クラウドストレージ時代の無料アプリCarotDAV:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > クラウド > クラウドストレージ時代の無料アプリCarotDAV


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

クラウドストレージ時代の無料アプリCarotDAV

できるPRO Apache Webサーバー 改訂版 Version 2.4/2.2/2.0対応
インプレス (2013-02-17)
売り上げランキング: 26,771

GoogleがGoogle Drive容量を無制限化したり、MicrosoftがOffice365契約者向けに容量無制限化を発表したりしています。

超大手がクラウドストレージの容量撤廃し、しかも価格は毎月1千円前後ととてもリーズナブルです。

これからはいよいよ本格的クラウドストレージ時代になりそうです。

 

いままではデーターは全て手元のパソコンの中に保存するのが当たり前でした。

データーを無くしたくないと思ったらUSBなどを使う外付けHDDに二重三重に保存してきました。

 

これからは容量を考えることなくクラウドサービスに保存できるようになりそうです。

専用アプリが提供されていて困ることはあまりありません。

 

パソコンでも外付けディスクを使って二重三重に保存しバックアップとしていました。

クラウドストレージには不要でしょうか?

 

パソコンで行っていた故障対応という意味であれば、MicrosoftやGoogleのシステムのほうが数台の外付けHDDを個人が使うより安全性は高いと思います。

それでも絶対ということはありません。

 

何より怖いのは突然のサービス終了です。

先日も大量のサービス終了を日本のヤフーが発表したばかりです。

クラウドストレージは妙ちきりんな法律ができたり、運営会社の業績が悪化したら突然サービス終了となることも覚悟して置かなければなりません。

 

その時困るのが容量の問題です。

容量無制限と言われても無闇矢鱈にアップする人はごく一部の例外的な人たちだけです。

まともな人は良識の範囲で使います。

それでもかなりの容量になったら、サービス中止と言われてから慌てても間に合わない公算が高いです。

なにより一時的に保存する領域を確保するのに何万円も出して外付けディスクを何本も買うことになるかもしれません。

 

長く利用するためには一社に依存するのではなくて、複数の会社の複数の異なるサービスを併用することが一番の自衛策になります。

いまならGoogleとMicrosoftとamazonの3つ併用が最有力候補かと思います。

 

それぞれ専用ソフトで使えますがちょっと不便。

探したらいいアプリがありました。

しかも国産のフリーウェアです。

 

ファイル名に日本語があったりする可能性があるので、ファイル操作をするアプリは国産に割りにこだわっています。外国のプログラマーが作るとき日本語を意識してくれることなんてまずありません。まして、テストもされていないので問題が起きないとはとても言えません。

 

麗の小屋 - WebDAV Client CarotDAV -

概要

VistaのWebDAV実装があまりにひどくて使い物にならないので、 VBや.Netの勉強も兼ねて適当に作ったシングルペインのWebDAVクライアントです。 いまさら、という感じですが、いまだにまともなのがないので仕方ありません。

調べた範囲では、最もきちんと多言語に対応しています。 調べた範囲では、最もたくさんの認証方式に対応しています。

WebDAVのほか、FTP/FTPS、SkyDrive、Dropbox、GoogleDrive、Box、SugarSync、Copyにも対応しています。

アップロード/ダウンロードのレジューム、自動分割が可能です。

ファイル名やフォルダ名、内容の暗号化が可能です。

マスターパスワードを用いて設定を暗号化することが可能です。

簡易WebDAVサーバーも内蔵したのでドライブマウントもできる…場合もあります。

 

WebDAV専用アプリはありますがほんとうに少ないです。

まして、Google DriveやOneDriveをシームレスに扱えるアプリはめったにありません。

あってもほとんどがスマホ用で大量ファイルは扱えません。

 

そして素敵なのがインストール不要なポータブル版があることです。

ダウンロードして解凍するだけで使用できます。

 

DropBoxに入れておけば、ほかのPCからもすぐに使えます。

ということで、DropBox上に解凍したファイル一式を入れておきました。

 

操作方法は直感的とは言い難いです。

初回使用時の各サービスの認証方法などもう少し丁寧な図解入り解説がないと、WebDAVってなに!?というごく普通の人が使うのにちょっと敷居が高い気もします。

ちょっとだけで勘を働かせればなんとなく使えてしまうと思います。

 

Webdav
Webdav
posted with amazlet at 14.11.13

Betascript Publishing

 

 

 

 

CarotDAVのようなアプリが欲しくなるのは外付けHDD的にクラウドストレージを使いたいというのも大きいです。

多くのサービスでは、パソコンにも同じファイルを保存することが前提になっているためSSDが主流になって容量が小さくなっている現代では専用アプリは使い勝手悪いんです。

WevDAV系アプリならFTPと同じようにシンクロさせるわけではなくてアップロード&ダウンロードです。

手元にファイル残さなくて住むというのが一番の魅力です。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク