スレート(Windowsタブレット):メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > スレート(Windowsタブレット)


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
メニュー:スレート(Windowsタブレット):目次

ライフハッカーさんからのプレゼントLavieTouchが届いた

送信者 2011年11月雑


ライフハッカージャパンとNEC共催のブロガーイベントLavieTouchタッチアンドトライに参加させて頂きました。その時のブログ記事を選考材料にLavieTouchをプレゼントになるということが最後に発表されました。





おととい当選の案内をいただき、昨日2011/12/01出荷の連絡、そして今日昼食を食べていると宅急便が届きました。届いてすぐに小梅クン(猫)が新参者のチェック。無事お許しが出て開封しました。

送信者 2011年11月雑


小梅クン(猫)はさっさと空き袋に入ってご満悦

いざ、開封の儀

送信者 2011年11月雑


スレートにしては箱が大きく分厚い。日本製品らしく傷つかないように工夫されています。

送信者 2011年11月雑


なんとなく懐かしくなるとって。

NECのパソコンはわたくしにとっては人生で初めて購入したパソコン。まだどの会社のパソコン(と言う呼び方も定着して居ませんでしたが)が主流になるかわからない戦国時代であれこれ迷って最もビジネスに向いていそうな開発者が多いNEC製のPC9801シリーズを選択。そのころ最新機種だったPC9801VX21を購入しました。IntelとNECオリジナルCPUがそれぞれ搭載されたデュアルCPUというとっても珍しい構成ですが、あのころはオフコン用のCPUとIntel CPUを搭載するメーカーなどそれぞれ個性豊かなパソコンが登場していました。

送信者 2011年11月雑


HDMIというディスプレーとの接続規格がいつのまにかデファクトスタンダードになりテレビとビデオ観だけではなくてパソコンとモニター間など多くの出力環境で極普通に使われています。
嬉しいのはスレート(Windowsタブレット)なのにI/O周りが標準品を使ってくれていること。スマートフォンでもHDMI搭載機種が増えてきましたがいずれも特殊なサイズ。それに対して標準のHDMIポートなので接続が容易です。これはUSBポートもそうで標準サイズが搭載されています。ミニUSBポートやmicroUSBポートにしてしまいそうなところを標準ポートを使ってくれているので出先でちょっと接続させていただくなんてときもケーブルの心配が無用なのは嬉しい。ポートデュプリケーター必須という構成になるものも多いですが、本体についているのがなにより頼もしくて実用性が高い設計になっています。


送信者 2011年11月雑


段ボール箱の蓋を開けると保証書が目につきます。
それ以外のものは段ボールでさらに保護されています。

送信者 2011年11月雑


どこに何が入っているか明示されているのは嬉しい。
じつは本体を支える透明プラスチックの板を見つけられず一瞬困ったのですが、箱ごとに何が入っているかわかりやすくすぐ見つけ出せました。

送信者 2011年11月雑


キーボードやマウス類の収まった箱が取り出せます。
どれもダンボールを折っただけの構造で処分しやすくなっているのが嬉しい。最近のパソコン関連はこうした環境配慮が進んでいます。

送信者 2011年11月雑


半分は単なる緩衝材としてのスペース。

送信者 2011年11月雑


ダンボール板紙を取り除くとスレート本体が顔を出します。

送信者 2011年11月雑


横のスペースにはAC電源が収まっていました。このAC電源XOOMの電源より小さくて軽かった。AndroidよりWindowsの方が電源が小さいってちょっとしたおどろきです。

送信者 2011年11月雑


乾電池は単四が4本。マウスとキーボード用です。
欲を言うとメガネ端子のACケーブルですが、L型コネクターだけのものも付属してくれると持ち歩くとき軽量化できてうれしいのですが、カタログ値で10.6時間もバッテリー稼働できるので不要かもしれません。でもあるとうれしい。


こういうやつです。
ネットブック購入したとき真っ先に探して買ったのがこれの三つ目タイプ。中国製のケーブルはぶっとくて重いので必須でしたがNECのはAC100V仕様のようで細くて軽量なんでこだわらなくても大丈夫ではあります。

送信者 2011年11月雑


電池は外された状態。
この状態で持つと軽さに驚きます。一番嬉しいのはiPadなど電池交換不可能な作りじゃなく従来のパソコン同様バッテリーが交換でき、周辺機器として販売されていること。本気で使い込むとバッテリーは一年少々でへたるもの。交換が容易にできるのは嬉しいです。
※でもかなりお高くてバッテリー買うより本体の買い替えを考えるかもしれません。


送信者 2011年11月雑


LavieTouch本体を取り出したところ。同じ様にダンボールの板を折っただけの構造で処分しやすい。発泡スチロール使われるとゴミに出しにくくて困るので、ダンボールだけでできている梱包は大好きです。

送信者 2011年11月雑

更に取り出すと同梱品チェックシート。これはもっとはじめに出てきたほうがいいようにも感じます。

送信者
送信者 2011年11月雑
uthkey=Gv1sRgCLzCzNGo4NCSRA&feat=embedwebsite">2011年11月雑

マルチステーションとMS Officeパッケージ。
スレート本体に十分I/Oポートもあるので無くてもよさそうなマルチステーション。
なんて思っていたんですがセットアップはじめてすぐ便利だと意見変わりました。常時手持ちではないので本体を見やすい角度で置ける台があるのは便利です。セットアップに数十分、さらに再インストールメディア作成にそれ以上の時間がかかるので専用台は嬉しかった。
そしていらないよと感じるDVDマルチドライブもあると楽。AC電源をマルチステーション側に接続すればDVDドライブが使え本体も充電される。本体にも直接接続できますが電源一つで戦無まかなえるのは便利。

消費電力を計測していますが、稼動時でも11w前後。操作していない時で7w少々です。
非力すぎて嫌だなとつねづね感じるATOMですが、消費電力を見てしまうと納得するしかない。
ただ、Core i7 2630QM搭載しグラフィックチップも別に載っている15.6インチのWindows7ノートパソコンが16ワット少々で使えているので、ウルトラブックに使うようなCPUも選択肢に入れて欲しい。これにFANが入ったりすると一気に実用性下がるけれどアルミボディーにしてボディーからの放熱で何とかならないものだろうか。日本の夏は酷暑だから無理な要求かな。

送信者 2011年11月雑

バッテリーは薄くて軽い。指先で軽く持てる。


送信者 2011年11月雑


マルチステーションはDVDマルチドライブが付いているので厚みがありしっかり持たないと落としそう。やや重みがあるのは安定感を出すためにも必要なんでしょう。予備バッテリーが入っているといいんだけどな。

送信者 2011年11月雑


iPhone4と比べるとこんな感じ。写真まだ撮ってなかったんですがXOOMとくらべるとディスプレーは同じ10.1インチですが額縁が広くて一回り大きい。
両手に持って操作する場合にはちょっと横幅がありすぎる。面積が必要なら縦方向を使って欲しかった。

送信者 2011年11月雑


さらに15.6インチノートパソコンに重ねてみた。MBAの11インチと投影面積はあまり変わらないくらい。ただはるかに軽くてWindowsだからなんでもできる。MBA買ってもWindws入れて使う人が多いようにまだまだ実用性ではWindowsが一歩も二歩もMacより優れている場面が多い。

送信者 2011年11月雑


標準ポートにこだわっているしバッテリーも交換式なんで厚みはややある。ただ、あまり薄いと不安だし持ちにくいのでこれくらいで十分かもしれない。使い込んでみないとこのあたりはなんとも言い切れない。


送信者 2011年11月雑


携帯電話のようにバッテリーの入る部分に各種シールが貼られている。製造番号やWindowsライセンスキーなどが貼られているのでピントはぼかしています。

送信者 2011年11月雑

マニュアルはNECがやはり丁寧。
PC9801VX21時代とは雲泥の差ですがそれでも充実しています。

PV9801VXにはハードウェアとOS(NEC Microsoft DOSとN88 BASIC)が大量に同梱されていて、おかげでパソコンを独習する教材に事欠きませんでした。これからスタートしてハードウェアやOSの概要を掴みUNIXを学びながら本格的なコンピューターを独習して行きました。
パソコンが身近になったのは羨ましい反面、難しく感じさせて遠ざけていた部分は否めないけど、きっちりとマニュアルが装備されていないのはこれからパソコンに触れていく人たちには不幸だと思う、なにもかもブラックボックスで勝手に動いてくれるのでは基礎を理解し身につけるチャンスを失ってしまう。

送信者 2011年11月雑


危険ですよ表示しかないまny負あるもどきが多い中、きちんとしたマニュアルがあるのは好印象です。

送信者 2011年11月雑

バッテリーの厚みはほぼiPhone4なみ。


送信者 2011年11月雑


巨大なバッテリー。これのおかげで10.6時間駆動をうたえるわけです。

送信者 2011年11月雑


34W と大容量


送信者 2011年11月雑


バッテリーを装着したところ。

送信者 2011年11月雑


左側は自動ロック

送信者 2011年11月雑


右側は手動ロック、なのでロックし忘れないように。ノートパソコンと違いもって使うことが多いのでしっかりバッテリー固定しておかないと故障の元。

送信者 2011年11月雑


ロックしたところ。

送信者 2011年11月雑


マルチステーションにスレートを支える透明の板を装着したところ。
仕方ないのはわかるのだけれど角度を変えられない。ここも座椅子のように5段階に変えられるとか、いずれ無段階に角度を調整できるノートパソコンのディスプレイのように進化して欲しい。ヒンジは良い技術が日本には多いのでコストだけの問題ではないかとも思う。というより予想販売数から金型を起こせないだけかもしれない。ぜひとも大量に売って改良して欲しい。

送信者 2011年11月雑


テンプの無線マウス。電池が二ヶ月ちょいしか持たないのはおしい。それも8時かん計算だそうなのでスイッチ切り忘れるとどれくらい持つのだろう。

送信者 2011年11月雑


小さいけれど厚みと形状がいい感じでうまく手に収まる。マウスはMicrosoft製が一番好きなんだけれどこれもいいかもしれない。

送信者 2011年11月雑


国産らしい作り、このへんは手抜いて安くしてもいいんじゃないかとも思うし、隅々までしっかり作っている良さも感じて難しいところ。Wi-Fiの感度や安定性などもそうなんだけど国産のきちっとしたメーカーと輸入品やショップブランド的なものとは作りこみが違い安定性などに大きな差が生まれる。

送信者 2011年11月雑

送信者 2011年11月雑


USBポートに差すPC側受信機はバッテリー収納スペースにしまわれている。低消費電力タイプのBluetoothが早く一般化するのを期待してしまう。


送信者 2011年11月雑


単四電池を二本斜めにさす。マニュアルにも丁寧に書かれているけど透明のフィルムは伊達じゃなく、きちんと電池装着時に下に敷いてはじを持てるようにしておかないと電池交換の時苦労することになる。

送信者 2011年11月雑


蓋を閉めにくいけどこんな感じにベロを出す。

送信者 2011年11月雑


無線式キーボード

送信者 2011年11月雑

送信者 2011年11月雑

送信者 2011年11月雑




iPhone4と比較してみた。
携帯することを前提にしているのかどうか不明だけど携帯用のキーボードに調度良い作り。
電池を入れても十二分に軽い。

ないより気に入ったのは打鍵した時の静かさ。
とにかく持ち運ばれるキーボードは静音性にこだわって欲しい。あの騒音は公害としか言いようがない。

送信者 2011年11月雑


打鍵しやすいよう角度がつく構造。

マウスもそうだけどネゴシエーションスイッチ(connectボタン)がついていて不安になった。でも電源入れるとあっさりつながった。


開梱の義はここまでです。
ライフハッカーさん、NECさんプレゼントありがとうございます。



性能を活かすならモバイルで使うべきなんだろう。そのためには帯域制限のないWiMAXが最適だと思う。

わたくしはとりあえずドコモのデータ定額回線があるのでそれで試して、多分容量足りないので手持ちのUSBドングルで使うか、auのテザリングができるWiMAXスマートフォンを検討することになるでしょう。

たとえば、今回開梱からセットアップまでで約100枚撮影しました。およそ一枚3MBあるので300MB。
これだけで3日分の帯域制限にぶつかってしまうか一ヶ月の仕様上限を使い潰しかねません。普段のブロガーイベントでは500〜1000枚撮影していてコンデジではなく一眼だったら数倍は軽く撮影します。その場でアップするとか帰路アップできれば記事を書く時間も確保できるのですが、いまは帰宅後自宅サーバーへコピーしてクラウドにアップすると午前2〜4時になってしまいます。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク