メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

築地のうな重はやっぱりウンマイ

2014-01-28 13.03.59

今年は築地方面によく行きます。

さすが築地市場で場外に立ち並ぶ食い物屋さんも地方の産地で食べるのに負けず劣らずうまい。

しかも、観光地価格になってはいないので案外リーズナブルです。

 

写真は大好きな「にっしんたすけ」さんのうな重ダブルです。

浅草に行ったのですが火曜は定休日のお店が多く面倒になって築地に回ってお昼食べました。

 

2014-01-28 12.55.072014-01-28 12.55.03

「にっしんたすけ」さんの欠点は店がわかりにくいこと。

何度見つけられず他所で食べたことか。

方向音痴には致命傷です。

 

地図によってこのお店名前が違うんですよね(^_^;)

実際に言っても気をつけないと素通りしてしまう。

店頭で焼いたものをパックに入れて売るのは失敗じゃないかな。

そこが食べられるお店と気付かず近所の別の店に入ってしまう。

 

2014-01-28 12.55.252014-01-28 12.55.15

看板この日は目立っていました。

看板に隠れて入り口がわからない(^_^;)

 

うな丼が900円で食べられるんです。

うなぎは多分高いのと同じもの。

100円追加で肝吸いもつけられます。

 

ちょこっと食べれば満足できるのでうな重+肝吸いで済ませることも多いです。

 

2014-01-28 12.57.38

店内にはところ狭しと商品写真がひしめいていて決断力の弱い人を迷わせます。

 

ここはまず、うな丼で行ってみましょう。

ついでうなぎの枚数増やしてうな重(ダブル、トリプル、4枚載せの3種類)。

どれくらい乗せると自分にとって一番うまいか探しましょう♪

 

御飯の量は同じです。

はじめの頃はうなぎだらけがうまい気がしていました。

 

しばらくすると、米すくねえ(/_;)

そっか、バランスってあるなと思い直してうな重やダブルに落ち着きました。

2014-01-28 12.57.41

ひつまむし

うまそうだけど江戸の食いもんじゃねー

と、言い張って注文したことありません。

来年くらいになったら食べてみようかな。

 

2014-01-28 12.57.44

トリプルは1,800円なり

そこいらの鰻屋さんのうな重より安くてうまくてうなぎあふれています。

 

にっしんたすけさんは、入り口でオーダーして料金も払います。

たまによくわからないバイトの子がいてお釣りくれないこともあるのでご注意を。

そういう時は他の店の人にひと声かけましょう。

 

うなぎの特徴は肉厚で皮はパリッパリ。

香ばしくてたまりません。

前歯で挟むとさくっと切れて、中はとってもふっくらとしていてたまらなく良い香りが口中に広がります。

 

箸で簡単に切れるのですが、ここはぜひとも前歯で食いちぎって感覚を楽しみたいところです。

食いちぎると書くとかたそうですが口を静かに閉じればそれだけで切れてしまいます。

 

2014-01-28 12.57.582014-01-28 12.58.47

ぶどう山椒

これが本当に香り高くてびっくりデス。

 

さんしょは小粒でピリリと辛い!

てな売り口上も今では聞きませんが、実は小粒なのにピリッと辛いのを特徴としています。

 

にっしんたすけさんの山椒はぶどう山椒というものだそうで、実が大粒。

そして香りがこれはたまりません。

もっと干からびたような山椒が最近は多いのですがこいつだけ買って帰りたくなります。

 

やすい山椒は口の中でもそもそしてうなぎなドメインの食材の邪魔します。

ぶどう山椒は香りメインで存在を感じさせません。

名脇役そのものです。

 

これから咲く沈丁花のような存在です。

春を知らせる香りを風に乗せてくれるのに花の姿はあまり見せません。

そんな奥ゆかしさと、それでいてとても印象に残る素晴らしい香りの対比もいいんです。

 

2014-01-28 12.58.41

にっしんたすけで好きなのがうなぎのタレが置かれていてお好きにどうぞとなっていること。

上品にタレをかけられたうな重は見た目最高。

 

しかし、東京で長年育ったものには物足りないのです。

たっぷりかけたい。

底にたまっちまっても構わない。

 

そういえばつゆだくの元祖とも言える吉牛本店もすぐご近所です。

 

2014-01-28 12.58.34

漬物も結構いけます。

口直しに最後は少量食べたいもんです。

 

2014-01-28 13.00.24

店内はこんな感じ。

キラキラはしていません(^_^;)

 

奥にいる方が焼いています。

ちょっと待つんですが、老舗の鰻屋みたいに1時間単位ってことでもなくて香りを楽しみつつ出てくるのを待つのも楽しいです。

 

2014-01-28 13.03.01

うな重ダブルには肝吸いがついてきて1,300円です。

うな丼に肝すいつけた場合との差は300円。

 

この300円をどう考えるかですね。

鰻の量は二倍になります。

 

トリプルは1,800円で1枚増量で500円アップです。

 

2014-01-28 13.03.03

肝吸いって不思議と子供の頃から好きです。

にっしんたすけさんの肝吸いは臭みもなく、うまいこと出来上がっているし肝も大きめのが入っています。

 

インフルエンザが大流行しているので基礎体力向上のためにもいいのではないでしょうか。

2014-01-28 13.03.08

器はあまり期待しないでくださいませ。

中身です、なかみ。

2014-01-28 13.03.16

うな重ダブル。

上品に行くならこのままですよね。

わたくしは申し訳ないと思いつつタレをガバっとかけて、山椒をしっかりふってがしがしと口の中にかっこみます。

2014-01-28 13.03.59

粉山椒の色があせてなくてとても美しい。

2014-01-28 13.13.05

ごちそうさまでしたm(__)m

 

今日は何を食べようかな。

2014年01月30日のつぶやき








甘えるお猫様

2014-01-30 21.35.14

いつにもまして甘える小梅ニャンコ。

あんまり可愛いので基本ルールを一時棚上げしました。

作業テーブルに小梅用に毛布などを敷いてみました。

 

小梅くんは、当たり前のように使っています。

2014-01-30 21.35.34

こんなおでぶちゃんな元野良猫でも、飼い主には可愛くてしかたありません。

2014-01-30 21.35.26

ちょこちょここちらを盗み見しています。

猫はわがままで自分が触って欲しい時は何時間でも続けろといいます。

そうでない時は数センチ先でもさわらないで放っておいて欲しいそうです。

2014-01-30 21.35.09

スマホ落とされたり、ヘッドセットのケーブル噛まれたり。

あれこれされても、可愛さにはかないません。

 

桃子も今のすみかに帰ったので、どちらかがやき持ち役という面倒なこともなく心ゆくまでかわいがれます。

 

面白いことに、いいこと書いているときはキーボードの音が心地よいらしいです。

小梅の悪いところを書いているとじっと睨んでいます。

キー打つリズムが変わるのでしょうか。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク