OOo(オープン・オフィス)新版3.0登場:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > ソフトウェア > OOo(オープン・オフィス)新版3.0登場


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

OOo(オープン・オフィス)新版3.0登場

愛用のOOo(おーぷん・おふぃす・どっと・おるぐ)に新版Ver 3.0が登場しました。

こちらからダウンロードと今までのバージョンとの差の詳細をみることができます

いつものことですが日本語版の対応が遅れている様子。
このページでも日本語版ダウンロードリンクがリンク切れしていました。

こちらから日本語版をダウンロードできます
ページ中ほどの Japanese 3.0.0 という行で、お使いのOSにあったものを
ダウンロードしてください。

公開直後で、ダウンロードが殺到している様子。
数日待つと入手しやすくなります。

OOoとは、「おーぷん おふぃす どっと おるぐ」と読みます。

無料で使うことができるOSS(おーぷん そーす そふとうぇあ)として公開されています。

無料で使えプログラム(ソースコード)すべてが公開され、
世界標準のファイル形式で保存されます。
地方自治体でも、マイクロソフトオフィスからの切り替えが徐々に始まっています。

魅力は数万円(2-60,000円)するマイクロソフト オフィスと、ほとんど同じことができる。
無料で問題があれば自分でプログラムも変更でき、データ形式も世界標準なものが
使えるのですから、利用しない理由が分かりません。

Windowsだけでなく、MacやLinuxでも使えます
話題沸騰中のネットブック
WindowsXP版もあるものの値段の安さとハードウェアのチープさを考えると
Linux番が断然魅力。
使えるソフトで悩むところですがOOoを選べば、母艦であるパソコンとの連携も
全く問題ありません(Fontだけ注意しましょう)。

こんな使いわけは、マイクロソフトオフィスではできません。
せっかく格安のネットブックを買ってもマイクロソフトオフィスを使うのでは
何万円も追加で必要になってしまい魅力半減です。

※そういう時は格安ノートパソコンのオフィスバンドル版がお勧め

それだけにとどまらず、データのやり取り
オフィス文書のままでは、セキュリティー上の問題が大きくて流通させにくい。
見やすさと安全性から、アドビのアクロバット形式
いわゆるPDFがお勧めです。

PDFを作るとき、マイクロソフト製品よりもOOoの方がはるかに便利で高機能です

他のソフトを使わずにPDFにできる。
これだけでも、パソコンに詳しくない人には圧倒的に楽でしょう。

それだけではありません。
「リンク」をPDFに残せます。
メールなどでURLをクリックするとサイトが表示されるあれです。

OOoでは、それだけではなく文書内リンクもできます。
これは強力です。

あまりにも便利なので無料レポートにまとめ配布中です。


なにはともあれ、OOo
もしまだなら、お試しください。
使っているなら、早速バージョンアップ考えましょう。
PDFなど強力な機能も使いこなしましょう。


この記事へのコメント
OOoの3.0使えますね。

前のバージョンだとWordで作成した文書をPDFにする際に、
段落やフォントサイズの修正がやりにくかったのですが、
今回はいろいろ直せるようです。

ご紹介ありがとうございます。
Posted by sentan at 2008年10月14日 13:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108044490
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク