

弱い80にして国政に戻ると息巻く関東のクチの悪いおじさんが元気なのにとても残念な訃報です。

大橋巨泉さんはすごく老けこんで感じましたがまだ78歳ということでこちらもおどろきました。
感覚的にはもう80代なかばか後半くらいのイメージでした。

テレビが面白く、社会批評もまともで学べることも多かった時代が過ぎて久しいですが、そういうテレビ空間を作った人たちがつぎつぎに鬼籍に入られていくのはとても残念。

11PM以降、関東ではあまりお目にかかれなくなってしまいましたが、なくなったと聞くととても残念な思いに駆られます。

※中皮腫と喫煙の関連性は不明なようでアスベストが原因と言われています。
はじめに聞いたときは肺がんと聞いたのですがぐぐってみるとNHKニュースに中皮腫のためと記載がありました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村




_

無線LANブロードバンドルーターLAN-WH300N/DRCV注文しました|Wi-Fi混線対策


Logitec 無線LANブロードバンドルータ 無線コンバータセットモデル LAN-WH300N/DRCV

秋葉原のハズレに居ます。

あれこれ便利なのですが電波に関してはかなり劣悪。

どのキャリアの電波も非常に弱くて受信しにくくLTEやWiMAXは圏外になりがち。
もちろんソフトバンクの電波なんてほどんど拾えずフェムトセルでしのいでいます。

そしていつも困っているのがWi-Fiです。

先日も新しいものなら改善するかもと期待してソフトバンクの無料Wi-Fiモデム(fon)を導入してみたのですが少し良くなったものの使い勝手悪くてダメ。

状況は周囲に事務所など事業所が多くて休日の夜でさえ30台はWi-Fiルーターが見えています。

2.4GHz帯は13チャンネルしか無いのですからどのチャンネルも混信状態。
一時的につながっても自動チャンネル調整機能が災いして、安定して接続を維持できません。

周囲でWi-Fiを使う人が増える一方の今でおなじような状況も多いのではないでしょうか。

こうなるとWi-Fiルーター買い換えても使用するスマートフォンやパソコン変えても効果はありません。
機器の不具合ではなくて電波の空きがない状況なのですから。

対策にLAN-WH300N/DRCVを注文してみました。

5GHz帯が使えるWi-Fiルーターが思ったより少なくて選択に困りました。

2.4GHzが携帯電話で言うところのプラチナバンド。
障害物があっても迂回して接続できて便利。

その分、さまざまな機器で利用されいつのまにかWi-Fi基地局の数もすごいことになって来ました。

当初はこれほど増えると予想しなかったのでしょう、混信防止技術としてチャンネル分割で対応しているのですが使えるのが周波数の割り当ての都合で13チャンネル。

むかしむかしのトランシーバーと同じでチャンネルを切り替えないと混信してしまい使えません。

当初は使う人が居なかったので7チャネルとか1ちゃんねるとかメーカー出荷時設定のままで問題なかったWi-Fiルーターもそれではチャンネルの衝突(混信:同じチャンネルを電波が相互に届く範囲内で複数の親機が使用してしまう)が起きるようになり、ここ数年の機種では自動で空きチャンネルを探し出して設定を変えてくれるようになりました。

それで、近所に10個くらいならWi-Fiルーターがあっても住み分けられるわけですが、iPhone5がついに手ざりんが可能になったことからもわかるようにWi-Fiの親機がごろごろと存在する時代になり13チャンネルでは住み分けができなくなってきました。

わたくしのところでは、住み始めた9年前からそんな状況だったのですが、徐々に状況が悪化してしまい接続維持が難しいというより継続できなくなってしまいました。

残る手段は、2.4GHz帯というWi-Fiのプラシなバンドを諦め5GHz帯をつかうこと。

5GHz帯は周波数が高くチャンネル数も十分にあります。

それと同時に非プラチナバンド、つまり部屋から外に電波が回りにくい直進性が高い性質のお陰で混信しにくくなっています。

もちろん家の中でも壁や家具が障害になりやすいので使いやすいとは言えませんが、混信して使えないより外部の邪魔な電波が遮蔽されて入ってきにくい5GHz帯の魅力が増しています。

そしてまだiPhone4なので使えませんが、iPhone5も5GHz対応果たしました。

これで使いたくなるような多くのの機器が5GHz帯での接続が可能になったのでふだん使いの回線を5GHzに移行することにしました。

LAN-WH300N/DRCVを選んだのは1年前の販売開始時に23800円と高価だったのが送料込みで4千円台と非常にリーズナブルな価格帯に落ち着いていること。

逆にここまで価格が下がると不安になりますが、製品コンセプトのテレビをWi-Fi接続できるというのがうまく浸透しなくて売れなかった。また時期が遅くてテレビなどがWi-Fi対応してしまい、地デジ化での買い替え需要で一気にWi-Fi対応済みのテレビやビデオレコーダーに買い替えが進んで需要が期待ほどなかったのでしょう。

検索してもLAN-WH300N/DRCVの口コミ情報ほとんど見つけられませんでした。

売れていないわけではないので、口コミがないということはバグなどひどい問題はなかったのだろうと受け止めています。

LAN-WH300N/DRCVはWi-Fiルーター単体としてみても安いのに、テレビなどをWi-Fi化できる機能があることで有線LANしか持たない機器を3台までWi-Fi化できるのも魅力。

もう一ついいのがUSB親機機能で今ではないほうが珍しい機能ですが一般的には1台しか接続できない仕様ですが、HUB使うことで4台まで同時接続してUSBストレージなどをWi-Fi化できるのも魅力です。

簡易Pogoplug機能といったところでちょっと使うにはよさそうです。

やすいWi-FiルーターはLAN部分が100Mbps対応になっていることもあるのですが、きちんとGbE(ギガビット)対応しているしなかなか基本仕様はよさそうです。

テレビの無線化というのがちょっとずれていたのと、通信速度の表現がBUFFALOなどとくらべて下手(真面目すぎる)のが売れ行きが思わしくない原因かもしれません。

届いてからが楽しみです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村




_

AKB河西智美さんと森永卓郎さん|いきなり!黄金伝説。が楽しみです

明日の放送が今から楽しみなのが「いきなり!黄金伝説。」


壁掛 AKB48-04河西 智美 カレンダー 2013年

一ヶ月一万円生活に年収300万円時代をいち早く唱え続けた経済評論家の森永卓郎さんが過酷な一ヶ月一万円生活に挑戦というので二回見ています。

予想大きく裏切ってくれたのがAKB河西智美さんと、森永卓郎さん。

まさかAKB河西智美さんがこんなにはやくバックレるとは予想だにしませんでした。
見た目と違って根性あるところ魅せつけるんだとばかり思い気楽に見ていたら、一週間頑張っただけでの敵前逃亡。

中間発表に姿を見せずどうするのか、どうなるのか!?

実にうまい集客法で、AKB河西智美情報は次回11月1日放送でと、転んでもただでは起きないした高ぶり。

このところテレ朝の好調ぶりが話題になることが多いですが、普通なら番組企画出演者が途中バックレたらあたふたとして収拾つかなくなるところ、むしろ視聴率稼ぎにうまく活用しえいる。

こういうういというか何があってもネタに変える手腕は、往時のニッテレがうまかった。
進む電波少年などトラブルの塊だったけれどそれを面白さに変えて見せていた。

いまやそれがテレ朝に移り変わったようで、対してニッテレはどうも調子悪い。

王者だったフジテレビはウ●TV等と巷間言われるほど嫌われる存在に堕してしまったのと好対照。

ところで、経済評論家って口ばかりで実態がなく信念もない。
どうしようもない人が多くて、一見良さげなことを言っていて政治家に転身すると化けの皮が剥がれる人が多くて呆れてしまう最悪の職業だと感じている。

その経済評論家集団から割りに悪口言われることが多いのがモリタクさんこと森永卓郎さん。

まだこれほど経済状況の悪化が周知のものとなる前から年収300万円時代ということを唱え続けてきた。

その割にご本人の年収は推定1億円を軽く超えていると言われる。

年収300万円で生き抜けという経済評論家が一ヶ月一万円、年間12万円(家賃・被服費・家具代など除く)という生活に挑戦。

お笑い系が強い中、どうやって口先だけ商売の世界の方が戦うのか。

というよりも、どう考えても引き立て役で途中リタイアするんだろうと軽く見ていたわけです。

するとどうでしょう、モリタクさんたら買い物がうまい。

カロリー単価(100円で何カロリー買えるか)で買い物するなんて実に経済評論家らしい。

料理の腕前のなかなかのもの。

すっかりモリタクさんを見なおしてしまいました。

前田敦子さん卒業前後から何をやってもあまりうまく行かなくなった感じがするAKB商法ですが、バックレ事件はどうおとしまえつけるのでしょう。

いきなり!黄金伝説。11月1日放送を前におなじAKBメンバーの小林香菜さんがブログで河西智美さんとずんだ餅シェイクを飲んだと書かれてしまった。

まだ一ヶ月一万円生活挑戦期間なのにこれってないだろう。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村




_


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク