SIMフリー格安スマホAXON MIN GOLDが気になる:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > スマホ/携帯電話 > SIMフリー格安スマホAXON MIN GOLDが気になる


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

SIMフリー格安スマホAXON MIN GOLDが気になる

SIMフリー格安スマホelm.を注文したばかりで届くのを待っています。

自動車雑誌を買う人の中心は自動車を買いたい人ではなくて買ったばかりの人なんだと以前編集の人に聞いたことがあります。

スマホも買ったばかりでまだ届かないうちからもう次の一台を探してしまいます。

 

そんな心境の時、NTT-Xのメルマガが届きました。

セール品ではないですが、なかなか魅力的なスマホが掲載されていました。

AXON MIN GOLDというスマホです。

 

AXON MIN GOLD

格安SIMフリースマートフォン

格安なSIMフリースマホです。

SIMフリースマホ=格安ではありません。

たとえばiPhone6s Plusなんて12万円近くもしますがアップルストアーで購入できるSIMフリースマホの最高峰です。

※iPhone6splus 128GBは2016/01/07現在122,800円(税別):税込み132,624円!!

 

ちょっといいなと思うSIMフリースマホは5〜6万円なら安い方というのが、実情で、これを格安なんていえません。

3〜4万円のスマホが格安と言われているようです。

格安どころか、安いとも絶対金額からするととてもいえません。

しかし、パソコンの初期の頃2〜30万円で買えれば安い方だったので、そういう意味で言えば比較的安い方ではあります。

4万円台ならiPhone最上位機の3分の1くらいですから、たしかに安い。

 

パソコンなら15インチMacBook Pro最安値が224,800円(税別)、税込みなら242,784円

3分の1というと8万円台です。

8万円台というとWindowsのショップブランドノートパソコンのそこそこのモデルの価格です。

格安と言うには抵抗がありますが、かなり使える性能のパソコンで購入可能な低価格というのとおなじ感覚です。

 

そこそこの性能で満足がいくSIMフリースマホだと4〜5万円ということで、しかたないかな。

そこそこの性能というのは4コアで1.3GHz以上、メモリーは2GB以上でストレージが32GB以上といったところでしょうか。

カメラも800万画素では寂しいのでこのクラスなら1,000万画素を超えて欲しいです。

 

AXON MIN GOLDのスペック

一番いいのがメモリーです

高額なスマホの中でも最上位機種の一部でしか実現していない3GBも搭載しています。

普段の販売価格が4万円割り込でいて、メモリー3GB

1年前の機種ならいざしらず、出荷開始からまだ一ヶ月もたっていないのですからおどろきです。

ストレージは標準的

ストレージは32GBと標準的です。

可もなく不可もなく、ちょうどいいくらいです。

 

これがiPhoneだったら32GBだと不安です。

写真とっているとあっという間に溢れてしまいますから。

その点、128GBまでのmicroSDカードが使えるのも魅力です。

多くの上位機種のスマホでSDカードが使えなくなってしまったので、これはいいです。

 

安い機種ではmicroSDカードは使えるけれど32GB上限というのが多いんです。

注文したelm.も、32GB制限があります。

コストと差別化のためSDカード対応は32GBがひとつの壁になっています。

 

もっと多いほうが良い。

それも事実です。

だけど、2016年になったばかりの今32GBのmicroSDカードは1,000円前後で安いものは買えます。

しかし、128GBともなると、セール品でも5千円台後半です。

elm.が買えそうな金額です。

 

そしてSDカードは壊れるときは一気に壊れます。

128GBとか256GBのデータを一気に失うと気絶しそうです。

バックアップ取れれば良いのですが、マイクロソフトが利用者裏切るかのようにクラウドの容量を無制限から最大でも1TBへと容量制限加えてきたように、バックアップにもそれなりのコストがかかります。

スマホとパソコンで一番使いやすく安全性も高いと長く使い続けているのがDropBoxですが、無料で使えるのは僅かに2GBまで。

1TBの有料版は毎月1,200円(税別)か年間12,000円(税別)です。

バックアップ用に確保するには、通信コスト並みに費用がかかります。

この先1〜2年の利用であれば128GBというのが現実的な容量に感じます。

3年以上使い込むなら、もう少し大容量欲しくなりますが。

DropBox

 

CPUは8コア

最低限4コアほしいところですが、その倍の8コアタイプ

最上位版ではなくその下の中位モデルが使われています。

パソコンで言えばCore i7ではなくCore i5という感じです。

消費電力と発熱と性能のバランスで言うと最上位機種は頻繁に熱暴走問題が起き続けているので中位クラスのほうが実用性が高いのはコスト含めてパソコンに近い感じがします。

QualcommのSnapDragon 615となっていますが、記載ミスで616ではないかと思います。

(MSM8939 1.5GHzとあるので615で間違いなさそう)

 

バッテリーが2,800mAh

1,700〜2,200mAくらいが比較的多い中で最上位機種の一部が3,000mAh

それを考えると2,800mAは、かなりがんばっています。

 

AXON MIN GOLDで不満な点

38,800円は十分安いけれど、セールもしてほしい。

対応バンド(通信で対応できる電波帯域)がドコモの有力な帯域だけで少々少ない

デュアルSIMモデルだけれど片側は2G通信専用で日本では使えない(両方LTE対応してほしい)。

デュアルSIMの片方はmicroSDカード兼用(日本仕様としては十分)。

android5.1

 

OSは、出たばかりのandroid6 Marshmallowを採用するのは流石に難しいでしょう。

アップデートの有無と、アップデートするならいつごろか、この先の対応予定(覚悟)を知りたい。

 

 

Nexus5(2013)が使いすぎでいつ壊れてもとても文句のない状態です。

壊れた時に変わり得る、そこそこ使い込めるスマホの候補の一つになりそうです。

 

メーカーサイトでは39,800円税別2015年12月25日発売

NTT-Xストアーでは2016/01/07現在ちょっぴり安い38,680円(税別・送料無料)↓

AXON MIN GOLD

 

もし今、Nexus5(2013)が壊れたらこれを注文する予定です。

もっと魅力的な機種が出ると嬉しいけど、とりあえずこれなら妥協できるというスペックと価格のバランスが取れたSIMフリーすまほをやっとみつけられました。

メモリーが3GBで



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク