アイディア商品:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > アイディア商品


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Yogibo超え!?サンコーひとをダメにしまくるゼログラビティーチェア

ガジェットやアイディアグッズといえば大好きなショップは上海問屋とサンコーレアモノショップです。

亀店長が居た秋葉原のリアル店舗が消滅してからは、中央通沿いにあるサンコーレアモノショップはとっても貴重で楽しくして仕方ない存在です。

USB関連グッズを色々出してくれるサンコーレアモノショップですが、アメリカからYogibo(ヨギボー)というひとを駄目にするソファーが黒船的に来襲し日本市場をせっけんしかけているとろこに竹槍超えたUSBグッズパワーで切り込んでくれました。

 

いつもは安いものに注力するサンコーレアモノショップなのにひとを堕落させることに企業価値を見出してしまったかのような、これまでにない力の入った商品を投入してきました。

商品タイトルにその力の入れっぷりが現れています。

 

まずは『至高のリラックス姿勢』

リラックスじゃなくて至高のリラックスですよ。

海原雄山が登場してしまいそうではないですか。

 

さらに畳み掛ける『無重力ポジション』

これはもう、NASAなんとかとか付け足したくなる宣伝文句です。

 

だけど三行目はどうした『で座れるチェア』

なんか最後でフッと肩の力抜けたというか、精魂尽き果てたというか。

2014-12-19_21h27_30

Yogibo(ヨギボー)が小さなビーズが柔軟に身体に合わせて形状を変え全身を優しく支える柔構造なら、ゼログラビティーチェアは、真逆というか違う方向でしっかりとしたフォルムを作り上げ、その形状が人間の体をしっかりフォールドして楽な態勢とらせてくれる。

タブレットとかで作業しようとか読書といった目的があったらサンコーのゼログラビティーチェアもかなりいいですね。

予約受付中で1月出荷予定。

 

すごくいいですね。

別のマンションに作業部屋が欲しくなりました。

Yogibo(ヨギボー)にしても、サンコーのゼログラビティーチェアにしても、小梅ニャンコがガンです。

 

サンコーレアモノショップのゼログラビティーチェアだと、ゆらゆら揺れているわたくしめがけてジャンプ一閃、顔からお腹のどこかに着地。そのまま6キロ台半ばの体重でわたくしを押さえつけて、思う存分甘えた押す姿が目に浮かびます。

ゆったりする前に疲れるわたくし。

 

ペットは、可愛いです。

なつかれるともう、めろめろになります。

なつかれすぎると、あとあと不便も待ち構えております。

 

テレビでもおなじみになり始めた、ひとを駄目にする黒船ことYogibo(ヨギボー)はこれ↓

 

両方揃えるのが一番なんでしょうね。

妖怪ウォッチが切手になった

2014-12-18_15h20_32

新着フレーム切手

大人気の妖怪ウォッチ

とうとう切手になりました。

 

妖怪ウォッチ・フレーム切手セット

ジバニャンがデザインされたスペシャルホルダーが付属したりと郵便局もずいぶんやわらか頭に進化したものです。

 

商売も上手になって予約販売です。

予約できるのは来年2015年1月30日まで。

これがきっかけで切手コレクションもすきになるといいですね。

 

赤字垂れ流して税金使われるより商売上手になってくれる方がずっと嬉しいです。

 

切って一枚一枚で完結させるだけでなくジグソーパズルのようにシート一枚でひとつのデザイン完成バージョンとか色々作ると楽しそうです。

印刷技術は世界トップクラスなので切手そのものも楽しめそう。

 

子供の頃の切手やコインの収集癖が蘇りかけているのは、多分気のせいです。

まだしばらく収集前に整理整頓とか断捨離とか、ものを減らす方に精力使うつもりです。

非常用の釣り竿メッケ|ダナイブロス・インジェクター

通販が好き

なかでもインフォマーシャルと言われる30〜60分掛けて数点の商品を徹底的に説明するアメリカスタイルの通販が大好きです。

日本だと紹介が簡易化しているのが残念ですがQVCとかですね。

 

鷹の目の構造を採用したサングラスとか、鉄板でも角材でもプラスチックのパイプでも何でも切断できる丸鋸とか、たったひとつで家中綺麗にできるクリーナーとか目を輝かせてみてしまいます。そしてちょこちょこ買っています。

今まで失敗したものも多くて、いつかリベンジしたいと思っているのが携帯に便利な釣り竿です。

 

ランボーナイフが流行ったことがありました。

今では販売不可能なでっかいナイフ。

柄の部分が取り外し可能で、あれこれ小物を収納してありサバイバルに使えるというものです。

 

こういうアイディアグッズ、まず使う場面はないし、活用する場面などないままがいいとは思うのですが、見ちゃうと欲しくなります。

収納されている小物の中には、釣り針と糸が入っています。

いざとなったら自分で魚釣って食料にしようというわけです。

 

日本のように魚影が薄くて、さらにすれていると竿もなしで釣り糸だけ垂らしても釣れっこありません。

そこで気になったのが小さく収納できる釣り竿セットです。

かなりの大物まで釣れそうなことを書いてあったりします。

 

実際に試してみるとものの見事にポッキリ折れてしまうのが多くて、いまのところサバイバル用に使えそうなものに出会っていません。その話を釣り好きの友人に話したら思い切り馬鹿にされました。

そんな玩具で釣りができるかと。

 

虫がとてつもなく苦手です。

フライフィッシングだって魚にも虫に見えるくらいですからちょっと嫌です。

釣りは子供の頃からたまにしかしていないので、釣り好きに言われると反論全くできません。

 

で、彼が突然手のひら返ししました。

いいもの見つけたと↓

釣り用に船を持っているようなやつなので、こちらの趣旨はわかっていない何万円もするようなお道具だろうと相手にしませんでした。

amazonにもあるというので見てみたら、彼にしては不思議な暗い話はきちんと聞いていたようです。

これで使えるなら、サバイバル用に一本突っ込んでおきたいところです。

 

もちろん、本気で使う場面などはないと思います。

思うのですが、水や缶詰、チンするだけのご飯などあれこれ常備しているように、万に一つの時にいかせたらそれはそれでいいのかなと思います。持ってるよってだけで楽しいですから。

 

彼と違うので自分の場合は針と糸は余分に買っておかないとダメでしょう。

餌はどうしたものか。

疑似餌でもリアルだとさわれません。

 

使わない前提なのにあれですが、レビューも一気読みしてしまいました。

値段からは想像つかないほど褒められています。

 

神田川や隅田川でもつれるんだろうか。

神田川は目の前です。

コップのフチ子とふなっしーコラボ♪

とうとう登場してしまいました。

コップのフチ子とふなっしー。

このコラボは強烈です。

 

どちらも好きなのであらがいがたしです。

しかもなんなんだこの不自然なまでの自然さは。

 

 

コップのフチ子は、密かに好きで夜中の番組などもついつい見ていました。

温泉にコップのフチ子が出没するあれです。

 

ふなっしーも、スマスマに登場した時に完膚なきまでにやられました。

完膚なきまでにプロですね。

イリュージョンとか言い切る姿も立派です。

 

中途半端なキャラ作りが多い中、梨の妖精といった無茶ぶりもここまで来たらもう大好きですよ。

こんな寒い季節、柴犬の桃子がいる辺りは梨畑がたくさんあってどこにも梨の妖精なんて居ません。

船橋には居ても、多摩川沿いの本場には妖精は居ないみたいです。

 

ま、まさか桃子が食べちゃった!?

小梅拾って数日後、本気で彼女が食べちゃったんじゃないかと大騒ぎしたことを忘れられません。

 

まだ歩けないくせに、前足で匍匐前進して家具の隙間に隠れていました。

ふなっしーの家族は大家族だそうで、フナゴロウが先日登場しました。

多摩川べりには、どんな妖精がいるのでしょう。

 

コップのフチ子さんが刈り込まれた梨の枝に座っていたら可愛いな。

 

Yogibo(ヨギボー)が関西でもテレビで紹介されたらしいです #朝生ワイド す・またん

日テレ系の朝生ワイド す・またん!でアメリカ生まれの人間を駄目にするソファーYogiboヨギボーが紹介されたらしいです。

日本は不便で東京に居ると東京の番組しか見ることができません。

どんな紹介だったのか見てみたかった。

 

若い頃から日本でも放送されるようになったインフォマーシャル見るのが好きでたまりません。

いまでも作業しながら夜中にテレビショッピング系のチャンネルに合わせてしまいます。

QVCとか見ると、ついつい電話に手が相変わらず伸びてしまいます。

 

モーニングバードでは羽鳥さん始め出演者の面々が、まるでインフォマーシャルの出演者にでもなったかのようにYogibo與儀ボーというアメリカ生まれの人を駄目にするソファーを褒めちぎっていました。

一番驚いたのは値段聞いて即座に「安い!」って言ったこと。

 

金銭感覚が違うのか絶対額としては安くはないでしょう!?

ソファーのたぐいは、かなりの値段するものですから、それに比べたらたしかに高い部類ではなくむしろ低価格。

機能考えたら安いとなるのは納得ですが日本式イン\フォま〜するでもさすがにあそこで「安い!」とは言わないと思う。

 

その分ちょっと真実味は増していました。

関西人がどんな感じで評価して、どう紹介したんだろう。

朝生ワイド す・またん!見てみたかったです。

セールスマン撃退インターフォンがないのが歯がゆい

LET’S 振込め詐欺見張隊 たいへんだぁ 【L-FSM-TDS】
レッツコーポレーション
売り上げランキング: 38,407

電話での振り込め詐欺が跡を絶ちません。

警察とメーカーとの協力でいくつか、撃退装置が作られています。

 

どれも、電話がかかってくると自動応答してくれます。

録音しますよというアナウンスが流れるとほとんどの振り込め詐欺や押し売りは退散するそうです。

気の弱い人でも、ついついNOといえないタイプのひとでも機械が自動的に処理してくれるので精神的な負担もありません。

 

対応することになっても録音されているので後で詐欺などの証拠になります。

 

ところで、電話に並ぶ詐欺や押し売りで困るのが訪問販売系です。

ネット通販はアクセスしないとそれで終わり。

うるさいメルマガは無視すればすみます。

 

ところが押し売りや詐欺師などは、セールスお断りのステッカーがあっても無視してインターフォンを鳴らしまくります。

なかなか無視しづらくて対応してしまうともう大変。

詐欺や押し売りに合わなかったとしても何十分も時間奪われたり、とても嫌な思いが残されます。

 

マンションなのですが、やっぱりセールス多いです。

とっても迷惑。

 

アイディアに集中している時に中断されると、元の状態に戻るのにはおよそ23分かかるという調査結果が先日ネットに流れていました。23分間が妥当かどうかは別にして、一瞬の中断で数分以上無駄にされるのは事実です。

というより、アイディアなどもう二度と戻らないことのほうが多いです。

 

記事を書いていても、あれ何を書こうとしていたんだろうとなってしまい、投稿せずに終わりにしたことは何度もあります。

インターフォンにこそ、電話と同じような自動応答システムがほしいです。

 

顔認証などいまでは簡単です。

音声認証も簡単です。

どれもスマホで実現できています。

 

Androidならスティック型のシステムが安く売られています。

Windowsさえ、まもなくマウスコンピューターさんから発売になります。

メールのプロの独り言: マウスコンピューターからスティック型Windowsパソコン登場

 

インターフォンをほんとうの意味でインテリジェントにしてほしい。

例えばこんな感じです。

 

基本は、お断りモード。

機械音声や本人の録音などが選べる。

 

カメラ付き。

 

自動応答時でも、自分で応答するときでも「登録」を押したらその時通話している相手の顔と声を記憶する。

次回からは、拒絶モードではなく普通のインターフォンとして動作する。

 

警察や警備保障会社への自動通報システムも搭載する。

「緊急」ボタンを押したらそのまま転送される。

契約している警備保障会社などで対応してもらう。

必要に応じてそのまま警察に被害届出せるようなしくみにする。

 

さらに、応答モードには家族の状態に応じて切り替えられるように数パターン準備する。

基本は拒絶モード。

ご主人など在宅時は、ややゆるいモードになる。

 

自動応答時には録音し撮影していることも当然お伝えする。

そのまま警察に被害届が出せる仕組みであることは、呼び出しボタンの近くに明記しておく。

 

撃退ボタンも実装する。

撃退ボタンを押したら、その時の相手の声と顔を登録する。

同じ人物が予備ボタンを推した場合には警告したうえで、警察などに自動通報する。

 

さらに高額なモデルでは、警告や警報ボタンを押した相手の声と顔をクラウドで共有する。

呼び出しボタンを押した瞬間にクラウドに自動照合をかけ登録されている場合には警告登録と同じ対応をする。

こうすると、悪質なセールスマンなどもドア前で撃退できる。

 

人間が介在しないので個人情報保護状も問題は起きにくい。

 

飛び込み営業の方には営業妨害的に見えてしまうかもしれません。

しかし、悪質な営業したり詐欺まがいの商売する人が多いために飛び込み営業という古くからあるスタイが嫌われているんです。

そういう人が駆逐されれば、逆にまずは断る・相手しないから、とりあえず話し聞いてみてもいいのではないかという方向に変わっていく可能性があります。

 

そういう意味では「保留」ボタンも必要かもしれません。

拒絶するほどではないけれど、相手はしていられない。

とりあえず保留ボタン押しておく。

 

熱心な地元営業マンで、何度も来ている場合にはその回数が表示される。

画面越しに様子を見て多少信頼できそうならばインターフォン越しに話しの要点だけでも聞いてみる。

 

一定時間自動録画してくれると防犯カメラにもなってくれます。

赤外線検知機能とか煙検知機能つけておけば、予備的な火災検知器にもなります。

 

室内機との接続だけではなくネットに繋がりスマートフォンで応答したりボタン押して撃退できたりもしたいところです。

 

電話用の振り込め詐欺や押し売りセールス撃退装置はこちら↓

 

警察ともタイアップして開発したり有効性テストしているといったことが時々テレビでも扱われています。

 

固定電話はそもそも出ないことにしたので、なくてもいいかなと自宅については思っています。

ドアフォンについては、セールスマン撃退機能がとてもほしいです。

 

それともう一つ欲しいのが宅配便さん対応機能。

こちらも顔と声を登録して普段より大きな音で知らせて欲しいです。

在宅しているのに気づかなかったということが何度もあります。

 

逆説的になりますが集中してしまうと今度は呼び出し音気づかなかったりします。

ウルトラ・アイが眼鏡になった12/01ブラックアイス受注会開催 #ウルトラセブン

ウルトラセブン Blu-ray BOX I
バンダイビジュアル (2014-11-21)
売り上げランキング: 486

いろいろなウルトラ兄弟が出てきてもウルトラマンとウルトラセブンだけは、とても特殊な存在です。

スタートレックにおけるカーク艦長とミスタースポックのような特別な存在。

 

ウルトラセブンのブルーレイディスクボックス発売記念にウルトラセブンのトレードマーク

モロボシ・ダンが変身の時使ったウルトラ・アイが、またまた商品化です。

 

いままではほとんどがフィギュア系で飾るだけでした。

今度はメガネフレーム生産地として世界的にも有名な鯖江市とのコラボレーション。

ウルトラ・アイがメガネになっちゃいました。

 

<ダンと一緒に変身!>12/1(月)アイウェア「ウルトラセブン×ブラックアイス」予約開始記念イベントで予約者限定撮影会開催!(会場:表参道・グラスギャラリー291) | 円谷ステーション

 

唯一の難点はウルトラ・アイを装着しているのにそのままで売るタラセブンに変身していないという、一話それでできてしまいそうなピンチ状態になっていること。

わたくしはメガネは必要まだないのですがブルーレイ防止メガネJ!NS PCは愛用しています。

外出時は目の保護のためサングラス使うよう心がけています(短時間の時は逆に太陽光線目に入れたいのでかけません)。

 

サングラスだと少しだけ気恥ずかしいので、PCメガネがいいです。

 

2014年12月01日ウルトラセブンのブルーレイディスクボックス発売記念の鯖江市とのコラボレーション

ウルトラセブン×ブラックアイスの受注会が開かれるそうです。

完全前払いだそうですから、お代を忘れませんように。

 

メガネフレームとサングラスが各2型2色あってそれぞれ47,000円(税別)

 

2014年12月1日 アイウェア 「ウルトラセブン×ブラックアイス」予約開始記念イベント | GLASS GALLERY 291

『ウルトラセブン』Blu-ray BOX(11月21日(金)BOX I発売、全2巻)の発売を記念して誕生したこのアイウェア「ウルトラセブン×ブラックアイス」が12月1日(月)に予約受付開始となるのに合わせて、同日、(一社)福井県眼鏡協会が東京・表参道で展開する国産眼鏡ショールーム「グラスギャラリー291」にて、ウルトラセブンに変身するモロボシ・ダンを演じた森次晃嗣氏が来場し、「ウルトラセブン×ブラックアイス」の受注予約会を開催いたします。

モロボシ・ダンを演じた森次晃嗣さんも12月1日登場されるそうです。

表参道なら近いから見に行こうかな。

そのまま、明治神宮界隈でイチョウの黄葉見るのもいいですね。

紅葉には、ちょっとはやいかな。

テレビでも話題ヨギボーYogiboは準国産らしい|人を駄目にするソファー

モーニングバードで5分間も販売直後に取り上げられたYogiboヨギボー。

昨冬、大人気となった人を駄目にするソファーのアメリカバージョンです。

 

良さそうだよといっていたら知人が早速買っていました。

類は友を呼ぶとかで彼の家にもお猫様が居ます。

想像通りで、開梱してまもなくからお猫様に取られてしまったそうで悲しい写真が日記にアップされていました。

 

やっぱり買うなら3台買わないとまずいみたいです。

絶対狙う小梅ニャンコと小梅ニャンコから奪っていく柴犬の桃子用に各一台、最後が自分用…

 

3台も置くところがないというのも悩ましいところです。

一番躊躇したのがアメリカ製という部分です。

ということは中国で作っているかアメリカか、世界第二位のメーカーに成長した自動車のエアバッグを大量リコールに追い込み、もしかするとこのまま倒れるのではないかとさえ不安視されるTAKATAもメキシコ進出が原因と言い張っているようです。そのどこで作っていても品質には不安がつきまといます。

 

サイトを見たら

http://yogibo.jp/?mode=f1

あなたの好きな色やサイズのYogiboをご注文いただくと、あなたのYogiboは米国ではなく大阪府岸和田市の工場で地域のお母さん達がビーズを詰め、カバーをかけてまごころ込めて貴方にお送りします。

だそうです。

 

考えてみれば、空気運んでいるようなものです。

ビーズを詰める部分などは日本でやったほうがずっと安くつきそうです。

なかなか商売上手ですね。

 

Yogiboのカバーは触り心地はとても柔らかですが二重構造のカバーで伸縮性も非常に高くとても丈夫です。
カバーは特殊な素材でできており縫い方も特殊です。猫がひっかいたり、犬が一度噛んだぐらいでは破れません(大型犬が本気で噛み千切ろうとした場合は別ですが)。Yogiboはちょっとやそっとで破れることはありませんのでペットを飼っている方も安心してください。Yogiboはカバー破れを1年間保証します。

 

耐久性があって一年間保証しますというのも日本で品質管理しているならできそうです。

どこまで本気かわかりませんが、ペットのイタズラも保証してくれる!?のかな。

もしそうなら、犬がOKならネコもいいよね?

 

もう、我が家の椅子なんて座面や背もたれ小梅ニャンコの爪の跡がないものは存在しません。

一年でも保証してくれるならいいかもしれません。

 

というかカバーは別売りほしいな。

 

日本では国内で加工すると国産になる。

昨夜もWBSでワインの話題でこれ改定してほしいとやっていました。

 

ワインの原酒輸入してボトリングを日本でやると日本ワイン。

多少それっぽくするために日本のぶどうで作ったワイン混ぜたりしていても、やっぱり妙です。

まっさんが健在だったら嘆くんじゃないかな。

 

そういう意味では準国産というのがいいのかな。

自動車やパソコンなどパーツが世界規模で分散生産されているのが普通なので日本製だけで作るっていっても無理。

逆に、原油なんてほぼ輸入品ですからプラスチック使ったら国産じゃなくなるというのもおかしくなります。

 

最終工程が日本で行われて品質チェックが日本でされるなら準国産でいいのかもしれません。

なんでボーナス入る前に買ったのか聞いたら、10%オフが今月末までだからだそうです。

クレジットカードで買うなら今月でも来月でも大差ない、10%は安くはない買い物なので大きいですね。



人間を駄目にするソファーYogiboヨギボー↓

メールのプロの独り言: Yogibo(ヨギボー)アメリカ生まれの人間を駄目にするソファー
メールのプロの独り言: Yogibo(ヨギボー)人間をダメにするソファーがモーニングバード!で褒めちぎられてました
メールのプロの独り言: 人を駄目にするソファー本家とUSAヨギボーYogibo



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク