iPhone・iPad:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!
メールのプロの独り言トップ > iPhone・iPad


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

iOS10アップデートで文鎮化したiPhone5SEを直した方法

2016年9月14日午前2時に配信開始されたiOS10.0.1
無謀にも(とは、障害起きる前から思っていた)即座に買って間もないiPhone5SEにインストールしました(アップデート)。

iPhone単体でWi-Fi経由でアップデート。
Mac持っていないのでバックアップも取らずに作業進めました。

14分ほどでダウンロード完了し、iOS10.0.1への更新始めました。
真っ黒い画面にシンプルなプログレスバーが表示されるだけ。

プログレスバーが100%までいって、さあ起動だ。
今回は認証求めるなよななんて思っていると、まるで人の心を読むように、その一歩手前で更新失敗、みgとに文鎮化しました。

ちなみにiPhoneで文鎮化というのはOSアップデートなどに障害があり、一切何もできない状態になってしまうことを言います。
案外よくあることなので「文鎮化」というひとことで、だいたい状況通じしてしまうのが悲しいところではあります。

2016-09-14 02.31.32.jpg
こんな画面になってなにもできません。
ホームボタン押しても無視されます。
電源ボタン押してもダメ。

ホームボタンと電源ボタンの同時長押しというリセット操作してもこの画面に戻ります。

完全文鎮化一歩手前、リカバリー要求状態みたいにも見えます。

Macいまは持っていなのでiTunesもないし、バックアップもできないのです。
困ったな。

ツイッター検索すると、結構頻繁に起きているようです。
そして、文鎮化してふて寝するのが流れとなっている。
それは、困る。

まずはAppleのサイトにログインし、サポートにブラウザ経由で状況つたえ、明日電話もらえるよう予約入れました。

つづいて、できることはないか考察。
結構あれこれと匙投げられるようなひどい状況をなんとかしてきたので、今回ももしかするとなんとかできるかも。

iTunesあってもダメっぽい声もありますが、まずはここから。
MacはないけどWindows10はあります。

検索してAppleのサイトから最新版のiTunesインストーラをダウンロード。
現行バージョンだとiOS10対応できないようなので最新版入れないと。

インストールすると、iPhoneとの連携を求められる。
そんなことできれば苦労しないんだよと毒吐きつつ一旦諦め。

更に検索しても夜中のこととて、アップデートするなという悲しい忠告しか見つからない。
やはり独力で解決するしか無い。

できることはひとつ
iTunesさまの言うこと無視してiPhoneをライトニングケーブルで接続する。
2016-09-14 03.33.26.jpg
ラッキーな事に画像のような警告が出ました。
「更新」または「復元」とあります。

復元するにはバックアップが必要で、そんなものは存在しません。
さらにどうも復元失敗するという声もネットにはありあす。

「更新」を選びました。
するとパソコンで更新のためのファイルのダウンロードが始まりました。
(というかダウンロードしているととてもわかりにくくてパニクっている場面では不安をさらに煽りますね)

ダウンロードすると更新適用できます。
ライトニングケーブルでつないだiPhoneの画面に、さっきと同じプログレスバーが登場。
悪い予感しかしないかもしれないけれどここは、運を信じましょう。

しばらくかかって更新完了。

なんとiOS10.0.1への更新完了し文鎮化したiPhone5SEが再生してくれました。

2016-09-14 04.02.37.jpg
気になっていたポケモンGOも起動し野生のイーブイ捕獲もできました。

もう一台持っているiPhone5は知人に貸出中。
当面戻る予定がないので弱りました。

もうこれってiPhone7Plus買えってことかな。

SIMフリーiPhoneSEを買った時はSIMがないと使えません

2016-04-05 14.31.47

SIMフリーiPhoneSEをアップルで購入しました。

電源入れるといつもの様に設定が始まります。

ところがあっという間に、トップ写真のように表示されました。

 

SIMカードが挿入されていません

iPhoneをアクティベートするには、PINロックされていない有効なSIMを挿入してください。

 

なんと、SIMロックフリーなiPhoneSEの場合、アクティベートという使用開始設定を行うには通信できるSIMが挿入されていないといけなんです!

あら、びっくりぽんでした。

 

あとから何を使うか考えよう、できるだけなにもしないで空き容量確認したいと思っていたのですが、できないんですね。

 

アップルで(その他でも)SIMフリーiPhoneSE買うときには、事前にSIMが必須です。

先にiPhoneSE買って、あとからゆっくり格安SIM(MVNO)検討しようとかは許されない。

なにせ持ち帰っても使えませんから。

 

キャリアで購入するiPhoneSEは、キャリアが通信設定しているのでそのまま使えます。

格安SIM(MVNO)使う場合には、プロファイルと呼ばれる通信設定がないためSIM入れても使えません。

どうなるんだ?

SIMフリーiPhoneSEアクティベート

ということでiPhoneSEをアクティベートするには通信できるSIM(nanoSIM)が事前に必要です。

SIMフリーiPhoneSEアクティベートに格安SIM挿入

2016-04-05 14.35.20

まずは、SIM挿入できるようトレーを取り出す必要があります。

向かって左がiPhoneSEに付属していたピン。

はじめのころは、ステンレスの板をプレスで打ち抜いたものでしたが、iPhoneSEのピンは針金を曲げて作ったものでかなりのコストダウンが行われていました。

向かって右はSIMのサイス変換用トレーに付属していたピンで、ステンレス板をプレスで打ち抜いて作られています。

材料が余分に必要でプレスの金型もけっこうします。

 

iPhoneSE付属のピンは強度を出すためでしょうそこそこ太い針金が使われています。

トレーに挿す部分もそのままの太さ。

iPhoneSEのピンが普通より太くてNexus5(2013)のトレーには使えませんでした。

無理やり刺すと抜けなくなるのでご注意くださいませ。

2016-04-05 14.35.27

2016-04-05 14.35.44

ドコモのnanoSIM(格安SIM(です)。

2016-04-05 14.36.19

iPhoneSEから抜き出したトレーにnanoSIMをセット(方向間違えないようのせるだけ)

2016-04-05 14.36.27

上下間違えないように、元通り差し込みます。

2016-04-05 14.36.32

しっかり差し込めると見えなくなります。

下に見えるプチプチは一応静電気帯電防止のもの。

今回はiPhoneSE売っちゃうかもしれないので傷つけないようしいています。

普段はこんな手間かけません。

iPhone7が想像通り期待はずれのできなら、iPhoneSEはぼろぼろになるまで使い込むので無駄な気遣いになりますが、きついことはいいますが、アップルにはどんなときでも期待しているのです。

 

2016-04-05 14.36.42

SIMフリーiPhoneSE電源オン

2016-04-05 14.37.10

スライドさせると

2016-04-05 14.40.26

何の設定もしていない

通信プロファイル無いのにアクティベート始まります。

通信ができるnanoSIMを刺してあげればいいようです。

 

ソネットのデータSIMを使っています。

SMS機能もありません。

もちろん電話機能なしです。

2016-04-05 14.40.31

どんどん設定先に進めて使えました。

通信プロファイルのインストールすることなくアクティベートもでき設定完了し使い始められました。

なお、アクティベートにはWi-Fi必須です。

アップルと通信できないとアクティベートできません(から使い始められません)。

 

格安SIMでは、プロファイル入れないと通信できません。

通信するためにはプロファイル設定が必要ですが、ネット経由でダウンロードしないと入れられません。

 

ですから、利用可能なWi-FiがSIMフリーiPhone使いはじめるためには必須なんです。

 

まとめるとSIMフリーiPhoneSEをアクティベートするには

  • SIMフリーiPhoneSE本体
  • 通信可能なnanoSIM
  • 利用可能なWi-Fi

の3つが同時に必要になります。

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)でiPhone買っていた場合には、買ってきてすぐ使えたので、ない場合もありそうです。

iPhoneだけで生活しようとしていた場合、Wi-Fiで困る可能性があります。

フリーWi-FiでもかまわないのでIDとパスワードがつかえるWi-Fi見つけておきましょう。

(安全性確保のためにはフリーWi-Fiはおすすめしません)

 

iPhoneSE関連記事

iPhoneSE予約受付開始|64GBローズゴールド注文しました:メールのプロの独り言
iPhoneSEの日本での価格にはクレームをもっと言うべきだ:メールのプロの独り言
iPhoneSE噂から本物へ、3月24日予約開始3月31日出荷:メールのプロの独り言
iPhoneSE用ケース注文しました:メールのプロの独り言
iPhoneSE用透明で使いやすいケース買いました:メールのプロの独り言
iPhoneSE 64GB ローズゴールド届きましたがAppleに大きな不安をいだいてしまいました:メールのプロの独り言
SIMフリーiPhoneSE届きました|開梱の儀:メールのプロの独り言

SIMフリーiPhoneSE届きました|開梱の儀

2016-04-02 15.32.44

3月24日16時十数分にAppleで予約したSIMフリーiPhoneSE 64GBローズゴールドが届いたのが4月2日。

3月31日出荷ですからすっかり気分も冷めてしまいました。

前回どうだったかなとググったらiPhone5のときの開梱の儀の記事も発見できず。

書かなかったということはないので、いつもの様に消えてしまったようです。

なんでここでは記事が消えてしまうのだろう…

 

さて、意気消沈していても始まりません。

SIMフリーiPhoneSE 64GBローズゴールド開梱の儀と行きましょう

2016-04-02 15.29.54

Appleから小さな段ボール箱で宅急便(クロネコヤマト)で送られてきました。

受注確認以降は、いっさいなしのつぶてで出荷してからしか連絡来ないのでご注意くださいませ。

連絡はメールと購入時に登録した電話番号宛にSMSで来ました。

2016-04-02 15.30.01

安心のヤマト運輸

八王子に引っ越してきて数少ないいいことの一つが、宅急便がキチンと届くようになったこと。

秋葉原にいた頃は扱いが雑で箱や袋がボロボロになっていることが多くて、頼むから佐川さんで送ってとお願いする状態でした。

2016-04-02 15.30.08

この箱もどこも潰れることなく、楽天スーパーセールに合わせるように開催されたamazonのスプリングセール直後の黒猫さん大繁忙期にもかかわらず、無傷で届きました。

2016-04-02 15.30.17

アキバのマンションでは、外箱が無事で届くなんて宅急便の時は奇跡じゃないの!?ッて思うくらい無かったです。

ちなみに、サイズわかりやすくするために一緒にとっているのはiPhone5でiPhoneSEに使う予定のシリコン透明ケースをつけています。

ま、この先iPhone5でもiPhoneSEでも見た目わからないので、いちいち注釈不要かなと思います。

4インチiPhoneは4種類ありますがiPhone5c以外は、おんなじなんで。

2016-04-02 15.30.49

外箱開けると、おなじみのiPhoneの箱が現れます。

iPhone3G以来変わらないですね。

このケースとダンボールの箱との隙間、なにか入ってる!?

2016-04-02 15.31.02

残念なことに無駄なスペースでした。

作るならこんな無駄しなくていいのにと思うのですが、なにか意味があったのでしょうか。

 

2016-04-02 15.31.11

透明フィルムでシュリンプ(包まれてる)されています。

誰もいじってないよって意味でしょうか。

ちょい邪魔なんですけど、シュリンプ。

2016-04-02 15.31.30

携帯電話屋さんで買うと必ず開封されてしまいますが。

未開封状態で手にできるのはアップルストアから買う醍醐味かもしれません。

 

2016-04-02 15.31.15

iPhoneSEのケースは、今までよりかなり小さめになりました。

特に深さがなくなったのが印象的です。

ケースより本体薄くしろ!

なんて言いませんけど、書いちゃいましたね。

2016-04-02 15.31.35

美しさへのこだわりは半端ないApple。

紙製のケースも毎度とても美しい。

生産数が半端ないので、ここをチープにしたらそこいらの企業数千社分の利益集めたくらいになるんじゃないのかなと、いらぬ計算してしまうほどです。

こんなところもエンボス加工(立体加工)されていて質感をあげています。

一個10円節約すれば1億個で10億円の利益ですから、こういう部分ケチらずブランド価値守ろうとするのは、多分アップルらしさであり、いいことというより、大切なこと。

2016-04-02 15.33.13

かっぱっと開けてみました!

って書きたいんだけどピッチリしていて、まるで日本のひのきの家具みたいなケース。

爪の跡など残さないよう、傷つけないように開けるとなると案外ゴニョゴニョやんないといけませんです。

アメリカ人のくせにこんなに丁寧に作りやがって、イラつくだろうが(とも、少し感じるほど)。

2016-04-02 15.33.16

さて、初対面のiPhoneSEさまは、なんとも見慣れたおなじみの顔。

このフェース、毎日毎日何年間も見てきたiPhone5そのもの。

若干指紋認証機能が追加されたホームボタンは違うのですが、気にしないとわからないレベル。

これ、iPhone5sとどっちだと聞かれたら、答えるの難しすぎます(というか、違いないですね正面からは)

 

iPhone5と間違えないように色も買えたしケースも装着します。

2016-04-02 15.33.25

アップで移すと大きく感じるけど4インチ端末。

先日購入した激安端末AuBee elm.と同じです。

ちっちゃくて、むしろわたくしには操作しにくい。

Nexus5(2013)サイズが片手操作するにはジャストサイズ。

両手で操作するならiPhone6s PlusとかZenFone Zoom当たりの大きさがほしい。

サブ機にするので、操作性より携帯性とカメラ機能優先しました。

2016-04-02 15.33.29

 

右側面。

斜めから見るとiPhone5sともぎりぎり見分けられるエッジ部分。

iPhone5とiPhone5sはエッジが鋭く削り取られて光り輝いています。

初めて手にした時はとっても美しく、当然のように使っていくと傷ついて劣化を感じさせます。

皮革製品ならエイジングといって時間経過を楽しめるのですが、金属でそれができるのはブロンズくらいでしょうか。

 

iPhoneSEではつや消し加工されているので、ピッカピカの新品感がややスポイルされています。

かわりにケース装着しやすい(せっかくの輝き隠したくない!とか感じないですんだ)。

2016-04-02 15.33.33

底面、こちらもiPhone5などと変わりません。

事前の噂では、iPhoneSEからイヤホン端子がなくなるといわれていました。

その理由は薄型化の邪魔だから。

レガシーデバイスは何でも切り捨てていくことに快感をもっている、というか、企業理念にしている感じのAppleですからありえます。

 

しかしiPhone5(s)のままでスマスにはそんな変更はむしろマイナス。

噂の間違いじゃないのと思っていたんですが、やっぱりイヤホン端子はそのまま残ってます。

音楽は聞かなくてもカメラは多用するわたくし、リモートシャッターとしても使うイヤホンは残って欲しかったのでホッとしました。

(付属のイヤホンつけてカメラ機能をオン、イヤホンの音量ボタン押すとシャッター切れるんです)

 

2016-04-02 15.33.39

iPhoneSE左側面ももちろんiPhone5やiPhone5sと同じ

2016-04-02 15.33.43

iPhoneSEの丈夫もまったく変わらず。

エッジ部分の処理がつや消しになったので、光があたってもキラキラしなくなりました。

2016-04-02 15.33.47

はい、iPhoneSEで唯一圧倒的に変わりました背面です。

といっても、選択すれば何ですが、それまでなかったローズゴールドが加わりました!

iPhoneSEかうならSIMフリーのローズゴールドで64GB一択だなというのが正直な感想でございます。

それ以外選ぶと16GBじゃほとんどなにもできない、ローズゴールド以外だとぱっと見て旧型と違いがまるっきり無い。

 

ローズゴールドはiPhone6s Plusで買おうと思っていたので、実は別に差別化のために選んだんじゃありません。

欲しくて選んだ色です。

ローズゴールドがなかったら、iPhoneSE買わずに素直にiPhone7を9月まで更に待っていました。

Apple Eventで特に自分が反応したのが色とメインメモリーの2GBへの増量とメインカメラの解像度アップでした。

2016-04-02 15.33.50

逆にあとは魅力あるところは微妙。

CPUは最新版になったのですが、処理性能は多分実用上はそんなに違わない。

重いアプリ動かす時くらいじゃないかな、嬉しいのはと予想してます。

わたくしの使い方ではカメラで撮影して図形認識させ歪み補正して切り取りさらにOCR処理までさせるというスキャナとしての使い方があります。これはもう、カメラとCPU処理性能に大いに依存していてすごい負荷がかかります。さらにメモリーも大量に必要です。

そういう点では一番強化して欲しかった部分だけが、選択的に強化されていて一般論として評価すると高すぎてダメなiPhoneSEですが、わたくしにはジャストフィット、待っていたスペックでした。(値段はでもおかしいですね、7万円もするなんて)

2016-04-02 15.33.55

ケースの方に戻りましょう

iPhone3Gかったときは、この中敷きに戸惑ったものです。

毎度おなじみの構成なのですっかり見慣れてしまいました。

2016-04-02 15.34.09

中敷き取ると

  • イヤホン(マイク・ボリューム付き、カメラリモコン機能付き)
  • USB電源
  • ライトニングケーブル

付属品3店が現れます。

 

iPhone5から変わったイヤホンは変化なし。

次に変わるときはライトニングケーブルかBluetoothになるのでしょう。

予想ではBluetooth、そうすればApple WATCHとも接続できますから。

 

電源やイヤホンは使わないままで終わることも多いです。

イヤホンはカメラのリモコンとしては使うのですが…

電源は、5ポートのUSB電源を愛用中です。

そうでない時もだいたい専用のAC/USB電源器を使っています。

2016-04-02 15.34.23

中敷き

2016-04-02 15.34.29

これもiPhone3G以来かわりませんね。

2016-04-02 15.34.45

 

はじめて見た時は意味不明というより用途がなかったSIM取り出しピン。

MVNOが盛んになってくれたおかげで大活躍するようになりました。

初期は板からプレスで抜いていたSIM抜き取り品ですが、iPhoneSEでは針金が使われています。

材料費は大幅に下がり加工コストがやや上がる変更ですが、制作する数があまりに膨大なので加工コストは吸収できそうで原材料コストカットの魅力が大きそう。

2016-04-02 15.34.51

さらにあけてみると

2016-04-02 15.34.59

2016-04-02 15.35.10

2016-04-02 15.35.14

2016-04-02 15.35.27

マニュアルのたぐいはiPhone3G以来潔いほどありません。

アップル製品は感性で使えない人は買うなっていうところが当初から変わらないですね。

2016-04-02 15.35.30

2016-04-02 15.35.38

あまり使えそうなものはなし

2016-04-02 15.35.49

iPhone3G以来、ずっとついてくるリンゴマークのシール

これ何に使うんだろ?

 

IT系のイベントでもよくシールくれるのですが毎度使いみちがなくて…

ノートパソコンその他ガジェットに貼るなんて放熱性損なうからありえない。

どこに貼るんだろう!?

2016-04-02 15.36.26

ケースのフィルム剥がしたのでもう一度撮ってみました

2016-04-02 15.36.36

2016-04-02 15.36.45

フィルムがなくてもつややか

2016-04-02 15.36.55

エンボス加工(立体加工)したケース正面

iPhoneの形状に少し出っ張っていて、ホームボタンの部分は凹んでいます。

2016-04-02 15.38.09

おまけ

iPhone5と並べてみました。

2016-04-02 15.38.38

届いたらとりあえず充電

すぐ起動始めるのはやめてくださいませ。

 

iPhoneSE関連記事

iPhoneSE予約受付開始|64GBローズゴールド注文しました:メールのプロの独り言
iPhoneSEの日本での価格にはクレームをもっと言うべきだ:メールのプロの独り言
iPhoneSE噂から本物へ、3月24日予約開始3月31日出荷:メールのプロの独り言
iPhoneSE用ケース注文しました:メールのプロの独り言
iPhoneSE用透明で使いやすいケース買いました:メールのプロの独り言
iPhoneSE 64GB ローズゴールド届きましたがAppleに大きな不安をいだいてしまいました:メールのプロの独り言

iPhoneSE 64GB ローズゴールド届きましたがAppleに大きな不安をいだいてしまいました

2016-04-02 15.33.50

2016年4月2日昼過ぎにiPhoneSE 64GB ローズゴールドがAppleから宅急便で届きました。

3月31日販売開始

3月24日16時1分の予約開始すぐにAppleのwebページから購入しました。

 

Appleへの不安

iPhoneSE予約開始日3月24日盛り上がらない

iPhoneもiPhone5までは、Apple Eventが大盛り上がり。

予約開始日にはテレビでも大きく取り上げられるほど話題になりました。

iPhone5s、そしてiPhone6でやや落ち着いて、iPhone6sでは少々寂しく感じました。

 

iPhoneSEでは、サラッと流れる程度でほとんど話題になりません。

噂段階では小型iPhoneへの人気がありそうな雰囲気もあったのですが、いざ発表されたらiPhone5のまま!

さらに低価格品のはずがiPhone5c同様に中途半端に高くなっていました。

盛り上がる理由がなくなってしまったのが残念。

 

iPhoneSE発売日3月31日がほとんどニュースにならない

3月31日発売日

それまでiPhone6sでさえ、各キャリアでもイベントが有り、テレビニュースでもかなり流れ、ネット系ニュースでは大いに盛り上がりました。

ところがiPhoneSEでは、ほとんど盛り上がりませんでした。

テレビでは長くても1分少々、さらっとニュースに織り込まれた程度で終わってしまいました。

 

更に怖いのがネットニュースで、チェックしていたのにほんとどうした!?エープリルフールは明日だぜ、なんで無かったみたいに相手にしないのと不安になるほどの無視ぶりでした。

 

Apple自信の扱いが異常に殿様商売

販売ページが殿様商売状態

はじめてAppleのwebサイトからSIMフリーiPhoneを予約しました。

う〜ん、接続悪い。

16時1分、サイト切り替わらずまだ予約できない。

(もちろん、スーパーリロードしてます)

すこしして画面上予約へのリンクが現れました。

やる気あんのかな?

 

買う気にさせるような盛り上がりの全くない画面のまま個人情報入力。

ここちょっと面倒。

AppleIDありき。

これじゃ、はじめてandroidからAppleに乗り換えようという人はなんか出鼻くじかれてしまう。

ぱっと思い出せない人って多いけど、必要なの!?

というより、いりませんよね、こんな条件。

こういう面倒なこと求めると離脱率が上がります。

売る気があるなら必要最小限、送付先とクレジット情報だけでいいはずです。

だって、通信部分は各キャリアなり、その支配下のMVNO各社が担うわけでAppleはハード提供するだけ。

クレジットカード認証で、そういうMVNOも個人認証済ませているほどで、わざわざApple IDなんてここでは不要でしかありません。

 

とってももったいないです。

 

Appleで注文してくれた人をまったく優遇しない殿様商売

もしかしたら大量販売してくれる代理店である3大キャリアに遠慮しているのかもしれません。

それにしても、わざわざ割高で何のメリットもないApple本体で注文しお金を落としてくれる顧客。

全然優遇しないのは殿様商売も良いところ。

 

そして最悪なのが出荷。

キャリア経由なら3月31日に受け取れる。

ということは各キャリアには相当前に出荷しているわけです。

だって、各キャリアはさらに販売店に前日までに転送するわけですから。

 

ならばAppleは非常に台数が少ない直売のSIMフリーモデルなんて販売日に手元に届くように宅配分業者に渡せるはずです。

個別のシール貼りなどは、宅配業者に委託することもできます。

一週間も前に予約とっておきながら出荷ははやくても3月31日。

 

ちなみに、わたくしの手元に受注確認のメールが来たのは3月24日16:18です。

その2分後にもサンキューメールが来ています。

iPhone5当時でしたら、たった十数分でも数十万台受注出来たかもしれませんが…

大した台数受注してもいないのに、出荷が4月1日になってしまうとか、考えられない殿様商売です。

受注から出荷までまる9日間もかかっています。

いまどきの流通機構では到底考えられない日数です。

 

Appleは大丈夫だろうか

Appleの殿様商売ぶりは今に始まったことでもありません。

しかし、何度かの経営危機を乗り越え世界的に爆発的ヒット商品となったiPhoneを持ってしまったのは、Appleにとって両刃の剣になります。

売上が伸びている間は、何をやってもうまくいきます。

周囲も好意的に評価します。

変わり者が悪口言っても、誰にも相手にされずそういうノイズもあるさ程度で終われます。

 

ところが大きくなりすぎてしまった今のApple。

一旦売れ行きに陰りが出てしまうと、絶対数がどれほど大きくても一気にマイナス評価がでまわります。

巨大だからこそできた無理飲茶も通らなくなります。

一番怖いのがヒット商品生み出した会社がそのまま倒産したり、非常に苦しい女歌になるのと同じ危険性を抱えていること。

それは、大量の不良在庫と消化できない未納品の部材注文です。

 

よく、突然稼げた人が翌年、税金が納められず夜逃げしてしまったりしてニュースになります。

伸びているときは、今だけ見ていてもなんとかなります。

しかし、一転マイナスに転じると去年の分の支払いが今年の売上では賄えなくなってしまいます。

 

Appleはすでに陰りが見え始め株価も低迷始めています。

中国での生産量減少も噂されています。

 

そうした中、まだ殿様商売をされているのを見てしまいとてもショックを受けています。

正直、買ったもののiPhoneSEそのものは、そんなにほしい商品ではなくて発売日にどうせ届かないだろう、アップルのことだからとむかしからのアップルファンとしてはある意味諦観してました。

 

しかし発売前日になっても何の連絡もない(受注時のみ)。

発売日になっても音沙汰無い。

大丈夫かそれで!?

連絡来たのはエイプリルフール日中です。

本気で仕事してる?

 

9日間も何してるの?

 

これがもしも、はじめてiPhoneをわくわくしながら7万円も払って買った人だったらどうでしょう。

3月31日販売日なのに音沙汰無し。

4月1日になっても、音沙汰無し。

しばらくたってやっと出荷しました、、、

おいおい

 

それも遅くなりましたとかでもなく、出荷してやったぜ感謝しろって感じてしまうような通知の出し方。

顧客商売だろ!?

商品の開発に顧客の声なんか聞かないというのは、一つの方法論として、まったく世の中にないなにか新しい物を生み出そうとしている組織なら、ありえるかもしれないとは理解できます。

わたくしも、似たようなこと言って某社の創業者に、失敗しやすいよと注意してもらったことはあります。

顧客の声や他社商品・サービスの研究からは、しかし、新しい物は生み出せないと今も考えています。

ちょっと変化は与えられても、全く新しい物は既存のものの研究からでは生み出せない…

 

そこまではわかるんです。

しかし、顧客対応は別。

開発に対しては似たこと考えましたが、顧客対応は同業他社以上に重視しました。

離脱の元になる個人情報など余分なことを求めることは極力排除させました。

 

待たせるとかいうことは原則させませんでした。

対応できない時でも、お待ち下さいという趣旨の連絡はし、また、謝罪の言葉も忘れませんでした(言葉だけではなく、本気で申し訳ないなと思っていました)。

 

アップルの顧客への接し方はあまりに殿様商売的に過ぎてとても怖く感じます。

 

そう、ふるくからアップル製品が好きなんです。

買ってそのまま問題なく使えたら奇跡とか感じてしまうほど、問題が起きやすいけど、ワクワク感があって使っていて楽しく面白い魅力あふれるAppleの製品が好きでたまりません。

いまのようなほんの僅かにやる気があれば何の障害もなく簡単に改善できる顧客への対応を殿様商売としてもかなり低レベルな状態でやり続けている現状に本気で不安というより危機感を感じました。

どうぞ、消えちゃったりしないよう、改善してくださいませ。

簡単すぎるほど簡単で、世の中では当たり前のことばかりなのですから。

iPhoneSE用透明で使いやすいケース買いました

2016-03-26 14.26.34

iPhoneSEは予約が始まるの待ってAppleで注文しました。

64GBのローズゴールドをほぼ7万円で予約しました。

文句はいろいろあるけれど、良い物は良い。

使えるものは使うということでございます。

 

さて、iPhoneSEの一番の問題はCPUにコプロセッサー、メモリー、カメラを載せ替えただけという点。

パソコンでさえAppleの場合、全く新しい何かが求められ続ける宿命にあります。

大失敗も多いけれど、常に新しい何かを作り出してきたからそれも、アップルファンは受け入れてきました。

iPhoneSEはiPhone5とiPhone5sとまったくおなじ。

そのまんまです。

 

これってアップルファンには響かない。

それもふるくからのファンだけではなく、iPodからiPhoneへとつづく、それまでになかった全く新しい楽しく便利な何かを提供し続けてくれる、驚かせてくれるという部分が皆無なんです。

いけないですよね、一番の魅力を捨ててしまっては。

 

 

iPhoneSEの弱点がそのまま強みになるケース選び

毎年登場する新型のiPhone。

スティーブ・ジョブズご存命の頃はありえなかったけれど、二代目に移ってからはAppleウォッチャーの予想がほとんど的中し、ケースなども事前に販売が開始されるようになりました。

それでも、ほんとうに使えるかはわかりません。

iPhoneのケースは、iPhone販売からしばし待たなければいけないのが常識です。

 

iPhone5/5sそのままのiPhoneSEだからケースはすでに売っています

iPhoneSEの弱点は既存のiPhone5/5sのまま進化も変化もないこと(内部のパーツは一部細心に変わっています)。

しかし変わらないということは販売から3年半も経つiPhone5系のケースがそのまま使えるということです。

アップルストアでもiPhone5sケースがそのままiPhoneSE対応になっていました。

在庫があってすぐ買えて、届いてすぐ新品の時から保護できるのはとても大きな魅力です。

 

iPhoneSEのケースは格安のものも選び放題です

わたくしが購入したiPhoneSEケースは、なんと税込み送料込みで100円で楽天で買いました。

出荷前の新製品のアイフォンケースが100円なんてかつてありえないことでした。

従来のままということは、豊富なアクセサリーを、とても安く利用できるということでもあります。

iPhoneという膨大な数量売られるスマートフォンでも搭乗前からアクセサリーが揃い、しかも処分価格で買えるなんてことは奇跡に近いです。

 

iPhoneSEは、実用性ではピカイチ

価格設定、とくに日本向けの価格設定は異常です。

ですが、旧製品をAppleではありえないことにそのまま流用したことで本体の信頼性だけではなくてiPhoneの魅力である豊富でリーズナブルなサードパーティー製(メーカー純正ではない他社作成)のアクセサリーがすでに存在するというのは大きなメリットです。

iPhoneSEはアクセサリーの宿命を打ち破った

購入から数ヶ月、そろそろ開き始めて次のiPhoneが気になり始めた頃にやっと買えるようになるのがアクセサリーの宿命でした。

既存で数億台も売れたiPhone5とiPhone5sと同じ外観・寸法・規格なので3年範囲上に渡り大量に開発されたアクセサリーがそのまま使えます。

アクセサリーの中には当たりも外れもあります。

買ってみて使ってみないとわかりません。

 

しかしiPhoneSEでは、すでに何万人、何十万人、何百万人とつかった人がいる、そんな良い所も悪いところもわかっているアクセサリーを安心して選ぶことができます。

iPhoneらしさと相反する大丈夫かなというドキドキ感はありませんが、実用性という点では、iPhone史上最高点つけられる存在です。

売る側も、すでに開発費など回収終わっているはずなので、魅力的な価格設定が可能です。

市場には数億台の既存iPhoneもあり、新型もあり数年は売り続けられるのでしょうから商売としてこれほど安心して売れる商品は少ないです。

 

iPhone単体のドキドキ感ワクワク感はスポイルされているものの、スマートフォンとして使うときにはアクセサリーの豊富さと価格はとても重要。そういう点でiPhoneSEは、実用性がはじめからマックス状態にあるといえる世界初のスマートフォンです。

 

iPhoneSEケース開梱の儀

いつもの様にiPhoneSEケース開梱の儀から

2016-03-26 14.22.31

100円なのに宅配便(佐川さん)で届いてビビりました。

この時点でお店赤字じゃないですか。

2016-03-26 14.23.23

本体93円、消費税7円、送料無料。

iPhoneSE販売待てなかったのかな。

もったいないですよね、10倍の1,000円でも、よろこんで買ってました。

 

2016-03-26 14.23.35

ざっくりと、、プチプチで包んで入れてある。

iPhoneのシリコンケースなんで壊れる恐れはないのですが…

2016-03-26 14.23.42

もっとチープなものを予想していたら、とてもまともなケースが届きました。

これも既存の商品がそのまま使えるメリットです。

売れなかったようなものはiPhone6登場して1年半、ほとんど在庫処分すんでいて、割と安心して買える状況です。

(とはいえ、ジャンクショップにはご注意を。売れ残りが集まっていますから)

iPhoneSEシリコンケース

買ったのはiPhone5用のシリコンケースです。

色は透明。

理由は、もしかしたら中古で半年後に売るかもしれないので傷つけたくない。

かといって折角初のローズゴールドを楽しめないのは嫌だ。

保護性能が高くて本体の色を楽しもうというならシリコンの透明ケースが一番です。

 

ついで、PU透明ケースになります。

硬いので保護性能は設計次第になります。

 

シリコンは、とても柔軟で材質自体が保護性能が高くて設計をあまり気にしないでもiPhoneを守ってくれます。

選んだのは、そうはいっても、こだわって保護性能の高いものにしました。

2016-03-26 14.23.48

なんとストラップ付きですよ!

ストラップだけでも、100円ショップで買うのが最安値です。

送料と消費税無しな感じで、本体はおまけか!?

2016-03-26 14.23.58

気に入ったのは約2倍の厚み2ミリという点。

保護性能がぐんとアップします。

2016-03-26 14.24.01

厚みがあるとかさばるという欠点は出てきます。

とはいえ、今や小型になる4インチスマホ。

この程度誤差のうちです。

2016-03-26 14.25.26

どこまで効果あるのか興味深いアンチダストコーティング。

iPhone4までは、本体強度に不安があってケース使っていました。

実際iPhone3Gは局面描く背面カバーが割れました。

(電池がふくらんだせいでしたが)

 

シリコンケースも複数使いました。

Pocketに入れていると、たしかにホコリが付いて気になりました。

2016-03-26 14.26.17

ネックストラップだったんだ。

肩こり症なんで、首には吊るしたくないけど便利そうです。

2016-03-26 14.25.44

スクリーンプロテクタ

液晶保護フィルムが入っているのは気づきませんでした。

これで100円はホント申し訳ないほどです。

ちなみに、ショップさんが閉店セールされていたんです。

新型iPhoneのケースは新型登場時に閉店セールで登場したりする可能性はありません。

これもiPhone5/5sのケースそのままなのがいい方向に働いた例です。

2016-03-26 14.26.24

じゃじゃ〜ん

これがiPhoneSE用のシリコーンケース

分厚い2ミリ厚なので透明だけど半透明に見えます。

上下に、爆買いの悪影響で問題化している南京虫に噛まれたあとみたいなのがあります。

2016-03-26 14.26.27

穴が2つずつですね。

この穴は、ストラップをつけるための穴です。

2016-03-26 14.26.30

硬いケースだとヒモと本体が擦れて良くないですが、シリコンはとても柔らかいので、これくらいは問題無いでしょう。

また厚みがあるのも、ストラップつけても安心感残ります。

薄いと、ちぎれないか不安ですから。

 

そしてiPhone6sとちがい小さなスティーブ・ジョブズが唯一認めたサイズのiPhoneサイズであるiPhoneSE。

軽いというのも魅力です。

2016-03-26 14.26.59

サイズは同じでもスイッチや穴の位置が変わることがあるのが不安です。

実際この位置が微妙にずれていて捨てることになるケースも有ります。

iPhoneSEはiPhone5sとおなじとわかっているので不安ゼロ。

手持ちのiPhone5であうものはそのまま使えます。

2016-03-26 14.26.55

長年使っているiPhone5を入れてみました。

当然ぴったりです。

日付見てもお分かりのように、まだiPhoneSE出荷前。

それでも実機チェックできちゃうのも良いところです。

2016-03-26 14.27.03

シリコンケースの良いところは、保護しつつもとても控えめなこと。

本体がすけて見えるので、iPhoneのデザインをスポイルしません。

そのまま自分のiPhoneを保護しつつ愛でることができます。

2016-03-26 14.27.06

横から見るとケースの肉厚ぶりがよくわかります。

これなら衝撃をよく吸収してくれそう。

それに、カバーしない液晶側もしっかり周囲出っ張っていて、極力直接ぶつからないように保護してくれています。

 

今回は傷つけない保護税脳を最大限重視したのでシリコンケースを選びました。

ポケットに突っ込んで持ち歩く人なので、PUなど滑りの良い材質のほうが使いやすくは感じています。

iPhone6sように比べて安いケースを見つけやすいので、今後複数買って使い勝手のいいものを選んでいく予定です。

2016-03-26 14.31.38

接続部分もしっかり保護しつつじゃまにならない作り。

 

スピーカー塞いでくれても良いんですけどね。

というか、そういう作りのケースもほしいです。

カメラ使うとき、強制的に出るシャッター音がとても迷惑なんです。

 

スキャナー代わりに数十ページ以上ある書類を取り込むことも良くあります。

毎回シャッター音が出ると、周囲に迷惑でとても使いにくい。

こんな妙ちくりんで国民を子供扱いしている国って日本だけ、日本政府が強制してさせている愚策の一つです。

2016-03-26 14.31.43

2016-03-26 14.31.46

ケースの枠がややふつうのものより出っ張っています。

試したところ、操作には影響ありませんでした。

実際問題として、じゃまになるとしたらディスプレーに指の根元が触れてしまい誤操作させてしまうので、操作方法を変える必要があります。

2016-03-26 14.31.52

2016-03-26 14.31.59

ひっさしぶりにスマホにケース着せました。

もっと違和感感じるかと心配だったんですが、意外なことに気に入りました。

2016-03-26 14.32.04

フラッシュ部分だけちょい気になる、少し開口部広げようかな。

2016-03-26 14.32.33

明日かあさってあたりiPhoneSEが届く予定です。

iPhone5ではなく、iPhoneSEでこの写真をはやく撮りたい。

 

iPhoneSEケースは出荷前から大量に有り選び放題

価格もこなれていて、費用対効果抜群です。

評価がタップリあってじっくり選べるのもいいですね。

 

【閉店セール】iPhone5S シリコンケース クリア

【閉店セール】iPhone5S シリコンケース クリア
価格:100円(税込、送料込)

↑購入したシリコーン透明iPhoneSEケースはこれ

閉店セールで購入したので…

 

iPhoneSE関連記事

iPhoneSE予約受付開始|64GBローズゴールド注文しました:メールのプロの独り言
iPhoneSEの日本での価格にはクレームをもっと言うべきだ:メールのプロの独り言
iPhoneSE噂から本物へ、3月24日予約開始3月31日出荷:メールのプロの独り言
iPhoneSE用ケース注文しました:メールのプロの独り言

iPhoneSE用ケース注文しました

【閉店セール】iPhone5S シリコンケース クリア

【閉店セール】iPhone5S シリコンケース クリア
価格:100円(税込、送料込)

24日16時01分に予約受付始まったiPhoneSE

すぐにiPhoneSE 64GB ローズゴールドを予約しました。

ほぼ7万円とボッタクリ(^^ゞ

499ドルだから112円で換算して56,000円プラス消費税(60,359円)のはず。

1万円も自社で決めた価格に上乗せするのは日本という市場をあまりにも馬鹿にしています。

 

ごく一部の人が価格設定のおかしさについて言及し始めましたが、もっと声を大きくしてAppleの不誠実さに対して抗議をするべきです。

わたくしは買いましたが、抗議は続けます。

Appleが存在するアメリカはそうした不正義を最も嫌う国だと信じています。

 

さて、スマートフォンにはケース使わない派です。

用の美とまでは言いませんが、スマホは日常の道具

20世紀風にいうならPIMです。

いかにも大事風にケースに収めて、おそるおそる触れるものではありません。

自動車の土禁をなんとも妙なと感じるようにケースに入れるのってなんとも妙なことをすると感じます。

 

なのに、iPhoneSE注文してすぐに、iPhone5用のケース注文しました。

iPhone5使い続けているので、本来なら持っていてもいいようなものですが、上記のようにケースなんてつけない人なのです。

 

なぜ今回だけさっさと買ったのか。

その理由は簡単です。

 

iPhoneSEは、iPhone5をそのまま使いCPUとコプロセッサーとカメラを買えた程度の手抜きマシン。

それにしてはやたら高い。

 

それはおいといて、半年後には新型iPhone、たぶんiPhone7と呼ばれるものが販売されるでしょう。

もしかしたら、スティーブ・ジョブズ存命中の頃のようなわくわくするような新しい何かが登場して、ドキドキするときめきを取り替えさせてくれるかもしれません。

その時には買ったばかりのiPhoneSEを手放して買い換えたいと思っています。

あまりないかもしれない可能性ではありますが、半年間くらいは待ってみようかと。

 

いつもの様に使うと傷だらけになってしまうので簡単なケースつけることにしました。

付属品は使わずしまい込もうかな。

 

せっかく選べたローズゴールド。

ケースで隠すのはもったいないです。

傷つけず、iPhoneSEの色を楽しみたい。

 

PEの透明ケースかシリコンの透明タイプのケースが一番です。

バンパーもいいのですが傷防止にはもう一つ。

 

ということで、iPhone5用のシリコン透明ケースを探しました。

1年版も経つのでざいk処分が進んですっかり少なくなっています。

それでも安いものを見つけました。

閉店セールで税・送料込みで100円。

申し訳ないほど安い。

amazonでも、うまくさがすと安いものがあります。

 

なお、iPhone4でとても便利だった、SUICAなどカードを入れられるケースはiPhone5や5sでは使えないようです。

本体の構造が変わり電磁波がモロに出ていて、本体にSUICAなどを一緒にしてかざしても読み取りエラーに成ってしまうそうです。

電磁波防止シールを使えば、対応できるそうですが、諸外国ではされない使い方をしてiPhone本体に悪影響が出ると怖いので、今回は我慢しました。

4月1から4日の間の配達だそうで楽しみです。

ネットのニュースでは、iPhoneSE予約開始日あまり人気なかったそうです。

それってiPhone6のときからですね。

熱狂的な熱狂は流石にここまで売れれば、もうないですよ。

 

値段は絶対におかしいと思っています、買ったけど。

399ドルの16GBモデルって実際にはほぼ使えません。

ちょっとアプリ入れたらあきゼロです。

64GBが唯一使えるモデル。

128GBや256GBとといった実用的なモデルがないのも位置づけがおかしいあかしですね。

 

iPhoneSE関連記事

iPhoneSE予約受付開始|64GBローズゴールド注文しました:メールのプロの独り言
iPhoneSEの日本での価格にはクレームをもっと言うべきだ:メールのプロの独り言
iPhoneSE噂から本物へ、3月24日予約開始3月31日出荷:メールのプロの独り言

iPhoneSE予約受付開始|64GBローズゴールド注文しました

Screenshot_2

つい先日2016/03/22午前2時からのApple Eventで発表されたiPhoneSE

日本向け価格設定は異常で極めて不満です。

 

iPhoneSE 64GBローズゴールドをアップルストア(web)で予約しました

価格設定の不誠実さにはうんざりします。

それでも、常時最新のiOS使い続けたいのです。

iPhone6sはここが嫌

iPhone6s Plus買うつもりがCPU問題(サムソン製だと外れ)というのがあって、ハズレ引き当てる確率が日本でも5割位。

買う気になれず、そのままになっています。

 

iPhone手持ちの最新はiPhone5です。

来年のOS更新はないんだろうと密かに覚悟しています。

というより、iOS10も来ないと思っているのですが、まだソフトバンク(Y!モバイル)が売り続けているので、もう一度くらいはiPhone5とiPhone5sへもiOSメジャーバージョンアップ来るかもしれないと期待抱くようになりました。

 

それでもそろそろ、対応するのがハードウェア的に無理

とくにiPhone5はCPUの構成上、サポート打ち切りたい機種でしょう。

 

iPhone6s買うならiPhoneSEがコスパがいい

Screenshot_5

iPhoneSEも高いけどCPU外れ引くかもしれないiPhone6sましてPlusと比べるとリーズナブルに感じます。

7万円もするので、とても安いとはいえないけど。

Core i7でSSD搭載のノートパソコンが買えますからね、7万円も出すと。

 

SIMフリーなandroidスマートフォンでも売れ筋は2〜3万円の機種。

いいなって感じのスペックで4〜5万円。

フラッグシップ的なモデルに成ってやっと6〜8万円というところ。

 

廉価版iPhoneのくせに高すぎる(●`ε´●)

廉価版とは世間や株式市場の評価でAppleは決して廉価版とは言ってません。

Apple Eventでも細菌だって新型投入していないのに4インチiPhoneが3,000万台も売れていて、需要大きいのですと自慢されてました。

でも、廉価版ではございます。

本体はiPhone5sのままです。

CPUとGPU、それにカメラを交換しただけ(ホームボタンや画面もそのまま見たい)。

 

パソコンでもよく旧機種のCPUだけ換装しましたという手抜きモデルチェンジがあり、価格据置かダウンが相場。

iPhone5sの廉売からするとパーツ乾燥だけのくせに激しい値上げですから。

本当は割高で、しかも国際的に発表した価格よりも日本はかなり割増されているのです。

 

それでも、iPhone人気原則の原因となったスペックアップの停滞。

そう、iPhone6sはiPhone5sと比べると大きくなった以外ってあまり進化ない。

そういう意味では筐体までそのまんまな手抜きより筐体やディスプレー進化したiPhone6sはいいのですが、価格差が2倍近いことを考えると高いですね。

 

逆にiPhone6s Plusの半額に近いことを考えれば筐体使い回しでも、リーズナブルだよなと納得できます。

 

ここが決め手だったカメラのバージョンアップ

よく書いていますが、わたくしにとってスマートフォンの価値に占めるカメラ機能はとても大きいです。

とにかくよく撮影します。

そして撮影しすぎるのでスマホに移行するまで毎年コンデジを買い換えていました。

 

買い換えていたというときこえが良いですが、実態は1年でコンデジを使い潰していました。

撮影しすぎて何もかもがたがたになってしまい使えなくなるんです。

シャッターも落ちなくなるまで行きます。

 

わたくしが買う、型式落ちで安くなりきったコンデジ1台は2〜3万円します。

2年スマホが使えればカメラ代金として6万円、バッテリーも入れると65,000〜70,000円分浮くことになります。

なので5万円くらいのスマホで2年間カメラ使い倒せれば、コンデジに使う分でおつりがくるんです。

なのでわたくしの予算はメインのスマホで5万円くらい。

これだと毎年買い換えても半分はコンデジ代と考えられるので、割に安く生活の利便性あげられ情報収集能力やスキマ時間活用できるんだからお得だって感じられます。

つまり5万円くらいだと実用品として納得して払える金額です。

 

さて、iPhone5sのままなiPhoneSEですが、アウトカメラだけ8MPから12MP(1、200万画素)へと向上しました。

インカメラが古いままで1.2MP(120万画素)とかなりプアーなので、いまどきのSNS利用考えるとありえない残念な点という指摘が目立ちます。

わたくしはインカメラほとんど使いません。

千枚撮るうちの1枚位なものです。

 

自撮りしたいと思わないし、自撮りするときもアウトカメラで撮ってます。

そのほうが慣れているので撮りやすいです。

 

コンデジで撮る時など画面見ていないことも多いです。

手に持っていれば自然に撮りたい方にレンズを向けられていてシャッター落とせます。

風が吹く中花を撮影するなど特殊な状況でなければ割と見ないでキチンと撮れます。

ヤマカンじゃなくて、練習重ねて今どこがどう捉えられているかイメージできるから。

 

インカメラは残念だそうですが、使わないので問題ありません。

アウトカメラは不満のもとで、画質がダメでiPhone5では、ほとんど撮影しませんでした。

撮影総枚数は数千枚くらいだと思います。

わたくし的には使わなかったといえるレベルです。

コンデジだと数万枚撮れて、あちこちぶっ壊れて動かなくなります。

 

12MPにカメラが更新されたのでコンデジ代わりに使えるのではないかと期待しています。

ZenFone Zoomをそんな気持ちで買ったのですがレンズが期待はずれに暗い上にシャッター落ちるまでのタイムラグがきつくて、積極的には使えず、古いNexus5(2013)つかってしまう場面もあります。

それに比べてiPhoneは、解像度はあれですが、カメラとしての熟成度は初期からいいものでした。

解像度が向上したので実用的になっていることを期待しています。

 

アップルストアでの予約は69,984円

消費税と送料込みでiPhoneSE 64GBは69,984円しました。

高いですね。

4月1日〜4日の間の配送予定だそうです。

予約始まって数分で申し込み完了したので、初回ロットで届くと期待しています。

 

初回ロットだから初期不良の怖さも大きいですが、そこは古くからのアップルファンなのでSONY信者と同じでどう使えなくなるかも楽しめる心の余裕は持ち合わせています(そもそもSONY製品やシャープのZAURUSとかもよく買いますし)。

逆に動かなくてなんぼな製品ですからAppleなんて(^^ゞ

CPU差し替えただけの製品だから不具合出るような部分は想像つかないので、むしろ障害起きたらキャッキャと喜べるレベルです。

 

これで当分の間は最新のiOSが使い続けられます。

SIMフリー端末なのでOCNモバイルONEのSIMを差し替えるか、ソネットの0SIM入れて使う方向で。

もしかしてすごく気分良く使えたら、音声SIM買い増しするかもしれません。

複数の会社の格安SIM(MVNO)併用してみたい誘惑がかなりありますから。

気になっているFreetelあたりためしたいところです。

 

届くまでの一週間、iPhoneSEいじる妄想しつつ楽しみに待ちます。

iPhoneSEの日本での価格にはクレームをもっと言うべきだ

昨夜iPhoneSEがApple Eventにて発表されました。

スペックはiPhone5sの一部パーツを昨年売りだしたiPhone6sのものと交換しただけ。

ケースが同じものが使えると、妙な喜び方している生地まであってあっけにとられてしまいます。

自動車なら15年前の車体のまま、エンジンだけは載せ替えましよって感じ。

新型じゃなくて製造中止になるモデルのエンジン交換してさらに売り続けようというかなり?なモデル。

 

そして価格が異常。

世界に向けて発表されたApple EventにてiPhoneSEは399ドルですよと宣言されました。

その少し前にWATCHは299ドルに値下げしますと言われました。

 

さて299ドルのApple WATCHは36,800円です。

36,800円を299ドルで割ると123

1ドルが123円相当ですよという10円も上乗せしたレート。

 

ところでここから計算し直すとiPhoneSEは399ドルなので399に123をかけると日本円での価格になります。

49,077円です。

Apple流というかアメリカ流の価格の設定からは48,800円位になるのでしょう。

 

実際には52,800円と4,000円も上乗せ。

一物二価みたいなことはよくありますが、ドルと円というお金そのもののレートが複数になるのは異常です。

日本の価格から逆算すると399ドルではなくて429ドルに相当します。

 

64GBもiPhoneSEだと499ドルですから61,377円

 

61,800円といったところでしょうか。

実際には、64,800円と3,000円の割増。

なんだ、64GBの方が不正さはちいさいんだ。

 

iPhoneSEは16GBの日本円設定の異常ぶりが際立っています。

 

為替レートをいくらに設定するのかは企業の自由です。

あまりにおかしければ並行輸入や個人輸入が増えて商売として成立しなくなるのは中国に進出したヨーロッパのブランド品見てもあきらかです。

1ドルを123円というやたらAppleが利益上げて日本人が損する設定はおかしい!

おかしいけれど、それはAppleの自由です。

下げてよとはいいますが、異常とかは言わない。

 

しかしiPhoneSEは399ドルですと言いつつ、日本だけは429ドル相当というのは不正義で不誠実です。

取れるところからは取る、ボリます。

というのは小さな企業ならいざしらずAppleほどの巨大企業では明らかな不正義で問題にされるべきところです。

 

日本では昔からお代官様の言うがママ的なところが抜けなくて与えられたままなくだけ。

21世紀においては、不誠実な行為には声を上げ抗議し修正させていくべきです。

不買運動してとか代表訴訟起こして莫大な制裁金を課すというのも効果的ですがTPPが実効上げてアメリカのように行動できるようにならないと非現実的。

喜んでばかりいないで、手抜きして何ら開発費もかけない商品の価格でさらに不公正なことをするのはけしからんという声はもっと上がらないといけません。

399ドルじゃなくて世界的に429ドルならいいんですよ。

そこはAppleの自由なんですから。

日本だけiPhoneSEだけボラれるのは不正義です。

 

さて、iPhoneSE日本で販売された買おうかなと思っていました。

安物に高額払いたくないので16GBモデルを工夫して使うつもりでした。

日本の価格見て、16GBはボラれていて不誠実な価格、それに比べて64GBは本来の価格との差が小さいことはわかりました。

ならば買うのは絶対金額は高いけれど64GBの7万円(税込み)が妥当なようです。

 

4Kビデオ撮るならいくらあってもたりませんしね。

動画は古い設計のままCPUやカメラなどを強化してしまったiPhoneSEが専用設計のiPhone6sなみに使えるのかは、疑問が大いに残ります。

静止画についてはiPhone5で不満だった解像度があがったので、カメラ機能も使えそう。

買ったら撮りまくると思います。

予算オーバーだけど、iPhone6s Plusなら12万円オーバーなので5万円少なくすむと思えば安いかな。

 

指紋認証部分まで古いままだったのがちょいとショック。

でも、Apple Eventでは出っ張っているような印象受けたアウトカメラがiPhone5s同様出っ張ってないのはいいですね。

しかし、固定はどうなんだろう。

iPhone5まではしっかり固定されていたので安心だったカメラユニット、それ以降は設計に疑問が残ります。

 

iPhoneSEの日本向け価格の不誠実さについてはとても問題だと機会あるごとに言い続けるつもりです。

それは置いといて、SIMフリー版はほしい。

iPhone6s Plusとの比較になるので、60%程度の価格で買えるのは魅力あります。

iPhone7登場して後悔するかもしれないですが、中古でも十分金額つくでしょうから半年間2万円くらいで楽しめるとすれば、アップル製品としては悪くない方です。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク