日記:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!
メールのプロの独り言トップ > 日記


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

残業代は退職後でも取り返せる

ブラック企業という言葉がすっかり一般化しました。

ブラック企業であることがバレた会社は、それまで我が世の春を押下していた社長たちが青息吐息になって株主から吊るしあげられ業績悪化の責任を追求されていらっしゃるようです。結果的にブラック企業と呼ばざるをえない会社に居ることが多かったのでちょっと溜飲下がります。

ところでブラック企業ってやめられたらラッキー!?

 

先日終わった草g剛さん主演の「銭の戦争」。

以前の金利がグレーだった時代から現代へと場面を変えることで、証券会社を追われ、ホームレス寸前になった主人公白石富生(草g剛さん)が復活のきっかけとなる金貸し紅谷裕蔵(津川雅彦さん)と川の土手で出会います。なんとか弟子にしてくれと食い下がる中、もう時代が変わって金貸しも廃れたということを教えられます。その中でも稼ぎつつけている赤松金融の赤松大介(渡部篤郎さん)を紹介され10万円を無期限倍返しで資金として与えられました。

サラ金と称された時代、金利が法律的に2つあり、より高い方で運用されていました。ところが解釈が変わり、それはいかんとなりました。放置すればそのままですが払い過ぎた金利を取り戻したりできる。また、借金そのものの相談に乗ってくれる弁護士も増えていて白石富生が金貸しになって銭のために死のうとしている人間を助けるという、あれば面白いけれど所詮絵空事ではない現実世界での対応策というのも登場しています。

知っていれば死ぬようなところまで追い詰められることもないのに、とはいえ、それではドラマにならないのでテレビでは銭の戦争のような設定がこれからも続くのでしょう。実際の生活では物語のような展開期待するより、専門家に相談するのが現実的だと思います。

そして、残業代のお話。

こちらも仮にブラック企業やそれに類するような状態だったとして退職できたら運が良かった♪

それで終わりにする必要はないようです。

 

退職後でも、きちんと請求していけば本来得られたはずの残業代とか休日出勤手当などは取り戻すことができます。もう10年ほど前ですが、上場会社に居た頃、まだ、正式な役職がなかったので傍観するしかなかったのですが、裁量労働制という美名で残業はなし。とはいえ、それって一般的な残業のお話。休日出勤とか深夜残業は裁量労働制であっても支払い対象のはずですが、当時の部長がそれを承認しなかったようでもめていました。

あれこれ失態を取り上げて結局枯れは辞表提出しました。仕事できない方だったので、転職は本人のためにもなると思いましたが、深夜残業つけないなどあるべき対応と違うことを、一部長が行っているのには大いに違和感感じたものです。

彼は退職後に相談した人に勧められその部長ではなく会社の総務と交渉。いろいろあったようですが実体としてどうなのという質問を総務から受けた時には勤務実態を反映されていない現実はそのまま伝えました。結局その部長はお咎め無し、それどころか執行役員に昇進していたりで違和感超えてこんな人事やっている役員の下では働いていられんなと思ったものです。そこを退色したのも結局そうした人事制度が治りそうもなく、より悪化しそうな部分もあってついていけなくなったのが一因でした。そしてその退職した彼は数カ月後に未払い相当の深夜残業代などの支払い受けたそうです(本人からではなく、人事の責任者から聞きました)。

10年経って、そんなに変わらないものの、当時よりは働く側の主張が世間的にも応援受けている状態で通りやすくなってきているようです。いつのまにやら、そうした未払いの残業代などを請求することを支援するサービスも稼働していました。

 

 

いまは、使われる側ではなくて雇う側なので、こうしたサービス痛し痒し…

ではなくて、こういうサービスが不要な態勢を整えていかないといけないですね。

うちは、社員雇う方向にはなくて対等の立場でビジネスをやっていける独立したひと・組織を求めて一緒にやっていく感じです。固定費を小さくしないと経営の安定は難しくなりますし、苦しくなると本筋とは逆なブッラクの方向にしらずしらず走りかねません。

 

残業代取り戻すのは、成果報酬だそうです。

取り戻せなければ無料。

取り戻せたらその中から成果報酬支払う。

 

弁護士や弁理士など依頼すると成果にかかわらず料金発生する中で、完全成果報酬体型というのはジェイ・エイブラハムが言うリスクリーバーサル(万一のリスクは、消費者ではなくて販売者が変わって負う)で、なかなか好印象です。

こういうサービス10年前に欲しかったです。5〜60時間休憩さえなし、不眠不休で仕事し続けるなんて毎月1〜2回あったし月末月初は必ず寝ずの番でした。月に休めたのは数日でひどい月は無休でした。その分取り戻せていたらかなりの金額になっていました。

 

過去すぎることをぼやいても時間の無駄なので、自分が気づかないうちに搾取してしまう側にならないように注意しつつ、もしもブラック企業やBLACK気味な働き方を結果的にしてしまっていたら、転職する勇気も大切だし、取り返せるものはリスクを抑えつつ回収図る習慣つけるのも大切です。

 

 

政府の方針で残業代ゼロという働き方が増えていきそうです。

それでも完全ゼロなのか、どういう条件は基準報酬内で、どういう部分は支払われるべきものなのかを知ることは大切です。調べる時間さえ取れない状況に陥っている可能性が高いので、専門家に相談するのが早そうです。

| 日記

タワーマンションの宿命|大規模修繕はできるのか!?

まんが マンション大規模修繕
フジヤマ ヒロノブ
建設物価調査会
売り上げランキング: 222,593

タワーマンションの大規模修繕のタイミングがついに到来したそうです。

11年前、マンション買い替えで近所のタワーマンションにするか交通の便がよく仕事に好都合な秋葉原にマンション探すか、かなり迷いました。

仕事優先という部分と、タワーマンションはこの先メンテナンスできるのか?という大きな不安要素があって、子供の頃からよく来ていた秋葉原にマンションを買いました。

 

一番気になっていたタワーマンションの大規模修繕第一号がついにうごきはじめたようです。

こんなまとめ記事がありました↓

54階建としては日本初、大規模修繕に挑む超高層マンションの総工費は約20億円 : 市況かぶ全力2階建

 

日本の優秀すぎる建築会社はタワーマンション建設するくらい軽いものです。そこに不安はありませんでした。心配だったのはこうした建築物のメンテナンスがはたしてできるのかです。商お行ビルならアメリカ筆頭に超高層ビルはあります。しかし商業ビルと居住マンションではメンテナンスがまるで変わってきます。

 

まとめられたものが事実ならスーパーゼネコン5社は見積そのものを辞退されたということです。2020年にオリンピックを引き受けるなどという無茶なことを石原慎太郎がしてしまったために、東京を中心として建築資材が高騰し、建築関連の職人が極度に不足しています。消費税増税のアオリで口頭と欠乏していた真っ最中での行動に、このひと何も考えていないんだと驚き悲しくなりました。

これらから大規模修繕迎えるマンションはどこでも、この影響で予算を超えてしまうおそれが大きく苦慮しています。大規模修繕のタイミングを逸すると傷みが進み、修繕コストが大きくなる上に寿命も縮めかねません。何より資産価値を減じてしまいかねません。

既存マンションの資産価値が下がれば、新築マンションを買う人もローンを組んでまで買うことはできなくなります。買ってもその価値が購入価格を大幅に下回り固定資産税などの負担だけが残るのではたまったものではありません。いまからでもオリンピックは返上して欲しいくらいです。

 

さて、普通のマンションでも大規模修繕には頭を痛めています。三年間理事長努めさせていただきましたが、大規模修繕の部分はほとんど進捗見ることができませんでした。後を託した理事長が最大の懸念点だったコミュニティーワンという問題ばかり起こして全く仕事してくれない管理会社との契約をやめ、新しい管理会社を探してくれたので進展しそうです。

それでもコストの問題と作業者確保の問題はこれからも懸念材料です。

 

タワーマンションは、まだ大規模修繕の経験がありません。どのように行えばいいのかも何故か手探りです。販売時に大規模修繕の方法まで開示していたところを知りません。見積もりさえできなかったのは作るだけでそれ以降のことは放置したと言われても仕方ないのではないでしょうか。

 

50階建て超える超高層タワーマンションの築15年目の大規模修繕の予算が20億円超えるそうです。仮に500戸もあれば一戸あたり400万円ですか。タワーマンションの大規模修繕としては安い気もします。タワーマンションなら一戸あたり販売価格は1億円前後するのでしょうから、わずか4%ほど。200戸しかないとしても新築分譲価格の1割程度なら、むしろリーズナブルな気もします。逆にその程度見込んでいないとしたら、買う側の見込みが怖いです。

 

ところで分譲時よりは景気全体は良くなっていて長いデフレで物価がむしろ下がったくらい。当初の見込みからさほど上がっていない物価の中で分譲時の見込み金額で大規模修繕できないとしたら販売者の責任はかなり大きいのではないでしょうか。

全体の3/4以上の賛成が得られないと何もできないマンション運営。この基準があまりにも足かせになって適切なタイミングで有効な手立てが打てないことは理事長や理事をしてきた中でさんざん体験してきました。興味関心を持たず他人事のように総会に出席もしなければ賛否の投票さえもしない人がかなりの数にのぼります。まだ住んでいればマシですがいつのまにか完全分譲マンションでも賃貸にしてしまいオーナーと連絡取れなくなっていたり、法人に売却されてマンション運営の話にそもそも対応できる人間の居ない組織がオーナーということも目立ってきました。

理事のなり手さえほとんどなく、そのくせ、難癖だけ付けたがるひともまれにいます。一番困るのは賃貸で住んでいる方で、管理組合を賃貸マンションの運営会社と勘違いしてあれこれ無関係な要求だけを突きつけてこられる方もいらっしゃいます。要求はオーナーさんへ。賃貸の方と分譲マンションの管理組合は直接の契約関係にはありません。管理組合はオーナーの権利関係を調整し資産の価値を維持するための任意団体です。けっして賃貸居住者のためになにかご奉仕するための組織ではありません。そのための報酬は頂いていません。オーナーさんと、オーナーさんから依頼された管理組合やそこが依頼する管理会社とは無関係な不動産屋さんのビジネス部分です。

 

数百戸=数百人のオーナーの意見を取りまとめるのはほんとうに大変です。取りまとめる前に意見も委任状もくれない人の多さに、運営自体が暗礁に乗り上げつつあるのが現実です。

そのなかで超高層マンションの大規模修繕という大事業ができるのかとても関心があります。一戸あたり数百万円必要。大半は購入時にとられる積立金と購入後毎月の修繕積立金の中で賄われます。その金額はかなり大雑把で過去の同規模マンションの平均的な大規模修繕費用を参考にしていればマシな方。根拠が薄く、突っ込むと何一つまともな回答のない明細であることも珍しくありません。そもそも実際の工事の見積でも、かなりの部分が概算見積で実際に工事進めつつ費用請求という話になりがちです。

わたくしの居るマンションは塗装仕上げではなく全面タイル貼りです。大規模修繕では傷んだり浮いたりしたタイルは剥がして交換します。交換用のタイルは工事の時にタイル業者に焼いてもらいます(特注)。枚数もはっきりしないため概算で多めに作られます。交換は実際に足場組んで順に全面を調査し、悪いところを交換するそうですが何枚になるかによっての実費。人件費が大きいのでかなりの幅が出てしまいます。

いろいろな場面で、やってみないとわからない。実際の価格算出するなら数百万円掛けて足場組んで調査する必要があり、合計金額ではかなり余分な出費になると言われます。タワーマンションではそもそもそうした調査の手法さえ、まだ、一般的なものはなくこれからの模索。調査費用さえ見えないのかもしれません。

新築の時はコンクリ打って乾いたら塗装すれば終わり。大規模修繕では足場を組むところからやり直し、ひとが住んでいるのでベランダなどの荷物をどかしてもらい(置いてはいけないんですけどね)、養生してふるい塗装を剥がし下地処理をし、必要なら防水加工を追加で施してから塗装をします。何倍も手間隙がかかり期間も長くなるし人件費もかかります。超高層タワーマンションで塗装はがすなんて工事したら、どこまでそのゴミが撒き散らされるかわかりません。

東京スカイツリーでは真冬になると氷が付着します。その氷が落下して問題になっています。氷ならそれほど飛んでいきませんが、塗装を剥がすときの粉塵などどこまで飛散するかわかりません。飛び散らさないような工法の開発から必要になるのかもしれません。高圧水を吹き付けつつ、その反射を吸い込んで再利用しつつゴミは分離して回収するような機材を開発すれば何とかなりそうですが超高層ビルの上層階でそのような機械工具をどのように扱うのかも問題になります。

 

これから立て続けに起きるだろう超高層マンションの大規模修繕が一段落すると問題点と改善箇所が浮き彫りになり、それ以降建築される超高層マンションはメンテナンスも考えた構造に生まれ変わるでしょう。オリンピック以降に建築されるタワーマンションは長く住み続けるにはいい物件になるかもしれません。

 

話は変わりますが、こうした話題が起きるとだから賃貸がいいというよくわからない方向に話を持って行きたがる方も登場されます。そもそも分譲住宅と賃貸住宅の比較記事でまともなものを見たことがありません。

たとえば、BMWと軽自動車で10年間の費用計算とか比較してだからどっちがいいとかするでしょうか。同じ地域に建設されても賃貸物件と分譲物件では作りが全く違います。床や壁の厚さから部屋のレイアウトまで賃貸か分譲かで語られる分譲物件は終の棲家として設計製造される家であり、賃貸のそれはオーナーさんが利益をあげられるように、償却期間を定めて使える建物でしかありません。建築基準法の範囲ではあってもクオリティーは大きく異なります。

クオリティー下げていればコストが低くて当たり前。金額で話をするなら同一クオリティーでなくてはおかしいです。たとえば分譲マンションの一室を借り続けたらいくらになるのか?そういう比較が金額を問題にしながらあげられていません。賃貸ははじめからそれなりのクオリティーと割り切っているなら、それは前提としてあげないとおかしいとおもいます。

また、購入してしまうと負債だけを追うようにいう方も居ますが、山手線沿線で駅近くなら資産価値もあまり下がらずむしろ上がることもあり、賃貸にすればローンなどに当てても十分残るほどの価値を産みます。

そして大きいのが、賃貸はいつまでも借りられるわけではないという問題です。定年迎えた途端、賃貸物件に入るのはとても難しくなります。自分の家なら住処に困ることもありません。賃貸にしてその収入で他に住むところを探すことも可能です。安定収入が保証できれば借りることは容易くなります。

| 日記

顧問税理士契約解約いたしました(税理士変更)

【2014-2015年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 (事業所得用・申告ソフト付/Windows版)
塚田 祐子
クリエイティブ ワークステーション (2014-12-13)
売り上げランキング: 215

先日、顧問税理士の先生と連絡を取り、顧問契約を解除していただきました。

法人設立時からお手伝いいただいてきました。

まもなく8期が終了するので、丸8年のお付き合いです。

 

ご紹介いただいたところにバックレられて数百万円以上の直接の損害出したり、商品のリリース計画がすっかり狂い予約いただいていた顧客の注文がなくなってしまい立ち上げ時大苦戦してみたり。

思い出したくない思い出もあります。

8期に渡り経理処理を考えないですんだのはとても助かりました。

 

今後は、愛車の数字をもっとしっかり把握するためも含め、しばらく丸投げ(記帳代行など)はやめ、自分で入力して実感を持って会社運営していく予定です。

新商品の販売を始めたり、新しい柱の一つにしようとしている事業を本格的に始めれば事務処理の時間が惜しくなり、ふたたび領収書など送るだけの丸投げに戻ると思います。

 

 

8年経営している会社の税理士変更の記録↓
税理士を変えるって大変そう|対策見つけました:メールのプロの独り言
税理士さん紹介サイト、もう一箇所見つけました:メールのプロの独り言
税理士紹介センターから早速電話がありました|日本税理士紹介ネットワーク電話応対いい感じです:メールのプロの独り言
税理士紹介エージェントさんから連絡来ました|税理士変更:メールのプロの独り言
登録したら女性からさっそく電話頂きました:メールのプロの独り言
月曜、女性とお会いすることになりました:メールのプロの独り言
税理士の方にお会いしてきました|法人顧問税理士変え:メールのプロの独り言
女性税理士さんにお会いしてきました:メールのプロの独り言

 

こちらの2つのサービス利用してあたらしい税理士さん探ししました。

 

 

世の中、確定申告真っ最中。

税理士さんのとても忙しい時期。

もう少し早くと思ったのですが12月だって繁忙期。

自社が4月が決算月で6月が申告。

そんなことを順に上げていくとタイミングなんて無くなってしまいます。

 

一段落ついたところで税理士さん探し始めました。

紹介エージェントさん活用することで、手当たりしだい探す。

料金始め条件が合い、自社の業務分野に精通している税理士さんを見つける。

連絡して引き継ぎの打診する。

これってものすごく時間かかります。

ムダも多すぎます。

 

新規や乗り換えの顧客を探していて専門分野が近くロケーション的にも無理がない税理士さんを見つけるのは案外大変です。

紹介エージェントさん使ったら数日で見つけて連絡つけてくれました。

しかも無料というのがじつに嬉しいです。

 

また、一部の紹介エージェントさんでは優れた担当の方がいらして、話しているうちに自社の求める条件もよりはっきりしてきました。

お断りとかしにくいものですが、そうした部分も対応してもらえるのも気分的に楽です。

| 日記

女性税理士さんにお会いしてきました

世界一ラクにできる確定申告 ~全自動会計ソフト「freee」で手間なく完結! ~ 平成27年版
原 尚美 山田 案稜
技術評論社
売り上げランキング: 8,002

確定申告の時期と重なってしまい申し訳ないと思いつつ税理士さんに時間頂いています。

今日は予定通り女性の税理士さんにお会いしてきました。

 

割と近所でGoogleマップいわく徒歩24分。

電車で行くと駅との徒歩と電車で23分。

一分しかちがない上、タイミング悪いと待ち時間で歩くより時間かかってしまいます。

 

道はわかりやすい一本道。

これはダイエットのためにも健康のためにも(ダイエットと健康、わたくしの中では別物になっています)歩く方がいい。

実際には行き過ぎて危うく30分以上かかるところでした。

Lollipop(Android5.0)にアップしてからNexus5(2013)のGPS精度ががくんと悪化してしまいました。

全然地図上に表示される現在位置と実際の位置が合わなくて大変困ります。

帰りはそのせいで、油断していたこともあるのですが1時間半以上のかかってしまいました。

 

さて、肝心の税理士さんにお会いした話題です。

経緯はこちら

8年経営している会社の税理士変更の記録↓
税理士を変えるって大変そう|対策見つけました:メールのプロの独り言
税理士さん紹介サイト、もう一箇所見つけました:メールのプロの独り言
税理士紹介センターから早速電話がありました|日本税理士紹介ネットワーク電話応対いい感じです:メールのプロの独り言
税理士紹介エージェントさんから連絡来ました|税理士変更:メールのプロの独り言
登録したら女性からさっそく電話頂きました:メールのプロの独り言
月曜、女性とお会いすることになりました:メールのプロの独り言 ←このつづきです
税理士の方にお会いしてきました|法人顧問税理士変え:メールのプロの独り言

今日が女性税理士さんとお会いする予定日(お二方目です)。

途中までは桃子(柴犬)の散歩でよく歩いた道。

そこを過ぎると知らない通りですが、お寺が多くて嬉しくなりました。

 

事務所におじゃまして1時間少々あれこれお話しました。

前回含めて、思い込んでいるより税理士さんを変えることは難しくない、というか障壁が少ないのにむしろ驚きました。

これなら2年前に、今の税理士さんに相談持ちかけたとき変更してしまえばよかった。

 

費用とかフォローとか何かしら疑問点がある程度以上あったら、医者でさえセカンド・オピニオン求める時代です。

税理士さんは起業にとってのホームドクターだと考えているのでセカンド・オピニオン求めるべきだなと今更ながら行動遅かったことを反省しています。

 

話もしやすく、といってもお気軽に世間話という感じではないですが、すんなり状況伝わり税理士さんの変更はできるなという印象深まりました。

わたくしが税務署からの立ち入りが多い企業を経験してきたせいで、いささかナーバスになりすぎていました。

 

前年度の帳票一式と今年度の処理終了分一式を渡して、あとは同じように淡々と作業していくだけ。

会社独自の部分の説明など必要になる場合もありますが、ルールが細かく決まっている税務処理は、移行しやすいですね。

 

 

費用面では、年間実績で半額くらいにダイエットできそうな見込みです。

記帳代行お願いし丸投げ状態でやって来ました。

当面はコスト削減と、まるで自社の数字が見えなくなってしまっていたので、自分で支払いや入金は打ち込んで会計処理まわりをお願いする方向です。

 

それぞれ条件が若干違うので、数日考えて会社としてより良い結論出していきます。

移行そのものは、できるのかどうか不安の塊でした。

税理士さんを変えることは、それほど難しいことではなく会社の成長段階に合わせて変えていけるとわかったのは大きな成果です。

この先、計画がうまく進めば法人を増やして行きたかったのですが会計費用がネックになっていました。

そこも解消できそうで、今後の方針変更楽になりました。

 

 

 

確定申告

火事など事故に見舞われたり治療費がかさんでいる人など手間より戻ってくるものが大きいのでやったほうがいいです。

副収入のある人も、年間20万円超えると申告義務があり、バックレると何倍も痛い思いします。

 

SOHOなどで格安のブラウザベースの会計サービスが流行し始めています。

こちらも便利ですね。

問題はこれって記帳と申告ができるだけということを忘れがちなこと。

 


税理士さんは記帳代行業者さんではなくて、適切な会計処理と経営の相談相手でもあります。

記帳代行部分をサービス活用して費用圧縮しつつ、ホームドクターさんをもつのも大切です。

8年経営している会社の税理士変更の記録↓
税理士を変えるって大変そう|対策見つけました:メールのプロの独り言
税理士さん紹介サイト、もう一箇所見つけました:メールのプロの独り言
税理士紹介センターから早速電話がありました|日本税理士紹介ネットワーク電話応対いい感じです:メールのプロの独り言
税理士紹介エージェントさんから連絡来ました|税理士変更:メールのプロの独り言
登録したら女性からさっそく電話頂きました:メールのプロの独り言
月曜、女性とお会いすることになりました:メールのプロの独り言 ←この件です♪
税理士の方にお会いしてきました|法人顧問税理士変え:メールのプロの独り言
| 日記

税理士の方にお会いしてきました|法人顧問税理士変え

会社の設立・資金繰り・申告・節税、ぜんぶこれ1冊でわかります
広瀬 元義
あさ出版
売り上げランキング: 73,468

会社の顧問税理士さんを変える予定をようやく実行に移しつつあります。

今日は、第一候補の税理士事務所の方と秋葉原のアトレ1でお会いしてきました。

 

第一印象は素敵な女性。

仕事できそうで人当たりもよく、それでいていうことは言えそうと理想的なビジネスウーマンです。

 

わんこ好きなのも好印象です。

 

実を言えば、もっと怖い感じで会うのに抵抗あって、一言言われると振れ上がってあれこれ言われないようしっかりやろうぜって感じになる人がいいかなという部分はあります。

他人の会社で働くときは必要以上に仕事してしまいます。

金銭に換算してクールに判断し実行します。

 

自分が社長となると決済権も何も全て自分にあります。

もっとクールに数字を追うはずだったのが、いつのまにやら甘ったるい仕事しています。

普通なら損害賠償請求するような相手にさえ、甘い対応続けていたりしてサラリーマン時代を知っている人が聞いたら絶対信じないでしょう。

 

それもこれも自分のことだと割に合わなくてもいいか、お金や評価なんてあとからついてくるという自信過剰な生き方が原因です。サラリーマンだと実際これでもうまくいきます。

その会社で認められなくても、他所の人はよく見ていてこっちに来いよと誘っていただき、割に合うか合わないかは別にして収入も地位も上がり続けていました。

 

自分が損するだけで、働き過ぎなので会社は儲かります。

というか、利益を考えて行動してきたのでかなり儲けさせてきました。

 

自分の会社になると利益はあとからついてくるでやっていてはいけない。

いけないのですが自分以外困らないので、ついついそのままになってしまいます。

 

そういう甘さはそろそろ終わりにする時期だとわかっています。

すべて変える中でキーになるのは自分が変わることそのきっかけになれる税理士さんを見つけること。

 

税理士さんとは人生の中で言えば、会社の経営者のホームドクターだと思っています。

ホームドクターが血圧から持病から体質まで知り尽くしているように税理士さんは会計面からその会社の状況を会社自体よりも冷静に把握できます。

長いお付き合いといった、むしろ情実的な部分が入り込まないので数字をベースに判断が的確になります。

 

たとえば、コーヒーにはミルクと砂糖入れたい。

中性脂肪多いから、少しだけの無料減らそうかな…

ホームドクターなら血液分析の結果他病状から、はい、コーヒーダメね。

飲むならブラックで!

おいしいとかそういう問題じゃないでしょ、入院するようになったらコーヒーどころか他のものだって口にできないんですよ!!

と言った具合に、スパッと適切な指示出してもらえます。

 

選択肢を幾つか出してもらって、どれを諦めるかを調整するのは本人の努力。

その辺は経営も似たり寄ったり。

 

株主総会がそういう役割果たすかもしれません。

弊社は100%の株式を社長が持っているのでそういうものとしては機能しません。

役員会も似たものです、ふたりしかいませんから。

 

ホームドクター的存在として顧問税理士さんはとても貴重な存在です。

 

という部分も含め、経費の削減も踏まえて税理士さん探しをしています。

 

わんこ好きに悪い人はいない(いや、そんなわけはない)。

きつくビシッと言ってもらえるかどうかに若干の不安があるのですが、しっかり突っ込んではいただけそうです。

 

紹介センターのオペレーターさんに不安があったのですが、紹介しただけ他税理士さんと事務所はかなりいい感じで安心しました。

費用面も、丸投げだともう一歩ですが自分で記帳部分行えばなんとかなりそうでした。

昔とった杵柄で会計ソフト使ってみるのは、ちょっと興味あります。

 

伝票枚数少ないので大して時間取られませんから自分でやれば良さそうです。

どのみちこれはこういう用途でとか目もつけるならはじめから打ち込んだほうがはやいかもしれません。

 

固いお話から、ワンコの話になり、最後はあれこれ質問させていただきました。

税理士さんを変えるというのは、未経験だったので具体的な作業もお聞きしました。

ほぼわかったと思います。

 

最後のほうで税理士さんから相性とかあるでしょうし紹介センターもいろいろありますから…

もしかして、このブログもざっくり見られているのかもしれませんね。

 

隠し事嫌い、というか、むしろうまくいかなくなるのでライフログとして結構ありのままに書いています。

読まれていたら顛末まで含めて感想伺ってそれも記事にしたいところです。

こういう本は複数読んでおくべきだと思います。

気をつけたいのは健康オタクと同じで生兵法かケガのもと。

健康についてならホームドクターもつべきだし、個人法人問わず税理士さんのカバー範囲は記帳とか狭いものではないので顧問税理士さんはもつべきだと思います。

8年経営している会社の税理士変更の記録↓
税理士を変えるって大変そう|対策見つけました:メールのプロの独り言
税理士さん紹介サイト、もう一箇所見つけました:メールのプロの独り言
税理士紹介センターから早速電話がありました|日本税理士紹介ネットワーク電話応対いい感じです:メールのプロの独り言
税理士紹介エージェントさんから連絡来ました|税理士変更:メールのプロの独り言
登録したら女性からさっそく電話頂きました:メールのプロの独り言
月曜、女性とお会いすることになりました:メールのプロの独り言

 

ということで、過去日記の

登録したら女性からさっそく電話頂きました

今日2015年2月6日午後一でお会いしていろいろお聞きしてきました。

説明もわかりやすい、素敵な女性税理士さんでした。

| 日記

月曜、女性とお会いすることになりました

実践できる税理士事務所の営業のしくみ (アスカビジネス)
井上 達也
明日香出版社
売り上げランキング: 89,643

なんか、同じ感じの記事が続きます。

先ほど電話もらいました。

こちらは男性です。

 

その弾性の紹介で月曜に女性とお会いすることになりました。

女性のところを尋ねるってなんだか毛恥ずかしい(^^ゞ

 

さきほのど記事にも書きましたが税理士の先生を変える時期だと考えるようになりました。

 

はじめは税理士さんをググったのですが、やたらネット広告が上手か逆に極端に下手かの両極端。

税理士の先生が自分でせっせとHTMLタグ打ちしている姿は考えたくないので業者さんの違いでしょう。

サイト見ると本業離れてサイト作成の売り込みしたくなってきます。

 

サラリーマンで起業しようという人が創業パック探すとかならそれっぽいサイトがたくさんありました。

早いです、安いです、お得ですと一昔前の吉牛みたいな売り込み。

創業時は会社作る方法もわからなければ必須の手続きもわからずそこを代行してくれて自分でやるより割安なら文句の有り様はずもありません。

 

わたくしも。創業時はいまの税理士事務所さんに手続き一切お願いしました。

行政書士さんとか社労士さんとかの範囲までカバーしてくれる(担当抱えている)事務所さんにお願いするととてもスムーズです。

検索にヒットしたところを見ていて不安になったのはカバー範囲が不明確なところが結構あったことです。

 

法人設立手続き。

法務局への登記などですね。

ここはどこも入っている。

 

そこで終わると安い。

だけど、そこからあれこれ手続きがあります。

何ヶ月以内に完了しなければいけないとか、損になるような手続きが複数待ってます。

それをどこまで代行してくれるのかしてくれないのか。

 

自分でやれるものばかりなので代行してくれなくても大丈夫。

でも、サラリーマンだと時間の都合がつかなくて困るかもしれません。

 

一番不安だったのは、最近創業した数人に聞いても必須手続きを代行してくれない起業パックの安いところの一部は自分でやらないといけない手続きには一切関わらないこと。それ自体は当然ですよね、契約外だから。

だけど、何をすればいいかくらいリストでほしい。

質問するなら有料ですよでいいと思う。

あやうく手続き漏れそうだった数人後悔していました。

とりあえずサラリーマン続けながら起業もしてしまったので、お役所に何度も行っている時間がない。

届けで種類ひとつどこで入手すればいいかググる状態。

それくらいくれても良さそう。

そういう部分は一式パックになっているといいですね。

 

わたくしがお願いした時は知識はあれこれあったのでやってくれる範囲確認し、足りないところは追加でお願いしたのでとても楽でした。

やることって、頼んでいた印鑑受け取り押印するだけ。

 

会社で使う実印、角印(これはなくてもいい)、銀行員の3点セットなんですがその事務所経由だと割引があったので一括で申し込んだんです。

こういうところも、税理士さんてカバーしておくとキックバック(アフィリエイト報酬)なにげに積み上がると大きいと思います。

 

8年近くお付き合いして、いろいろ思うところあって現状はベストマッチではないと判断しました。

 

コスト削減と厳しいご指導が望ましいのです。

どうも、他人に駄目だし喰らわないと燃えないSだかMだかしらないけれど、よろしくない部分があるみたいです。

 

さきほどの電話相手はこちら↓

ワンストップ対応可能な税理士をご希望なら、税理士紹介ネットワークへ

 

サイトは指摘したくなるところてんこ盛り。

何なら無料で作ってあげようと言いたくなって来て困る。

 

なんだけど、とにかく担当のコンシェルジェが男性なんだけどコンシェルジェっていってもいいです、あなたなら。

と言えるしっかりした人なこと。

 

申し込みしたら素早くメールが来た。

自動返信メールはもちろんのこと、コンシェルジェが個人でメールも送ってきました。

 

連絡可能な時間など確認してくれて、その時間帯に電話きました。

そして、聞く内容が要点得ている。

 

人材募集で散々リクルーティング会社の人と付き合ってきたので、こういう作業される方のクオリティーは少々お話すると見当がつきます。

かなり経験積まれているのと業務知識もしっかりしている。

 

今日も候補となる税理士を見つけましたという電話で、早速アポイントメント。

普通それで終わるのに、必要書類とか面談の結果についての考え方まで指導くれる。

 

他の業務以上に税理士さんや公認会計士さんは相性がじつは大きいです。

いえ、ものすごく大きいです。

コンサルタント選ぶ時以上にしっかり考える必要があります。

 

相性について言及してくれるとは思いませんでした。

 

ちなみに、ご紹介いただいたのは今回も女性の税理士さんでした。

どうやら、新しい税理士は女性の先生になりそうです。

 

記憶では15年ぶりくらいですね、女性の税理士さんと仕事するの。

はじめ税理士さんのところで事務されていて、税理士の資格取られた方でした。

 

医者と同じで税理士さんも専門分野が異なります。

弊社のやっていること、これからやりたいこととどこまでマッチするのかもお会いしてからです。

 

8年経営している会社の税理士変更の記録↓
税理士を変えるって大変そう|対策見つけました:メールのプロの独り言
税理士さん紹介サイト、もう一箇所見つけました:メールのプロの独り言
税理士紹介センターから早速電話がありました|日本税理士紹介ネットワーク電話応対いい感じです:メールのプロの独り言
税理士紹介エージェントさんから連絡来ました|税理士変更:メールのプロの独り言
登録したら女性からさっそく電話頂きました:メールのプロの独り言

順調に行けば今月中に結論出せるかもしれません。

士業のかたって勉強は得意だけど営業面は…

こういう本で学ぶのもよし、今回利用させて頂いているような紹介センター活用するのもありだと思います。

 

保険の営業と同じで契約者からの紹介が良さそうですが、問題が起きたときこじれやすく、それを避けると本来の主張通せなくなることも往々にしてあります。今の会社作った時もそれで数百万円と貴重な数ヶ月を無駄にしてしまいました。

何度か授業料払った現時点の結論は知人経由よりも第三者の紹介センターなど活用する方がいいようだと考えるようになりました。

| 日記

登録したら女性からさっそく電話頂きました

実践できる税理士事務所の営業のしくみ (アスカビジネス)
井上 達也
明日香出版社
売り上げランキング: 85,678

よる登録して翌日女性から電話が来ました。

一日おいて今日、昼前に別の女性から電話。

明日秋葉原でお会いすることになりました。

 

あれ!?

事実通りに書いているのになんだかメールのプロの独り言じゃないみたいな出だしになった。

 

夜、ネット探して見つけた斡旋書2箇所に登録したんです。

そして翌日、両方共電話もらいました。

片方は若い女性の声でした。

 

昼前にまた別の女性から電話頂きました。

トントン拍子に話がすすんで明日秋葉原駅前の喫茶店でお会いします。

 

あれ!?

これでも変だな(^^ゞ

えっと…

 

誤解が出ないようにトップの画像を選んでみました。

現在までの経緯は下に↓

 

8年経営している会社の税理士変更の記録↓
税理士を変えるって大変そう|対策見つけました:メールのプロの独り言
税理士さん紹介サイト、もう一箇所見つけました:メールのプロの独り言
税理士紹介センターから早速電話がありました|日本税理士紹介ネットワーク電話応対いい感じです:メールのプロの独り言
税理士紹介エージェントさんから連絡来ました|税理士変更:メールのプロの独り言

 

経営している会社、経費分析すると税理士事務所への支払いが大きな負担になっています。

人間も会社もダイエット絶賛進行中です。

取引までダイエットして筋肉質で無駄のない長く続くものに変えています。

 

以前ごく一部行ってしまった割引販売も今期で完全終了。

 

自分で経理できるのに丸投げでらくしようというのもどうなんだろう。

数字だけ見る感じになっていて支出などの実感が薄まってしまいました。

一昨年から大胆な改善に取り組んで経費など大幅に改善しました。

 

お取引の方も全て見なおして、かなり改善。

4月で今期終わりますが、今期中に改善が必要な取引は見直し終わらせるつもりです。

 

その一環で、自分が楽してしまっている税務処理についても見直し中です。

請求書や領収書送るだけで全部お任せ。

事務の合理化の美名のもと創業以来続けてきたスタイルです。

 

改修も支払いも講座で自動処理かクレジットカード自動決済。

せいぜいPayPal。

お金が動いている実感がいつの間にか薄まってしまいました。

 

自分できちんと把握してプロの目でチェックと習性をしてもらいつ、第三者のクールな目で金銭面から冷徹な指摘をもらう。

というのがやはり正しいようです。

 

おんぶにだっこでやってくださるのはありがたいけれど、わたくしの場合、それをうまく活かすより楽して効率落としてしまう傾向が強くなってしまいました。

 

同時に経費としてもあれこれダイエットしていくと、こうした会計事務所さんへの支払額が目立ってきました。

 

経済的にも運営を見直すためにもことなる、かつ、面識がある人とは仲良くなってしまいついついキツイことを言っていただきにくい関係になりがちなので、面識のない税理士さんを紹介サービス活用してご紹介いただいています。

 

はじめに見つけたところが、電話くれたのも女性。

そして面談の電話くれたのも女性税理士さんでした。

 

大勢の会計士さんと税理士さんとお付き合いしてきました。

女性が担当者だったのは一回きり。

なんだか新鮮でいいかもしれません。

 

はじめから税理士さんが電話してこられるとは考えていなかったのでちょっとしどろもどろになりました。

女性の声だったのでオペレーターさん!?と、思ってしまい話がかみ合わなくなるところでした。

 

サイトの作りがとてもしっかりされている税理士紹介所なのですが、以降の作業はまだ改善できそう。

 

今の税理士さんは知人というかビジネスを教えて頂いてた方に紹介お願いしました。

直接税理士さんから電話があり秋葉原でお会いしました。

なんとなく流れが似ていて面白いです。

 

話はスムースで、明日喫茶店でお会いすることにしました。

コスト感とか業界やこれから展開する予定の業種についての見識・経験などと税理士さんを変えるのは初めての経験なのでどうのような手順で行うのかなどをお聞きしたいと思っています。

もう一社お願いしているので、それらの結果と他ご担当との相性など検討させていただき、短期間で決めたいと思っています。

 

今日電話いただいたのはこちら↓

税理士紹介

 

新規・会社設立と税理士変更、確定申告など細かく項目が分けて説明されていて金額なども公開されているサイトの作りがしっかりしているのが魅力的でした。

と、無料というのもいいです。

 

そして、あとの処理も電話まだ2回だけ。

終えレーターさんの確認の電話と税理士先生の面談予約の電話。

無駄がなくていい感じです。

 

税理士さん向けの本なんですが、

敵を知り己を知れば百戦危うしからず

依頼者も読んでおく価値はあるかも。

 

経済の先行きがますます不透明。

新卒で雇って定年までなんてもはや会社も言っていられない時代。

 

自営でもSOHOでも法人設立でも、事前に税務の専門家とだけはきっちり打ち合わせした方がいいです。

秒速で稼いで秒速で全部失ってしまったテレビにも出まくっていた体型のまんまるいひとが去年話題をかっさらいました。

 

税理士さんをきちんと入れていたら起きようがない失敗です。

そこをケチって、翌年や数年後に真っ青になってその後消息不明になった人間なら何人も知っています。

 

それと企業にとってのホームドクターのような存在なので、ときにはセカンドオピニオンをもとめてみる。

状況冷静に見つめ、家庭なら家族構成が徐々に変わり小児科メインから中高年の生活習慣病などに造詣が深い先生に変えていかなくてはいけないように企業も起業の時期とそれから何連か経過してからでは大きく状況変わるので夢から現実のお話が進められる、厳しいくらいの先生に見ていただくのが長生きの秘訣かななんて考えています。

| 日記

税理士紹介エージェントさんから連絡来ました|税理士変更

昨夜、ネットで申し込んだ税理士紹介

もう一社からも14:20ころお電話頂きました。

 

税理士紹介エージェントというサービスです。

サイトの作りがしっかりしていて業務内容やコスト感もおおよそわかり見てその場で申し込みました。

 

自動返信メールが来たあと、さきほど直接電話が来ました。

女性のかたですがてきぱきされているのですが、印象は電話オペレーターさんという感じ。

負担感がなくていいのですが、サイトに記入した内容のチェックも深みがなくて税理士さんとの対面の時、行き違いが置きないか気になる部分もあります。

 

利用者側として、サイト登録時にできるだけわかりやすく内容・要望を箇条書したほうが良さそうな印象でした。

ゴゴイチで電話いただいた

税理士紹介センターから早速電話がありました|日本税理士紹介ネットワーク電話応対いい感じです:メールのプロの独り言

こちらは、メールにも書かれていましたがまさに紹介エージェントさんという感じで知識と経験を感じさせてくれました。

 

どちらがいいのかはわかりません。

結局出会える先生(税理士さん)次第です。

 

金額面では、こちらのほうが高めのお話でした。

サイトに書かれているままの月額と年一回決算時10ヶ月分。

月額はいいのですが決算月が高いですね。

 

税理士さんも紹介料お支払いされるわけで、その回収を考えるとやむをえないところです。

 

いまのところ2社のサービス活用させて頂いています。

 

税理事務所を変えることを確定しているのではありませんが、条件が双方折り合う税理士さんと出会えたら、いままでお世話になった税理士さんには申し訳ないのですが変更させていただくことになります。

8年経営している会社の税理士変更の記録↓
税理士を変えるって大変そう|対策見つけました:メールのプロの独り言
税理士さん紹介サイト、もう一箇所見つけました:メールのプロの独り言
税理士紹介センターから早速電話がありました|日本税理士紹介ネットワーク電話応対いい感じです:メールのプロの独り言

 

さきほどオペレーターさんと思しき女性から電話いただいたのはこちら↓

サイトの作りこみはしっかりしていて見ただけで何をしてくれて費用感がどうなのかもわかるのはとてもいい作りです。

 

サイトでやること。

オペレーターがやること。

などを明確に切り分けてムダを省く姿勢は学びたいと思います。

| 日記


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク