収納スペース食わない鍋セットがほしい|ティファールのインジニオ・ネオ:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!
メールのプロの独り言トップ > 引越 マンション売却 > 収納スペース食わない鍋セットがほしい|ティファールのインジニオ・ネオ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

収納スペース食わない鍋セットがほしい|ティファールのインジニオ・ネオ

引越の準備の準備で一番捨てて困っているのが鍋類です。

まだ捨てきっていないのに早くも不便。

なんでひとつのフライパンで済ませられないんだ!とか、我ながら思うのですが、こんなときはあと2cm小さいのがほしいとか、もう一回り大きい鍋とか深いのがほしいとか、少々道具で楽をしすぎてしまったようです。

 

スペースがあると物で満たしてしまうので、今度の仮の住処はできるだけワンルームタイプのこじんまりしたところを探しています。次回の引越にまた一か月以上も準備の準備にかけるなんて非効率なことしたくありません。なにより、こう捨てまくるのではエコではなさすぎます。

スペースいっぱい置きたいものは生まれ育った環境の影響なので急には変わりません。むしろ今更変えようがない気もします。だったらものであふれないようにするにはスペースを小さくすればいいというのが今回の発想の原点です。

 

江戸時代の大工も、こんなにどうやって使うんだというほどノミ一つ、のこぎりひとつ、カンナ一つにしても一つでなんでも賄うのではなくて、こんなにどうやって使い分けたんだろうと悩ましいほど道具を持っていました。料理もレミパンひとつでなんでもできそうなものですが、わたくしはそういうの得意ではなくミルクパンから28p超えるフライパンや中華鍋まで料理ごとに使い分けてしまいます。もともとが職人気質なので、こういう部分どうも融通効かないみたいです。そのくせ、スイスアーミーナイフ大好きで何個も買ってしまうんだからつじつま会わない部分もあります。

場所スペースがなくていろいろ料理に合う鍋がほしいとなると、真っ先に思い付くのは独身の川口時代に使っていたティファールの鍋セットです。今はもうない川口ダイエーで買ったミルクパンに大小のフライパン、そして深鍋のセット。すべてをまかなえる取っ手(ハンドル)と共用鍋蓋、それに大小の密閉用のふたがセットになっていました。これくらいあるとかなり便利です。

しかも、すべてが重ねられるので置き場所は大きな両手鍋一つ分程度。

 

結婚して間もなくテフロン部分だめにしてくれてセットではなくなってしまいました。

一部残っていたのですが、引っ越しの準備の準備ですべて捨てました。

 

残したフライパンや両手鍋文字s栗見るとテフロンが弱ってきています。

サイズ的にも物足りません。

少々高いけれどスペース効率考えたら、またティファールのような取っ手(ハンドル)がはずせて、傘得て収納できるものが便利です。

いろいろ種類があるティファールですがインジニオ・ネオが気になっています。以前のセットと同じ密閉保存用のふたがついているのでカレーや煮込み作ってそのまま鍋にふたをして冷蔵庫に入れて保存できます。そして不満点だった火にかけて使うときのふたが全部共用からサイズ別になり、パスタ用のお湯霧が付いたものではなくて密閉型でなかも見えるガラスに変わっています。不満を言えばソースパンの小16cmよりミルクパンがほしいくらいです。

よく見るとIH非対応なんですね。

ヨーロッパだとIHじゃなくてプレートコイルだもんな。

 

フライパンを中華鍋みたいに振り回して調理したい人には、ティファールタイプの取っ手(ハンドル)が取り外せる鍋は向かないかもしれません。わたくしはティファール買ってから鍋の使い方を変えました。欧米の人って中華鍋みたいに鍋振り回さないですから設計思想が違うんですよね。逆になんで日本人が中華料理的に普通のフライパンを振り回してしまうのかは気にかかるところです。鉄製の中華鍋を猛烈に強力な火力使うときの料理法なんで家庭の料理にはもともと向かないはずなんですよね。15年も鍋降らない調理になれたので、いまは中華鍋うまく使えないかもしれません。

IH非対応なんて今どきおかしいと思って探しなおしたら、やっぱりIHにも対応したティファールのモデルがありました。セット内容は同じで熱源にIHが追加されています。引っ越し等考えるとIH対応したものにした方が無難。重さが増えないかだけ気になります。

セット重量という項目見ると3,700グラムから4,500グラムに増えています。

IH対応とは電磁コイルで発生させた磁力を金属で受信し、熱に内部で返還する方式。IH非対応の鍋の鍋底にステンレスの板をサンドイッチして対応させることが多いのでどうしても重量が増します。IH不要なら非対応の製品の方が軽いので必要性に応じて選ぶ分です。

 

単品で買うと2種類のサイズのバタフライガラスふただけでやすいところでも5千円前後するのでセットで買うとかなり割安です。毎度鍋探していると感じるんですが鍋蓋ってなんでこう割高なんでしょう。セット物で買わないと値段見て手が止まることが多いです。

カタログベースでしか見ていないんですがバタフライガラスふたっていいですね。取っ手部分がガラス豚に倒れこんで収納時のかさばらないように設計されています。こういう部分は各社の鍋でも見習ってほしいところです。とにかくしまうとき鍋蓋ってかさばって困ります。

以前ブログに書きましたがランドリーにワイシャツやスーツなど出すと洗いあがって戻ってくるときかけてある針金ハンガーを加工して蓋を収納しています↓

針金ハンガーで鍋蓋ハンガー自作してみました:メールのプロの独り言

 

ローヤルシティ神田佐久間町というマンションは2LDKのわりにキッチンが広いので壁面活用して鍋蓋やなべなども収納しています。今度はそういうスペースのゆとりと無縁な生活しばらくしてみるつもりなので、これは再現できなくなります。

物を置ききれなくなったら材料は持っていくので、同じような構成にして州能力あげてしまうかもしれません。これの良いところは、小梅ニャンコがこの部分の壁紙(クロス)に詰めたてないという利点もあります。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク