ブログやサイトで使う絵・写真の著作権侵害問題が深刻化している:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!
メールのプロの独り言トップ > インターネット > ブログやサイトで使う絵・写真の著作権侵害問題が深刻化している


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ブログやサイトで使う絵・写真の著作権侵害問題が深刻化している

ブログでもSNSでもサイトでも絵や写真、音楽など素材を使う場合には常に著作権の問題がついてまわります。

まったく無視しているようなものもあってみていてドキドキするのですが、日本ではまだ著作権侵害は親告罪。

親告罪とは著作権保有者が直接著作権を侵害したと訴えて初めて犯罪になるということです。

そのため、グレーゾーンやブラックだけど訴えられていないだけという場合もしばしばあり、赤信号皆で渡れば怖くないとばかりに気にかけないどころか、平気で無視している人も見かけます。

 

しかし、逆の場合が目立ってきて著作権管理が深刻化しています

どういうことかというと、著作権侵害しないよう慎重に運営している人が、なぜか著作権侵害だと訴えられ記事やサイトを閉じなければならなくなってしまう事件がネット上で散見されるようになってしまったことです。

フリー素材サイトなどから取得した画像を使っているのに著作権侵害で訴えられた。

そんな事例が有名なプロブロガーさんのツイートでも見かけるようになりました。

 

こうなるともうどうしたら良いんだという話にしかなりません。

だって、著作権侵害しないためにめんどうなのに時間使って素材配布サイトから探して、そのサイトのルールに従って利用しているのに後で訴えられたらやっていられません。

直接自分があったわけではないので明言できないのですが、著作権放棄されていない画像で、途中で著作権運用を変更され、その後も使っていたので訴えられたようなことが書かれていました。

 

この場合、利用時にチェックしました!

では、通用しません。

著作物を利用する場合、利用範囲が重要になります。

たとえばCMなどがわかりやすいですが、お金払ってモデルに成っていただく。

そのとき、どのようなことに使うのか、どんな媒体に使うのかを細かく契約します。

どうじに、利用可能期間も契約します。

未来永劫使えますという買取の場合もありますが、モデルの場合は利用期間が1年間など有限の期間を定められる場合が多いです。

 

困るのが基幹の明示がない場合。

使う側としては書かれていないから無制限に使えると解釈したい。

それは使わせてもらう側の勝手な解釈でしかありません。

提供している著作権者はいつでも好きなタイミングで(期間の明示がないのですから)利用範囲の変更が可能になります。

コレが問題になりやすいようです。

無料素材サイトの場合、そのサイトが期間無限で利用権取得してくれていればいいですが、その契約が有耶無耶だったり、提供者がそのサイトを利用している間だけという契約の場合、問題が起きやすくなります。

 

著作権管理問題の回避方法

一番簡単で確実なのは自分で絵などを書くことです。

その場合、誰かの作風真似てしまうと問題になります。

何か元があってそれを書くのだとそのことが問題になることもあるので完全オリジナルな創作である必要があります。

 

写真の場合には被写体に著作権に変わる権利が発生していないかの確認が重要になります。

たとえば、他人の作品を撮影してそれを公開して自分が撮ったんだからOKだろうと言えないのは多分わかりやすいと思います。

テレビのCMで映画や放送を録画してネットにアップするのは違法行為だと一生懸命ひろめています、他人の著作物を写したものは使えない、そんなことで著作権は移動しないということです。

おなじように、被写体の権利もありますので注意が必要です。

 

それでも、自分で撮影した写真や書いた絵は問題になりにくいので使うならコレがおすすめです。

わたくしは著作権関連気にする方なので当初から自分で撮影しまくって自分のとった写真を使う。あるいは、楽天やamazonで使ってくれと公開している販売目的の画像を利用させてもらう(この場合、ついでにその写真などから売れると若干の報酬にもなっていいですね)という2つをメインにしています。

しかしそれだと、例えば今回の記事がそうですがイメージ的な画像は準備していないので入れる画像に困ります。

 

また、人物の写真がほとんど無いのは上記のように被写体の人の権利がのちのち問題になったりする可能性が嫌だからです。

あるときはOKでも、後日嫌ですと言われれば削除しなければいけません。

フィルム時代はポートレートもそこそこ撮っていましたがデジカメに変えてからやめました。写真に関する考え方が世間で大きく変わったからです。

その手間考えると人物の写真は撮る気もしなくなってしまいました。

 

画像は買い取るという方法が有効:有料素材サイトを活用しよう

どうしても自分の努力だけで画像素材集めるのは限界が大きいです。

あるものを使うのが楽だし何よりいいものが多いです。

著作権問題への対策で一番簡単なのは購入することです。

 

昔からよく言われる、ただより高いものはないということです。

ただだから、途中で状況が変わっても知る方法もないし自分の権利の主張もできない。

買い取るなら利用範囲や利用可能期間について明示できます。

あとから勝手に著作権社が条件変更することを防げます。

素材サイトでも有料のところを使うというのが、どうしても確実な方法になります。

権利も購入した記録を残せば裁判になってもしっかり主張できます。

 

おまけ

さっき、毎日来るソースネクストのメルマガに素材の売り込みが入っていました。

87%オフなんだそうですが、それでも約1万円と安くないです。

しかし、10万店だそうですから1%使える素材を見つけられれば1000点だから一点あたりの単価は10円に抑えられます。

手元に素材があるからネット経由で探すより楽ちんです。

ということで、買おうかなと思案中です。

 

 

「たっぷり素材PIXTA」 10万点

思案しているのは、XP以前にも何度も買ったんですが、それは利用範囲が微妙でブログに使えると判断しにくく数万点以上買った素材実質死蔵しているからです。

ざっくり見たところ。権利を買い取れる。

期間はないから後で変更される恐れはなさそう。

利用範囲はサイト作成であれば商用的なものでも良いみたい。

商用と非商用の判定って難しいので個人利用限定と言われるとネットでは使えないなって感じるからです。

もう少しチェックして問題なさそうなら買おうかと考えています。

 

PIXTAさんは、もともと無料素材サイトじゃなくて有料で販売しているサイトなので、著作権の獲得面ではしっかりしていることが期待できるのが魅力です。

サイトで買えば常に最新のものが追加されているので、ある時点の素材集は古くなるという問題を抱えていますが、たとえばライオンや虎の写真が10年やそこらで変わるわけはないので、多くはそのまま使い続けられるでしょう。

反面、携帯電話〜スマホみたいに変化の大きなものはサイトでそのつどいいもの探して買うほうが良いでしょう。

 

無料素材は、著作権的に著作権放棄されているなら良いんですがそうでないものはどうしても怖い。

その自分が考えている怖さが現実のものになってしまったのが残念なんですが権利は作った人にこそあるべきなので、今まで使わせていただいてありがとうと、お礼をいうべき事案なのでしょう。

 

今ひとつ日本では盛り上がっていない有料素材サイトも、これから注目度が上がっていくはず。

大勢が使えば単価も下がるでしょうし素材提供者も増えるはずなので、お金はかかるようになりますが、悪いことではないと受け止めています。

 

そう、ただほど高いものってやっぱり無いんです。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク