無料日本語入力アプリBaiduType使用感:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > ツール > 無料日本語入力アプリBaiduType使用感


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

無料日本語入力アプリBaiduType使用感

BaiduTypeに久しぶりに帰ってきました。
登場してから一年半ほど愛用し諸問題が
解消しないので困っていました。

そんななかMac版がGoogle日本語入力には
あったのが乗り換える元になりました。

WindowsとMacで同じ日本語変換が使えるのは
とてつもなく便利です。
同じものと敷いてはATOKが有名ですが
パソコンの台数が多いためコスト的に選びにくい。
※全部足すと20台に手が届いてしまいます。

そこそこ快調に使えるGoogle日本語入力
原因が本当にこれかわからないのですが
パソコンが異常に重くなり、アンインストールで
解消したため、一時使用見合わせています。

BaiduTypeに戻ったのですがだいぶ変わっていました。

■良くなった点
・微妙にデュアルディスプレー対応
 部分的にデュアルディスプレーで動作し始めました
・無料でそこそこ賢い
 MS IMEには戻れないです
・スクリーンショット機能追加
 常駐ソフトは減らしたいので必須のIMEに含まれるのはありがたい
・スクリーンショットが多機能


■悪い点
・徹底して出ない単語がかなりある
 以前からの悪い点ですが日本語の一般的な熟語が
 網羅できていないだけでなく変換できません。
 別読みで入力したり、単漢字で扱うなどの
 工夫がかなり必要なので大量文書つくるには
 ストレスがたまります。
・長文が苦手
 1〜2単語で変換しないと変換効率がむやみに悪い
 登場当初からで、使い方次第ですが長文作成には
 向かない仕様です。
・変換予測がまるでダメ
 だいぶ悪化したようです
・辞書学習がダメ
 これもかなり悪化しました
・スクリーンショットにバグが多い
 まだ評価版なので仕方ないですね

半年ぶりで戻ってみたら、文字の変換効率と
予測変換や学習機能がGoogle日本語変換と
比較にならないほど差がついてしまいました。
これほどの差はなかったので、Google日本語入力が
大きく進歩したのかもしれません。

変換学習機能の低さはかなり辛いです。
変換できなくても諦めるのですが
学習してくれないと効率が全く上がりません。

携帯電話の入力をパソコンへ
という素敵なコンセプトで開発が進む
BaiduTypeですが、携帯電話の入力が
とても早い大きな理由が変換を覚え
予測変換がいち早く出るからです。

同様に、短文での変換でも受け入れられるのも
予測変換で数文字入力すると
使いたい熟語などが表示されるので
長く入力するよりこまめに確定するほうが
効率がいいからです。

学習や予測変換が苦手では、
長文で対処しないと効率が上がりません。
ATOKがそういう取り組み方でパソコンでは
できるだけ長文で変換するように
ユーザーを指導していました。

昨年からスマートフォン向けにIMEを出し始め
こちらは携帯電話と同じで予測変換が強い。
その分短い文字数で確定するので使い方が
かなり変わってきています。

BaiduTypeもケータイを標榜するなら
学習結果の強烈な学習機能と
予測変換の強化が必要ですし
それができないなら長文変換
具体的には前後の要素を判断して
正しい変換候補を抽出するという
高度な変換方式を採用するかの
二択をしないとシェアーを落としてしまいそうです。

わたくしは、携帯電話スタイルを徹底して
いかれるのがBaiduTypeらしくてよいと思います。

またはじめてのユーザーディスカッションの席で
申し上げたようにクラウドの活用が伸びるためには
きもになってきます。
提案時よりもEvernoteなどが浸透してきて
クラウドの利用率が上がってきています。





パソコンを大量に持っているというのでなければ
スマートフォンやMacでも使えるATOKが
日本語をどんなツールでも楽に入力できる
という点で一番良いです。

Google日本語入力は、なぜかGoogle謹製の
Andoroidではまったく違うものになっていて
同じ入力方法を極力ハードを変えても
一貫して利用できるという部分でちょっと
まだ採用するには早いようです。
安定性もまだまだかけている印象です。
※わたくしの数台のパソコンではOSを
再インストールしてもGoogle日本語入力入れると
ONにしなくとも激重になってしまいます。


かるくWindowsだけ使う方には
BaiduTypeは全く異なったツールで
一度は試してみていただきたいソフトです。

人名や最新の商品など入力しやすいです。
普段使いには、芸能人や有名人の名前が変換できたり
商品名やサービス名が変換しやすい方が
実用性は高いのでWindows標準の漢字変換
(日本語入力)を使っている方は試すと
感動できるかもしれません。


反面、Androidが出にくかったり、GYARAXY Tabが
どうしもてきちんとでないとか
ぼうじゅん(膨潤)がどうやっても変換できないとか
ちょっとした技術的なことばになると
ほぼ全滅感があります。

この辺はGoogle日本語入力が以前と変わり
かなりよくなっています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188140798
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク