SIMフリースマホの買い方は大きく2つあります|格安SIM同時購入するかしないか:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > スマホ/携帯電話 > SIMフリースマホの買い方は大きく2つあります|格安SIM同時購入するかしないか


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

SIMフリースマホの買い方は大きく2つあります|格安SIM同時購入するかしないか

昨日、elm.というSIMフリースマートフォンを注文しました。

今日発送通知があり、届くのを楽しみにしてます。

注文した夜中、Amazonタイムセールできになる端末を見つけてしまいました。

 

Covia 3G FELAZ NEOです。

注文したばかりのelm.のオリジナルではないか?という噂の端末です。

elm.は、税別で6,800円(税送料込みで7,544円)

しかも、OCN ONEのSIM付属です。

 

対して、Amazonで販売しているCovia 3G FELAZ NEOは1万円前後です。

SIM別に買わなければいけないのです。

 

なんでそんな割高なSIMフリースマートフォンがタイムセール開始と同時に完売しちゃうの?

金額だけ見るととても不思議な話です。

 

じつは、SIMフリースマートフォンには大きく2つの買い方があるんです。

SIMフリースマホとか格安スマホの記事をよく読みますが、そのへんのことをきちんと解説しているものはあまり見かけません。

わかりきっていると考えているのか(ならそもそも、SIMフリースマホの記事いらないと思うけど)、あるいは、御用記事とか広告タイアップ記事と言われるもので、スポンサーがいるので触れてはいけない部分なのかな。

 

SIMフリースマホの買い方1:本体だけを買う

最もオーソドックスだった買い方がこれ、SIMフリースマホ本体を探して購入するです。

もともとはこれしかありませんでした。

もっといえば、これもできなくて個人輸入で頑張って海外から買うというのが始まりです。

 

自分の用途にあったSIMフリースマホを好きなところで買う。

SIM、通信回線は手持ちの回線を流用する。

 

ちょうどわたくしがGS02という端末を契約中です(イーモバイル:Y!mobile)、

本体のスペックが古すぎて、実用性がもはやありません。

GS02は、日本登場時ブロガーイベントで紹介があり、参加させてもらい触って欲しくなった端末です。

それなのに、たった3年ほどで、使いものにならないほど陳腐化してしまいました。

 

SIM契約はあと7ヶ月も残っています。

キャリアさんは一切対応してくれません。

となると、このSIMつかえるスマホを自分で探してつかってみるしかない。

Y!mobileなので周波数が特殊だから期待できないのですが。

 

スマホを何台も使いたい。

けれど、何回線も契約していたら高くついてたまんない。

電話代毎月何万円も払っていられません!

 

なんてひとが、スマホが使われ始めた頃は大勢いたんです。

そういうひとは、携帯電話会社から買っていたらその都度回線も契約させられたまんない。

スマホ本体をかってSIM差し替えて使わせろ!!

 

そういう用途に抜群に合ううのが、SIMフリースマホだけを買う方法です。

 

最近の記事はこういうの激減している感じがします。

 

SIMフリースマホの買い方2:SIM(回線)と一緒に買う(契約する)

結局のところ、いままでドコモやソフトバンク、auでかっていたのと同じ方法です。

スマホを買うと言いつつ、実態は回線を利用契約していて、スマホはおまけみたいなもの(ちょっと言いすぎですが、でもそんな感じです)。

 

おおてのMVNO、格安SIM販売元も、どんどんこの方式に変わってきています。

SIMフリースマホって、それ買って使えるの?という究極の疑問がつきまといます。

自分が持ってるSIMでつかえる?

どのMVNOのどの回線契約なら大丈夫なの?

 

たとえば、デジモノステーション2月号付録のso-net 0SIM

無料で使えるので(毎月のデータ通信量が499MBまで)大人気です。

だけど、どのスマホなら使えるかわからない人には宝の持ち腐れかもしれません。

さらに、通話用のスマホで使うと、ほぼもれなくついてくるセルスタンバイ問題など知っている人間なら、やっぱり起きたか(^^ゞ

しかし、知識経験のない人にはスマホが壊れたくらいに感じるかもしれません。

ソネット0SIMとセルスタンバイ問題Nexus5(2013)で発生:メールのプロの独り言

 

悩んでもわからないし、相談できる頼りになる人もめったにいない。

パソコンがマイコンと言われていた黎明期に似ています。

 

わからない、不安

失敗したから返って高くつく

調べたり対応したりしている暇はない

そんなことするくらいなら、きちんとしたところから使えると保証付きのもの買うのが当たり前。

だからいくら割高と言われても、ドコモやソフトバンク、auで買うほうが正しいというのは事実です。

 

それでも高すぎる。

 

そんなとき、現れたのがMVNOだから回線だけ売る。

SIM提供するからあとは勝手にしろ!

だった、格安SIM業者さんたちの変貌です。

楽天さんはじめ新しい大手業者さんや、Freetelさんみたいなスタートアップも参入してきた。

 

現状分析すると使う人は悩ましくて切り替えたくでもできない。

売る方も、いつ乗り換えられるかわからないから利益出しにくい。

安定した経営が難しい。

 

買うがうわうる側双方の問題解決するのは簡単

大手既存キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)と同じ事すればいい。

 

使えるスマホを選んでメーカーとタイアップしてSIMと一緒に売る。

そうすれば、すぐ使えるし悩まなくて済む。

買ってもらえるし、どれが使えるかわからず悩んでいる人ならSIMだけ探さないだろうから安定して収入になる。

買う側にも売る側にもちょうどよい。

 

更に買いやすいように、本来料金が発生するSIMの代金は長期間つかってくれるだろうことを見込んでサービスしちゃう。

安くしたり、ときには、無料にしたりする。

SIMってないと通信できません。

そのため、中にそれなりのチップ(IC)が入っています。

生産には一説では千円くらいかかるとも言われています。

在庫コストや売れ残るかもしれないこと、販売や対応に関わる人件費やシステムコスト考えれば3,000円という一般的な価格はそれほど高いとは言い難いです(買う側としては千円割って欲しいんですけど)。

 

そんな原価のかかる商品を無償にする。

大手キャリアは、ずっと新規や買い替えについてスマホ本体に内蔵するSIM代金を明示してこなかったので、そこでお金取りにくいというのもあるかもしれません。

とにかく一緒に買うと本来3千円くらいするSIM代金が安くなったりゼロ円になったりする。

 

SIM代金とは別に事務契約手数料というのがあります。

スマホ買うとき大手キャリアにいっても、こんなの当たり前とばかりにまず説明してくれません。

契約の最後に、事務契約手数料の3,240円は初回料金引き落としの時に一緒に請求されますからって言うだけ。

詐欺みたいに感じます、こんな重要な事を始めに説明しないのは。

 

SIM代金無料でも事務契約手数料は、かかってしまいます。

どこで買ってもそうなので気にしないかもしれないです。

 

 

さて、以上が2つのSIMフリースマホ(格安スマホ)の買い方です。

一長一短あります。

はじめの方法だと、回線は持っているものを使えるのです。

無駄がありません、わかっているひとなら。

本体代金が多少割高でも、回線契約していいなら十分納得できます。

 

逆に、回線も必要な人がスマホだけ買ってしまうと…

一緒に買うよりスマホ自体割高なことが多いです。

さらに、SIM代金を払い事務契約手数料も払うとかかなり高く付きます。

 

たとえば、今夜見つけた格安SIMフリースマホだと本体が約9千円でした。

SIMを別に買ってしまうと場合によっては1万4〜5千円かかってしまいます。

 

ところで、注文したばかりのelm.はほぼ本体同じものがSIM代金と事務契約手数料を含めて税別6,800円

消費税と送料(は無料)含めて7,544円です。

半額くらいで済んでしまいました。

かわりに最低毎月1,600円からの通話SIMの契約が必要です。

(ネット見ると契約していないっぽい記述も、まれにあったけどダメじゃないのかなぁ、契約前提の組み合わせ販売だから。本体だけ買えないか機種問わず聞いてみたけどそれはないと回答もらいました)

 

1,600円6ヶ月だから9,600円に消費税です。

本体と合わせると17,144円です(半年間の通信費を含めて)

もし回線いらないなら、9千円で本体だけ変えたら8千円以上もの節約になります。

そういう人も多くいて、タイムセール開始と同時に瞬殺されたんでしょう。

Amazonのタイムセールはお一人様一点しか購入できませんから、人で買い占めたというスタバの福袋事件のようなお粗末な問題ではありません。

 

時文がなにを必要としているかきちんと把握できないとSIMフリースマートホンや格安SIMを買うのはまだ少し敷居が高いです。

情報もまだまだ不親切で偏っています。

知りたいことがワンストップで入手できません。

こういう部分さえ、当たり前とされているのかきちんと分かるようになっている情報源が少ないです。

 

かったelm.と仕様が一緒なCovia SIMフリースマホ

同じタイミングでAmazonタイムセールに登場したCoviaのLTE対応SIMフリースマホ

 

 

 

わたくしは回線込みなこれを買いました↓

商品リンク

 

12月27日に2年縛り満了で1回線解約:Nexus5(2013)

今月中にauガラケーも2年縛り満了のため解約予定

2回線も通話回線がなくなりさすがに困るので通話SIMほしかったんです。

SIMはNexus5(2013)に入れて使う方向で考えています。

Nexus5(2013)は使いすぎてそろそろ壊れても諦めつきます。

万一に備えて予備機がほしいので格安スマホと格安SIMが普通容リぐっと安く入手できるelm.は、わたくしの需要にドンピシャでした。

 

 

 

 



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク