Amazonがメール配信サービス開始:その利用基準は大変厳しい:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > メール > Amazonがメール配信サービス開始:その利用基準は大変厳しい


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Amazonがメール配信サービス開始:その利用基準は大変厳しい

アマゾンからAmazon Simple Email Serviceが
発表されました。

クラウドを利用して大量メールを配信できる。
かつ、到達率も良いという夢のようなサービスです。

価格も比較的リーズナブルで今後DBやwebの
利用と並行して配信での利用が進みそうです。

※ある意味弊社の競合サービスです。

ようやくメールは届いていない
ということがこれでご理解いただけるかもしれません。

大きな前進です。

Deliverability(配達到達品質)という指標
これは大切な考えで、メールは送信してなんぼ
ではなく、受信してもらってなんぼのものです。

そこから読んでいただけるか、行動していただけるか
制約するのかはまた別のお話になります。
それをごっしゃにしているかたがまだまだ
多くいらっしゃるのがビジネスマンとして残念です。


Deliverability(配達到達品質)という指標があります。これは、Eメールを送った際に実際にどれくらい受取先に届けることができたかという指標です。Deliverabilityを最大化するには、複数のInternet Service Providers (ISPs)とこちら側のコンテンツを信頼してもらえるように協業する必要があり、沢山のエラーメールやバウンスメールを監視しコントロールする必要があります。内部のハードウェアに時間とお金を費やし、サードパーティベンダーと高い契約を取り交わし、SMTPのインとアウトについて学習し、 Deliverabilityに関連する全ての要素に精通する必要があります。すべてを終えた頃には、なぜそもそもEメールを送りたかったのかすら分からなくなっているかもしれません。

アマゾンブログより引用させていただきました。
引用元リンクは関連記事欄へ

迷惑メール送信者さんほど、こうしたサービスに
食指が動くもののようです。
お気の毒ですが、そうした方はご利用になれません。

まず、送信するメールの適性度合いをチェックされます。
受信をしてくれると確認が取れているアドレスだけを
まずは登録します。
すると受信確認のメールが届きます。

ダブルオプトインならぬトリプルオプトインですね。

受診の意思が確認されているアドレスへ
最大1秒に一通のメールが送信されます。
このとき最大利用出来る送信先は200アドレスです。

この試験段階を過ぎるとようやく
トリプルオプトインは不要になります。
※世界標準はダブルオプトインです。
※日本式のオプトインで利用出来るのかは不明です。

ここまでくると最大24時間で1,000通のメールが
配信できるようになります。
1千万ではなく、一日最大1,000通です。

Deliverability(配達到達品質)に悪影響を及ぼさないかを
チェックされ、悪影響がなければ徐々に
この制限が緩んでいくそうです。

ビジネス的に使えるレベルの送信数まで
どのくらいの期間で認証されるのかは
開示されていませんでした。

良好なメールのみをオプトインできた
相手先に送信しているのであれば
数週間後には最大一秒間に90通の
メールを送信できるようになります。

これはとても大きな数字です。
一時間に最大324,000通のメールが送信できます。

課金はweb同様にメール通数と転送量の
双方に対して行われます。
良心的な価格設定ですが大量にメールを
送信したい場合にはかなりの出費が継続します。


関連記事:

Amazon、メール1,000通送信0.10ドルの大容量メール配信サービスを開始

【AWS発表】 Amazon Simple Email Serviceの発表



今後Amazon ES2やSESをはじめとしたクラウドを
利用するという方式が増えるのかもしれません。

かもと付けるのは、いままでも外部に委託と
自社での運用というものがITの世界では
常にどちらを取るのかで揺れてきたからです。

クラウドは、そのサービスが絶対であれば
そして規約その他が変わらなければいいのですが
ある意味死命を他社に委ねてしまうことであり
大きすぎるリスク要因を背負うことになります。

たとえば楽天がAmazon SESを使うとして
安心してAmazonと競争し続けられるでしょうか。
行き着く先は純国産競合サービス提供かもしれません。

そうして競合が増え、不動と思われた企業が
倒産の憂き目を見るのは世の習いです。

過去Yahoo!は絶対王者として君臨し続けました。
いまやGoogleにその地位を追われ日本のヤフー意外
果たして存続できるのかも不明な状況です。

おなじく覇者であったマイクロソフトさえ
振興のGoogleに脅かされ、またかつて
打倒したはずのアップルに背中を脅かされています。

Amazonがいつまでこうしたサービスを続けられるのか
そこに依存してしまったとき、ほんとうに
代替サービスがスムースに見つかり
シームレス内向ができるのかは誰も保証できません。

弊社でもARMSというメール配信システムを提供していますが
完全依存はおすすめしていません。

自社内にシステム部門を持たなくなったとき
本当にこれからの時代を生き残れるのか
わたくしは技術が複雑化する中
ますますシステム部門の重要性が増していると考えています。

ただその仕事内容が変わっていくだけです。

たとえば、電車が窯焚きという特殊技能が
最重要だったのがもはやエンジンはおろか
モーターの技術も要らなくなっています。
代わりに高度な運用技術が要求されています。

各社それぞれの内実を外部の企業が熟知するのは
困難であり、またそれを開示するのは危険です。

何をどうのように組み合わせて使い
将来はどのように変えていくのかなど
より高度な全社に渡る広範な知識と
ITスキルの両方が要求されていきます。

また、サーバーの運用などもなくならないでしょう。
ゴーイングコンサーンを考えたとき
継続性を自社で保証する必要があります。

ビル内に自動消火器をつけたり重要なビルには
自家発電機まで据え付けるように
サーバーの運用やストレージの設置さえ
本当に全て外部に依存できるようにはならないでしょう。


さて、個人的には大量メール(数百万通/日)を
配信するならばAmazonSESを使ってみたい。

ただしアメリカ中心にEU諸国宛のメールの場合です。
日本国内でIPSに対して影響力が多少なりとも
存在するような企業ではまだないからです。

おそらく、その状態が改善するのは難しいでしょう。
つまり、日本に限って言えばあまり期待できない
と考えています。


たとえばベリゾンへの影響力ならばあるかもしれません。
ドコモやau、ソフトバンクへの影響力があるでしょうか。
なければ大量メールなど受信していただけません。
それだけのことであり、それこそがこの種の
ビジネスの死命を制している部分になります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183272170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク