ポケモンGOでアメをゲットする5番目の方法:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!
メールのプロの独り言トップ > ポケモンGO > ポケモンGOでアメをゲットする5番目の方法


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ポケモンGOでアメをゲットする5番目の方法

2016-10-17 03.05.41

ポケモンGOで重要なアイテムの一つがポケモンごとにユニークなアメです。

ポッポなら「ポッポのアメ」というようにポケモンの種類ごとに分かれています。

進化させるにも強化するにも必要になるのがこのアメです。

 

買うこともできなくて頑張ってゲットしていくしかありません。

 

ポケモンGOでアメをゲットするはじめからある3つの方法

はじめからポケモンGOで準備されていたアメのゲット方法は3つだけ

確実なのはその中でも2つ

ポケモンを捕獲する

もっとも確実な方法でポケモンをゲットすると種類にかかわらずその種類のアメを3つもらえます。

問題は、そうかんたんに望みのポケモンに出会えないことですね。

 

ポケモンを博士に送る

すでに捕獲済み(あるいは捕獲したばかり)のポケモンを博士に送ると取り返す方法はなくなりますが、アメ一つに変わります。

ある意味一番確実な方法ですが、とっても効率が悪いです。

 

不確実で運任せな

タマゴを孵化する(タマゴをかえす)

そもそもタマゴに入っているポケモンがわかりません。

2キロ、5キロ、10キロ歩くと孵化する(かえる)3種類のタマゴがあります。

それぞれ、入っているポケモンの種類は別で選べません。

 

罰ゲームにしか見えないハズレも多くて、ポケモンGO離脱者を出す大きな仕様上の欠陥かなと感じます。

これなら誰でも満足できるという方法はありません。

ですが、散々歩いてようやくタマゴをかえし、さらに歩いてポケストップを訪ね歩き、やっとタマゴをゲットしても期待する距離のタマゴじゃないことが大半。

10キロタマゴなんて1〜2%しか、わたくしの場合出現してくれません。

 

やっと出現したタマゴを孵化装置に入れて歩き回る。

150円も支払って孵化装置買う人も多いです。

たった3回しか使えないのに。

 

それでいて使い物にならないハズレポケモンが出た日には、アプリごとアンインストールするほうが自然にさえ感じます。

 

そこまでした結果得られるタマゴの数は不定。

2016-10-16 13.14.59

感覚だよりにすぎると信ぴょう性なくすので、できるだけスクリーンショットとってあとから検証もできるよう頑張ってます。

2016-10-16 13.15.04

このときはコイキングが帰りアメが9個ももらえました。

またほしのすなも、676個と大量ゲット。

ほしのすな目当てなら、2キロタマゴをせっせと課金して大量に孵化するという戦略もありですね。

 

はじめからあった方法では、ポケモン見つけて捕獲、さらに博士に送るしか確実な方法はありませんでした。

 

 

ポケモンGOでアメをゲットできるようになった第4の方法:相棒ポケモン

バージョンアップで増えた第4の方法が

相棒ポケモンに設定する

バージョンアップで相棒機能が追加されました。

相棒に設定すると1キロ、3キロ、5キロのいずれか設定されている距離数あるくと、そのつどその種類のアメを1つもらえるようになりました。

 

相棒機能は確実に継続的に歩くという努力だけでアメをゲットできる、ポケモンGOの中では、もっとも合理的な仕組みです。

 

欠点は、人気のあるポケモンは長距離歩かないとアメをゲットできないものが多いこと。

最大の欠点は、そもそもアメをほしいポケモンをもっていないといけないこと。

ゲットしていても、保存数の関係で全部アメに変えていたりするとアウトなんで注意が必要です。

 

それでも、この第4の方法のお陰で、めったに出現しない、たった一匹でもゲットできたら奇跡に感じる多くのポケモンを進化させたりできるようになったのは、すばらしい改善です。

 

ポケモンGOでアメをゲットする第5の方法:進化

いつから実装されていたか不明なんですが第5のポケモンGOでアメをゲットする方法が

第5のポケモンGOでアメをゲットする方法:進化させる

そしていつからか不明なのですが、ポケモンを進化させるとアメがゲットできるようになりました。

確認しているのは1つなんですが、スクリーンショット撮り損ねたときに、複数個ゲットできていた気も…。

 

初期は、アメの数とほしのすなの数、変化するタイミングを知りたくて細かく控えていたのでアメもほしのすなも、進化ではもらえなくて、妙な設定するなと思っていました。

得られるものが少なすぎて、進化させようというモチベーションが足りない。

(一応、複数のゲーム会社に勤務していて企画、ゲーム制作、運用、ユーザーサポートなどすべて諸規模から大規模なものまでやってきました。それもいち担当に過ぎませんから実はよく知らないはずというのではなく、責任者や統括責任者などの立場で)

 

しあわせタマゴつかって30分間一気進化で気づきました:進化でアメゲット

2016-10-17 15.50.59

しあわせタマゴをできるだけ活用できるよう、Googlスプレッドシートにポケモンごとのアメの数、進化可能なポケモン数、保有するポケモン数などをインプットして管理しています。

2016-10-17 15.45.08

ある程度アメをため、一気に効率よくロス時間少なく進化させられそうになると紙に書き写して、いっきに進化します。

そのとき進化数も控えているのですが、アメ12個で進化できるポッポなどが予定数より多く進化できていることがあります。

なんか変だと思って数確認すると、アメを進化でもらえているとしか考えられません。

9月はじめころのメモ見ると、アメがもらえている形跡ありませんでした。

 

念のために進化させてアメをもらえるか確認

2016-10-17 03.38.28

ビードルでアメが24個あります。

進化させると12個使うので残り12個になるはずです。

2016-10-17 03.38.39

えい!進化!!

2016-10-17 03.38.53

コクーンになって、なんとビードルのアメは12個ではなくて13個になっています。

一つ増えました。

 

画像の多くはレベル26のものです。

レベル29になった別のアカウントでは、控えそこねたのですが、、もしかしたら一つではなくて複数個もらえたかも!?

 

進化でアメ一つもらえるのは結構効率高いです。

ポッポ、ビードル、キャタピーなどアメ12個で進化させられる、人気の効率的なポケモンの効率がさらにアップです。

 

以上、2016/10/17現在のポケモンGOについてでした。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク