メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2016年02月28日のつぶやき








































2016年02月27日のつぶやき








































































































































































amazon家電タイムセールで三菱雷神掃除機を注文しました

三菱電機 紙パックタイプクリーナー ルビーレッド TC-BXA15P-R
三菱電機(MITSUBISHI) (2011-10-01)
売り上げランキング: 3,758

ずっと買い換えたいと思っていた掃除機。

amazonの家電タイムセールでちょうどこういうスペックと思っていた掃除機が出品されていたのでポチりました。

プライム会員なので明日届く予定です。

掃除機に求めるスペック

いろんな掃除機を使ってきました。

人気のルンバもamazonで買いましたが、いまは他所で余生を送ってもらっています。

我が家で使うとき最重要なのは小梅ニャンコとの相性なんです(^^ゞ

 

ネコが怖がったり嫌がるものは、よほどの必然があって代替手段がない限りはどんなに魅力的でも使えません。

 

掃除機に求める最大のスペックはお猫様との相性が良いこと

といっても抽象的ですね、ネコとの相性なんて。

音がうるさくないというのがまずは大事。

とくに甲高い音、高音がいけません。

そういう意味では使いたいけどサイクロン方式は向かない一つです。

 

あとは挙動不審でないこと。

ルンバは挙動不審の最骨頂でした。

おもちゃとしてみることができたらとても喜ぶのでしょう。

先住犬の柴犬の桃子が目の前で小屋に掃除機かけられ続け、ついに切れました。

その日以来、大の掃除機嫌いになりました。

 

飼い主には逆らえないので、掃除機に吠えつきパイプやヘッドに噛みつきます。

それを見て育ったのが小梅ニャンコ。

いつの間にか、犬の様子見て掃除機を怖いものと思い込んでしまいました。

なんでもないのに、逃げ惑います。

しかも冷静さ失うので、ど下手なボクサーよろしく、すぐ部屋のコーナーに追いつめられて身動き取れなくなります。

 

静音性

音がうるさいのは普通の家でも困り者。

昨夏引っ越したこの住居では隣人がかなりおかしな人。

壁が破れそうな勢いで蹴り入れたり、おそわれかけたこともあります。

音がうるさいということらしいですが、ほとんど音など出していないのですが…

不動産屋の話では、過去その部屋の両隣3人、同じような目にあって入居まもなく引っ越したそうです。

(これって重要事項説明対象なのにひとこともありませんでした)

 

引っ越すつもりですが、引越し先でも静かに越したことはありません。

 

猫の毛や花粉などをしっかりとれること

これはとても重要です。

掃除機ですからしっかりきれいにしてくれないと困ります。

 

ダイソンの紹介でよく普通の掃除機で掃除したあと、ダイソンで掃除するとどれほどホコリが取れるか見せてくれます。

掃除機としての基本性能の違いを魅せつけられます。

 

モーターの良さがよく言われますが、単体の性能だけではなくてクリーナーヘッドの工夫が違うのだとじっくりメーカーの人の話聞けるときに聞きまくったら教えてくれました。

吸い込む力とクリーナーヘッドの能力の両輪が揃って初めて掃除機の性能が発揮できる。

 

普通の掃除機は実売で2万円未満までが単なるヘッド。

回転ブラシがついていても吸い込む空気の勢いを利用して回すだけ。

風車で回しているだけなので非力です。

 

1万円以下だとそれさえもなくて、空気を吸い込むだけ。

今使っている掃除機もそうなのですが、猫の毛などほとんど吸い取れません。

カーペット使っているとホコリも取りこぼしが目立ちます。

 

2万円超えるとモーターをつかった回転ブラシに変わります。

 

真空ポンプ使わないタイプのロボット掃除機やスティックタイプのホウキ代わりのものでも、電動ローラーだと案外ホコリが取れ、猫や犬の毛、人間の髪の毛などもよくとれます。

秋葉原でスティックタイプの電動ローラー式掃除機買ってつかってみたら普通の掃除機より綺麗になって驚きました。

問題は、ネコとの相性の悪さ。

怖がるんです。

 

同じ所を数回しつこく掃除機掛ける必要もあって、掃除時間が長くなるのもネコが嫌がる点です。

省エネで良いんだけど単体は無理。

真空掃除機のクリーナーヘッド部分が電動ブラシタイプが掃除時間も短縮できネコの絡みつきやすい毛も取れてよさそうです。

 

消費電力はできるだけ1kW以内

高性能掃除機になると1kWh超えてしまう機種が目立ちます。

モーターをフルに使い切るにはその程度は必要なのでしょう。

借家で配線がどうなっているか不明なので大電流使うのは避けたいんです。

 

子ブレーカーあたり最大で15Aが一つの目安です。

他のコンセントと兼用されていると超えやすくなります。

10A以内であれば、大電流使うIHヒーターや洗濯機、電子レンジと同時に使わなければ問題ありません。

これならわかりやすいです。

 

タコ足配線はいけないのですが、日本の家ではコンセント不足でどうしても避けられません。

良いコードは15A仕様になっていますが、表記だけで熱を持ってしまうケーブルもあり、やはり10Aくらいまでで抑えたくなります。

 

掃除機の掃除の手間が少ない

買い替え考えてかたっぱしから掃除機の口コミみました。

買いたかったサイクロン方式は手入れの麺では評判芳しくありません。

超高級機種は別にして数万円クラスでも毎回掃除機を掃除しなくてはならないようでした。

内部のフィルターもそのままでは使いにくい場合が多く、使う上であれこれ工夫が必要。

ティッシュとか様々なものを使い、フィルターの前にもう一弾フィルターを追加されているみたい。

紙パックを無理やりやめただけで、それがない分苦労しているように感じるものが多かったです。

 

そういう書き込みで多かったのが次は紙パック式に戻しますというもの。

紙パック式の掃除機は歴史も長く、熟成の領域。

掃除機の手入れで悩むことは減っているようです、ゴミ捨てに関しては。

 

残る手間は方式にかかわらずクリーナーヘッド部分。

吸い込み口のローラーやブラシに毛などが絡みついて大変とか、壊れて買い換える問題。

今まで使ってきた掃除機でも、ここは面倒で仕方ありませんでした。

洗える機種でも、絡まった毛は洗ったってとれてはくれません。

 

自分でなんとかして取るのですが、古い歯ブラシつかったり毎度面倒な作業です。

すこしでも、ヘッド部分が汚れにくく、絡まりにくく、絡まった毛などが取りやすいものを探しました。

 

価格は実売で2万円前後

ひとによって大きく変わる部分、予算です。

amazonでは数千円の掃除機の憂い気が最高。

ついで1万円前後です。

 

評判調べるとどれも価格からすればいいというのはあります。

しかし、掃除機としての絶対性能で満足しているというのが少ない。

音の面では皆さん諦めている。

 

手入れの必要性もサイクロン式では、どちらかというと工夫して使うのを楽しんでいるようにさえ見えました。

そういうの、きらいじゃないんですが、掃除に時間かけられない環境なのでパスしたいところです。

 

掃除の絶対性能求めるとある程度余裕のある吸込仕事率(最低でも300W、できれば500W以上)と電動ブラシははずせません。

それをもとめると実売で2万円こさないと、まずありませんでした。

 

amazonの家電セールで東芝の雷神買いました

安売りのタイミングでした

楽天のスーパーセールに挑戦するように日本のamazonもセールを増やしつつあります。

3月の引っ越しピークに合わせるように家電セールが2日間だけ行われています。

同じ買うなら安いほうが良いのでこのタイミングを活かしました。

また、amazonのセールでは不良在庫売りつくしが目立っていて、不満も多い反面、買う気があるならそのタイミングで買わないと、もう買えなくなってしまう(売りつくされる)という問題もあります。

 

東芝の掃除機、雷神は欲しい仕様をみたしていました

うえで書いたような欲しい仕様を東芝の紙パックタイプ掃除機雷神は満たしていました。

その上で、めったに見ない2万円割り込んだ価格は魅力的でした。

カカクコムでも定価販売に戻っていた雷神が定価の約半値と在庫処分時代の低価格になっていました。

 

さらに、重いというのが一部評判よろしくないところですが、タイヤが大きく4つありひっくり返りにくいという方が魅力。

集じん容量が通常の紙パックなのに約2.4倍もあるというのも魅力。

ランニングコストがそれだけ下がり、手間も減らせます。

犬や猫がいると抜け毛が多く、とてもかさばりますので、ゴミの収納量が多いというのはとても魅力です。

 

音も表記が正しければかなり静かな方です。

うるさく感じる高音域もカットされているそうなのもいいです。

 

買えるラストチャンス

およそ4年半前の新モデルです。

家電製品はライフサイクルが短くすぐに生産終了してしまいます(これが日本の家電メーカーの欠陥だとおもいます)。

生産終了しても流通経路の在庫に東芝不正会計問題でも明らかになったように、商品が変なところに残っていたりするものです。

また販売店に残っていたりもします。

これらが順にまわりまわって売りつくされます。

 

生産終了から少し立ったくらいが一番安く在庫処分価格。

その後、安売り店舗からは売り切れて値引きを余りしないショップの在庫だけになっていきます。

結果として高くなっていくように見えるわけです。

安いところから順に売れていくので最後は定価や定価以上のショップだけが残ります。

東芝の雷神はほぼこの段階です。

 

多分どこかの倉庫に残っていた不良在庫が発見されたとかでしょう。

あるいは。故障対応(製品交換用)かもしれません。

最後の売り尽くしっぽいので、買いたければ今を見逃せません。

 

自分にとって必要なスペックがもう古い機種にしか無いため、不良在庫品だったとしてもいいので買うことにしました。

明日届いてみればいつのものかわかります。

 

 

 

 

ダイソンも引っ越したら買ってみたい。

軽く使わせてもらったことはあるのですが洋服ブラシ敵に使えるヘッドなど犬猫飼っていると、これは使えるなと納得できるパーツがいろいろあって欲しくなってしまうんです。

| amazon


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク