メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アップル発表会9月9日で決定

2014-08-29 11.56.38

ガジェット系メディアが一斉にアップルから9月9日発表会の招待状が届いたと報じています。

これで9月9日重陽の日は夜眠れないことが決まりました(^^ゞ

 

噂ではiPhone6系の発表とiWatchの発表があると言われています。

iPhoneはもうこの日に発表しないとサイクルが狂ってしまうから決定でしょうね。

 

標準サイズとL版ができるとか、サファイアガラスが使われるとか、NFC入るなど毎回ささやかれる噂はあまり変わらなくて期待値がひとり歩きしている気もします。

二度目になる標準iPhoneの画面サイズの変更はあるのでしょうか。

 

トップ画像は向かって左がiPhone5、右がNexus5(2013)です。

iPhoneがNexus5(2013)サイズになるとしたら…

便利だけれど携帯性損ねるし操作性も微妙になりそう。

 

いまも価格が高すぎて売れないのでずいぶんと古い機種を売り続けています。

サイズが大きくなりすぎると価格だけではなくて大きさの問題から旧機種選択する人が増えそうで、アップルの収益性はわかりませんが売上はダウンしそうな気配もあります。

 

Androidに比べればはるかにマシですがiPhone3GにiPhone4という2種類の画面サイズにiPhone6とiPhone6Lなんて画面解像度が増えてしまったらiPhone向けに提供する企業の負担が一気に増えます。

デザインというか見た目に拘る人が多いiPhoneですから適当にすましたのではあっという間に使われなくなります。

 

iPadもminiができてしまった上に、来年12インチクラスが登場の噂が増えています。

こんなに画面サイズがいろいろできてしまうと対応しきれないでしょうね。

 

対応できても最適化できるのか!?

使い勝手が市場良いサイズはあるはずで、どれにあわせるのか、どれを切り捨てるのか(犠牲にするか)難しい判断を迫られ失敗するところも増えるでしょう。

 

アプリや周辺機器からiPhone脱落組が増え、Androidに一気に差を広げられる原因にならないことを祈るばかりです。

AndroidとiOSという大きな二代グループがあるのはとても健全でわくわくするようなものが登場する原動力になっています。

一強になってしまうと、長らく続いたWindows と IE 時代のように停滞期を迎えてしまいかねません。

 

ガジェット好きのためにも、さらに人気が沸騰してワクワクし続けられる新製品を発表して欲しいです。

by カエレバ

不安はあるものの、本体サイズの変更は従来品の周辺機器の大幅な値崩れを意味します。

いまからちょっと高くて手を出しにくかったものなどあらためてチェックし始めました。

 

そして気になるのはライトニングケーブルがどうなるのか。

買ったタイミングが悪かったのでいつもなら買いますのにそのままになっています。

変わるならサードパーティー製のアップル認定品も安くなるだろうし、それにも期待しています。

SIMフリースマホfreetelのちょっと残念だった記事 #freetelMX

2014-08-29_04h16_55

freetelが気になって時々チェックしています。

昨日のFBでの書き込み

SIMやMVNOで契約容量使い果たした後の通信速度実測やYouTubeは快適に見られないなどなかなかよい書き込みがあって期待したくなります。

 

その中で失望するものがありました。

CPUについてコア数とクロックだけで性能を言っている。
iPhone5sはデュアルコア
対してfreetelのXMはクアッドコアだからはるかに優秀。

いくら何でもこれはひどい。

iPhoneを持ち上げる気はないけれどA7やこれからでるだろうA8プロセッサーの処理性能は非常に高いです。

 

わかり易い例で言うとIntel内で
core i5やcore i7のデュアルコアとATOMのクアッドコアの比較で
処理性能がコアが倍あるからATOMが高性能だという人はいません。

実際使ってみれば圧倒的といえるほど処理性能に差があります。

同じコア数でも2年前のものと今年のものでは性能段違いです。

 

CPUはコアの世代による性能差が極めて大きいです。

またダイサイズとプロセスルールの影響も見逃せません。

 

重要な要素を全て外してコア数とクロックだけで比較するというのはあまりに残念な宣伝手法です。

Intelで高クロックを競った最後のそしてヒョ版の芳しくないCPU Pentium4と最新のCore i7 で同一クロック、同一コア数で処理性能比較したらどれほどの差があることでしょう。あまりに違いがあって技術進歩にあらためて驚くのではないでしょうか。

 

 

また、同じ時期に性能が違うのでCPUは幾つもの種類が提供されています。

価格重視や消費電力重視、処理性能重視とターゲットがわかれるためです。

コア数が仮に同じでも廉価版と最上位のものでは雲泥の処理性能の差があります。

 

内蔵されることが多いですがグラフィックプロセッサーの能力差も実用上ではかなり大きく影響します。

内蔵されてしまう場合、高額な上位のプロセッサーと廉価な下位のプロセッサーではグラフィックコアも相応な差があります。

 

 

公式サイト見てもクアッドコアとしかなくCPUの種類の記載もないのはとても残念でした。

LTE XM | freetel公式サイト

2014-08-29_04h27_28

というよりこれでは、自分から信頼を失いような行為で大変もったいないことです。

価格をそこそこに抑えSIMフリーを実現しているというのに、こういう売り方してしまうと信頼を失ってしまいかねません。

 

そして処理性能はCPU単体では決まらずメモリー容量も実使用では大きく影響します。

廉価版なので仕方ありませんがメインメモリーは1GBしか搭載されていません。

昨年販売開始のNexus5(2013)は2GBと二倍も搭載しています。

今年国内で販売されるAndroidスマートフォンのほとんどは2GBメモリーを搭載しています。

 

1GBでもAndroid4.4は動作します。

アプリを切り替えなければ十分早いかもしれません。

しかしそれでは使い勝手はガラケー未満になってしまいます。

 

たくさんあるアプリを好きな様に切り替えながら使えるところが醍醐味であり魅力です。

切り替えた時の快適性はメモリー容量に大きく依存します。

コストがかかるため、なかなか大容量化しませんが、それでも多くの機種で2GB搭載しているのは、それくらい積まないと快適ではないという判断からでしょう。実際使ってみるともっとほしいなと個人的には感じることがあります。

iPhone5だとアプリ間遷移した時、待たされてはっきりメモリー足りないと感じます。

iPhoneはOSCARがことなり、それなりに動作するように設計されています。

 

Androidだとメインメモリー1GBは快適に使うというより値段安いから妥協しますという部分になります。

クアッドコアでiPhone5sの倍も高性能だよとか言ってしまうと、比べられた瞬間に大顰蹙かうことになってしまいます。

 

大手キャリアさんがひしめく中でSIMフリースマホって存在すること事態がなかなかセンシティブだろうなとおもうこともあり、頑張ってるな、応援したいなと感じます。それだけにこういうミスリードという域を超えた嘘になる記述はとってももったいなく、残念で仕方ありません。

安物は安物、廉価版は廉価版でどこが妥協点なのか、どこは自慢できるのかを明確にすればいいだけなのに、もったいないことです。

 

スマートフォンは単体では7〜9万円くらいしてしまうものです。

29,800円という破格の値段で売るのですから、妥協点があるわけです。なにせ1/3位の値段で売ろう、しかも売り切りでアプリ売ってさらに儲かるとか回線費用で儲かるということもないのですから。

安くするためにこことここは妥協しました。けれど、基本性能はこの程度まで出せています。欲を言えばこんなことまで出来たら素敵だけれど、そのために7万円も9万円も払うほうがいいですか!?と正直に正面から説明したほうが長く商売続くと思います。

 

amazonなどでSIMフリー端末探すと2年位前のものが主体です。メインメモリーは0.5GBとかろうじて動くレベルが多い。それで16,000円から2万円前後。それに比べたら不十分ながら1GB実装しているなら結構マシな方(でも二倍しますからそれだけでは割高に感じます)。

キャリアが扱う馬鹿高い全部入りスマホと廉価な並行輸入品のSIMフリー端末とのまっとうな比較をしてほしいなと願っています。

 

わたくしは3万円出してこのクラス買うのは躊躇してしまいます。

Nexus5(2013)回線契約付きですが現金で24,800円で買いました。

2年縛りがないのは魅力ですが解約手数料は約1万円です。

すると解約手数料込みで3万5千円相当です。

かたや見劣りするスペックで3万円。

自分だと手が出ない感じです。

 

しかし、いまNexus5(2013)買おうとすると24,800円という低価格では買えません。今買う人には魅力ある選択肢になっていると思います。

2014年08月28日のつぶやき














































Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク