モバイル:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > モバイル


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Pocket WiFiが便利そう

気になっているおもちゃにPocket WiFiがある。
イーモバイルでなければ、おそらく見た瞬間に購入していた。

製品コンセプトは良くて、USBや内蔵でWi-Fiを実現するのではなく
単体で通信しつつ無線LAN基地局になってくれる。

自宅やオフィスでは、設定済みの無線LANにつないでいて
パソコンでもDSiでもiPodTuchでも便利に使っているはず。
外出すると途端にそれができなくなる。
専用の装置もあるが、取り付けられないものも多い。

iPhoneなど、そのような装置は一切受け付けてくれない。
中国に行ったときもiPhoneがiPodTuchと化してしまい
思い切り不便だった。

個別にUSB接続する装置を売る代わりに、無線LANルーターに
なる装置を売ると言うのは、イー・モバイルにしては
かなりユーザー志向のサービスだと思う。
どっちが先か失念したが、PHSのサービスがあったから
競争上出したくないけど出したというのが本音だろうと
ここのビジネスの仕方を見ていると悪くしか
受け取れないのは残念なところ。

相変わらず抱きわせ販売が積極的におこなわれている

1円というのも珍しくないから、毎月使う人なら
こういうのを考えてもいいかもしれない。

Bフレッツ引くには工事が必要だし毎月結構かかる。
イーモバイルは高すぎるからあまりお勧めはしないが
それでも、無線でどこにでも持っていけるのは魅力

UQ WiMAXがこのようなものを出してくれるのを首を長くして待っている

二年縛りもないし、ハードの買い替えも自由にできる
ハードを追加しても数百円の追加使用量だけで使える
ユーザーを向いたとても素敵な課金体系で、使えるなら
UQ WiMAXをオススメしたい。

タグ:Pocket WiFi

またまたすごい簡易充電器発見

このところ簡易充電器マニアと化しています。
そして最高のUSBタイプ充電器を見つけてしまいました


先日購入したデジカメなどのバッテリーが充電できるUSB充電器。
とても快調でモバイル電源セットとともに毎日活躍してくれています。


贅沢言えば、これにバッテリーが内蔵できればUSBがなくとも緊急充電ができる。
そうはいっても普通のモバイルバッテリーを持ち歩けば済む話で、実際いつも両方持ち歩いています。


中国への出張が決まって、一番悩んでいるのが荷物です。
何とか軽量コンパクトにまとめたい。


充電器は結構問題です。
8日以上も行くので全ての充電タイプのものには充電器も持っていく必要があります。

いやになるほど、全部専用でかさばって重い。



見つけたのがこれ



写真からはなんともわかりにくい。
トランスフォームしそうな雰囲気だけはわかります。


AC電源が付いていて、先日購入したリチウムイオンバッテリー充電器と基本は同じ設計。
違いはより広範囲のバッテリーに充電できる。
固定が確実で不安感がない。

AC電源が付いているのでパソコン等に負荷をかけなくてすむ。

そしてものすごいのが単三・単四充電池にも充電できる。
一度に二本のNiMH(ニッケル水素充電池)に充電ができる。
充電だけではなくリフレッシュもできるそうで、値段相応の付加機能です。


リフレッシュとは、ニッケル水素充電池(NiMH)はニッカド電池に比べればタフなんですが、それでも学習効果というものがあります。
字面は良さそうですが、悪い機能で、使い切らずに充電すると全開充電したところまで、つまり使い残したところで使えなくなってしまうようになる。繰り返すうちにどんどん使える容量が減っていく。

リチウムイオン電池と違い、使いかけで充電してはいけないのは、この学習機能のためです。

対処法は一応あって、電池を使い切ってあげること。
問題は使い切るのが案外難しいのと、使い切った直後に充電開始しないと電池が壊れて使えなくなること。
過放電といって、限界上に電流を取り出してしまうと充電できなくなってしまいます。

リフレッシュ機能とは、NiMH(ニッケル水素)充電池の学習効果をリフレッシュする、つまり使い切って、使い切ると同時に充電開始する機能です。

この機能があると、NiMH充電池の性能を最大限使うことができるようになります。


さらにすごくて、AC電源がないときは単三や単四の電池(充電池やアルカリ電池)を入れてあげれば、その電池を使って充電できること。


税込み4,999円とやや高いですが、充電関係のほとんどが一台でまかなえるなら、手軽で良いです。


最大充電電流も1300mAとあるので、iPhoneなどへも充電できそうです。


AC電源も100〜240V対応と中国でも使える仕様。
(海外での使用は保障対象外)
カープラグや携帯電話・USB充電プラグ月など値段以上になんでもできるかんじ。


物欲が久しぶりにめらめら燃えてきてしまいました。

重量140グラムなら軽い方。
おそらくAC電源は含んでいないんでしょうね。
総重量がどのくらいかが気になりますが、入力が5Vではなく9.5Vらしいので5Vタイプよりはコンパクトでしょう。



デジカメのバッテリーも洗濯バサミのように挟むだけというあやうさがなく、後ろからしっかり押さえ、上下からの全体をフォールドしているのでかなり安心感があります。

全開購入品のコンパクトさには及ばないものの、出張ならこのくらいのサイズは何とか我慢できます。
自宅やオフィスならまったく問題なし。




何度も出てきた、前回購入したUSBを使ったデジカメバッテリー用充電器は

 

超軽量コンパクトで、ひたすら安くて、これはこれでなくてはならない感じです。
タグ:簡易充電器

UQ WiMAX商用開始

UQ WiMAX商用が始まりました。

利用範囲が狭いものの、イー・モバイルの開始当初に比べればかなりまし。秋葉原でさえ、ヨドバシカメラ出口前でつながらなかったのですから。

速度はまあまあ。

理論値の下り40Mbps、のぼり10Mbpsには程遠いものの、webを見るには動画を含めても支障が無い。

一般的なオフィスの無線LAN環境よりましなくらいに感じる。


先日もインドの人と商談中、彼はイー・モバイル
わたくしは、UQ WiMAX

動画コンテンツを扱えるCMSの実演だったのだが、彼のLet's Noteでは、かくかくとした動きでまったくよさがわからない。
むしろ実演しない方が良いと思った。

気の毒になりわたくしのMacBookでためしてあげた。

レパード環境でFirefox3.5、UQ WiMAX

結果はさくさくと滑らかに動き、彼の方が感動していた。



プレゼンするなら道具も大切。

こんなところで負けてはいけないのです。



ということで、じつは、イー・モバイルとUQ WiMAX両方バッグに詰めています。

使えないときに備え携帯電話での接続方法を模索中。
ドコモが現実的なんですが、どうすれば一番リーズナブルか。
通信費がありえないほどかかりすぎているので、いい加減節約しないといけません。







異様に安い。

ここでの契約が良いのかどうかはまったくわかりません。
4480円と十分安いし、端末無料でもらったので申し訳ないくらいですが、これから使う人向けに安いところ検索してヒットしただけです。
安すぎるのは自己責任で判断してください。

仲介業者さんでしょうから、サービスそのものは本体から提供。
携帯電話と同じでどこで買っても大差なく、安いところで買うのがお得なんだとは思うんですが。
タグ:UQ WiMAX

Doccicaテスト結果を見て思うこと

Doccica(ドッチーカ)とは、日本通信のデータ通信サービスです。モバイルで使う無線通信サービスはいろいろ登場し、わたくしもUQ WiMAXに
大きな期待を抱きつつテストさせていただいているひとりです。

Doccicaは、ドコモの回線を使用することで日本全国広範囲をカバーエリアにしつつ
低価格でたまに使うには便利というサービス。

http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.htm#01
ロードテスト結果が公開されています。

日中の通信速度を見ると140-578k/bps
想像以上に遅く感じます

PHSの4倍速が256で遅いからダメと切り捨てていましたが
低価格で使えるプランが登場したPHSも、こうしてみると
まんざら捨てたものではないのかもしれません。

通信カバー率もかなり広いです。


これから数年間、様々なサービスが登場します。
大半が2年縛りのような拘束条件付きの契約になりそうです。
イー・モバイルで悲しい経験をしましたが、高速な端末が出ても
契約に縛られ端末の買い替えも許されず、うらやましいと思いつつ
低速度のサービスに甘んじることになりました。
初期ユーザーが報われない価格体系が前例として構築されました。

新サービス契約時は十分な注意が必要です。
たとえば、2年間その契約で満足し続けられるか。
もしかすると3ヶ月後には10倍の速度で半額になるかもしれない。


そういう点でDoccicaは、使いやすいサービスです。
1,000円チャージで100分利用可能
短いといえば短いですが、常時接続になれてしまったからでしょう。
こまめに切断しつつ使えば結構持ちます。

逆に常時接続でなければというときはPHSのような低価格のもの
あるいは、イー・モバイルでもDocchicaのようなプリペイド契約があります。
そういうものを選ぶのも中期的に見ると割安で良いサービスの
選択方法tpなってきます。


個人的にUQ WiMAXを素晴らしいと思うのは、価格そこそこで比較的高速
それでいて拘束がないことです。
解約時に1万円近くとられますが、2年縛りなどはありません。
機種変更が自在にできるのかなど不明なところもありますが
懲罰的な解約手数料がない一律方式は、好感持てます。
もちろん、やめるからと解約金取られること自体には
違和感感じずにはいられませんが。


ドッチーモの価格
http://www.bmobile.ne.jp/personal/doccica/
下の方に掲載されています。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク