針金ハンガーで鍋蓋ハンガー自作してみました:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!
メールのプロの独り言トップ > ECO > 針金ハンガーで鍋蓋ハンガー自作してみました


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

針金ハンガーで鍋蓋ハンガー自作してみました

2014-06-24 18.37.28

クリーニングにスーツなど出すと針金ハンガーにかかって帰ってきます。

というかプラスチックハンガーは使い回しが効かないので、料金に大差なければ針金ハンガー使ってくれるクリーニン屋さんにお願いするようにしています。

 

プラスチックハンガーがたまってもあまり使い道がなく石油の浪費にしか感じられません。

その点、針金ハンガーはもともと太めの針金です。

好きな様に加工ができて使い勝手がよく、資源の浪費にならずにすみます。

 

2014-06-15 11.27.51

レンジ周りにネットを張って収納にしていたのですがどうしても油がはねて汚れてしまいます。

ずっと気になっていました。

料理中に万一倒れると火事のおそれもゼロと言えません。

 

家の模様替えをしているのですが、その一環で大幅に変えてみることにしました。

ネットはいろいろ多用しています。

別のを一旦バラして洗いこちらは後で洗って戻すことにしました。

2014-06-15 11.13.20

レンジ後ろの壁に突っ張り棒を立てました。

そこにネットをインシュロックで固定していきます。

ネットもインシュロックタイも15〜8年くらい前には100円ショップでたくさん売っていました。

近年激減していて買い足せないのがとっても不便です。

2014-06-15 11.27.55

こんな風にネット張って完成です。

2014-06-24 19.34.38

今はこんなふうになっています。

何をどこにかけるか、あれこれ試しているところです。

2014-06-24 19.00.15

いつも収納に邪魔で場所食いな鍋フタ。

とくにガラス製の蓋は料理の時は必需品だと感じるのですが、しまうときはこれほど邪魔で始末におえないものもありません。

この3年ほどで、もう2つほどダメにしています(^^ゞ

 

ずっと壁面収納じゃないですが、かけてしまえないか考えていました。

レンジ下の大きな収納スペース内にタオルハンガーつけるといいというライフハック見て真似たんですが収納力減りすぎて却下。

100円ショップの書類建てに入れてたててみたら、ガス栓に当たってガスが出なくなる事故に会いました。

ガスレンジが突然使えなくなって、電池変えても駄目だし理由がわかるまで10分位悩みました。

2014-06-24 18.59.46

20cmの鍋フタ

2014-06-24 18.37.28

18cmの鍋フタ

 

いいつくりかた無いのかとググったんですがうまくヒットしませんでした。

仕方ないので当たって砕けろです。

まず頭のなかで基本設計。

 

ハンガーの下側の真っ直ぐな部分を曲げて鍋つかみ部分をキャッチして、そのままホールドできれば良さそうです。

端のほうを使って固定するっぽい写真も見たのですが、その作り方だと蓋のサイズごとに作らないといけなくなります。

何種類も鍋フタがある、というかいろんなサイズの鍋を使っているのでオールマイティーに固定できるのがいイイ。

 

針金だからバネ的力があります。

これを使って前後から挟んじゃえばいいんじゃね!?

そんなイメージが出来たので制作に入りました。

 

針金ハンガーで鍋フタハンガーを作ってみる

 

針金ハンガー製、鍋フタハンガーの準備:材料編

2014-06-24 18.35.23

針金ハンガーひとつ

以上完了です!

 

針金ハンガー製、鍋フタハンガーの準備:道具編

人間一人

以上完了。

工具一切不要、両手だけで十分です。

えっと、メジャーさえ使いませんでした。

技術系、工業系な人のくせに、目分量で作業しちゃう(^^ゞ

 

針金ハンガー製、鍋フタハンガーの製作開始

2014-06-24 18.35.57

下側をこんな感じで山形に曲げます。

2014-06-24 18.36.00

 

両手でマッスが部分持って親指で押し出すようにすれば簡単です。

曲げ方は実際どうでもいいかなと。

 

2014-06-24 18.36.21

 

でっぱらした中央部分を今度は内側に減っこませます。

これって鍋つまみを引っ掛けるところを作っています。

2014-06-24 18.36.48

ぐにゅ〜んと、両端(肩の部分)を下に曲げます。

この時ちょっと浮くようにするのが今回の味噌です。

普通なら平らというか平行にそのまま曲げるんですがそれだと鍋が落っこちてしまいます。

1〜2センチ前後で差があるようにしています。

ちょっと文字だとわかりいくいですね。

写真だと影が出ているので多少、鍋つかみ引っ掛けるほうが浮いているのがわかるでしょうか。

こんな感じにします。

 

針金ハンガー製、鍋フタハンガーの完成

2014-06-24 18.37.28

ハンガーのパイプなどに引っ掛ける部分をそのままネットなどにかけます♪

フックなども不要で超エコロジーです。

 

写真で鍋フタが宙に浮いている雰囲気わかりますでしょうか。

鍋つかみ部分を引っ掛けているだけで、鍋のふち(周囲)は一切どこにもあたっていません。

2014-06-24 19.35.00

1〜2センチの段差つけていたんですが後ろと前の間に鍋フタを挟み込んでいます。

こうすると元針金ハンガーが大きなバネになって前後から鍋フタを優しく抑えてくれるんです。

なので見た目以上に安定しています。

2014-06-24 19.35.08

センターの鍋つかみを引っ掛けるだけなので直径にかかわりなく収納できます。

 

ということで参考資料が見つからなかったおかげで、なんだかいいものが出来上がりました。

| ECO


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク