3番組同時録画できるDMR-BRZ1010を注文したら悲しいことに、そして選んだ理由:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!
メールのプロの独り言トップ > 映画・TV > 3番組同時録画できるDMR-BRZ1010を注文したら悲しいことに、そして選んだ理由


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

3番組同時録画できるDMR-BRZ1010を注文したら悲しいことに、そして選んだ理由

2年ぶりでしょうか、ビデオレコーダー買いました。

といってGW中なのですぐには届かず注文中です。

 

いろいろ見て、ブロガーイベントで何度か触ったこともあるパナソニックのDIGAにしました。

ブロガーイベントでは最上位機が登場しますが、そこまで必要でもないので普及価格帯の製品DMR-BRZ1010を選びました。

 

さんざん探して値段を比べ、楽天で注文。

税送料込みで53,696円と機能からしたらかなり安く買うことができました。

DMRBRZ1010購入

 

問題はここからです。

DMR-BRZ1010

注文した数十分後、amazonタイムセールにDMR-BRZ1010が登場しました…

価格は税送料込みで50,801円。

う〜ん、なんということでしょう。

 

悪いことは重なるとか言います…

ソースネクストマイページ

先日書いた著作権侵害問題のブロガーへの深刻な影響

ブログやサイトで使う絵・写真の著作権侵害問題が深刻化している:メールのプロの独り言

記事中に書いたソースネクストのPIXTA10万画素画像集を結局購入したんです。

税込みで1万円少々でした。

 

ときどきやってみる、ソースネクストマイページのゲーム

ソースネクストPIXTA

今朝試すと、何の因果!?

購入済みのPIXTA10万点セットがさらにかった時の半額4,980円で買える。

買ってなければ大喜びしたところです…

 

一日に二度もこんなことが起きるのは不条理でございますよ。

今日は買い物控えようか。

それとも三度目の正直というから、今度は何かいいことあるかもしれません。

 

パナソニックDMR-BRZ1010買った理由

不幸話だけじゃ自分のモチベーションが下がりますので、パナソニックのDMR-BRZ1010を選んだ理由をメモ代わりに残します。

今年はテレビが面白い

このところ、日本のテレビつまらなくてもういらないと感じてきました。

2年ほど前にビデオレコーダー壊れ、録画できなくなったとき、もういいやと買うのやめました。

それが、このところ面白いドラマやアニメの良作が増えています。

 

テレビきれいな画面で見たくなってきました。

残して数回見たいものも増えてきました。

 

パソコン取り込みは不具合が多い。

全然テレビがないのも不便というか情報取り損ねるのでUSB接続でパソコンで見られ録画できるMONSTER TVというのを1万円弱で買って使ってきました。

とりあえず、見るくらいなら十分。

撮り損ねや、視聴中に瞬断することが割と多くて、おかしくなると過去のデーターが再生できなくなる不具合もよく起きます。

それでもいいかなという感じで、テレビなんてフェードアウトしていこうと思ってました。

 

きちんと見たくなるとこの瞬断が多くて、時にまったく見られなくなったり、後で見るつもりの録画が再生できなくなるのが苦痛です。

 

ガラポンTV

もうひとつ、撮り逃し防止に全録タイプのガラポンTVも買い足しました。

24時間8チャンネル分撮りためてくれます。

2週間保存がきくので見たい番組をまったく見られないということはなくなりました。

 

放送時間がどのように変わっても見られる、なにぜ24時間録画し続けてくれるのです!

これって精神衛生上いいです。

 

予約録画は機能向上して放送時間変更されてもある程度追従してくれます。

しかし、その限界は最大3時間の変更まで。

それを超えることが時々あって阿鼻叫喚のツイートがあふれることがあります。

 

ガラポンTVがあると、何も心配なくなります。

逆に、テレビあまり見たくなくなりました。

見損ねないから無理してみることがない。

本当に見たいものだけ見られるので、逆につまらないものを時間つぶしてみてしまうことが減りました。

 

ガラポンTVの欠点

もともとがワンセグ放送録画機です。

ワンセグとは、本来のテレビ放送1局分の放送波を分割して、そこに無理やり8局以上もの放送をするという離れ業です。

昔の携帯電話が対象だったので画質を極限まで落としています。

 

まず画面サイズ小さくする。

さらに極度に圧縮する。

これだけでかなり画質落ちてしまいます。

 

さらにコマ数を間引いちゃう

音質も落とす

 

データー容量を小さくすること最優先です。

 

音楽番組には向きません。

スポーツは、動きの激しい場面は何だかわかりません。

肝心のアニメですが、はじめからワンセグ向けにデータ出力し照れれば何ら問題ないのですが、ほかの番組同様にあっしゅくするためカクカクしてしまい、とてもみずらくなります。

 

一番みたいアニメが、かなり残念な状態でどうしても見られなかった時以外は無理。

ドラマも、好きな役者さんの顔がぼやけてしまい、ちょっと引きます。

あくまで、こんな放送しているというチェック向き

テレビを見たくなってしまうと、ガラポンTVではきつくなってきます。

 

やっぱりビデオレコーダーが欲しい

画質だけなら廉価な地上波対応テレビ買えば解決します。

しかし、放送のタイミングで見るのが相変わらず厳しくて、録画したい。

視聴タイミングを放送タイミングに合わすのではなくて自分の生活に合わせたいんです。

そういえばFHDの地上波の次はテレビ局のご都合で録画非対応にされるそうで、2020年にはテレビ見なくなりそうです。

 

同時録画チャンネル数で悩み3つにしました

ビデオレコーダーの価格は録画量を決める内臓HDDの容量と同時録画数を決めるチューナーの数でほぼ決まります。

それぞれ少ないほど安いです。

自分の使い方では過去2チャンネル同時録画(裏番組録画可能)できる2チューナータイプを良く買いました。

 

普段はだいたいこれで足りて、テレビ見るのもテレビ不要でモニターつないでいればいい感じです。

つらいのが特番が重なる番組改変期。

見たかった映画放送されていて、新番組も同時期スタート。

どれを見るか決めるのにはとりあえず1話目は見逃したくない。

 

なのに新番組はどの局も意地悪なくらい放送時間変則的にし、さらに放送時刻も変則的になります。

裏番組が同時に一つとれるだけだと見逃してしまう。

3つ撮れるとそれもかなり減ります。

 

さらに普段は、2番組録画しておいて、見たい番組見たり録画再生したりもできます。

録画で見ると、つまらない部分飛ばせるので1時間ものでも40分もあれば見られますから時間効率が良くなります。

 

2チューナーだと安いのですが、そういう理由で3チューナータイプに決めました。

 

HDD容量は地デジになるまえは400GBもあれば、ほぼ足りて、どうしても再度見たいものはDVDに焼いていました

地デジになって容量が大きくなりDVDに焼くとかなり画質が落ちます。

ガラポンTVの欠点が見終わったりいらない番組選択して削除できないことですが、普通のビデオレコーダーなら簡単に削除可能。

1TBあれば、そこそこ見たいものを残せます。

 

DIGAにした理由

パナソニック製使ってみたかったのと、画質変更が容易らしいから。

とりあえずきっちり楽しめる画質で録画しておいて、もう一度見るかも程度のものは再圧縮してしまえば容量を犠牲にしないですみます。

 

もうひとつはネット経由の録画指定。

これは324円毎月かかるのかもしれず、使うかどうか微妙で届いてからの確認です。

予約録画は最大で3時間までならずれても対応できることが多いです。

ところが、テレビ局の都合でそれ以上ずらされることも増えてきてしまいました。

その場合、録画できず見られません。

 

ネット予約だともう少し柔軟に対応できるらしい。

ググってみたけど実態がよくわかんなくて、使ってみて確認します。

無料サービス部分でできれば活用できる。

毎月324円も払うんだと、魅力薄いかな。

GWなので配送にも時間かかりがち。

水曜夜、amazonのプライムで注文したモニターは最短で土曜日配送でした。

 

と、書いていたらコジマ楽天市場店さんからメールが届きました。

出荷完了で翌日〜翌々日配送

土曜には届きそうです



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク