nanoSIM付きデジモノステーション620円は買いでしょう:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > スマホ/携帯電話 > nanoSIM付きデジモノステーション620円は買いでしょう


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

nanoSIM付きデジモノステーション620円は買いでしょう

デジモノステーション 2016年02月号

エムオン・エンタテインメント (2015-12-25)

年末になるとクリスマスプレゼント的な思いもよらない付録がつく雑誌が突然飛び出してワクワクさせてくれます。

クリスマスイブの今日気づいたのがクリスマスの12月25日発売のデジモノステーションです。

 

付録内容がもう今一番欲しいもので、即座にAmazonでポチりました。

【特別付録】コラボSIM【0SIM by So-net】(SIMスペシャルスターターパック)
本誌とソネットのコラボSIMは、開通後500MB未満までは毎月無料! 初期手数料無料! という、これからSIMフリーを始めたい人にぴったりの仕様に! さらにコラボ特典として、期間限定でLiSA、SUPER☆GiRLSの特別版ビジョメガネ舞台裏動画、インタビュー&ライブ動画が、開通後観られる特典付き! コラボSIMの解説やSIMフリーを始めるためのQ&Aも掲載。
【0SIM by So-net】詳細
形状:nanoSIM 規格:0SIM by So-net 種類:データ通信専用
データ量と料金(2段階定額)
0MB~499MB:0円
500MB ~ 2047MB:100円~1500円
2048MB ~:1600円
速度制限:なし(ただし5GBまで)/NTTドコモ 4G LTE(下り最大225Mbps)
開通期限:2016年2月24日

SIMのサイズさえ確認せずに注文してからじっくりチェックしました。

わたくしてきには、こういうの割りに珍しいです。

 

大抵こういうお得な付録がつく号って発売開始前に売り切れとか平気であるので明日発売日とあっては買い損ねかねない。

かなり焦りました。

 

デジモノステーションそのものも割りに好きな雑誌です。

ふだんとおなじ620円だから本誌代金だけ。

そこにSo-netの格安SIM(MVNO)が付録で付いている。

SIM代金(一般的に3,240円前後)と事務手数料(これもだいたい3,240円くらい)が無料らしいので、それだけでもかなりおお得感があります。

 

秋くらいから、2年縛りが年末年始で2回線終わるということはつぶやいていましたが、いよいよあと数日で愛用のNexus5(2013)のイーモバイル回線(いまはY'mobile)が2年縛り完了です。

逆に言うとあと数日で使えなくなります。

週末にでも解約に行こうかなと思っていました。

 

まだ代わりの回線手配していなくて…

とにかく近隣騒音がひどすぎてまともに考え事ができる状態になかったんです。

あれこれと条件が細かく違うMVNO回線を選択するとかSIMフリー端末(スマートフォン)選ぶなんて無理!

 

ようやく引っ越していってくれ、これから寝られるように早く体調戻そうとしているところです。

寝られるようになって体調をそこから少しずつ戻して、その後回線とか仕事とか徐々にやっていく感じです。

 

回線なくなるけどどうしよう。

6,800円の格安スマホOCN回線付きで買おうかななんて思いつつもポチれませんでした。

6800円のSIMフリースマホが気になる|AuBee smartphone 「elm.」 (バックパネル2枚付き:レッド/ブラック):メールのプロの独り言

 

まだ、それどころではありませんでした。

 

来年まで無理かなんて諦めていたらデジモノステーションの付録が格安SIMなんてもう、買う以外ない。

なにしろ雑誌代以外何もかかんないんですから。

どうせ、ちょこちょこ買っているデジモノステーションだし(モノマガと類似のものと交互に買ってますよ)。

 

格安SIMが無料でついてくる

So-net回線(ドコモのMVNO)がついてくる。

SIM代金と契約手数料はいらないらしい。

 

通信費がありえないゼロ円から

ここ惚れちゃいますね(^^ゞ

毎月の通信量が5499MBまでは、無料!

なんて太っ腹なんだ。

 

500MBから従量制。

2GBまでが100円〜1,500円

それを超えて5GBまで1,600円と予想外に安いです。

 

6,800円のスマホでは1,600円で毎日110MBまでだから最大使いきって3GBまでで1,600円、月間3GBだと1,700円だからかなり安い。

(ただし通話SIMです、電話受けてかけられる、SMS対応)

 

こちらは単なるデータSIM

でもそれでもいいので。

 

iPhone3G以来、普通に使うと毎月1GB以内に収まっています。

これ2回線持てれば、2台で分割するとうまくすれば通信費かかんないですむだけど。

 

こういうの買い占めるのは、いけないことだと考えているので1冊だけしか注文していません。

また、1契約しかできない縛りがあるようです。

 

※3カ月間連続でデータ通信のご利用がない場合は自動解約となりますのでご了承ください。

このしばりは、本誌が来ないとよくわからない。

無料範囲内でもOKなのか、たまには500MB超えて100円以上の課金が必要なのか。

数百円くらい、隔月でお支払いするのは全然OKです。

 

維持が面倒でなければサブ回線としてずっと保持しておきたい印象です。

届くのが楽しみです。

また、付属するSIMは一番小さいNanoSIM

iPhoneで使われていて、最近はandroidでも採用する機種が増えつつあります。

 

使いたいNexus5(2013)は一回り大きいmicroSIMです。

そのままでは使えないので、アダプターも注文しました。

変換アダプターは電気街の裏路地などでは100円前後でも売っていることがあります。

通販でも郵便切手代くらいのも結構出回っています。

なかには全然はまらないとか、一度入れたら抜けなくなるとか、いろいろあるので口コミはチェックした方がいいです。

↑これをAmazonで注文してみました。

評判と写真を見た時の感触でラビました。

過去、厚みがありすぎて入らないなど、ゴミにした経験そこそこあるので、数十円のものにも惹かれるのですが、使えないと今回は困るのでやめました。

また、下駄とかいうんですが、二枚重ねにして入れるので、途中で引っかかってうまく入らず力入れすぎて壊す(SIMやスマホ本体)人もいれば、入って使えていたけれど下駄から外れてSIMが中でストッパーになってしまい二度と抜けなくなった人というのは以前からいらして、今でも同じ失敗される方もいます。

必ずうまくいくわけではないのでご注意くださいませ。

 

わたくしは、抜けなくなってもそのままでいいと思っている2年間使い込んだスマホに刺します。

しかも、android6 Marshmallowにアップデートしてとても快適

バッテリーは今夏交換したばかりなので、まだまだ現役で使えます。

失敗でも成功でもどちらでも行ける端末なんです。

(失敗したらWi-Fi運用します)



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク