ECO:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

あさイチで紹介のアルミホイル活用方法はぜひやめてほしい:NHKはもう少し考えて行動してほしい

けさ(2016/10/18)のあさイチはスゴ技Qでアルミホイル活用法が紹介されました。

アルミホイルの活用法というのは本当に考えて紹介してほしいハウツーの一つです(基本紹介には、いまは反対です)

NHKという公共放送名乗り、国民から強制でお金を取る組織が放送するべきものではありません。

アルミホイルの使い方として魅力的ではないという意味ではありません。

むしろ逆で、寝た子を起こすようなことをするなという部分が大です。

 

アルミホイルの原料はアルミニウムです。

知っている人も多いと思いますがアルミニウムは電気の缶詰といわれる金属です。

原料の鉱石から鉄などは溶鉱炉で高温に熱し精錬することができます。

ところが、アルミニウムは酸素との結合が強く鉄が溶けるほどの高温でも精錬できません。

大量の電流を流して電気分解の要領で精錬しなくてはなりません。

アルミニウムはアルミの鉱石と大量の電力の賜物です。

 

アルミホイルそのものが資源の浪費になっている現状

鉄は精錬つするのにさほど電力を使わず、しかもその大半が使われたあとは再収集され、溶かし直し不純物を取り除いて再度鉄として活用する仕組みが出来上がっていて、日本国内でも日々運用され、あまり無駄にされずに活用され続けています。

ところがアルミニウムではまだまだこの仕組みができていません。

缶ドリンクのアルミ缶については、空き缶泥棒が横行しているほど回収業者さんが再生させてくれているので大電力が無駄にされることなく、再利用されています。

 

アルミホイルは現状ではごみになってしまい再生されないという大問題

アルミホイルは、料理などに使われます。

最近ではコンビニなどのおにぎりの包装材としても注目されています。

缶ドリンクは飲み終わったら回収されるように分別廃棄する習慣が日本にも根付いています。

 

しかし、料理などに使われるアルミホイルは、まだほとんど回収再利用が日本では一般化できていません。

アルミホイル使えばゴミとして捨てられ貴重な電力も一回使われて使い捨てになってしまいます。

 

アルミホイルは非常に薄く少量しか使わないので資源の浪費感がないのも怖いところです。

天下のNHKが一生懸命アルミホイルの使い方を喧伝し、もしも5千万世帯で毎月たった1グラム使用量増やしたらどうなるでしょう。

1グラムというとちょうど1円硬貨一枚の重さです。

アルミホイルとしても一回で、1グラムくらい使ってしまうでしょう。

 

5千万世帯で一ヶ月に1グラムアルミホイル余分に使うと、一ヶ月で消費されるアルミニウムの重さは5,000万グラム増えます。

5,000万グラムですから5万トンですね。

大怪獣一頭前後の大量のアルミニウムという形で電力もごみになってしまう。

 

5,000万世帯が毎月1グラム余分には使わないでしょうが50万世帯が毎月100グラム余分に使ったら同じ重さです。

家庭用のアルミホイル1〜3ヶ月で一本余分に使うとこんな量になるようです。

 

毎月5万トン

年間で60万トンのアルミニウムと、精錬し加工するのに要した大電力がごみになってしまう。

 

公共放送ならばNHKさんにはまず、こうした消費を促す行動する前に、アルミホイルの適切な回収方法のレクチャーや、その前提となる分別回収を各自治体で行うような仕組みづくりをキチンと行ってからにしてほしいものです。

民放各社のようにメーカーさんなどからの広告収入がたよりの民放さんでは、商品の販売を阻害しかねないアルミホイルは回収作がきちんとするまで使用控えましょうなんていいにくいでしょうがお金を直接一般人から強制的に徴収しているNHKにこそできることです。

 

無茶を言っているのではなくて、容器包装プラスチックのように対象を明確にして分別できるよう表示を明確にした上で義務付け、各自治体にも分別回収から再生への再利用策を徹底させているものがあります。

アルミのような大量の電力を使う資源を無駄にしてしまいかねないアルミホイルという商品の販促活動的な放送するなら、事前に十分な時間を使ってアルミホイルの分別から回収、再生の仕組みを整えることを優先してほしいです。

実際問題、他の資源と違い、分別回収されさえすれば、あとの仕組みは缶ドリンクのアルミ缶などの再生という形ですでに日本中にインフラはできているのですから。

 

今住んでいる八王子市の場合のアルミホイルの扱い

http://www.city.hachioji.tokyo.jp/dbps_data/_material_/localhost/soshiki/kankyo/gomigen/bunbetuitiran/28.1kaiteiban.pdf

不燃ごみとして他の不燃ごみと一括で収集

大雑把にほかの金属やガラス、せとものなどととも分別されます。

回収後の処理はよくわかりませんでした。

効率的に回収して再生するのでしたら、今のゴミ回収ルールの中ならば、むしろごちゃまぜにするより、缶類として回収される方がスムースなはずです。そのまま、アルミ缶と一緒に再生業者さんに引き渡しやすいはずですから。

 

アルミホイルが悪なんだとか、存在するべきでないとか、使うやつはエコじゃないとか言うつもりは毛頭ありません。

便利なものは活用した方がいいし、おむすびがより美味しく食べられるならその方がいいです。

でも、そうしたハウツーを安易に広めるのは反対で、その前に分別や回収方法をほんの少し変えれば、資源として貴重なアルミニウムが再利用できるようになるのですから、空き缶と同じ回収ルールに変更させていくとか、空き缶同様、ゴミに出す前に洗ってきれいにして分別にするなどしたらいいなと。

 

| ECO

やめてほしい流行「おにぎりをアルミホイルで包む」というアンチエコ行為

おにぎらず

去年は、おにぎらずが流行りました。

握るという、ちょっと熱くて辛くて、結構技の差がでるおにぎり。

握らずに、それでいて具だくさんにできて健康的でいい流行でした。

 

2016年、東日本大震災から5周年の日に見てしまったとても残念な記事が「おにぎりをアルミホイルで包むと美味しい!」です。

おにぎりをアルミホイルで包むってやめてほしい。

 

おにぎりをアルミホイルで包むのはやめてほしい理由

アルミホイルはアルミニウムという電気の缶詰で出できています

鉄の場合

最も使われている金属は鉄です。

鉄は鉄鉱石を溶鉱炉で強烈に熱しながら炭素と反応させて酸素を取り除き酸化鉄から金属の鉄に戻し利用しています。

 

莫大な料のエネルギーが生産には使われます。

しかし、鉄の多くは使い終わっても回収され電気炉などで溶かして再度鉄として再生され再利用されます。

エネルギーを大量に使うものの、そのエネルギーは再生され活用し続けることができています。

 

アルミニウムの場合

アルミニウムも鉄と同じで減量はあるもの酸化物の鉱物です。

鉄は溶鉱炉で加熱して炭素と混ぜてあげれば酸素が取れて金属の鉄が作れます。

ターミネーターでも液体金属の最新型ターミネーターとT800が戦い、溶鉱炉で最後を迎えました。

 

アルミニウム(アルミ)は、鉄と違いより強固に酸素と結びついています。

溶鉱炉でギンギンに加熱して炭素を入れても金属のアルミに戻すことができません。

化学処理して酸化アルミを取り出したあと、なんと、電気分解してアルミを取り出します。

莫大な料のデン力が必要なため、電気の缶詰と呼ばれています。

 

アルミニウム – Wikipedia

詳細にアルミの精錬法をおしりになりたいときはウィキペディアが詳しいです

 

とてつもない電力を必要とするため、あるもの製造には鉄やステンレスなどと比較にならないほどのエネルギーを消費しCO2を発生させています。

環境にとてもダメージを与えてしまう金属なんです。

 

アルミは再利用しやすい金属

アルミは電気の缶詰です。

島国の日本は電気の輸入ができていません。

しかし、水が食品として大量に間接的に輸入されているようにアルミニウムという金属として大量に輸入されています。

 

環境へのダメージが甚大なアルミですが、軽量で強靭でとても使いやすい便利でなくてはならない金属でもあります。

コンビニでも大量に売られているドリンクの大半はアルミ缶に入っています。

 

しかし、そうして使われるアルミは使い捨てではありません。

 

缶詰であっても空き缶は回収されます。

しかも、大電力使って作られるアルミは鉄やステンレスよりも高価なため、ゴミとして廃棄されることなく、道路に転がされていても回収され回収した人の収入になり、さらに再精錬されアルミに戻り何度も何度も活用されます。

 

大量にアルミを輸入し続けている現状は問題あるものの、輸入されたアルミがごみの山になって環境破壊しているわけではなく、再生されて活用され続けているのですから、まだ救われます。

 

アルミ箔はトイレットペーパーが紙の終着点同様アルミの最終形態

飲んだらごみになってしまうアルミ缶でさえ、その大半が再生され使われています。

しかし、アルミ箔になると状況は変わってしまいます。

どうしても使い捨てされ燃えるゴミなどとともに廃棄されてしまいがちです。

空き缶のような回収かごもどこにもありません。

アルミ箔になってしまうと、消費者の意識がよほど高くないと大電力使って作られたアルミがそのままごみになりさらに環境を破壊する元になってしまいやすいです。

消費者が悪いといえばそれまでですが、なかなか回収されにくい商品です。

 

おにぎりは、日本中であまりにも大量消費されている食品です。

アルミ箔はそれでもそんなに大量に使われているわけではありません(少ないともいえませんが)。

ところで、おにぎりは、お米を食べなくなったと言われる現代でも大量に作られた医療に消費される食品です。

コンビニは日本中くまなく大量にあります。

この大量にあるコンビニの収益源はおにぎり筆頭にお弁当と雑誌です。

 

おにぎりは日本中でありえないほど大量に毎日消費されています。

 

もしも、おにぎりはアルミで包むもの!

という風に世の中の雰囲気が変わってしまったら、流行に敏感なコンビニは率先して大量消費されるコンビニおにぎりの放送を流行に合わせてアルミホイルに買えるしかなくなります。

流行したおにぎらずだって、コンビニの弁当の棚に並んでいるように。

 

そして、おにぎりを包んだアルミホイルを丁寧に解いて、洗って回収に出せる人がどれほどいるでしょう。

包装紙だからとそのままゴミにしてしまうのではないでしょうか。

 

そのままゴミになってしまう。

しかも、そのゴミにされたアルミ箔は今まで回収分別の対象としてはあまり考慮されていないのです。

 

アルミ箔が捨てられたら

可燃ごみに捨てられてしまったら

可燃ごみとして捨てられてしまったら、アルミ箔だけ取り出すのはとても困難です。

そのまま焼却炉に入り大気汚染の元になったり焼却炉本体や排気の浄化系を痛める元になってしまいます。

 

燃えないごみに出されたら

ゴミに出すとき気をつけて、可燃ごみではなく不燃ごみにしたらどうでしょう。

鉄なら磁石で簡単に分離できます。

アルミは磁石にご存知のようにくっつきません。

他の不燃物と分離するのは難しいです。

空き缶ならお金になるので、ゴミ箱からより分けでくれる人もいるでしょうが、アルミ箔はとてもアルミとしては少量なのでお金にもならず手間を掛けるほどの魅力はないでしょう。

 

結局、アルミ箔という形になってしまい、おにぎりという包装紙がベトベトに汚れやすいものの包装に使われれば、大電力を消費して作られたアルミもごみとなってさらに環境汚染する元になってしまうことになりかねません。

何重にも環境破壊を繰り返してしまいます。

 

おにぎりは大量に消費されるものだからアルミを使わないで欲しい

個人が料理するとき落し蓋代わりに使うといった程度なら、地球規模で見れば微々たる被害で住んでいました。

しかし、おにぎりは億に近い単位で毎日消費されるものです。

1つあたり使われるアルミの量が微小でも、日本全体での総量はかなりのものになってしまいます。

一度流行りだすと、押しとどめるのは容易ではありません。

 

バター不足の時に生クリームからバター手作りできると広める人がいて、心ないことするなとおもいました。

バターが不足したのは生乳がたりなかったからです。

生クリームは大量の生乳から作られていて、それでバターを作ったりしたらますます牛乳不足、しいては、バター不足に拍車をかけてしまうからです。

 

不足していない時に、自分で作ってみると本物のバター(無塩バター)が体験できるよというのには、何ら反対はいたしません。

 

どうように、少量できるだけ再生できるように注意しながらアルミホイル使うことに、異議を唱えたり、まして、アルミホイル悪だなんて思いもしません。

料理するとき、アルミホイルって本当に便利な小道具です。

 

しかし、アルミホイルも使う量の問題です。

おにぎりのように、単体では少量しか使わず、回収の手段も準備されていない場面で使われてはいけないよなというだけです。

最悪の使い方の紹介じゃないの、というふうに感じています。

 

アルミニウムで、おにぎり包まないで欲しいのです、まとめ

アルミニウムは電気の缶詰です

鉄やステンレスなど比較にならないほど作るのにエネルギーを使いCO2を発生させ環境にダメージ与えます

 

普通に使われるアルミは容易に再生でき、実際に再利用が進んでいます

 

アルミ箔にしてしまうと、この再生の輪からどうしてもはみだしてしまい、環境破壊を進めやすくなります

おにぎりは、日本では毎日とても大量に生産され、消費され、一部は毎日燃えるゴミになっています。

 

おにぎりの包装にアルミ箔を使えば、大量のアルミが再生できず廃棄され環境を破壊していく元凶になってしまいます。

 

流行すれば販売店ではそれに乗るしかなくなってしまいます。

おにぎりはコンビニが頑張ってもう十分良い包装ができています、不要なことを流行させないで欲しいだけです。

個人の楽しみは良いけれどネットがマスコミ以上に力と拡散力を持つ時代、情報発信には最新の注意をはらう必要があります。

 

アリの一穴

蟻の一穴という言葉をご存知だと思います。

水害対策の堤防に、普段足元にいても何の悪さもしないどころか、むしろ有用でさえあるアリ。

そのアリが空ける小さなアナ。

普通の地面にアリが穴をほっても問題はないのです。

 

しかし土で作られた堤防に、蟻の穴ほどの小さな穴が空くと、大雨の後、堤防を決壊させる原因になってしまうのだという戒めです。

シロアリだと家を壊してしまいますが、アリのせいで、堤防が決壊するという意味ではありません。

 

普段ならとるに足らないほどのことでも、重大な結果を招くことになる、些細とはいえないこともあるので注意が必要なんだという古人が今に伝えてくれている知恵です。

アルミ箔で、おにぎり包むという発想は古人がひっそり楽しむには良くて、それをネットにのせるのは、まさに蟻の一穴なんだということを、お伝えしたくて記事にまとめました。

| ECO

オフィスのエアコン戦争に終止符!?キングジムのハイブリッドファン

暑がりでオフィスではいつも暑くてしんどい思いしていました。

別の人は寒がっていることもあります。

なにより席の関係で冷風が直撃すると暑がりでもつらく感じますから、エアコン苦手な人には苦痛どころか拷問に等しいだろうと思います。

冷風の吹き出し口にいろいろな材料使って風向き変えるような羽をつけてはできるだけみんなが快適に過ごせるようにチャレンジしたものですが、なかなか成果出せませんでした。

 

ツイッター見ていたらキングジムさんが面白い商品を宣伝していました。

ハイブリッドファンという自動車!?みたいなネーミング。

写真見れば一目瞭然で天井扇をエアコンの吹き出し口に取り付けるんですね。

 

 

冷風をファンの羽で受け止めて部屋の空気全体を撹拌、冷風の直撃を避けつつ全体の室温を平均化しつつ下げてくれるのはなかなかのアイディア商品です。

家庭でエアコン使うときにDCモーター・サーキュレーター使うと温度設定を控えめにしても冷暖房効果がより感じられるのと同じで快適になって節電省エネにもなるというのも魅力です。

オフィスだと夏場足元ばかりが冷たくて、室内の上の方はムッとしていたり、壁際は温度が高いとかエアコンの効果が思わしくありません。

 

サーキュレーター使えばいいんですがオフィスって案外サーキュレーターおけるようなスペースがなく、まあよくも効率よく使い切るなっていうほど人が利用しています。

その点、天井はまだまだ空きスペースが残っていて、そこを活用しているのもいいですね。

同じことを考えていて子供のころ映画で見て憧れていた天井扇とLEDライトが合体したものを引っ越し先では使おうかなんてあれこれ探しています。

DCモーター・サーキュレーターで風を下から送っても同じなんですが浴室を乾かしたりほかにも使いたい場所が多くて一台では足りません。

今冬まではDCモーター扇風機もあって2台体制

さらに従来のACモーター扇風機とサーキュレーターもあって6台ほど持っていました。

引越の準備の準備で一番新しいDCモーター・サーキュレーター1台を残して処分しました。

 

DCモーター扇風機やDCモーター・サーキュレーターも買い足しますが、天井の照明に天井扇合体させたら1台は節約になります。

足元が邪魔とか蹴っ飛ばして公開するということも減ります。

 

もう一度探してみたらハイブリッドファンの家庭用もありました

 

 

エココプターとは、微妙なネーミングセンスも健在です。

高級機種はエアコン本体にいろいろな機能があるので、こうしたものをつけると効率悪化させるかもしれません。

普及機種なら、この手のエコパート威力発揮しそうです。

引っ越したらエココプターもつけてみようかな。

| ECO

ecoなセスキ使ってみました|猫もいるし安全なのが一番ですね

2015-05-13 23.11.54

セスキをダイソーで売っていたので買ってみました。

200グラム108円とたいへん安く買えました。

 

NHKのイチオシなエコ商品という印象です。

セスキという名称使われたせいで、わたくしは逆に引いてしまって使わないできました。そのまま化学記号とかで書かれたほうが安心して使えます。

重曹が化学変化した物質で、重曹をうまく加熱してあげれば手作りも可能です。

 

引越とマンション売却のためいつも以上に念入りに掃除やお手入れをしています。

簡単なのは強力な界面活性剤を使う合成洗剤を使うことです。さっと吹きかけて汚れを界面活性剤の力で分解したり浮き上がらせて分離し拭き取ってあげるのがなんといっても効率高いし安上がりです。

しかし、使う人への影響も気になる市環境への影響も気になります。

なにより、愛してやまない小梅ニャンコ、お猫様への影響が気になります。

2015-05-11 07.28.15

 

普段強気な猫ですが、肉食獣のくせにどこまでもひ弱な生物でちょっとしたことですぐ体調崩してしまいます。合成洗剤使いまくるのは小梅ニャンコのことを考えると抵抗があります。

壁紙なども拭き上げたいのですが水拭きだけでは汚れが気になる部分があります。合成洗剤使うと面積が広いので人間は大丈夫でも、猫に影響ないのか不安が残ってしまいます。

 

セスキはアルカリの力を使い汚れを落とす大昔から人間が活用してきた科学の力の応用です。

界面活性剤が一切入っていません。

界面活性剤使わないと安全かというと、むしろ代替えに使うものが怖い場合があります。

セスキの場合は洗浄から料理まで幅広く何世代にもわたって使い続けられた重曹の一種(重曹を加熱して少し変化したもの)ですから安全性は経験的にも実証されています。

汚れが落ちる原理も、セスキが水に溶けるとアルカリ溶液になる。アルカリがタンパク質と油脂を溶かす性質を使っているだけなので不安要素がありません。強アルカリは怖いですがセスキのアルカリ性程度はかわいいものです(肌が弱い人は、それでもゴム手袋など使う方が良いです。擦り傷などあるとしみることもあります)。

重曹の一種なので猫にも害はありません(大量に食べさせたりしたらその限りではないのは食塩などと同じです、使う量が掃除に適正なレベルであれば、不安ありません)。

 

100円ショップに売っていたこともあって一つ買って使ってみました。

あいた500ミリリットルのペットボトルに小さじ一杯入れ、水道水満たしてスプレーノズルつけて使っています。

使い方は水で溶かして、それを雑巾につけて拭くとか、スプレーでそのまま吹き付けて気持ちおいてからふき取るだけです。

 

かなり薄めるので効果ないのではと思いましたがm壁紙とかスイッチ周りの汚れの大半は手垢や料理の時の目に見えない油はねが付着したものです。どちらもアルカリで容易に溶けるはず。

試してみたら、いともあっさり簡単に汚れが取れました。

感覚的にいうと申し越し汚れがんばれよって感じです、あっさり負けすぎ。

 

ほとんど水なのでコンセントとかスイッチ類に直セル霧吹きで拭きかけるのは危険なのでやめましょう。できるだけ子ブレーカーを落として安全を確保したうえで雑巾などに少量つけて固く絞って水拭きします。水道水だけではホコリは落とせても手垢や油はねの汚れはびくともしてくれません。ところが薄めたセスキ液だとあっけなく落ちます。汚れが頑固なときは少し待ちます。

 

合成洗剤と違い界面活性剤は含まないので万能ではありません。ホコリなどと油が固く混ざり合ってしまったり、油が多すぎると効果でません。無理しないでそういう場所だけは合成洗剤のちから借りた方が良いと思います。油汚れだけれどもセスキでは落ちない部分などは重曹を水で溶かし、そのまま沸騰させて覚ましたもので試すと落ちることがあります。セスキの水溶液よりアルカリ性が強いから落とす効果が高まります。重曹<セスキ<重曹を加熱した水溶液の順でアルカリ性が強まり汚れを落とす効果が高くなります。

 

注意したいのはセスキの水溶液は乾くとセスキが小さな結晶になって析出することです。

塩で試すと分かりやすいです。

食卓塩白い塩の結晶です。

水に溶かすと無色透明の塩水になります。

乾かすと塩の結晶が析出(残って)白くなります。

塩は水に溶けただけで蒸発するわけではないので水だけが蒸発して塩が残り決勝になるので白くなって見えるようになります。

 

セスキや重曹も同じです。

水溶液は透明です。

そのまま乾くと水は蒸発して消え、(消滅するのではなく空気に混ざってどこかえ飛んでいくだけ)あとにはセスキや重曹が残ります。決勝になるので白く見えます。

使った量によって粉っぽく見えるだけから白い塊が見えたりするのは塩を水に溶かして乾かした時と同じです。

 

 

いろいろ売られていますが、単純な鉱物なので効果に差はないのではないかと思います。

重曹と同じで自然に産出します。

 

スプレーボトル買うのもいいのですが、わたくしは100円ショップなどでペットボトルで使えるスプレーノズルを買い置きしています。

セスキつかって白っぽくなってしまう人は、濃度濃すぎる(水に入れすぎ)か、吹き付けすぎ。

拭き取り方が少ないとか、ぬれぞうきんで二度拭きしていないとか、こまめに洗っていなくて拭き取れていない状態です。

 

濃度は500ミリリットルのペットボトルなら料理用の小さじにすりきり一杯を水一杯に入れるだけです。重曹以上に溶けやすくて水を満たせば溶けてしまいます。

霧吹きで拭きかけるときは、しっかり水拭きしてあげないと、塩水吹き付けたままにするように白く残ります。水拭きすれば大丈夫です。微量残るかもしれませんが健康被害などの不安要素はほぼありません。使うと下水に流れますが合成洗剤のような環境汚染の不安もありません、天然に大量に存在し長年人間が使い続けている鉱物です。下水に流しても心配しなくてはいけないような影響はなく、むしろ下水管の汚れが落ちてよい効果が得られるかもしれません(たぶん薄まりすぎてほぼ中性なので洗浄効果はないと思います)

| ECO

黄色い液体が人類を救う!?お嬢様聖水とメタン発酵と

一部で話題の黄色い液体。

SNSなどみていても、あちこちで見かけます。

メーカーさんは純粋な気持ちで開発したそうです。

 

どんな商品もそれを解釈するのは消費者の都合。

ちょっと違う方向に解釈され、お嬢様ならぬ男どもから注文が多いらしい。

実際書き込み見ても女性のそれより男どもの日記が多い。

 

お嬢様酵素を作っているメーカーさん↓

おそらくは初めに見つけた人の思い込みで違う方向に解釈してそれがネットであっという間に広がったんでしょうね。

お嬢様酵素は何度か飲んだことがあります。

ボトルのデザインもかわいいし味も香りもよくて飲みやすい。

女性に人気なのがよくわかります。

 

まったくもって困った連中が妙な解釈したものです。

おかげで、買ってみようと思ったけど同類と思われたくなくてまだ飲んでいません。

地下鉄でも買えるらしいのですが、ますます買いにくい感じで通販しかないでしょう(;´・ω・)

 

缶入りドリンクに調整されていて、いつでも飲みきりのエナジードリンクの女性用のはずなのに。

微炭酸とかちょっぴり大人向けですね。

 

ところでそんなことを思っていたらとってもエコロジーなニュースを見つけました↓

斬新!「尿発電技術」は女性たちを救うか | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

下水に垂れ流してしまうのではなくトイレで回収して微生物を使い発行させエネルギーを取り出すそうです。

エコでいいですね。

しかも下水道処理の負荷も減っていいことずくめです。

 

ところで、糞尿の活用ってかなり昔からあります。

たしかドラマ北の国からでも登場したように思います(昔過ぎてうろ覚えですが)。

畜産の盛んな北海道で家畜から出る糞尿をメタン発酵槽で微生物により分解発酵させ液肥とメタンガスを取り出します。発生したメタンガスでガスタービンを回して発電したり熱をとったり。

とってもエコで衛生的なシステムです。

 

直接電気を取り出そうというのもいいのですが、自然エネルギーを標榜する人の奥がすぐに電力を得ようと短絡的なのが気になってしまいます。自然エネルギーは発生量がまばらでコントロール困難です。というよりコントロー人間の都合に合わせてコントロールしたいという発想とは退去の存在が自然というものです。

電気は発生したらすぐ消滅する。蓄えようとするとバッテリーが必要でどんどんエコではない方向に行ってしまいます。

メタンとか水素とか燃料を発生させれば、それがそのままエネルギー貯蔵庫の役割も果たしてくれます。後から使う技術や商品、設備はもうかなり出来上がっています。都市ガスの主成分はメタンですからメタンはそのまま活用するインフラ整備が完成しているともいえます。

太陽光発電したいから送電設備を作り、電力発生のバランスの悪さをどのように吸収するかで不可能に近い対応求められて結果的に火力発電設備が増えるばかりということをすすめるより、メタン発酵などさせて発生したガスを集約するパイプラインを整備する方がむしろ現実的です。

都市ガスも液化して輸入するため採取できる地域での価格と比較すると日本に来た時の価格は何倍にもなってしまう場合もあります。国内で生産できる可能性があるのにもったいないことです。ビルなどの地下に発酵槽設置を義務付けたり、こうした設備にこそ補助金を充実していけばいいのに。バッテリーも不要でガスの彫像タンクだけで済みます。大量にできるなら圧縮して液化すればすみます。発電などに回せば、そんなに大量に貯蔵することはないでしょう。バッファーとして消費量の数日分から十数日分も保管できれば十分そうです。

 

お嬢様聖水を見てメタン発酵なんて思い浮かぶのもどこかずれているのかもしれません('◇')ゞ

日本近海の深海で大量に埋蔵されていると話題のエネルギー源メタンハイドレード。

これも深海の高圧と低温でメタンガスが固体化したものです。

深海から掘り取るよりも陸上での発行の方がずっと楽なのに。話題性の低い堅実な技術や方法って、脚光浴びないのは仕方ないんですが不思議なほど顧みられないのは変わってほしいと感じます。

以前は夢の扉という番組でこうしたものが取り上げられたりしました。編集方針が変わり人間の方にフォーカスあてるために肝心の研究内容などが伝わりにくくなり、また、採用される案件がその人を面白く紹介できるかに変わってしまったようで以前のスタイルに戻ってくれたらなと思いつつ見る機会が減っています。

| ECO

電子帳簿保存法変更に合わせた準備|省スペース化と効率アップ

富士通 FUJITSU ScanSnap iX500 (A4/両面/Wi-Fi対応) FI-IX500A
富士通 (2015-02-06)
売り上げランキング: 458

会社を経営していて、あるいは自営業でも一番面倒で邪魔なのが会計関係の帳票というやつです。法律があるので11年間も保存しておかなくてはいけません。保管料国で出せよと言いたくなるほど、東京のように地価の高いところにいるとたまったものではありません。都心部でなくとも、レンタル倉庫探すと繁盛ほどのスペースで毎月数万円かかってしまうことも珍しくありません。

かといって、オフィスに11年分もの書類タメておいては邪魔で仕方ありません。

ようやく国も譲歩して帳票の電子化がややゆるく(範囲拡大)なりました。

電子帳簿保存法が改正されました (PDF)

電子帳簿保存法が改正され、原本が紙の国税関係書類についても、一定の要件の下でスキャナを使用して作成した電子データにより保存(以下「スキャナ保存」といいます。)することができるようになりました。 なお、スキャナ保存の適用を受ける方は、あらかじめ税務署長の承認を受ける必要があります。

まだまだ厳しくて次のような条件が残されています

国税関係帳簿書類のうち、帳簿、決算関係書類、契約書及び領収書については、特に重要な文書であるため引き続き紙により保存を求め、それ以外のすべての書類については一定の要件の下、紙の保存に代えてスキャナ保存することができるようになります。(注)契約書や領収書であっても、記載された金額が3 万円未満のものについては、スキャナ保存すること ができます。

帳簿や決算関係書類はダメなんですね。

しかし、記載金額が3万円未満の契約書や領収書はスキャナ保存できるということで金額で分ければ良さそうです。実際問題そういう少額の領収書関係って結構出てきます。それが社内でも国税関連でもデジタル化できればかなり書類の絶対量を減らすことができます。

 

税理士さんを変えたこともあって弊社でも積極的にこの条項活用できないか、新しい税理士さんと調整していくつもりです。3万円超えるものって通常、現金で取引しないようにしているので紙の書類かなり減らせるかもしれません。

8期が終わろうとしているのですが、小さな会社なのに税務関係の帳簿だけでダンボールに2箱以上もあります。大半が帳票類です。

帳票電子化となれば大手を振って高く過ぎて我慢しているScanSnap ix500当たりを買えるかもしれません。

 

新規発生分はその都度スキャンすればいいのですが、いくら高速なスキャナーでも台紙に貼ってしまっている帳票をスキャンするのはちょっと無理があります。剥がれたり巻き込んだりしたら大事です。

過去の文をデジタル化してもまだ効果が発揮しないという問題も残っています。

 

探してみると電子化を引き受けてくれるサービスは有りました↓

箱詰めして送ればデジタル化処理引き受けてくれるそうです。

 

会社で使うぶんには、というか、過去の資料などほとんど使いませんが、デジタル資料で十分です。実際、税務処理と無関係な書類はデジタル化して保存し活用しています。紙の書類では取り扱い面倒ですが、場所も取らずさっと検索して使えるので時間も奪われずにすみます。人生の家で探しものに浪費される時間は相当量になるとライフハック系のサイトに有りました。そこにあった時間はあまりにも膨大でホントかいなというのがあるので割愛します。

マンションでやっているのでスペースがとにかく重要になります。

デジタル化できるものはデジタル化し、女将が残せというものは仕方ないのでできるだけ安い保管スペースを探そうと思っています。一般的なレンタル倉庫は高いので箱詰めにしたまま相手に保管委託する電子化倉庫のようなものを活用すればコストダウンできそうに思います。あとは、それがうまく見つかるかどうかです。

トランクスペースはこんな感じ↓

鉄道コンテナのようなものからビルの一部貸し、ビル全体が倉庫になったものなどいろいろ選べます。

うちの場合には、もっと少量で良いというよりものがありすぎるので大胆に捨てないといけない、今期中に断捨離断行ジャイ!なんて自分自身に活入れているところです。

会社の運営方針も大胆に変えることとしました。必要な資材・機材も変わるはずなので、思い切って整理して動きやすい状態にしようと計画しています。場合によったらコストが高過ぎる秋葉原に居ること自体が問題かもしれません。10年以上もいるし、よりいろいろな意味で安全で安価な場所に移動するのも考慮するべきかもしれません。10期、20期と続けていくためには効率をもっと上げる必要を感じています。

| ECO

IBM z13 新たなメインフレーム登場|イベント参加させていただく予定です

IBMさんから先日、z13というあらたなメインフレームが登場しました。

Facebookでメインフレームのエバンジェリスト北沢さんをフォローさせて頂いているので、報道と同時に知ることが出来ました。

 

今回も、IBMさんからメインフレーム発表に伴うイベントにご招待頂きました。

webマスターの黒澤さんには毎度ご招待いただき感謝です。

 

開場はz12の写真撮りまくったマンダリンオリエンタル東京。

マンションからだと電車で行くより歩きたくなる距離感です。

実際、マンダリンオリエンタル東京に行くときは電車と徒歩半々くらい。

 

暑すぎたり天候不順だと電車。

時間がないと電車で往復のどちらかは徒歩。

通い慣れた道が半分以上占めますし、運動として過不足ない距離がうれしいです。

 

十分寒い季節ですから、できるだけ徒歩で。

好奇心満たしつつ最新情報に更新し、体の方も血行よくしてあげようと思います。

 

コンピューターを仕事として関わりだしたのは遅くて20代終わり近くです。

それまでも興味あったのですが実用になるマシンなんて一般企業の手がとどくところにはありませんでした。

専業メーカーに勤務していたのですが、いよいよ業務が膨らんで手作業ではジムがパンクする状態でした。

と言うか実質パンクしていて、経理や会計まわりも見るようになると、計上漏れ・請求漏れまで発生していることを見つけてしまいました。

 

人為的手段ではとても対処不能。

なんとかシステム化しないと不可能。

当時はITとかいわず、OA化なんて表現が一般的でした。

 

日経コンピューターさんの特集に動かないコンピューターなんてあった時代です。

その会社にも責任者不在に近いシステムが導入はされていましたが、高価なオフコンなのにほとんど高級プリンターとかしていました。プリンターとしてならRupoなどワープロ(ワープロという名前の機械が当時は存在しました)に劣るほどでした。

オフコンやオフコン端末が16bitから32bitへと切り替わる過渡期で漢字がまともに扱えずカタカナメインで動作していました。

 

よしパソコンで何とかしてやろう。

国産パソコン黎明期でどこが生き残るのか全くわからない面白い時代でした。

55シリーズ使いたかったのですが1台100万円近くして稟議出すことさえ不可能でした。

 

NECのPC9801シリーズが登場してくれて早速1台買いました。

そこから独習開始。

わかったことは当時のMS-DOSだと最大20MB(ケアレスミスじゃあないですよ、メガバイトです)が認識できる最大容量でした(メモリーじゃなくてハードディスク)。

SASI(さじー)という規格のHDDで20MBまでしか認識できません。

 

一台で内部が20MB+20MBに分割して認識させられるちょっと高いHDDを購入しました。

CSSバスの専用カード挿して接続します。

 

そしてBASICからはじめてDOSおぼえてRDBMSじゃないとどうにもならないと考え幾つか学び(全部独習です)…

そしてハードウェアも独習して、全部独習できるレベルだったのは幸いだったかもしれません。

 

やってみてわかったのが品種が多すぎたこと。

製品の型番をDBに全部入れようとすると20MBでは溢れてしまいました。

 

なんだ、パソコンでは不可能なんだ。

 

パソコンでも動くOSなども見つけましたがマイナーすぎて導入は断念。

 

オフコンかメインフレームかな。

そのころ、平行してIBMさん筆頭に国産メーカーのオフコンやメインフレームも調べました。

値段さんへ折り合ったらメインフレーム入れたかったですね。

 

オフコンだと微妙に性能面で不安がつきまといました。

とにかく商品型番が多すぎる。

将来的には部品を登録して生産予定から展開して発注システムまで組みたい。

プロセッサーの処理性能も不安でしたがRDBMSとディスクまわりが不安が大きくて採用できませんでした。

そのころからメインフレームは憧れ。

 

自分で設計から構築までやらないと一回失敗しているプロジェクトなので社長がウンといいそうにないのもネックでした。

上司とか実質居なくて直接社長との交渉、関係部署との調整。

予算取りからシステムの対象範囲に、たとえばIDなども自分で設計し無くてはならない…

 

いささかオーバーワークで知り合いは皆、不可能の一言で、さっさと不可能であることを外部使って伝えるべきというサジェスチョンばかりいただきました。

 

でも、不可能としてしまうと業務止まります。

ここで打開できないと会社として黒字倒産、それも億単位の黒字なのに。

運営できないだから仕方ないです。

人力では、処理できる限界超えていました。

 

海外事例調べるとUNIXがオフィスでも使われているらしい。

こちらはファイルシステムもよくて想定される全データー格納可能。

 

RDBMSも評価は様々でしたがつかえそう。

Infomixならなんとかなりそう。

Oracle、Sybaseなどもあったのですが価格面と使い勝手の点で当時はInformixのほうが優れていました。

 

ただ問題はそこから。

国内メーカーさんが事務用に売ってくれなかった。

サポートできない、そういう分野はオフコンですの一点張り。

 

仕方なくアメリカから知り合いの企業に輸入して頂いて開発しました。

そのため上場のための基幹システムの設計から開発運用フェーズも全部UNIX。

メインフレームはあこがれのままです。

 

時代が変わりインターネットの時代になり、いくつかの会社をヘッドハンティングして頂いて転職しました。

サーバーやシステムの運用にもしじゅう関わり続けました。

しかしなぜかあってもオフコン止まり。

大半がLinuxかWindowsNTでした。

 

なんでメインフレーム使えないんだろう。

 

憧れだけで終わってしまいそうな中、ブロガーイベントをIBMさんが開催されご縁があって参加させていただきました。

何度か開催されたイベントは全てご招待いただいたのですが、一回だけ時間調整がつかず欠席となったのが今も悔やまれます。

 

メインフレームに久しぶりに接したら、なんとLinuxがガンガン使われていて驚きました。

仮想化なんて30年も前から当たり前の世界なのでLinux動くのは不思議ではないんです。

Linuxをメインフレーム配下で主力OSとして稼働させていることに驚いたんです。

 

なんだ、もう少しやっていたらそのままシステムもミニコンからIAサーバーに移行したように、ついにメインフレームに移行できていたんだ。

コスト面でもラック台数とかネットワーク機器のコストに保守要因の人件費など考えると、案外メインフレームって悪くありません。

クラウド移行でAWS利用が流行っていますが、もっと柔軟にオンプレミスでやれるじゃん。

 

しかも、はるかにセキュアな環境です。

セキュリティーリスクってコスト換算したら恐ろしいリスクです。

個人データー漏洩したらプライスレス。

 

IAサーバーにサーバーだと容易にアタックできます。

オンプレミスにしても内部犯行にはほとんど打つ手なし。

その点、メインフレームなら物理的にアクセスできる端末を制限できるし権限も細かく設定できます。

データーを持ち出すなんてたぶん無理な世界が標準です。

 

日本はメインフレーム利用が少ないようですが、多分正確なリスク分析と費用対効果の分析がされずイニシャルコストと直接的なランニングコストにだけ目が行き過ぎているのでしょう。

販売面でメインフレームがインターネットでサービス提供する大手を口説き落として実績公開できたらメインフレームというものの評価が一気に変わるのではないかななんて思っています。

 

仮想化が徹底されているので今使っている環境そのまま移行しやすいのが何より魅力。

その辺がうまく伝わっていないのももったいないですね。

 

話変わってイベントに無理して参加させて頂いている理由。

それはセキュリティーがガチガチで、かりにメインフレーム導入している企業に勤めてもメインフレーム本体に近寄ることさえ困難なんです。

イベントでは多分一生見ることがないだろうプロセッサーまわりの基板なども見ることができ、どんどん撮ってくださいと言っていただきながら存分に撮影できます。

 

そろそろ溜まってきたので、専用にブログひとつ作って写真アップしたいところです。

 

そしてなによりメインフレームって見ているだけでほれぼれします。

さすがというか当たり前ではあるのですがラック含めて設計がしっかりしています。

IAサーバーなんて熱がこもってしまいがちですが、羨ましいほどいい感じに冷気が回っていて熱くならない。

データー量に依存しますがプロセッサーや通信周りはメインフレーム内(1ラック)に収まってしまう。

データーセンター1フロアー分以上の処理性能もそれで実現できる。

 

需要増台に応じたサーバー増設で、データーセンターのラック不足で引っ越し何度もした経験もあるので、この拡張性ってものすごく羨ましいです。

オフコン見限ってUNIXにしたのも、こうした拡張性を重んじたからでした。

 

木曜にイベントが開催されます。

(4) IBMミートアップ: ビッグデータとメインフレーム ― デジタル・ビジネスが拓く未来の企業システムの姿とは

 

またこういうの見ると基幹システムとかオンラインゲームとかサーバーの限界極めるような仕事したくなるのが怖いかな。

| ECO

エコで手軽な冷凍コロッケ揚げ方

2015-01-19 19.46.50

一人住まいなのでコロッケは主に冷凍品を買っています。

唐揚げ作るときに、二度揚げの合間に揚げています。

唐揚げを作らない時は、コロッケを食べられないのが不便です。

 

油であげない調理器も登場しているしレンジでチンするだけの半調理済みの食材も増えています。

だけどやっぱり油であげたほうがおいしい。

揚げる用の冷凍コロッケのほうが種類も多い。

上げるときとその多様に二種類置くほど冷凍庫広くない。

 

油で揚げる冷凍コロッケをなんとか揚げ油使わないで美味しく食べられないか試しています。

現時点で一番いいのは次のような料理方法です。

少量のコロッケ揚げるときは油で揚げるよりずっと省エネでエコです。

洗い物もあまり出ないのも気に入っています。

 

揚げ物用のコロッケを油であげないでエコに調理する方法

準備するもの

冷凍コロッケ

電子レンジ

ガスレンジ(のグリル)

 

揚げ物用コロッケを油であげない料理方法

冷凍コロッケを電子レンジで中が熱くなるまで加熱します。

わたくしのいつも買っている冷凍コロッケ2個を700Wの電子レンジで過熱するときは1分40秒〜2分加熱しています。

サイズや厚みで変わるので短めに設定して加熱具合を見ながら時間は調整してください。

表面軽く振れて熱かったらほぼ大丈夫です。

 

これで食べられる状態になりました。

でも、さくさくのコロッケではなくて、衣はベチョットしています。

食べられるけれどコロッケとは別の食品。

 

軽く予熱した(予熱しなくてもこの場合は大丈夫です)ガスレンジのグリルに入れます。

両面軽く焦げ目がついたらエコでヘルシーなコロッケの完成です。

 

油であげないので油分少なめに出来上がります。

グリルは非常に高温なのでコロッケの表面の衣の水分をあっという間に飛ばしてくれます。

さくさくで美味しく仕上がります。

 

冷凍コロッケの衣には油分があるのでたいていはこれで十分です。

もしも油が物足りない時はグリルに入れる前にスプレー式のオリーブオイルを軽く吹き付けるといい感じに仕上がります。

 

揚げ物用のコロッケを油であげない料理法の効果

  • ガスや電気の節約になります(エコ)
  • 油脂の摂取量を減らせます(ダイエット、健康)
  • 揚げものしないので台所が汚れません(エコ、衛生的、掃除時間短縮)
  • 鍋類使わないので後片付けが簡単です(エコ、時間短縮)

 

コロッケ揚げるのって実は料理の中でも難易度高いです。

揚げ油の温度管理

  • 割れる
  • パンク(油の中で爆発)する
  • さくっと揚がらない・ベタッとする

何度も上げているのに冷凍コロッケだと失敗することがあります。

一番悔しいのが揚げ油の中でパンクされること。

コロッケの衣だけ残って、油に中身が溶け出して油が台無しになった時です。

 

また、カラッと揚がらない時も寂しいものです。

食べても美味しくもなんともありません。

 

電子レンジとガスレンジのグリル併用する方法だと、失敗しにくいです。

せいぜい、忘れていてグリルの中で焦がすくらいでしょうか。

魚を焼くよりずっと簡単です。

 

フィリップスのノンフライヤー買えばいいのかもしれません。

断捨離を勉強する中で、スペースの使い方は置き場所を決め戻すこと。

なにか買うなら捨てること。

 

冷凍コロッケはじつに便利です♪

去年からハマっているのが雑穀米です。

同じ量食べても満腹感が大きいし、その割にカロリーも低めですむようです。

なにより健康法はいろいろありますが、古くから言い伝わっていてたしかにそうだなと思うのが食材の種類をできるだけ増やすこと。

雑穀米だと主食だけで17種類(お米+16種)摂取できるのもいいところです。

 

 

これにスムージーでも入れれば、後は主菜だけで十分な種類の食品を毎日採れます。

 

 

2015-01-19 19.47.00

カレー作ったのですがトッピングがなくて、急遽2つ冷凍コロッケをレンジでチンしてグリルで焼きました。

数分でできるのもいいところです。

グリルがうわ面だけの場合は、片面焼き目がついたらひっくり返して同じように焼きます。

電子レンジで加熱済みなので、衣を美味しくカラッとさせるだけです。

 

ご飯は雑穀米です。

このところメインは雑穀米に変わりました。

体調いいし体重の方もセーブできています。

| ECO


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク