0SIMでセルスタンバイ問題にあがいてみる:1:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > Android > 0SIMでセルスタンバイ問題にあがいてみる:1


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0SIMでセルスタンバイ問題にあがいてみる:1

2015-12-27 03.26.08

デジモノステーション 2016年02月号付録のソネット0 SIM

2年余使ってきたNexus5(2013)に入れてみました。

結果は非常に良好で、これで月間499MBに通信量抑えたら無料なんて太っ腹すぎるクリスマスプレゼント!


入れて翌日までに判明した不具合は、SIMの問題ではなくスマホ側の問題であるセルスタンバイ問題発生です。

詳しくは昨日の記事をご覧ください↓


見事なまでに消費電力が増えてしまいました。


昨夜寝る前に、実験してみました。

セルスタンバイ問題への対策1:SMS自動受信を止めてみる

なぜこんな実験をしたのか

セルスタンバイ問題はSMS対応SIMなら発生しない

セルスタンバイ問題が起きるのはデータ通信専用契約のSIMを使う時だけです。

音声通話対応のSIMでは発生しません。

また、データ通信専用SIMでもSMSオプションが付いているものは発生しない。


だったらSMSが問題っぽいですよね。

SMS止めればいいんじゃない?

という仮説が一番に思いつきます。


Nexus5(2013)でSMS止めてみよう

Nexus5(2013)ではKitKatからlollipopに変わったあたりでSMS受信アプリが専用アプリからハングアウトに変更(一本化)されました。


2015-12-26 14.25.51

届くのはY'mobileからの売り込みと支払額が決まりましたという通知だけ。

ごくたまに、サービスの認証通知を受信します。

LINEもつかわないので、基本的にSMS(MMS)不要な人です。


一番確実なのはハングアウトをアンインストールしてしまうことかもしれません。

しかし、他のアプリが有効化されたらこまる。

ハングアウトそのものは、たまに使う。

SMSよりは、ハングアウトの本来の機能のほうが重要です。


Marshmallow android6でハングアウトのSMS止めてみる

SMS停止というメニューというか昨日が提供されていないようです。

メニューを見ていくと自動受信なる項目があります。

回線にSMS昨日がない状態で受診を頻繁に試し続けかねない(もしそうなら改善してほしい)。


2015-12-26 14.26.38

「ハングアウト」の「MMSの自動取得」止めれば良さそう。

ということで、チェック外してみました。

これで一晩置いて結果を見てみます。


想像では多分ダメじゃないか?

流石にこのくらいは試している人いるでしょう。

もう一つ気になっている目立つ機能(SMSじゃないけど)もあるので、ダメなら次はそれを試します。


ハングアウトの自動受信停止では効果なし

はい、結果ですが効果ありませんでした。

2015-12-27 03.26.08

小気味良いほど、バッテリー消費してくれます。

2015-12-27 03.26.15

こんな感じ

Wi-Fiつながってるし、いつもと同じ条件で全然ダメ

2015-12-13 02.20.14

調子いい時は残り8日なんてなるんですandroid6 Marshmallowでは。

Wi-Fi以外、バッテリー表示アプリも表示されません。

ところがOSの調整期とかアプリがOSに対応して切れていない時期だとこんな感じになります

2015-12-09 23.02.44

設定は同じなのにこれしかつかえない(と言っても十分な感じですけど)

調子悪い時には「セルスタンバイ」「Googleサービス」「Android OS」などandroidコアな機能がバッテリーを軒並み使います。


今回も同じ

2015-12-27 03.26.37

いろいろな機能がバッテリーを消費してしまいます。

android6にアップデートしたばかりの頃もこんな感じでした。

アプリのandroid6対応が進んで改善しました。

Wi-Fiまで消費電力が増えるのも特徴的です。


次の挑戦しています。

これで効果があるといいな。

それでもだめならハングアウトをアンインストールしてみます。



デジモノステーション 2016年02月号関連記事↓

デジモノステーションとソネットのコラボいいよって記事↓

nanoSIM付きデジモノステーション620円は買いでしょう:メールのプロの独り言

デジモノステーション付録のソネット0SIM使えた↓

So-net 0SIM Nexus5(2013)で使えました|デジモノステーション 2016年02月号:メールのプロの独り言

Nexus5(2013)でソネット0SIMの使い方と設定(microSIMスマホにnanoSIM使う方法)↓

so-net 0 SIM (nanoSIM)をNexus5(2013)でつかってみた|設定方法:メールのプロの独り言

Nexus5(2013)でセルスタンバイ問題発生してしまった(0SIMが悪いわけではないです)↓


セルスタンバイ問題は格安SIMといわれるMVNO事業者さんのデータ通信専用SIM契約についてまわる問題となっています。

スマホ本体やOS、アプリなどいろいろ関係する部分があるようで、ずっと問題視されていますが改善がされていません。

googleのNexus5(2013)ですが、イーモバイルで購入してしまったので、セルスタンバイ問題体験することができてしまいました。




SIMロックフリースマートフォン関連記事(2,015年終わりごろより)


年末のデジモノステーション 2016年02月号 ソネットコラボ0SIM












格安SIMフリースマホ選び











Zenfone Zoomのこと







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク