メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

東京に水陸両用観光バス登場|スカイダックでスカイツリー

4522424825
DVD付き はたらくくるま大図鑑(DVD付) (こども写真ひゃっか)

大阪でいち早く運行されている水陸両用車。

ずいぶん遅れて東京にも登場しました。

関連ニュース:3月17日運行開始のスカイダック…水陸両用バスの詳細が明らかに

 

水陸両用車というとドイツ軍のジープもどきを思い出すのですが、子供の頃プラモデルを作るのが好きで、この車両も面白くて作って遊んでいました。

大阪では実用化されているのに東京にないのが不思議でしたが今月ついに登場。

 

観光バスは先日NHKにおじゃまして仕事ハッケン伝サードシーズン第一回の収録を見させていただいたのですが、吉木りささんがはとバスに挑戦。以来、観光バスが気になって時々ニュースチェックしていました。

予約制というのがわたくしの趣味に合わなくて行ってすぐ乗れる普通のバスになってほしい。

 

大阪で認可された頃は陸上と水上で運転手が乗り代わらないといけないというとっても不便な状態でしたが、いまはどうなのでしょう。

都市部ではバスの運行は渋滞の原因にもなっているし、逆に公共交通機関が鉄道だけでは使える土地が限定されすぎるのでバスの有効活用には期待したいところ。

元々東京は水路が縦横無尽に走っていてそこを暗渠化してしまったわけですが、それでもまだまだ川や運河は残っています。

道路を離れて川や運河をバスが運行すれば道路渋滞の影響も受けにくいですし駅などにはそのまま陸上走行でいければ、渋滞解消と公共交通機関の利用促進が図れそう。CO2削減など環境面にも良いことが増えそうです。

燃料はより食いますがホバークラフトタイプになると、速度も十分出せ実用性高まります。米軍など上陸用舟艇にも使っていて戦車なども搭載できるほどの搭載力があるので実用性高そう。防災の観点からも川ももう一度見直されてもよさそうです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村





_

2013年03月30日のつぶやき













エアコン室外機盗難増加中|省エネ含めた対策

B00BF6OUSQ
アイアンエアコン室外機カバー 幅90cm×奥行36.5cm×高さ81cm ブラック 粉体塗装 スチール KB-920 にわかには信じられなかったのですがエアコンの室外機盗難事件が増えているそうです。
室外機だけ盗んでも使えないし中古の室外機などそんなに需要無いだろう。
ところがそのまま使うのではなく、室外機の中の金属が目的。
アベノミクスで円安が急速に進んでいますが、円安ということは輸入品が値上がりするということ。小麦粉や食用油が来週から次々値上げされますが、金属もほぼすべて輸入ですから値上がり気味。
そうでなくとも金属泥棒は日本でも頻発していましたが金属価格の値上がりで勢いづいて閉まっているようです。
関連ニュース:「エアコンの室外機」盗難被害が増加
 
そうしたなかで狙われているのがエアコンの室外機。
外気の熱を利用して暖房や冷房するための巨大な熱交換器です。
中身のほとんどは熱伝導がよく扱いやすく耐久性の高い銅。
そしてどうという金属は利用範囲が広く高価でもあります。
室外機はホースと電線でつながっているだけ。
どちらも簡単に外せる構造。
室外機は持ち去ろうと思えばとても簡単な構造で電気屋さんが設置していく時も盗難対策はほぼされていません。
ブロックの上に設置している場合など全く固定されていないことも珍しくないようです。
 
盗難対策としては設置するときにしっかりと盗難対策するよう電気屋さんに依頼するのが一番でしょうが構造的有効な方法が無さそうです。家電メーカーに取り付け穴だけではなくて盗難防止のチェーンなどでの固定ができる構造に修正して貰いたいものです。
現実的な対応としては、見た目を良くするために販売されているエアコン室外機カバーを取り付けるのがよさそうです。
室外機をそのまま屋外で日光にさらされているものもよく見かけますが、冬はいいとして夏場、直射日光が当たると簡単に5〜60度になってしまいます。そんな高温になってしまえば放熱がうまくいくはずもなく電気もムダに余分に使うことになり電気代がただでさえ値上がりが続く中余計な出費していることになります。
ちょっと本体から離してひさしをつけてあげるだけで太陽光の直射を防いで節電になります。
そういうとき、エアコン室外機カバーはとても便利です。
上に植木鉢など置くのが見た目も良いですし断熱効果最高です。
板をおいてもそれだけでは、猛烈な夏の日光で板そのものが熱くなり効果が期待できません。ところが植木鉢に土を入れて植物を育てると20度前後にまで温度が下がりその状態が維持できます。植物が土の水分を吸い上げ、日光に照らされても水分を少しずつ蒸発させることで冷却して熱くなるのを防いでくれます。
室外機カバーを建物などに金具で固定すれば盗まれにくくなります。
固定箇所を増やして簡単には盗めないようにすることで金属泥棒が盗みにくそうだと諦めるようにするのが自衛策としてはよさそうです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村





_


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク