最新技術:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > 最新技術


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

CEATEC2010 産総研 サイバネティックヒューマンHRP-4C未夢の技術解説

AMNさんからCEATEC2010プレス入館証をいただき、一般非公開の2010/10/05にCEATECへと行ってきました。

CEATEC報告第ニ弾も秋葉原の住人らしくボーカロイド
CEATEC2010 産総研 サイバネティックヒューマンHRP-4C未夢の歌声

写真のアップさえ最近は控えているのでyoutubeにアップしました動画


CEATEC報告第一弾も秋葉原の住人らしくボーカロイドでは、サイバネティックヒューマンHRP-4C未夢が実際に動作しているところを間近からコンデジで動画撮影したものを公開しました。

第二弾は、開発者が簡単な説明をした後、詳細はこちらといったビデオを撮影したものです。

サイバネティックヒューマンHRP-4C未夢が歌う曲は今回のためだけに新たに作られた楽曲。作った本人が歌い、それをデーター化してサイバネティックヒューマンHRP-4C未夢にインストールしています。顔以外の動きは、別途設定したそうです。前回の動画を見て頂ければわかりますが、動きはかなり控えめ。それが返って自然さを増しています。

今まで以上に自然に見えるのは口の動き・表情に秘密があります。
昨年から一年、研究を重ねられた部分。
「口がなにか不自然」

観察するとアンドロイドは声を出すときしか口が動かない。まあ、当たり前ですね。
ところが人間が歌うときは、唄う前に口が開く。言われてみるとそうかも。
説明は続き、歌う為には直前に行きを大きくすいこむ必要がある。なので、歌う直前、人間の口は先にあく。これを見憶えていて、アンドロイドの動きが不自然に見えるというのです。

深いなぁ。

ということはSF映画などであるアンドロイドやターミネーターは日本の技術がなかったはずなので、歌わせてみれば見分けがついたのかも。

では、ただ口を歌う前に開けさせる!?
それで充分だと思うんですが研究者ってこだわりますね。だから好きなんです。
どうしたかというと、息を吸い込む音を混ぜているんです。よくぞそこまでこだわったモノ。しかも、それをこのビデオの中でも細かく解説しています。

前置きが長くなりました


こちらもわたくしがコンデジで撮影したものです。

文字だけでは寂しいという声もあったので、先日のマクドナルド「iCon' Chiken FES.」イベントでも実は動画を撮影していて、見直してみると結構楽しさがつたわる。後ほどアップしてみます。

酷暑対策に加湿機活用

SNSの日記で書いて好評なためこちらでもご紹介
今年は冷夏の予報を覆す酷暑
もう8月も一週間と言うのに凄まじい暑さが続いています

ECOに取り組むと決めたのでほとんどエアコンも使っていません
当初はゴーヤのグリーンカーテンだけでしのごうと考えていましたが、甘い
その程度でなんとかなる暑さではありませんでした

そこで思い出したのが気化熱を活用した冷風扇(れいふうせん)


電気代もわずかで涼風が来て健康にも悪くない
とはいえ、夏以外は邪魔
風量も多くはないので、流用が利かない

そこで考えたのが超音波加湿器の活用
実は去年からはじめていて、エアコン使っていたので屋外機の
冷却能力アップのために空気とともにミストを吸い込むよう設置
狭いベランダに3台も向かい合って屋外機があるので
何かしないとあっというまに50度越えてさすがにエアコンの
利きが悪くなってしまうから苦肉の策でした。
結果は多少効果あり
屋外機の熱交換機に直接水を当てるのが一番ですが
それをやると熱疲労でパイプが割れてしまう
効果は低くともミストが限界
※業務用では水冷式も存在し、効果絶大
※水道局に届け出て処理しないと下水料金が無駄になります

今年はエアコン使わないので直接人を冷やすことにしました
方法は簡単で扇風機と人との間に超音波加湿器を置くだけ

湿気ない?
効果あるの?

って質問目白押しでしたが冬と違い気温高いので
加湿器を使ってもそれほど湿度はあがりません
当然、エアコン使わない前提なので窓を開け
換気はしてください

エアコンを弱くかけて扇風機併用のときも効果は高いと思います
エアコンは除湿機の働きもあるので問題無さそうですが
加湿能力と除湿能力の比較になります
湿気ないかどうかは各家庭で変わるので利用にはご注意を

説明続けても理解得るのが難しくて実際に販売されている
おもしろグッズを紹介しましたところ、すぐなっとくしてくれました


霧吹きの頭にファンが付いたもの
実に直感的にわかりやすい


もう見たまんま、扇風機に加湿機が合体している
こういうものだと冬場も加湿用とサーキュレーター機能合わせて
期待できるので夏冬使えて良さそうです


本格的な業務用
水道の蛇口にホース直接つないで使います
スプリングクーラー(消火栓)と同じ感じ

これの巨大なものは高速道路のサービスエリアで活躍しています

おススメは超音波加湿器を買うコト
冬は高くてすぐ売り切れてしまいますがオフシーズンの夏
ものすごく安くなっていてます


こういうやすいタイプで十分
一昨年、暑い盛りにカエル型を購入しました
電気街で真冬9800円で店頭に並んでいるときは驚きました
購入したときは3台買ってもお釣りがくる金額でしたから

できれば中堅スーパーでくれる純水がお薦め
水道水は硬度成分が含まれていて電気機器に優しいとは言いにくい
絶対いけないのはミネラルウォーターの使用
顔にあてる程度のものは良いですが、加湿器にミネラルウォーターつかうのは
家電を自分で壊しているようなものです

LED電球が実用化していた

白熱電球の生産中止を国が決めてしばらくたつ。
これからはECO(省エネ)とCO2対策(温暖化対策)のため蛍光灯の時代になる。

自宅は、ほぼ蛍光灯に切り替え済み。
一番最後になったのはダウンライト。
電球が小さいので、そこに入るものがなくて困った。
それもとうとう販売されるようになり、トイレと玄関は行ってすぐのライトの二箇所のみ白熱電灯。

すぐ明るくなって欲しいのと、一回あたりの点灯時間が短いから。
蛍光灯でもそういう用途のものが出始めたが、内部に事実上の白熱電球が入っていたり、ちょっとしたごまかしの段階。


ところで、液晶ディスプレーやノートパソコンは、蛍光灯の一種である冷陰極管からLEDに光源の置き換えが急ピッチで進んでいる。

愛用のMacBookもそうで、均一な明るさとバッテリーの長時間運用を可能にしてくれる。
そして、発熱も抑えてくれる。


大光量のLED開発がまだまだで白熱電球や蛍光灯を置き換えるようなものがなかなか出てこなかった。
秋葉原を歩いていても、あやしいLEDがやたら大量に使われているものしかない。

回路がしっかりしていて、全てが並列接続ならいいが、コストセーブ優先で直列接続されたらどれかが故障すれば点灯しなくなってしまう。
何より高いし、さほど明るくない。


そう思っていたら、今朝のロイターニュースで
東芝がLED電球を5250円で発売へ、シャープに対抗
という記事に出会った。

7月15日にシャープが40W型LED球を3,900円程度で販売開始するという。

定価か実売価格だろうから、安売りを探せばもっと下がるはず。

蛍光灯の40〜60Wタイプは1,000円前後が多い。
3〜4倍するが寿命もそれ以上のびる。
消費電力は圧倒的に少なく発熱も小さい。


いよいよ家庭にもLEDで証明を入れる時代が到来した。


amazonで検索したら、すでに東芝の10,500円のLED球が3,980円で購入できる。

自宅の蛍光灯も玉切れしたら順次LED球に切り替えていこう。




楽天だと
一般電球から代替可能なカタチを実現した「E-CORE」LED電球一般電球形4.3W◆LEL-AW4L【お買い物...

やはり記憶が正しい、まだ変える値段ではない6,300円だ。






ちなみに少し改良して欲しいところがある。

直流化回路を入れるのだろうから、そこに数分間持つキャパシタなりを入れて欲しい。
給電が止まったら、キャパシタから給電する。

日本ではめったに停電が無い。
それだけに準備ができていない。
いっせいに暗くならなければ対応する余裕が生まれる。

証明時間を延ばすためと停電を知らせるために、光量を50〜25%くらいに減らしても良い。

全部そうされると、従来の白熱球と置き換えができなくなる。
スイッチをオフにしてもしばらく消えないんじゃ困る。

選べるようにしてもらえるとうれしい。


蛍光灯を置き換えるタイプも早く出して欲しい。
天井から吊り下げる一般家庭用ならすぐにもできそう。

置き換えで困るのは、きっといままでのかさでできたあとだろう。
そこだけ天井が他よりきれいなはずだから。

事務所などで使う富士形のものは置き換えの工事が発生するが、麻生さんが無茶をした15%以上のCO2削減を強制されたら、一番効果が出そうなところ。

テレビや高速道路に税金を使うより、光源のLED化に税金を使って欲しい。ずっと省エネだし火災などの原因にもなりにくい。

玉切れが激減すればビルメンテナンスの経費だって減る。
あまり知られていないがマンション共用部の電球交換時の事故
管理人さんの事故でかなり多いらしい。
高齢者が多く、マンションの天井は高くなる一方。


脚立など不安定な台を使い電球交換するときに落ちて怪我をされるらしい。
労災適用にならないこともあるそうで、一番嫌な作業のひとつと聞いた。専門業者に依頼している管理会社もあるが、その文割高になっている。チェックや交換が3〜4年に一回とかになれば、経費がり浮く。
証明の量も半端では無いので全体での電気代節減と温暖化ガス排出抑制には有効でしょう。

税金はもっと前向きに、単なる消費ではなく省エネで一度の投資で長期間効果の続くものに使って欲しい。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク