メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

倒産したジーンズのBOBSONが復活、創業家ブランド再取得


(ボブソン)Bobson 裏起毛ホットストレッチデニムペインターパンツ 淡色 BCH11400W-046 ブルー1 M

岡山の一大産業であるジーンズ。

その中でも古株であり大手でもあるBOBSONが倒産したのは1年半前の去年のこと。

民事再生法申請しながらも債権へ手を差し伸べてくれるナイトはあらわれませんでした。


[ボブソン] BOBSON メンズ ウォーキングシューズ B5203 キャメル

シューズは今も売られ続けているのですがデニムの方は、ほとんど見かけなくなってしまいました。

なんだかんだ行って日本人体型に合わせたデニムは少ないし、品質の割には価格も抑え目で頑張っていたのにあえなくユニクロやジーンズメイト、イトーヨーカドーなどの廉価販売に押しつぶされてしまいました。

このまま消え去るのみのなのか。

 

なんと岡山のBOBSON創業家がブランドを再取得して12月から提供開始するそうです。

岡山県は経済的に厳しい状況が続いているので販売面で援助が得られないとなかなか規模椎野ではないでしょうか。

繊維業界は、そろそろ大量生産ではないものづくりにシフトしてみてはどうなのでしょう。

アジア新興国が次々に生産に名乗り出てきます。

今までそうした産業がなかったところですから、今買える最新織機などを導入します。

人件費云々よりもこうした生産設備の生産性の違いや機能の違いが競争力の差となって大きく立ちはだかっています。かといって厳しい経済環境下で設備更新は自殺行為にもなりかねずギャンブルのような状況。

そうしたなかで、古い機械と職人でしかできない加工をして活路を見出している中小企業も現れています。

BOBSONも一部のファンに向けた懐古調の商品に特化してレアだから高くても売れるという状態にして少量生産高額販売。古着市場の活性化などに取り組んだ方が、長い目で生き残れるのではないでしょうか。

過去こんな記事をBOBSONについて書いています。

関連記事:ショック、ジーンズのBOBSON(ボブソン)が倒産

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村





_

ユニクロ・ヒートテック「10万人応援プロジェクト」はじまる

ユニクロがヒートテック「10万人応援プロジェクト」開始しました。

関連リンク:ヒートテック「10万人応援プロジェクト」必要とされている人に必要な数だけ合計10万着のヒートテックをお届けします

ヒートテック「10万人応援プロジェクト」とは?

今年で10周年を迎えるヒートテックは、毎年お客様から寄せられるご意見をもとに、改良を重ね進化しながら人々の生活をあたため続けてきました。ヒートテックは、累計販売枚数が3億枚を超え、冬になると毎日袖を通し、常に肌に触れている一番身近な服として、日常生活の必需品となりつつあります。こうしたヒートテックだからこそできることとして、「10万人応援プロジェクト」を2011年に発足。日本の冬の寒さの中で頑張る皆様へ、合計10万着のヒートテックをお届けし、頑張る原動力にしていただくことで、日本を元気にしていきたいというユニクロのおもいが込もったプロジェクトです。

ひろくこんな寒いところで頑張っている人を応援したい。ヒートテックで温まってという自分がもらうんじゃなく、応援したいあの人のための投稿という、ありがちなプレゼント企画とは一線画した日本では珍しいプロジェクトでなかなかおもしろいし有意義で、それでいて自社の宣伝もばっちりといういいところどりの規格っていいですね。

ヒートテック「10万人応援プロジェクト」への参加方法

「どんな人たちに、今年の冬ヒートテックを着て頑張って欲しいか」を紹介する文章を添え、オフィシャルサイトからご応募いただきます。集まった声の中から選出したお届け先へ、ユニクロが必要な分だけ合計10万着のヒートテックをお届けします。
■応募期間 11月29日(木)9:00〜12月9日(日)18:00
■募集要項 11月29日(木)より下記のURLで公開いたします
http://www.uniqlo.com/heattech2012/
■お問い合わせ先 ヒートテック「10万人応援プロジェクト」事務局
0120−712−087(11月29日(木)9:00より開設)

 

※繊維そのものは目新しくないため、あっという間に同類の機能性アンダーウェアーが多数出現しています。

 

ユニクロのヒートテックといえば、ババシャツをお洒落で現代的で着ないほうがおかしいような不思議な存在に生まれ変わらせた日本らしい発明です。

ヒートテック同様に水分を吸収して発熱する糸は以前からアウトドア関係では多用されていて目新指しさはまったく感じない商品に見えました。

違いはといえば山屋さんとかアウトドア好きの一部の人だけが好んで使う素材で、商品化するメーカーも特殊だしお値段もばかみたいにお高くて日常着るにはつらいものがありました。

ユニクロが登場させたヒートテックそのものに新しさを見いだせては居ないのですがそれは素材や繊維としてのお話、商品としてみるとアウトドアメーカーが作る超高価なアンダーウェアーから日常着られる普通の価格帯で、見た目もおしゃれで選択も簡単で乾燥も早いといいことだらけの商品に仕上げたこと。

名前もババシャツなのにヒートテックと横文字に変えておしゃれな感じに仕上げました。

高度な特殊なものを開発するのではなくて、それまであって利用もされているものを商品として再発明し、普段人が欲するように使え気づいていないメリットを与えるものづくりこそこれから生き残る企業の共通点。

アップルのiPodなんてSONYのウォークマンの劣化版コピーに過ぎませんでしたが利用者置き去り気味にハードの機能ばかり追いかけるSONYに対して、つかう人目線で楽しさや使い勝手、さらに楽曲の入手経路の改善まで進めてライフスタイルとしてiPodとiTunesを提供したアップルはさらに電話とメールと通信機能を取り込んでiPhoneという完成形を生み出しました。

でも、要素技術はどれもありきたりのもの。

大変なこだわり持って作っているとも言われるものの、日本のメーカーはそんなことあえて言わなくてもありえないほどのこだわりを持って作っている会社が大半です。違いは既存の技術要素をうまく組み合わせつつ不足している何かを見つけ出して巧みに商品化し生活の中に溶け込む形で提供したかどうか。

アップルがそうして成功したのと同時期にユニクロも同じような手法で成功収めていました。

違いはSystemの規模と範囲。

ユニクロは服に閉じてしまったのに対してアップルはデジタル・オーディオ・プレーヤーだけではなく、それで聞く音楽を入手する方法まで一元的に提供しています。それがビジネスの規模と成功の規模を分けたのでしょう。

 

Appleは競合がほとんどなく、Googleが後ろから切りかかってきている程度。

それはハードだけではなくてiTunesという環境までセットにしているから。
そこまでカバーできる競合企業がなかなか存在しないだけ。

だからブルーオーシャンなのにやたら広大。

割り込めるのはGooglleとマイクロソフト、頑張ってAmazonくらい。

 

たいしてユニクロのヒートテックはありものの糸を使って着こなし方を提案しただけ。

繊維はいくらでも競合他社が入手でき、下着の型が特殊で真似できないとか布が特許で真似できないとかでもないのであっという間に同じような機能を持ったアンダーウエアーが多数出現していて、ヒートテック独創とはいかない状態です。

 

東京にユニクロとビックカメラのコラボでビックロができましたが、ただ一緒に売っているといういきを出ていないのでデパートはすぐ真似られるしスーパーの多くも店舗内の配置を変えるだけのこと。

AppleがいiTunesでなにを提供したのかを学ぶとユニクロってあっという間に一桁以上大きくなりそうで楽しみです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村





_

最高に物欲そそるiPhoneケース

ブログで見かけたiPhoneケースに負けそうです。

100人集めたら98人くらいは相手にもしなさそうなシロモノなのですが残りの一人二人はワンピースのルフィーやチョッパーのように目を輝かせて、すげー。ほしぃ〜となりそう。

なにせスイスアーミーナイフなんて人生で何個買ったかもうわかりません。

ウェンガーなどの本物も多分10万円以上つぎ込んでいますが、いやそれは控えめに言いすぎかな。

中国製であろう生産者不明な怪しい三徳ナイフや七徳ナイフなんてもう何個買っていることか。そういう怪しげなものは期待どうりやわでだめになってくれるからいいのですがウェンガーなどの本物はヤッパリ一見ちゃちくても保つんですよね。

あと国産ももちが良くて困ります。

牛革の分厚い、ベルトくらいある厚い皮のケースがダメになったのにナイフの方はまだ使えたりします。

もちろん正しく使ってブレードは自分で研いでいます。

B002BZNNFG
アーミーナイフ[ケース付]

ビクトリノックスも当然買っています。

この皮のケースが油を時々あげてしっかりケアーしないとぼろぼろになってしまうんです。
いくつもダメにしてしまいました。

話を戻して

関連記事:あなたのiPhoneが一瞬で多機能に!装着するだけで便利すぎるiPhoneケース TaskOne

iPhone専用ケースがスイスアーミーナイフバリになっている。

バブルの頃の日本でもなんでもカード型にするのが流行って、それもいろいろと買いましたが懐かしさがこみ上げてくる作りです。

使い勝手とか実用性とかを論じる人は寝ちゃいましょう。

こういうのは夢を楽しむもので使うなら本物の工具を買いましょう。

参照した記事では捕まっちゃうよと書いてますがそれはどうだろう。

銃刀法は平成21年1月に改正施行されて刃渡りは5.5cm以上が規制対象となったけれど、これはダガーナイフなどこの時犯罪に使われた両側に刃がついたた突き刺して使うような戦闘用ナイフ。

参照:銃砲刀剣類所持等取締法の改正内容について

片刃、両刃の両刃ではないのでiPhoneケースサイズなら法律的にはOKじゃないでしょうか。

気になるなら大ブレードだけ外してしまうか短く研いでしまえばいい。

このiPhoneケースとiPadがあればナイフとまな板が揃うので料理はすぐできるわけですね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村





_


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク