メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Windows8格安アップグレードは後数時間

B008N6SO6U
Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)

昨年登場したWindows8

今日2013年1月31日までが格安なアップグレード販売。

マイクロソフトサイトからなら3,300円でパッケージ版でも6千円台で購入出来ます。

通常売価は明日2013年2月1日から25,800円になるWindows8 Pro版なのでかなりお得。

 

実際使えるかどうかマイクロソフト主催のブロガーイベントにも三回参加し、一本アップデート来仙を頂いて試し続けています。

結論は、使い始め許せないほどイラつく(キリ

マイクロソフトのご担当は過去のすべてを含めた上で革新的な改良がされている(ビシ

と、おっしゃるわけだけど、数時間で使い方見つけ2~3週間の練習でなれると言われるわけだけど、そんなの耐えられない。待てないのが現実というものでなんでWindows7モードを標準搭載しないのか今持ってマーケティングの結果に懐疑的です。

まだなれきれなくてイラッとする場面がちょこちょこあってなかなか買う気になれないうちに優待販売最終日になってしまいました。

日中ダウンロード版をオーダー。

3,300円で買えましたがダウンロードは明日までかかるようです。

それだけ悩んで悩んでギリギリに買う人が多いのでしょう。

 

ショップの在庫がその場で引き上げられるのかはわかりませんが、取引上は今日いっぱいで販売できなくなるはず。

ショップでは5,800円(税抜き・参考価格)となっています。

参考サイト:マイクロソフトアップグレードページ

ビックカメラが安いみたいですね。

パッケージ版も同じはずなんですがちょっと買って試してみたい気もします。

CHAGE and ASKA復活

B0073Y11P4
CONCERT MOVIE GUYS [Blu-ray] (2012)

チャゲアスことCHAGE and ASKAが今夏復活。

というニュースは一週間近くも前に聞いたのですがガセにしか思えませんでした。

いまだに否定発言がないので事実なんですね。

それでも不安なのでオフィシャルサイトを見ると4年ぶり復活とポップアップウィンドウが出て来ました。

chageaska

関連サイト:CHAGE and ASKA公式サイト

 

テレビで見ていても才能もあり頑張るアスカを、俺が俺が的にでしゃばり邪魔するチャゲって構図にしか見えず、週刊誌やテレビが言い立てる絶望的な不仲説を信じるしかないように見えていました。

最盛時の小室哲哉さん以上にCHAGE and ASKAnoの曲は出すつど大ヒット。

といってもヒット曲というものが日本から消えて随分と経ってしまうので当時を体感したひとにしか思い出すことができない想像できないような状態でした。

不思議なのは飛鳥涼として活動している次期に大ヒットに恵まれていないこと。

 

ブームが過ぎてしまってからの個人活動だったのが響いたのだろうけれど、なんだかんだいってASKAの曲はCHAGE(チャゲ)と一緒に歌って光り輝くみたいです。

飛鳥涼だけの大ヒットを期待していたんですが、やっぱりチャゲアスはチャゲアスじゃないとダメだったと歴史が証明してしまった(ずいぶん短い歴史ですが)。

 

CHAGE and ASKAは1979年のデビューから、この夏で35年目を迎えます。
2007年以来6年ぶりとなる、夏のスペシャルライブを皮切りに、
ファンの皆様と歩んできた35周年の記念すべき年を共に過ごせる1年となれますよう、
様々な活動を計画しております。

もうデビューから35年ですか。

時間がたつのは早いですね。

今もあの頃の声が出るのか聞いてみたいような怖いような。

周りの熱狂があっての曲だった部分もあって同じ雰囲気が再び呼び戻せるのか生で聞いてみたい衝動に駆られます。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村





_

太りたくなければ寝るときは暗くすることorz

奈良県立医大の調査で恐ろしい結果が出たそうです。

戦後の日本では(って随分古めかしい表現だな)蛍光灯を照明に使うことが一般化しほとんどの家屋が焼夷弾で焼き落とされるという前代未聞の非戦闘員大量が草津を受けたわけですが、戦後の廃墟に立てられたバラックは別として、その後の建築ラッシュではアメリカに習って蛍光灯を導入するのが一般的でした。

その時代もヨーロッパでは白熱電球が愛され続けていたのですが日本人はいいということになると一気に変わるので白熱電球の照明というのは漫画の世界やAlways三丁目の夕日のようなノスタルジックを求める映画の中では裸電球が登場しますが昭和30年代後半にはどんどん蛍光灯に置き換わりました。

そしてここからが困るところなのですが。

 

家庭用の蛍光灯をつけるための器具には夜間照明用としてナツメ球というものがつくのが標準です。

多くの家庭で布団しくまでは蛍光灯を煌々とつけ、寝るときはナツメ球を灯して寝るのが一般的になりました。

それまで夜は真っ暗闇だった日本の民家から闇はとりはらわれました。

わたくしなどテレビつけたまま照明もつけたままが好きでエコを目指すまでは基本そんな状態で明るい所で寝ていました。

というか、昼夜分かたず仕事していたので寝るとき暗くするという生活は望めなくて暗くできないなら明るい所でネタほうが常に同じ環境で寝れるのでむしろ健康的でした。

 

関連ニュース:豆電球を点けて寝る人は「デブになる」? 光と体のメカニズムを奈良県立医大が解明

今回の調査は10年9月から12年4月まで、奈良県内の高齢者528人を対象に実施され、ほぼ真っ暗な照度3ルクス未満の部屋で寝ている人と、9ルクスという豆電球を点けた程度の明るさで寝ている人を比べたところ、肥満症や脂質異常症の割合が9ルクスが3ルクスの1.9倍にもなったという。

   なぜ豆電球ほどの光で「肥満」になる可能性があるのか。大林さんによれば、光は体の生体リズムに強く影響を及ぼすことが分かっていて、就寝中に部屋が明るければ熟睡が妨げられ寝不足になり、食欲を促すホルモンが分泌される。そしてメラトニンと呼ばれるホルモンが関わってくるのだという。

なんと豆球でもつけたままではいけないのだそうです。

豆球というのはおそらくはナツメ球のことでしょう。

人体実験しているというのがすごいです。

気になるのはどういう基準で明かりをつけておくか消すかを振り分けたのか。

被験者を無差別に2つに分けてそれぞれ真っ暗と豆球をつけるグループ意図して経過観察し、一定期間たったらそれを入れ替えるというのを数回やらないといけないように思いますが医大での実験ならそういうことはされているでしょう。

 

寝るとき暗くしていないと食欲が出て食べてしまい太るということなのですが、それは実感としてわかります。朝食食べられないなんて滅多にありませんから。

明るいまま寝ていた頃、というか一日ゼロ時間から数時間睡眠だった頃は平均して一日で五食はたべていましたから。それでもたいして太らなかったのは体も動かしていたからでしょう。

被験者が高齢者に偏っているのが気になります。

高齢者の方はもともと夜は暗くして寝る生活を継続している人たちでもあるので、普段慣れない光に強く反応したとも考えられるからです。昭和40年代以降に都心部で生まれ育ったひととは生活習慣がまるで違います。

そうはいっても、植物を好きで育てますが植物が花を咲かせたり色づいたりするためには、温度管理や水やりも大切ですが光の管理は特に重要で照明の調節一つで失敗します。

そして暗い時間を作るときは真っ暗にしないとうまくいかないので、生命体にとってくらい時は真っ暗であるべきなのでしょう。

 

太れなくて困るという羨ましいくらいの悩みを抱えているひとも居ます。

こう見えても20代までそんな羨ましい体質でした。

ウェストが60cm台前半でどんなスラックスはいてもぶかぶか。

おしりは筋肉ついていてしまってはいてもそこそこあったので、ベルトで締めてはくしかありませんでした。

明かりをつけたまま寝たらもしかしたら太れたのかも・・・。

ナツメ球もバカにならない消費電力で一般的なものは5~8Whです。

白熱電球の代わりに使うLED電球の消費電力となんと同じです!

LEDを使ったナツメ球は東芝の場合なんと0.5Whと十分の一かそれ以下です。

寿命も長いし虫も集めにくいのでナツメ球使うならLEDに交換したほうがお得で節電もCO2削減にもつながります。

蛍光灯は配線をいじらなくてはいけないので簡単にLEDへ蛍光灯からの置き換えをすることはできませんし、蛍光灯とLEDでは2倍程度しか消費電力の差がないので電球自体の割高さを電気代節減分で賄うまでに時間を要しますが、白熱電球であるナツメ球の場合LEDに置き換えると顕著な節電効果があります。また配線の必要もなく交換するだけですむのも魅力です。

我が家はまだナツメ球は白熱電球のままです。

ECO実践で真っ先につけることそのものを諦めました。

もしかしてかなり食べているのにそれほど太らずにすんでいるのは暗くして寝るようになったからかも。

 

まだこういう結果もあった程度の段階で個人差もあれば、それ以上に長年の生活習慣の影響が大きいと思います。また、不意の地震などの災害を考えると真っ暗にして寝るというのは日本には向かない生活習慣ではないかとも考えます。

センサーで人間が起き上がったら自動で照明が点灯するのが理想かもしれません。

わたくしは暗くして寝るようになってから枕元にiPhoneかタブレットとLEDに式の懐中電灯を置くようにしています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村





_
| 健康


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク