シャガがキレイに咲き始めました桜もすぐですね@秋葉原:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > 植木・花・木 > シャガがキレイに咲き始めました桜もすぐですね@秋葉原


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

シャガがキレイに咲き始めました桜もすぐですね@秋葉原

2015-03-18 14.40.45

あたたかすぎる日が続き、昨日は思わず打ち合わせの合間に公園に見に走りました。

すると一般には4〜5月が花期と言われるシャガがキレイに咲いていました。

 

シャガのように、大きな花は綺麗だけれどさほど好きではないものが多いです。

そのなかで、シャガだけは見とれてしまいます。

 

千代田区や台東区など東京の中心部やそのまわりではソメイヨシノの下生えにシャガがよく植えられています。

こんなにきれいな花を咲かせるのに、太陽が苦手なシャガ。

ちょっと日陰になる木陰が一番良く育ちます。

直射日光が苦手なんて、合い通じるものを感じてしまいます。

 

桜のように陽光を遮ってしまう樹の下には、よく咲く花が少ないです。

しかも桜は、花見客がどこでも退去して押しかけるのでどうしても踏み荒らされてしまいます。

普通の花は育たないし踏み潰され枯れてしまいます。

2015-03-18 14.34.46

日陰を好むシャガは下生えに最適。

しかも、大変強くて踏まれてもめげません。

地下茎で繁殖するので一度植えれば放置プレーで毎春花を楽しめます。

花見客が集まるソメイヨシノのために生まれてきたような花がシャガです。

 

このシャガという植物、三倍体だそうで実をつけません。

なので人間が植えてあげなければ自然には増えることができません。

これだけ増えているのは、花の美しさと花期の長さ、手入れの簡単さと踏まれても枯れてしまわない強靭さ、日陰を好む性質が都会の下生えに最適な条件を揃えているからでしょう。

 

上野公園などでは、ロープが張られていても踏み潰されるしブルーシートやダンボール敷かれ宴会場にされてしまっても彼もせず花を咲かせ続ける姿は、美しさに似合わないほどたくましく、見とれずに入られない生命力にあふれています。

 

写真のシャガはマンション隣の公園に植えられたものです。

植えられて、まだ数年しか経っていないのに存在が目立ち始めました。

佐久間公園

 

 

シャガの場合、大量に植えつけなくとも時間がたてば一面に広がって咲いてくれます。

 

これから、お花見シーズンですね。

ブルーシートやダンボールも季節感あって悪くはないですがゴミが大量にでてエコじゃない。

ブルーシートたたむときなど周囲でまだ楽しんでいるひとには土埃などが枚とても迷惑です。

 

我が家では、出かけることも多いのでアウトドア用の椅子を数種類買いました。

目的によって使い分けています。

一番軽いのは↓

折りたためるクッションでちょっとお出かけするという時にはデイバッグなどに詰め込んでいました。

さっと座れてとっても楽。

まだまだ花見シーズンなど花冷することが多いのですが、おしりや腰から冷えるのはきついものです。

これ一枚あるだけで快適さがまるで違います。

花見などは主にこのタイプのクッションを持っていきます。

ちょっとした開いたスペースに敷いてお花見の雰囲気楽しんだり、持参した弁当やコンビになどで仕入れたもので宴会風に楽しんだりもします。

持ち帰るときも、汚れた部分内側に折りたたんで袋に入れれば不安なし。

帰ってから水で洗い流しています。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク