ポケモンGOでバックアップグレード(持ち物)がいっぱいのときのポケストップの挙動が大きく変わった:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!
メールのプロの独り言トップ > ポケモンGO > ポケモンGOでバックアップグレード(持ち物)がいっぱいのときのポケストップの挙動が大きく変わった


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ポケモンGOでバックアップグレード(持ち物)がいっぱいのときのポケストップの挙動が大きく変わった

待望の日本配信開始(2016年7月22日)から間もなく半年が経つポケモンGO

細かな仕様変更がつづいています。

一時的なイベントなどに対応した変更やアプリなどのバグの場合も多くて、仕様変更なのかどうか判断するのが難しい。

ある程度日数置いてみないと、とくにイベント中に起きた変化は仕様変更なのかどうかわからない。

 

クリスマスから新年にかけてのイベントの中で、ひっそりと仕様変更がありました。

ポケモンGOでバックアップグレード(持ち物)がいっぱいのときのポケストップでの挙動が大きく変わった

昨年12月中旬までは、バックアップグレード(持ち物)がいっぱいでポケストップを回すと、一瞬「持ち物がいっぱいです」と表示されるだけ。

50XPもらえ、次に回せるのは5分後。

少し早いクリスマスイベントが始まったあと、仕様が変わりました(気づいたのはStep2だったか)。

バックアップグレード(持ち物)がいっぱいでポケストップを回すと、一瞬「持ち物がいっぱいです」と表示されるのは同じ。

表示時間は少し伸びた印象ですが、50XPもらうことはできず代わりに何度でも回せます(意味ないようだけど、それは後で)。

 

詳細は以下のようになりました

 

いままではバックアップグレードがいっぱいだとポケストップでは5分間何もできなかった

バックアップグレードがいっぱいの状態でポケストップを回すと一瞬「荷物がいっぱいです」と表示される。

しかし、ほんの一瞬で気づかないことも多くて何が起きたかわからない。

もう一度回しても何も起きなくて何も取れていない。

 

ぼうけんノートにも何も記載されないので、何が起きたかわからないことが多かった。

 

ポケストップの少ないところ(都心以外はほとんどそう)では、これ結構辛い仕様でした。

次のポケストップを回すとき、気をつけると「荷物がいっぱいですと」表示されわかるわけです。

二回、モンスターボールを補充するチャンスを失っていて結構悔しい思いをしました。

 

 

仕様:バックアップグレードが一杯でポケストップ回したとき

  • 一瞬「荷物がいっぱいです」と表示
  • モンスターボールなどは取得不可能
  • 50XPがすぐもらえる
  • 次に回すまで約5粉待つ

メリット:ポケストップ回せば50XP取得できた

ポケストップを回せばすぐ50XP取得できて捨てるしか無い傷薬などを押し付けられすにすませられることもあって、とても便利な仕様でした。

ポケストップが多い都心なら、簡単にXP獲得できました。

 

デメリット:ポケストップが少ない場所ではチャンス逸する

一回分はポケストップでモンスターボールなどを獲得するチャンスを失います。

都心以外のポケストップがとても少ない、ほとんどの場所では致命的とさえ感じる痛さでした。

 

しかも、「もちものがいっぱいです」と表示されるのは一瞬で見逃しがち。

よくわからずもう一回、ポケストップをまわしてしまい2,3度続けてモンスターボールなどを得るチャンスを失ったときのガックリ感はなかなかのものがありました。

結局、バックアップグレードの状態を時々チェックして、一杯になりそうだと、はやめにゴミでしか無い傷薬などを捨てるということを繰り返しました。

課金していないと350個しかもちものもてないので、すぐに一杯になってしまい頻繁にバックアップグレードをチェックし細かく捨てるということを繰り返さなくてはなりませんでした。

 

新仕様ではバックアップグレードがいっぱいのとき、なんどでもポケストップを回せるようになった

年末近くにひっそりと始まった新仕様では、持ち物が一杯でポケストップまわすと「もちものがいっぱいです」と表示されるだけでどうすればいいかわからないのは一緒。

表示されている時間が少しだけ長くなった印象で見逃しにくくなりました。

そして、なんどでもしつこくそのポケストップをまわせ、そのつど「にもつがいっぱいです」と表示されるので、わかりやすくはなりました。

 

仕様:バックアップグレードが一杯でポケストップを回すと「荷物がいっぱいです」と表示するだけ

  • 一瞬「荷物がいっぱいです」と表示

  • モンスターボールなどは取得不可能

  • 50XPは、もらえません!

  • 何度でも回せます(意味ないようだけど、そうでもない)

メリット:バックアップグレードの状態気にしないでポケストップ回せ、モンスターボールゲットのチャンスなくさない

なんどでも、そのポケストップをまわせます。

なんども、「にもつがいっぱいです」とみても仕方ない!?

 

この表示見たらおもむろにバックアップグレード(道具)を表示して、まずはいらない「きずくすり」などを捨てて空きを作ることでモンスターボールなどを取得するチャンスを無駄にしなくてすみます。

きずくすりなどを捨てきったら、モンスターボール捨ててスーパーボールやハイパーボールに入れ替えるチャレンジもできます。

 

デメリット:XP獲得がとても面倒になった

こっちのほうが大きな問題で、いままではもちものがいっぱいでも、ポケストップ回せばとにかく50XPもらえました。

レベルアップにはXP集めなくてはならず、2つポケストップ回すと一匹ポケモン捕まえるのと同じ100XPもらえるので、効率が良かったんです。

それが、いちいちもちもの捨ててバックアップグレードに隙間作らないといけなくなったのはすごい手間です。

 

まとめて捨ててしまうと、野生のポケモンが続けて出たりするととれなくなってしまうし、補充しきらないうちに時間がなくなって次回遊ぶときにボール補充に時間とられて遊べなかったりとマイナスがとても多くなりました。

捨てるのにも結構時間食うので、2週間以上やってみて去年までの仕様と比較するととても大きな改悪だったと感じています。

 

好意的に見るとポケモンGOはじめたばかりのひとに、わかりやすい仕様に変更した。

実際、もちものがいっぱいですというの、とてもわかりにくかったですから。

 

そして本音ベースで評価すると、お金払ってねという方向に大きく舵切ったんだなという評価になります。

バックアップグレードいっぱいになるととても不便になった→課金してバックアップグレード容量アップするしか無い

という流れです。

たった50個増やすのに200コイン(およそ200円)かかります。

最大1,000個だと思われるので650個分追加できます。

13回追加できるということで、およそ2,600円これだけでお支払するよう誘導されています。

 

後者の評価になったのは年末年始のイベントも全体として課金教科のためのものばかりだったから。

単品だけだった道具にセット販売入れてより多く買わせるようにした。

(しかも、その場で使ってしまうようなものだけバーゲンしていて、バックアップグレードなど恒久的なものは対象外)

 

 

2017-01-12 21.26.23

バックアップグレード満杯でポケストップまわすと「持ち物がいっぱいです」と表示。

以前はスクリーンショット撮るの難しいほど短時間だったのが割りと簡単に撮れるくらいの時間表示されるようになりました。

2017-01-12 21.26.29

ポケストップを一度とじる

昨年12月中旬までは、ここで50XP取得できていたのが何も起きなくなりました。

2017-01-12 21.26.33

続けてまた同じポケストップを開くと、ここまではおなじ

2017-01-12 21.26.37

まわせなかったのが、また回せるようになりました

そして、「持ち物がいっぱいです」と表示も出ます

当然50XP取得できません

2017-01-12 21.26.44

そこで「道具」(バックアップグレード:ここの表現統一してほしいんだけどな)を見る

キズくすりとかすごいキズくすりとかげんきのかけらなどごみが多少あるので捨てます。

2017-01-12 21.26.58

350個中353個といっぱいになっていたバックアップグレードが348個と隙間ができました。

(350であれば、ポケストップ回せ、モンスターボールなど獲得でき、持ち物の数が351以上になります)

2017-01-12 21.27.04

即座におなじポケストップを開きます

この画面に持ち物の状態表示するくらいの親切心が欲しいものです(348/350 などと表示してほしいわけです)

2017-01-12 21.27.08

すると、モンスターボールなど取得でき、50XPも獲得できます。

この場合、またいっぱいになって352/350になったのでキズくすりとグミの実を捨てないと、ポケストップ回せません。

以上を毎度繰り返さなくてはならないのでとても不便。

 

もちろんご提供者の思惑通り課金してバックアップグレードを拡張すれば、それほど手間ではないわけですが、この仕様変更がはじめたばかりで軽くやりたい方のためだとしたら逆ですよね。

 

また、安易にアカウント凍結される傾向が出てきて課金するのが恐ろしい状態にもなっています。

ただポケモンGO起動したままにしておくだけでロボットが表示されるように変わって長いです。

お金払ってアカウント削除されたらアホらしくてやっていられません。

とてもひとに、とりあえす2〜3000円課金してためしてみたらとか言えない運用になっています。

そうした状況狙って14,500ポケコインがもらえるなどいった実に怪しい集客に誘導するサイトもポケモンGOで検索するとよく出てきます。

 

 

初回ロットはあっという間に完売したポケモンGO Plusもいまは買えるみたいです。

発売前は買おうかなとも思ったものですが、仕様や運用の変化で興味が…



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク