メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2015年10月30日のつぶやき




























amazon fireタブレット注文しました

Fire タブレット 8GB、ブラック
Amazon (2015-09-30)
売り上げランキング: 1

発売開始はしっていたamazonのfireタブレット

何週間も待つなんて嫌なので放置プレーしてました。

状況は悪くていまだと約一ヶ月待ちです。

 

数日待たされるのも嫌いなのに、そんなamazon fireタブレットオーダーしました。

更に滅多に注文しない延長保証も2年も追加しました。

ともに、めったにしないことです。

 

amazonプライムもお試し中で、週明けには課金されます。

 

プライムは日本で始まってそれほど経たない頃、まだamazonが送料は有料だった時代に入りました。

ところが、送料無料がメリットだったのに加入してしばらくすると誰でも送料無料になってしまいました。

秋葉原に住んでいたわたくしには、当時プライムのお急ぎ便と普通の注文に到着までの時間差もまずなくて、全くの無駄な出費になりました。

解約したはずなのに翌年も課金され2年間もお支払い続けました。

 

二度とこんなサギみたいなものに金田スカ!

と、いきり立って、普段の買い物もamazonなんぞで買うものかと楽天に一本化したものです。

 

それなのに、なんで今さらプライムなんだ!?

 

それはアメリカ同様にプライムが定期支払サービスとしての価値が出てきたからです。

レンタル方式ですが一ヶ月に一冊上限にキンドル本が無料で借りられる(返さないと次読めないそうでサイト内の表記は強く修正希望します)。

アメリカ限定で日本には来ないと思われたビデオが見られるサービスも導入されました。

まさかTPP締結前に来るとは期待していませんでした。

 

ところで、いろいろとサービスが増えて魅力も出てきたamazonプライムなんですが、Kindle持っていないと無料で借りられないとかビデオ録画できないとかいろいろ不便というか制限が多いんです。

もともと、日本向け提供があんまり遅くて、そんなもん買ってやるものかとへそ曲げたこともあったくらいで、あまりにも参入遅れてしまい、買う価値が一時なくなっていました。

なにせAndroidのくせに、Androidとして使えない。

アプリ入れられないという欠陥品です(^_^;)

少し言い過ぎに感じられるかもしれませんがgoogle提供のPlay使えないのはもう欠陥以外の何物でもございません。

そこだけは削っちゃいけない生命線ですから。

 

アメリカで発表されものすごく欲しかったKindleもマイクロソフトのSurface同様、日本無視で型式遅れになる頃在庫処分で持ち込まれた感じ。もうすっかり興味失ってしまいました。

 

それなのに、一ヶ月待ちで注文してしまいました。

もはや、Kindleという端末の魅力ではなくてamazonのサービスを使い切るには(使いきるまでいかなくても活用するには)ないと不便というか、ないとダメみたいな存在になっているから買うしかありません。

 

本体が本日の注文で8,980円でした。

 

そして普段はつけない延長保証も2年分、1,880円追加しました。

 

iPhone買うときにもアップルケアなんてつけません。

壊れたら潔く買い直すと決めていて、そんなもったいないもんにお金出しません。

 

なんですが、初めて買う一番安いKindleに延長保証つけました。

 

理由は本体の値段相応に延長保証が安い。

2年間で1,880円、嫌いな表現ですが一ヶ月にすると78円少々です、それも消費税込みで。

これくらいなら、壊れる可能性考えた時、掛け捨てとしては良いかなと考えました。

 

また水濡れやバッテリー劣化も保証対象です。

水濡れはしないとおもいますが、バッテリーは自慢じゃないですが、まともに使えれば一年ほどで膨らませてしまうほど使い込む可能性があります。

愛用のNexus5(2013)も今夏ついに自分でバッテリ交換しました。

やはり少し膨らんでいました。

 

本機で使い潰すつもりの端末なのでバッテリ交換も一回くらいはしたいです。

パチもんのバッテリー代考えて先払いとしても妥当な金額です。

交換しないで済んだらまさにめっけもんで保険らしくよろこんであきらめます。

 

11月末に届くようなので今から楽しみです。

 

そしてamazonに猛烈なお願いです。

スマホ作る金があるならタブレットのまともなものを作って欲しいです。

まともというのはamazonならではという意味です。

 

液晶のAndroidベースのタブレットなんて中華パッドで十分で2〜3千円で仕入れて4〜5千円でばらまいてほしいくらい。

そんなもんに開発費かけないでほしいものです。

まして妙ちくりんなOSなんぞいらないので純正なAndroid入れて、Nexusに負けない速度でアップデートして欲しいです。

 

それは置いといて、せめてハードウェアはamazonが売るのにふさわしい物にしてほしんです。

まずは電子書籍リーダーなんだから電池食わなくて目に優しいE-inkでしょう!

だけどそれじゃ、アプリが使い物になりません。

電子書籍リーダーに特化した端末がほしい人なんて一握り。

タブレットで満足できる人も一握り、だいたいは押し入れに突っ込まれる運命。

 

タブレットとE-inkな電子書籍リーダーを表裏合わせて一枚のタブレットにして欲しいんです。

そしてメインはあくまでE-ink。

電池は一ヶ月くらい楽勝で使える。

 

どうしてもAndroidが使いたい時だけ、液晶側を起動して使う感じ。

液晶側は強化ガラスで全面覆って背面ボディーと入力画面の兼用にしてほしい。

そんなまともな端末なら数万円でしてもいいです。

純正Androidなら10万円しても欲しいくらいです。

 

ほんとうはPaperWhiteが欲しかったのですが動画見たりには全く無理なんでfireタブレットにしました。

| amazon

2015年10月29日のつぶやき


















































































































































Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク