amazon:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!
メールのプロの独り言トップ > amazon


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

amazonあわせ買いプログラムスタート|送料有料化!?いや、まとめ買いで商品多様化

4864780293
OnDeck monthly 2013年1月号

amazonがあわせ買いプログラムをスタートさせました。

一部では送料有料化と騒いでいますがそうではないのですが、独自な解釈が記事になりあたかも事実のように広まっていくのを見ていると怖く感じます。

送料有料化は楽天という巨大な強豪がいて、ヤマダ電機が書籍無料配送に参入開始するという矢先にできることではありません。

関連記事:ヨドバシカメラ書籍当日無料配送開始|2013年2月

amazonが送料無料化に踏み切って二年余り。

当時送料無料にしたくて年間3900円も支払って参加していたamazonプライムがお金を取られるだけの有名無実なサービスとなりとても腹立たしい思いをしました。アメリカでは動画が無料で視聴できるなどプライム会員への費用なりのサービスを追加していたものの日本ではそんなサービスに金を払う奴がアホなんだと言わんばかりのamazonの待遇に一時は一歳買わなくなったほどがっかりしたものでした。もちろん今は退会しています。

関連記事:amazon配送料無料キャンペーン開始
amazonプライム申し込み

試用版に申し込んだ後、そのままお支払いしました。

退会したはずが何故か継続になっていて翌年も課金され、しかも送料無料かというダブルパンチでしばらくamazonなど買うものかと一人不買活動続けたのですが、楽天ブックスの本はいつ届くのか全く当てにならず、仕事への支障が大きすぎてamazonを使わざるを得なくなったのは懐かしくも悔しい思い出です。

関連記事:アマゾンプライムが役立った:cj中嶋茂夫さんのアメブロカスタマイズ教則本「アメブロをカスタマイズ 魅せるブログデザインを作ろう!」が13時間で届いた

今ではどうしようもなかった楽天直営の楽天ブックスもあす楽に近いものになりつつあって二年余りで通販業界の物流がかなり改善されアグレッシブになってきたのを感じます。

その裏でロジスティクス(物流)の最終段階を担う宅配便gy用社さんから悲鳴が出ているというニュースもちらほら出始めていました。厳しいネゴシエーションと短時間での配送要求が現場を疲弊させているという内容でさもありなんと感じるほど早く届くショップもあります。

amazonまとめ買は噂では送料有料かと言われていますが多分違うでしょう。

送料有料化したいのはやまやまでしょうが通販業界は今まさに送料無料と即日翌日配送に全力で取り組み競争が始まったばかりです。ここでその競争からいち早く降りてしまうのは、物流センターに投資を続けているamazonに限って言うと考えにくいです。

表面的にはamazonが言うように

関連サイト:amazonあわせ買いプログラプ ヘルプ

あわせ買いプログラム

あわせ買いプログラムは、単品ではご注文いただけない低価格帯の商品を、複数商品とあわせることでご購入いただけるプログラムです。このプログラムによって、低価格帯商品の品ぞろえが拡大し、よりバラエティに富んだ商品をご購入いただけるようになりました。Amazon.co.jpが発送する商品の合計額が2,500円(税込)以上になるようにご注文いただくことで、対象商品を購入することができます。

商品点数が増えたamazonですが楽天と比べると圧倒的に商品が少ないです。

またYahooと提携したアスクルと比べてもやや見劣りしますし最大の欠点がamazonが直接扱わない商品は送料が高くて競争力がないことです。

たとえば愛用の筆記具パワータンクのりフィオル(交換用替え芯)

低下より若干安い189円ですが送料がなんと500円もかかって買う気になる訳ありません。

こういうのを買おうと思うとリアル店舗に時間割いていくか楽天で比較的単価が安くて送料無料になる金額が低いショップを検索しまくることになるのですが楽天ほど検索が使いものにならないシステムは珍しくて時間がいくらあっても足りません。

あわせ買い対象にしてくれれば2,500円とちょっと最低価格が高いですが送料機にせずAmazonで買えるようになるわけで楽天で探す苦労考えたらずっと魅力的です。

そして、あわせ買いが試しているのは送料有料化などという次偉大に逆行するamazonらしからぬことではなく、自らの最大の欠点の克服にあると睨んでいます。

多くの人が体験しているのではないかと思いますが、amazonで買い物すると何だこりゃァと一声上げたくなるような大きな箱で届いたり、数点違うもの注文するとそれぞれ個別に箱に入れられ何箱も同時に届いたりします。

いわゆるピッキング作業に欠陥があって単品でしかハンドリングできないようです。そうなると複数商品買っていただいても他社なら同梱とか送料無料とかできるのにamazonだけは複数商品を同時にお買い上げいただいてもクレジットカードの手数料のうち利用回数に課金される部分が軽減するだけでメリットがほとんどありません。

3点注文されても違う商品だと3つの梱包になって送料も3つ分かかってしまう、という現状は送料競争には致命的弱点ですし、宅配業者から見てもせめて同梱しろよと言いたくなるでしょう。わたくしも3〜4箱抱えてこられると恐縮してしまいます。

一気にピッキングを改善するのは大変危険でamazonほど巨大化するとそう簡単に実現できることではありません。

そこで商品を絞り込んで保管場所や作業員も限定できれば失敗を防ぎやすいし仮に失敗しても被害を最小限に抑え本業を脅かす恐れをなくせます。

実証実験のついでに売り上げ増大をはかり、かつ複数点数購入する習慣を小物を買う人にも植え付けられればひとつぶで三回美味しい施策になるというものです。

 

これを拡大できなくても、頻繁に購入するヘビーユーザーはまとめ買しているでしょうから配送の効率化により宅配業者の不満を解消しつつ送料の大幅削減で利益もそのまま一気に拡大します。

おそらくこういうことを狙ってひっそりと「amazonあわせ買いプログラム」を目立たせない様に始めたのだと受け取っています。

 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村





_
| amazon

amazon appsアプリストアー日本でもオープン|日替わり無料♪

2012-12-02 00.30.45

amazonが日本国内でもamazon appsアプリストアーをオープンしました。

KindleはPlayストアーにアクセス出来ませんが、うれしいことにAndroid端末はamazon appsアプリストアーへアクセスし利用することができます。

関連リンク:amazon appsアプリストアー

アンドロイド端末(スマホ、タブレット)から上記URLにアクセスします。

B00960YR3Q
Kindle Fire HD 16GB

専用アプリをダウンロードしてインストールします。

2012-12-02 00.23.43

アクセスするとこんなアプリダウンロードページが表示されます。

2012-12-02 00.22.54

アプリをダウンロードします。

事前にPlayストアー以外からのアプリをインストールできる設定にしておいてください。

おわかりならないときはARROWS Tab LTE F-01DのOSをICSにアップデートした時の記事をご参照ください。動画で説明しています。

関連記事:
富士通ARROWS Tab LTE F-01D激闘の末ICSにバージョンアップ
ICSへのOSアップデートで充電不良治りました|ARROWS Tab LTE F-01D

amazon appsアプリストアーのチェックもアロタブことARROWS Tab LTE F-01DをICS化したもので確認しています。

2012-12-02 00.23.04

2012-12-02 00.23.13

 

自分のamazon.co.jpアカウントでログインします。

2012-12-02 00.24.48

完了です。

日替わり無料アプリも一覧されています。

2012-12-02 00.30.45

今日2012年12月2日0時過ぎにアクセスしたときは7notes with Mazecが日替わり無料になっていました。

早速ダウンロードしてみます。

 

2012-12-02 00.32.23

 

2012-12-02 00.32.28

2012-12-02 00.34.38

 

2012-12-02 00.34.54

 

2012-12-02 00.35.33

インストールはPlayストアーのアプリに比べると一手間だけ増えますが、すぐ慣れてしまう程度。

Kindleを買うかどうか迷う一番の要因はAndroidとして使えるかというところではないでしょうか。

Kindle PaperWhiteは読書端末ですがKindle HDはAndroidタブレットでもある、それも超格安のタブレットです。Androidとして使えると魅力的なわけですがPlayストアーにはアクセスも出来ません。

アプリを使いたい場合は個々で試しているamazon appsアプリストアーのみ対応です。

逆に言うと個々に必須と考えているアプリさえあれば、ほぼ満足できるということになります。

 

2012-12-02 00.35.42

2012-12-02 00.35.48

7notes with Mazecがオープン記念の日替わり無料でなんとただで入手できてしまいました。

※ごめんなさい、ATOKだめなひとで使わないかもしれません。

スクリーンキャプチャーしたかったのですが妙なキーアサインされていて、うまく使えていません。

数十回に一回くらい撮影できるのですが手間が惜しいのでiPhone4で撮影しています。

映り込みや反射の関係で焦点がうまく合わない傾向が強いです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村





_
| amazon

ESET Smart Securityが冗談のようなバーゲン中

B009CUXVIC
ESET Smart Security V5.2 1年1ライセンス 特別限定版 (最新版)

Windows 8の魅力を一挙紹介!日本マイクロソフトブロガーイベントに招待いただきました。

もしかするとWIんどws8をモニターできるかもしれない。

というのでついでにセキュリティースフともチェックしようかとAmazonをチェック。

カスペルスキーが先日や売りしていたので試すにはいいかなと思った。

残念なことにバーゲンは終わっていて9千円台終で試すには高すぎ。

画面の下にでも見かけない写真があった。

なにかと思ったら愛用のESET Smart security。

何を考えているのかっていう値段で一台一年のパッケージではあるものの1,280円とどうしてしまったんだと理由を聞きに行きたくなるようなバーゲンプライス。

いままでも3台セット3とか3年間パッケージとかで1ライセンス1年分にすると結構安くなるパッケージはあっても、つにね最低価格は一定ラインをキープしてきたESETが方向転換したらしい。

長年、販売委託していたものが委託先の方向転換で変なビジネスに集中するとかがあったけれどその影響だろう。

Amazonでみると販売元が懐かしのキヤノンITソリューションズさんに戻っています。

インストールメディアにCDとかつけているから原価割れしているだろうな、という価格で良さをわかってほしいというお試し版的位置づけなんだろう。

ここまでやるならブロガーなど活用してもっと広めればいいのに。

売り方が特殊で日本だけシェアーが小さいESETだけれど世界的にはとても使われている高品質なセキュリティーソフトで随分昔からITエンジニアの中では利用者が多いアプリ。

買ってしまいたいところだけれどライセンス持っていて買う理由がないのが惜しい。

それにしても安いな。

圧倒的にパソコンの邪魔しないのが好きで、唯一の欠点は起動時のチェックが重いこと。

パソコンを終了させずスリープ運用すれば気にならないのだけれどそうもイいかない。

オフにできるけれど、それでも安全性確保の点で若干の不安要素になってしまう。

SSDで運用していればあまり機にしなくてもいいかもしれない。

このところALYacの有料版をライセンス2本頂いたのでチェックかねてメインパソコンでは使っていてESET Smart Securityの方は起動するチャンスが無くなってしまっている。

バーゲンは今日2012/11/20いっぱいで終わりとのこと。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村




_

amazon kindle日本ついに発売

kindle

まるでAppleの発表を待ち構えていたように。

というか、それ以外考えようのないタイミングで今日

2012/10/24日本のAmazonがKindleを発表しました。

関連リンク:Amazon

トップページ表示するとKindle紹介を大々的に展開しています。

ものすごく注目しているKindle Paperwhiteは、なんと8,480円という破格の安さです。

アメリカのように広告乗りますよとかでは無いようで、良いですね。

一足早く販売しているアメリカでは、わりかし大雑把な人間集団のはずなんですがフロントライトの明かりが平均的でないとか、容量が半分になったことや音声読み上げがなくなったことが分からないなど複数のクレームが上がっていますが、謝罪しつつも受け入れて欲しいという仕様的なお話になっておます。

異常なまでに過剰品質を求める日本市場がAmazon Kindle Paperwhiteを受け入れられるかどうかは日本市場が国際化できるかの試金石になるのかもしれません。

もう一つの目玉Kindle HDも15,800円と月末ころ大発表すると言われるGoogle Nexus7 メモリーアップグレードの出鼻をくじくような超低価格です。

何より驚いたのが日本では諦めていたAmazon Kindle Papewhite 3Gがアメリカ並みの条件で登場し価格もたったの12,980円ということ。

Kindle Paperwhite 3GとはKindle Paperwhiteに3G通信をバンドルしたモデル。

その特徴は3G通信機能を内蔵しつつ購入するとずっと無料で3Gが使えるということです。

コンテンツのダウンロードくらいしか使えないわけですが、日本で今一番安いMVNOの3G simが月額500円です。
年間で6,000円ですから毎年6,000円無料になるようなもの。

サイトを見て疑問なのがクラウドストレージの有無。

日本では提供されないのかな!?

クラウドストレージが無償であれば、自炊データーをアップすることで自在にKindleで読めるので使い勝手良いわけですが、購入データーのダウンロードだけだと12,980円は高く感じるかも。

自宅にWi-Fiがない、テザリングもできないガラケーや従来のソフトバンクのスマホユーザーにとっては魅力的な製品になります。

コミックなど大型(大容量)コンテンツは3Gでダウンロード出来ないそうなのでまったくWi-Fiにあてがない場合は十分検討しするべきでしょう。

モノクロ画面ですからコミックとかあえて購入するの!?という気もするのですが本格的に見るのはPCでとかいうのもありですから。

フォントが楽天のkobo touch同様二種類しかないのはかなり寂しいところ。

題字などは画像でも使うんでしょうか。
これではブラウザーでサイト見るレベルになってしまうので、フォントはもう少し工夫して欲しいところです。

文庫を読んでいるつもりで読めばそれなりに楽しめそうですが、そういう時代でも無いですから。

絶対でないと諦めていたので気にかけていませんでしたが、こうなるとKindle Paperwhiteでは読書以外にデキることがあるのか無いのか、独自アプリが存在し得るのかなど気になってきます。

この辺の情報掲載されていないので販売後に確認になりそう。

予約開始で提供は12月2日から。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村




_

Story Telling Again And Again|Amazonで3曲無料配信中、Kindle時代の練習用に

amzzonでStory Telling Again And Againなど3曲が無料配信されています。

Storytelling, Again

MP3形式での無料配布。

こういうミュージックデーターの配布は別に珍しいことではないのですが楽曲的に良いのと、Amazon Kindleの日本国内販売が近づき、アマゾンでのデーターDownloadをできるだけ多くのハードで慣れておきたいところ。

Windows7 64bit版で試しましたが、そのままでもダウンロードできますが3曲一気に選んだらダウンローダーのインストールを勧められました。

まず曲の購入は書籍と同じ。

無料でも一旦ショッピングカートに入れ購入手順を踏みます。

無料ならそういう手間省略してほしところですが、面倒なら1 Click購入を行なえということのようです。

1クリック購入は間違えて買いかねないので使わないようにしています。

購入手順をいつ通り進めると最後にDownloadになります。

そこでAmazonダウンローダのインストールが薦められます。

OKするとダウンローダーのDownloadが始まります。
ダウンロード終了後インストーラーをダブルクリックしてインストール。

インストールが完了すると素直に曲のダウンロードが始まりました。

期待したよりスムースです。

iPhoneのためにiTunes入れているのでダウンロード後にiTunesまで起動してしまいましたが、ファイラーで曲名ダブルクリックして再生もOK。

image

ファイル名もわかりやすい形式になっていてGoogleなどより良い感じです。

レコード盤がなくなりCDになったようにCDが消えダウンロードでの購入(入手)が基本に変わる時がいよいよ来たようです。

物がかさばらなくて良い感じですが所有欲を満足できない問題は少し残るかもしれません。

それでもレコードの30cm司法もあるような巨大なジャケットがなくなっても、あっさり受け入れられたようにCDジャケットが消えてもあまり問題なくて欲しい人だけがGIF画像落とすとか写真集買うといった形に落ち着くのでしょう。

どうしても物で欲しい人はDVDを購入するれば良いのでしょうし、CDの時代も終わりですね。

小学生の頃、深夜番組の11PMで大橋巨泉さんが実に自慢げにCDの魅力を語り実演して魅せてくれ、それを見てこれからはもうレコードじゃないなと納得したものですがレコードからCDへの完全移行にはそれから十数年を要しました。

ハードウェアとしてレコード盤を再生するステレオが浸透していたのが理由と思います。

今はそういうハードはむしろ少なくてCDで販売されても聞くのはパソコンであったりiPodやiPhoneなどのICレコーダーであるわけでデーターのままダウンロードするほうがむしろ手間なく向いています。

iPod販売からの年数考えると、逆にもう十二分にCDとの併売期間はあったわけで来年辺りからCDに焼かれる楽曲が一気に減っていくのでしょう。

AKB48のCDが一人で何枚も購入されて廃棄されていたりする現状からすると、CDってとてもエコに反する存在に見えます。そろそろ自然消滅してものの消費を削減する方向に移って良い時期です。

 




にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村

アマゾンがエコ配

先日注文したワンセグ用屋内アンテナ



発送状況確認したら出荷済みとなっているのに配達が月曜
おかしいなと思って配送状況確認すると

amazon-antena.JPG


amazonもエコ配を使うようになったんですね。
秋葉原にいると、エコ配の自転車が走り回っているのにしじゅう出くわしますが配達区域が限定されているし日数も少々かかるので本格利用はされない様子でしたがアマゾンに食い込んだなら一気に成長しそう。

ネゴしなくても400回分まとめて購入(プリペイド方式)すると1配送260円と格安。これで東京大阪間でもいけるようなのでアマゾンのように拠点ごとに配送吉を持っていれば同一区域内配送だしボリュームも桁違いだから宅配便使うより相当コストダウンできそう。


委託している税理士事務所も数年前から使っていましたがコストメリット大きいのでしょう。
配達先の比率は一般的には首都圏と大阪を足すと7〜80%位を占めるでしょうから通販にとっての最大のネックである配送コストを下げられるのは魅力。配送地域とサイズによって業者を使い分けるのはちょっと面倒ですが、それだけで利益が違ってくるので商品本体では数%リエイ気を出すのも難しい現代のビジネスでは魅力ある運送手段の一つです。

とはいえ、わたくし自身は使ったことが無いので品質はわかりません。
受け取った時の印象は、大手宅配便業者のセールスドライバーに比べるとちょっとクオリティーが低く感じましたが、ここ数年大手のクオリティー低下も目立ってきているので利用者が増えれば改善されていくのかもしれませんし、届けばいいと考えればコスト最優先はあり。

アマゾンに戻ると出荷の翌日ではなくて翌々日以降の配達になっているので契約運賃はかなり安そうです。

月曜に届くようなのでどんな状態でつどくのか、配達の雰囲気など楽しみです。


関連リンク:
エコ配

しつこいですけど、一度も発想に使ったことはないのでクオリティーは知りません。
運送の品質は商品の品質以上にショップなどにとっては重要な要素なのでもしも使う場合には事前に十分テストすることをお勧めします。とくに宅配は再配達や留守の時の対応、商品不着クレームがあった時の対応がとても重要なので確実に届く相手にだけ送っていては良し悪し判断できませんからご注意を。








プチプチで梱包したり面倒な出荷作業。
エコ配の場合は専用の紙袋限定で1サイズというのは不便な反面、放り投げたりはしなさそうな気もして多少梱包らくできるかもしれない。それもテストしてみないとわかりませんけど。
最大のネックはプリペイド方式でまとめ買いしないといけないこと。

知り合いでも事務の人に面倒だとクレーム出されて使うのやめたところは数社あります。
コスト意識を持たせることができなかったのが彼のところの敗因ですが、働く側も自分でコスト意識持たないと自分で自分の首を締めることになります。どうしても目先の手間暇を惜しみがちですが、システム化すれば労力減らせる部分もあるし工夫次第。




amazonアプリダウンロード販売開始で一部無料配布中

正直今頃!?と、むしろ遅すぎる参入に驚いてしまったのがAmazonのアプリダウンロード販売。
あの楽天でさえずいぶん前から参入しているというのに。

まあ大物は最後にやってくるということでしょうか。
こんなにも遅い参入となった理由が本当に知りたいところですね。
なにせくクラウドサービス提供では先頭を走っていてDownload販売ができない理由が見つからなかった。
Kindleだって紙の書籍の売上を上回っていますからね。
物流がいらない分、競合との差別化が図りにくいですがそれが原因なのだろうか。

Amazon PCソフトダウンロード販売

『超字幕/Discoveryネクストワールド 2030年のテクノロジー:未来のエンターテイメント ダウンロード版 (A) [ダウンロード]』やMS Officeテンプレート、ゲームなどが人数限定で無料ダウンロードできます。


日本ではVectorという老舗があって古くからのパソコン利用者はそちらを愛用しているのではないだろうか。ソフトバンクが始めたBBストアーもうまく言っているという話は聞かないし売り方が難しいのでしょう。





そういう意味ではAmazonのレコメンド機能は強烈。
本始めなにか買ったり検索したら、関連しそうなアプリを紹介する。
PC専用となっているけれどAndroidアプリをおいたら本家より売れるだろう、

ますますアマゾン寡占が進みそうな小売の世界ではあります。

kindle3が日本のアマゾンで買える

amazonといえばKindle。
NOOKにそのKindleが抜かれたというので日本のアマゾンではいくらで買えるのかと検索したら、なんとKindle3がヒットしました。




Wi-Fi版ですが、日本法人が販売するということは電波法的にも問題ないということなんでしょう。
円で決済できるし送料も気にしなくてよいのでドルで買うより割高だけどありかもしれませんね。






落ち着いてみるとamazon.co.jpの販売ではないんですね。
$109.99-で81円換算だと8,910円くらい。
アメリカから日本への送料入れても直接買ったほうがやっぱり安いか。

HotShopGo使えば日本へは直接出荷できないものも買えますよ。



なぜ気になりだしたかというと少量のPDFみるならギャラタブが便利なんですがボリュームがあるとさすがにバッテリーが気になる。バッテリーが減るということは消費電力が増えているわけで、控えたくなるわけです。
デュアルディスプレーなAndroidはあるので、タッチ式液晶とE-inkのデュアルディスプレーを実現して欲しい。もちろん片方オフに出来るようにして、標準はE-inkでいいかもしれない。

Twitterやメールならフルカラーの必要性は低くて、必要なときだけ液晶を駆動すれば良い。
そういう超々低消費電力設計なAndroidをつくってほしい。

カメラのように前面と背面の二面式にしてもいいのかもしれないですね。コストも下がるし重量も減るし作りも簡略化できる。同時に二面見られないのが残念だけど、廉価版としてはありかも。




やはりKindle3日本でも人気なんですね。
ケースなどは実に多様なものが楽天などでもこれでもかと出品されています。


タグ:Kindle Amazon


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク