【感動編】XOOMふつうのコトがPCのように普通に出来る喜び:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > Android > 【感動編】XOOMふつうのコトがPCのように普通に出来る喜び


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

【感動編】XOOMふつうのコトがPCのように普通に出来る喜び

スマートフォンをPDA的に使う人にはおそらく昨年登場したAndroidで十分便利なところまでハードウェアもOSもアプリケーションも進化していました。PDAではなくて、パソコンと同じように、ただひたすらどこでもより簡単にシームレスにサックと情報にアクセスして作業もこなしたいと期待するとパフォーマンス不足でノートパソコンを手放せない状態でもありました。

たとえば、TwitterでURLが書かれている。
さっと見たい。
写真などの添付だとすぐ見てTLにもどりコメント返したい。

GALAXY Tabは、とても高性能なハードで画面も大きく、CPUも1GHzと高速でメモリーは驚くほど潤沢です。
それでもパソコンで普段何気なくしていることをやろうと思うとストレスを感じますし時間を食ってしまい、スキマ時間の活用ではなくスマートフォンを操作するための時間を捻出するといった逆転現象を引き起こしてしまいました。

一番簡単な事例がTwitterです。
TLには写真の添付や参考URL掲載されたものも多く流れ、情報収集が主目的の一つなのでそうしたものを素早くチェックしたいという欲求を強く持っています。PCならばクリックすれば見られ、Xをクリックしてタブを閉じればTLにもどれます。通信環境やパソコンの性能に強く影響されますがたとえばサンデーブリッジ世代のCPU搭載機ならさくさくと小気味良くこんなことはできてしまいます。

ギャラタブでは、リンクをクリックするとどのブラウザーで開くかを聞いてきます(これは、わたくしの都合)。
ブラウザーを選んでタップすると起動しますがはっきりと分かるほど待たされます。
ブラウザーが起動してから、ページの読み込みでまたかなり待ちます。
そこからタイムラインに戻るのに、再び少々待ちます。

どこかであせって素早くタップするとアプリが落ちたりOSごとハングアップして何分間も使えなくなります。


もっと深刻なのはメールで、情報収集ようにITmediaとかBIZ誠といったメールマガジンを多数購読しています。
簡単な説明書きがあり参照先のURLがいくつも並んでいる構成はどれも同じ。

パソコンでは、CTRL(Command)キーを押しながらURLをクリックして裏で次々と参照先を開いていき、一気に見ていきます。

ギャラタブでは、ひとつひとつのURLごとにジャンプすることになり、それらはTwitterのURLをクリックするのと同じか、やや重い処理になります。

とても待てないので、一日中外出しているときは仕方なくギャラタブで処理し、普段はパソコンが操作できるまで待ってみています。メールはだから歯抜け状態で既読と未読が織り交ざりとても扱いにくくなってしまいます。

さて、昨日届いたばかりのモトローラXOOMもクロックは同じですからあまり期待はしていませんでした。
むしろUIが非常に負荷の重い作りになっているので、より実用性を失っているだろうといやーな気持ちで試したのは今朝になってからです。それほど気の重くなる作業でした。

試してみてびっくり。
デュアルコアがサーバーの時に驚くほどの高価を発揮するのと同じなのか、あるいは、OSがAndroid3.0に進化したことで処理性能が大幅に向上したものか。とにかくアプリ間の切り替えがスムースでストレスがすごく軽減しています。

もちろん、一度起動すると裏で起動し続けているからさ
ということくらいは承知していますし、Android2,2や2.3でもランチャー使えば実現できるのですがアプリがとても不安定になって、わたくし的には実用性がないとしか言えず使えない機能でした。

Motorola XOOMでは、それが驚くくらい普通に実現できてしまい落ちることも不安定になることも短時間の利用では起きませんでした。
ギャラタブでハングアップするまでの時間のおおよそ倍位は使いました。

アプリがこうした使い方により最適化が進み、ハードウェアがさらに進歩しメモリーの実装量が増えていけばパソコンよりタブレットという時代が来るのま目前かもしれないと、自分の作業方法で期待を寄せたくなってきました。


こうなると3〜4インチのAndroidが無性に使ってみたくなります。
なぜならギャラタブで満足行かなかったので、ハードウェア的にははるかにおとろものが多いスマートフォンにお金をかける気が起きなかったのがつい最近までのことです。

ブロガーイベントで多数の最新端末を触らせていただいても、持ち帰れるわけではないのでメールさえ試せない。メール中のリンクをタップしてどんな動作常態化を試すのは無理だし、時間が全く足りません。最低数日、出来れば数ヶ月使い込んでみないことには、本当の良さとか問題点、さらに欠点を克服する使い方のノウハウなんて見いだせません。

XOOMが快適とはわかったんですが、10,1インチはしゃれにならない大きさで、さっと取り出して作業すると言うにはいくら何でも大きすぎます。そもそも片手で持ちつつ操作できません。ギャラタブはでっかいですが左手だけでホールドしつつ操作できます(写真撮影以外)。

ITmediaさんからせっかくプレゼントしていただいたのに、かえって物欲が増すという懐にはやさしくない状態に至っています。でも出来ればその予算でノートパソコンを購入すてオフィスの消費電力を軽減したい。というよりそちらが急務なんです。


つかうほどに感動が待っていそうなXOOMです。
発表を見たときは、なんでいまさらMotorolaなんて大御所が参入するんだろうと不思議に感じましたが、直近の四半期だけで44万台以上売れたというのお納得の出来栄え。予想外に良い誕生日プレゼントを頂戴しました。



XOOM本体
二年縛りなどないWi-Fi専用モデル


専用ケースを買って持ち歩きたいと本気にさせるガジェットでした




旅行にいくときは、今はまだノートパソコンですがXOOM一台でよくなるかもしれません。
使い込んで、ノマドライフを楽しめるくらいまで設定を見つけていきたい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217456287
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク