静音性がなにより魅力な軽量で磨きやすいオムロン電動歯ブラシHT-B315:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!
メールのプロの独り言トップ > 健康 > 静音性がなにより魅力な軽量で磨きやすいオムロン電動歯ブラシHT-B315


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

静音性がなにより魅力な軽量で磨きやすいオムロン電動歯ブラシHT-B315

2016-09-20 19.43.25

9月20日にオムロンヘルスケアさんによって開催されたオムロン電動歯ブラシの新製品発表会に参加させていただきました。

その時の記事はこちら

オムロンの歯ブラシが小型化して使い勝手が良くなった新型電動歯ブラシイベント参加:メールのプロの独り言

 

2機種小型化された替えブラシが公開されました。

最上位機種をモニターで頂き、じっくり使い込んでみました。

 

昨年秋、孤独のグルメで紹介された焼肉屋さんに行き豚足をかじったときに差し歯が取れてしまい歯医者へ。

すると歯肉炎の診断を受けました。

特に気になっていたところが虫歯の痛みではなくて、歯肉炎が悪化して痛みが出ているのだとのことでびっくりしました。

 

職業病というと逃げですが、一番はじめの仕事がパティシエ。

一日中、カスダードクリームや生クリーム、チョコレートやカステラ生地などをチェックするのに口に入れるので、あっという間にもともと悪かった歯が更に悪化してしまいました。

以来、歯ブラシを4〜5種類、毎日変えながら使いできるだけ磨き残ししないようにしていたのに…

全部の虫歯の治療に数年かかってしまい、直してからは虫歯できなかったのに歯周病になっていたとはショックでした。

 

歯と歯茎の境目もできるだけ気にしていたのに…

 

歯磨き粉を歯周病用のものに変えてもなかなか改善しない。

手磨きの限界だと諦めて、15年ぶりくらいに電動歯ブラシ買いました。

いろいろ検討してオムロンではなくブラウンのものを選びました。

選択基準で一番大きかったのが替えブラシのサイズです。

 

普段多くの種類の歯ブラシ併用していて標準サイズの歯ブラシでは歯の裏側(内側)磨きにくいと感じていました。

一番替えブラシのサイズが小さいのがブラウンでした。

買ってみると独特の回転方式の磨き方はいい感じ。

 

ところで使う中でいくつか大きな不満がありました。

買ってすぐわかったのが騒音の酷さ。

とにかくでっかい歯ブラシが、これでもかと言うほど大きな音を出す。

 

昨年引っ越したのですが隣の人が少々異常な人で、マウスの音程度でも怒鳴り込んでくるような人。

朝や夜などとても使えませんでした。

また、電池の消耗も結構激しくて、しかも重いので外出時に持っていくのも不便です。

 

オムロン電動歯ブラシHT-B315ですが、メーカーさんが自慢するだけあって軽量で携帯用のケースも付属しているので持ち歩くのも楽。

さすがに無音とはいえないんですが、猫が気にしない程度の使用時の音です。

 

夜は使用控えていますがオムロン電動歯ブラシHT-B315のおかげで日中は気軽に電動歯ブラシ使えるようになりました。

重さについては乾電池式の電動歯ブラシをおなじくオムロンヘルスケアさんからモニター用に頂いたものがあります。

携帯するときの感覚はあまり差はありません。

乾電池式のほうが電池切れの不安がなくて良いんですが、オムロン電動歯ブラシHT-B315も充電してあれば数回以上は、強度に変化なくそのまま使えるのでより磨きやすいオムロン電動歯ブラシHT-B315使うようになりました。

 

ちなみにブラウンの電動歯ブラシはパワフルで良い代わりに電池の消耗激しくて使ったら充電台に乗せて充電しないとすぐにパワーの低下感じます(電池のヘタっていない買ったばかりの時から)。

 

音が静かなのは、日本で使う上では最大の魅力です。

掃除機や扇風機でダイソン製が売れているそうですが、何度買おうと現物見に行っても音の大きさに閉口してしまい買うに至っていません。

騒音に対する感性と言うか基準値が日本人と欧米人ではかなり違うのでしょう。

 

乾電池式の電動歯ブラシの方は音が気になる時間に使い、そうでないときはブラウンの電動歯ブラシを使うという併用していました。

理由は標準サイズの替えブラシが大きすぎるので磨きにくく感じるから。

 

オムロン電動歯ブラシHT-B315では、同時に新発売となった小型の替えブラシもついています。

パット見そんなに違わないだろうという程度なんですが口の中ではかなり違います。

特に犬歯の内側のハグキあたりに当てやすさが段違いです。

 

そして世界初の角度がついたというのも、初体験でも感じましたが使い込むととてもいい感じです。

奥歯が磨きやすいという宣伝でしたが、それ以上に裏側(内側)を磨きやすいです。

とくに歯と歯茎の境目意識して当てるときに、とてもスムースです。

 

この辺はブラウンの電動歯ブラシもいいのですが、買い足した歯間が磨きやすいという替えブラシはやや大きくなって、歯にぶつかってしまうことが増え失敗したなと感じています。それにあまり歯間磨けませんでした。

 

| 健康


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク