Android:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


1分で一番安い引越しを探す!
メールのプロの独り言トップ > Android


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0SIMでセルスタンバイ問題にあがいてみる:1

2015-12-27 03.26.08

デジモノステーション 2016年02月号付録のソネット0 SIM

2年余使ってきたNexus5(2013)に入れてみました。

結果は非常に良好で、これで月間499MBに通信量抑えたら無料なんて太っ腹すぎるクリスマスプレゼント!


入れて翌日までに判明した不具合は、SIMの問題ではなくスマホ側の問題であるセルスタンバイ問題発生です。

詳しくは昨日の記事をご覧ください↓


見事なまでに消費電力が増えてしまいました。


昨夜寝る前に、実験してみました。

セルスタンバイ問題への対策1:SMS自動受信を止めてみる

なぜこんな実験をしたのか

セルスタンバイ問題はSMS対応SIMなら発生しない

セルスタンバイ問題が起きるのはデータ通信専用契約のSIMを使う時だけです。

音声通話対応のSIMでは発生しません。

また、データ通信専用SIMでもSMSオプションが付いているものは発生しない。


だったらSMSが問題っぽいですよね。

SMS止めればいいんじゃない?

という仮説が一番に思いつきます。


Nexus5(2013)でSMS止めてみよう

Nexus5(2013)ではKitKatからlollipopに変わったあたりでSMS受信アプリが専用アプリからハングアウトに変更(一本化)されました。


2015-12-26 14.25.51

届くのはY'mobileからの売り込みと支払額が決まりましたという通知だけ。

ごくたまに、サービスの認証通知を受信します。

LINEもつかわないので、基本的にSMS(MMS)不要な人です。


一番確実なのはハングアウトをアンインストールしてしまうことかもしれません。

しかし、他のアプリが有効化されたらこまる。

ハングアウトそのものは、たまに使う。

SMSよりは、ハングアウトの本来の機能のほうが重要です。


Marshmallow android6でハングアウトのSMS止めてみる

SMS停止というメニューというか昨日が提供されていないようです。

メニューを見ていくと自動受信なる項目があります。

回線にSMS昨日がない状態で受診を頻繁に試し続けかねない(もしそうなら改善してほしい)。


2015-12-26 14.26.38

「ハングアウト」の「MMSの自動取得」止めれば良さそう。

ということで、チェック外してみました。

これで一晩置いて結果を見てみます。


想像では多分ダメじゃないか?

流石にこのくらいは試している人いるでしょう。

もう一つ気になっている目立つ機能(SMSじゃないけど)もあるので、ダメなら次はそれを試します。


ハングアウトの自動受信停止では効果なし

はい、結果ですが効果ありませんでした。

2015-12-27 03.26.08

小気味良いほど、バッテリー消費してくれます。

2015-12-27 03.26.15

こんな感じ

Wi-Fiつながってるし、いつもと同じ条件で全然ダメ

2015-12-13 02.20.14

調子いい時は残り8日なんてなるんですandroid6 Marshmallowでは。

Wi-Fi以外、バッテリー表示アプリも表示されません。

ところがOSの調整期とかアプリがOSに対応して切れていない時期だとこんな感じになります

2015-12-09 23.02.44

設定は同じなのにこれしかつかえない(と言っても十分な感じですけど)

調子悪い時には「セルスタンバイ」「Googleサービス」「Android OS」などandroidコアな機能がバッテリーを軒並み使います。


今回も同じ

2015-12-27 03.26.37

いろいろな機能がバッテリーを消費してしまいます。

android6にアップデートしたばかりの頃もこんな感じでした。

アプリのandroid6対応が進んで改善しました。

Wi-Fiまで消費電力が増えるのも特徴的です。


次の挑戦しています。

これで効果があるといいな。

それでもだめならハングアウトをアンインストールしてみます。



デジモノステーション 2016年02月号関連記事↓

デジモノステーションとソネットのコラボいいよって記事↓

nanoSIM付きデジモノステーション620円は買いでしょう:メールのプロの独り言

デジモノステーション付録のソネット0SIM使えた↓

So-net 0SIM Nexus5(2013)で使えました|デジモノステーション 2016年02月号:メールのプロの独り言

Nexus5(2013)でソネット0SIMの使い方と設定(microSIMスマホにnanoSIM使う方法)↓

so-net 0 SIM (nanoSIM)をNexus5(2013)でつかってみた|設定方法:メールのプロの独り言

Nexus5(2013)でセルスタンバイ問題発生してしまった(0SIMが悪いわけではないです)↓


セルスタンバイ問題は格安SIMといわれるMVNO事業者さんのデータ通信専用SIM契約についてまわる問題となっています。

スマホ本体やOS、アプリなどいろいろ関係する部分があるようで、ずっと問題視されていますが改善がされていません。

googleのNexus5(2013)ですが、イーモバイルで購入してしまったので、セルスタンバイ問題体験することができてしまいました。




SIMロックフリースマートフォン関連記事(2,015年終わりごろより)


年末のデジモノステーション 2016年02月号 ソネットコラボ0SIM












格安SIMフリースマホ選び











Zenfone Zoomのこと





ソネット0SIMとセルスタンバイ問題Nexus5(2013)で発生

2015-12-26 07.31.09

昨日届いたデジモノステーション 2016年02月号

楽しみにしていた付録のソネット 0 SIMはあっさりと愛用のNexus5(2013)で使えました。

その中で気になっていた表示「通信サービスはありません-NTT DOCOMO」

やっぱり出てしまったセルスタンバイ問題です。

 

Nexus5(2013)でのバッテリーの持ち

2年前の販売当初は48時間以上使えた

販売当初2日は使える状態でした。

android4.4 KitKatなかなか使えました。

 

android5で劇的悪化、一日持たない

夏にはいち早くandroid5 lollipopにバージョンアップされました。

さすがgoogle謹製のNexusは、OSがいつも最新版使えて嬉しい♪

そう喜んだのもつかの間、バッテリー1日持たなくなりました。

そのまま一年経過

今夏、どうにもならないのでバッテリー交換

それでも気休め程度にしか利用時間伸びませんでした。

 

android6 Marshmallowでバッテリーの持ちは劇的に進化

過去さんざんツイートしているので見ていただくとわかります。

最大表示上は8日もつなんて出ることも珍しくなくなりました。

普通に使っても一日十分持ちます。

 

毎晩充電して満充電で枕元に置くという習慣があります。

3.11ですっかりこりて、すぐ使える状態にして寝るようになったんです(それまでは、減ってから充電)

電池の持ちに変化がある時期は、起きたら設定アプリの「電池」項目チェックしています。

2015-12-15 22.22.09

android6.0.1になって悪化

こんな感じ

 

2015-12-10 21.57.54

その前はこんな感じ

 

2015-12-08 02.15.27

アプリがアップデートしてOSとあってくるとこんな感じ

残り約8日とか毎日見ていると精神衛生上いいですね

 

これが愛用のNexus5(2013)のバッテリー消費状態です。

 

ソネット 0 SIMはデータ専用なのでセルスタンバイ問題起きる可能性あり

これは、通信事業者さんの問題ではなくてスマホ本体やOS側の問題です。

一節では7割前後の機種でセルスタンバイ問題が起きるとも言われています。

公正なデータを見たことがないので、実際のところはよくわかりません。

 

セルスタンバイ問題とは

スマートフォンにデータ専用SIMをつかったとき、電池が異常消耗する問題行動です(^_^;)

ほんと、問題行動ってことば、使いたくなるくらいスマホが不良化してしまいます。

設定アプリで「電池」項目を見ると「セルスタンバイ」という項目が出てきて、すごく電池消費しているのでこう呼ばれています。

 

セルスタンバイ問題発生

2015-12-26 07.31.09

はい、問題の画像です

みごとに「セルスタンバイ」が一番電池食っています。

これでは使わなくても一日に2回位充電が必要そうです。

外出時に使いたいモバイル通信ですが、何もしなくても電池消耗するのでは困ります。

上の画像は調べるため充電して放置した状態です。

 

セルスタンバイ問題への簡単な対処方法|モバイル通信をオフにする

とっても簡単でモバイル通信をオフにします。

android6では、その項目がないので「機内モード」に設定します。

これだけでOK

使う必要があるならWi-Fiを個別にONにします。

その結果がこれ

2015-12-26 11.10.26

android6.0.1にアップデートされてから、2日ぎりぎりくらいになってしまったの、いままでキャリアのSIM使っていた時と同じです。

0 SIMは刺したままです。

SIMが悪さするわけではなくて通信制御の問題ですね。

OSかハードウェア設定の問題。

もしかするとNexus5(2013)を一秒でも早く入手したくて徒歩5分のヨドバシカメラマルチメディアアキバの一階イーモバイルで現金購入したのが一因かもしれません。

本来Nexus5(2013)はSIMフリー端末ですが、イー・モバイルが自社(実際は親会社のソフトバンク)回線をバンドルで販売していたのでキャリアの設定が何かあるかもしれません。

googleから直接購入したNexus5(2013)が、セルスタンバイ問題起こすのかどうか気になります。

 

とにかく、モバイル通信使うと電池を数十倍消耗するのはわかりました。

困った問題でございます。

 

セルスタンバイ根本解決方法

  1. セルスタンバイ問題がおきないスマホを使う
  2. SMS機能付きのSIMを契約する
  3. モバイルWi-Fiルーターに問題のSIMをさして擬似Wi-Fi運用する

どれも困るな。

Nexus5(2013)を使いたいんですよね。

 

SMS機能付きのSIMは、格安SIM提供しているサービスの多くで100〜200円位月額高くなる契約で提供されています。

格安SIM(MVNO)つかうなら、安全のためにはSMSつき契約が無難です。

 

もうひとつは、音声通話契約にする。

SMSも標準でついていて、これなら問題置きません。

先日検討していたスマホ本体税別6,800円、通話回線月額1,600円(6ヶ月縛り)なんかだと、問題起きないわけです。

悩ましいけど、それを買ってSIMを交換し、格安スマホを予備用にしてしまうというのはありです。

この記事で紹介しています↓

6800円のSIMフリースマホが気になる|AuBee smartphone 「elm.」 (バックパネル2枚付き:レッド/ブラック):メールのプロの独り言

 

別の方法として、試す気がないので詳しく調べていませんがスマホ本体をルート化するというのがあるそうです。

これを考えても、Nexus5(2013)自体の問題じゃなくて、イーモバイル(今のY'mobile)で買ってしまったのが失敗だったのかもしれないという、嫌な予想があります。

Nexus5(2013)をGoogle本来のOSにする方法ないのでしょうか!?

OSの配信がやけに遅いのも関係しているのでしょうか?

 

 

当面、Wi-Fi環境下では「機内モード」に切り替えて使う方向で考えています。

SIMというか、ソネットさんの0 SIMという契約そのものは理想的なものなので、なんとか使う方法考えます。

それほど先ではなく、格安スマホも買ってみるつもりなのでそれでは使えるでしょう。

 

デジモノステーションとソネットのコラボいいよって記事↓

nanoSIM付きデジモノステーション620円は買いでしょう:メールのプロの独り言

 

デジモノステーション付録のソネット0SIM使えた↓

So-net 0SIM Nexus5(2013)で使えました|デジモノステーション 2016年02月号:メールのプロの独り言

 

Nexus5(2013)でソネット0SIMの使い方と設定(microSIMスマホにnanoSIM使う方法)↓

so-net 0 SIM (nanoSIM)をNexus5(2013)でつかってみた|設定方法:メールのプロの独り言

 

 

できることなら0SIMのSMS付きが登場したら最高でございます。

流石に無茶すぎる要望ですが、使い勝手の上ではSMS機能欲しいですよねm(_ _)m

 

あきらめ悪い人なので、打開策ないものか設定その他思いつくものを試してみようと思います。

こいう無理な状況を何とかできるととても気持ち良いですから。

6800円のSIMフリースマホが気になる|AuBee smartphone 「elm.」 (バックパネル2枚付き:レッド/ブラック)

FireShot Capture 16 - 【12月21日以降出荷予定】SIMフリースマホ _ - http___simseller.goo.ne.jp_shopdetail_000000000445

今月で2年間愛用してきたNexus5(2013)のイーモバイル2年縛りが終了です。

いつでも解約できる状態はのこり半月。

いい加減解約しないと、またなんのメリット無しに2年縛り突入です。

結構焦ります。

 

スマホ本体はまだまだ現役。

というよりandroid5.0ですっかりバッテリーの持ちが悪化。

今年引越前に自分で電池交換したのですが改善せず。

OSが原因で電池消耗激しいとしか考えられない状態です。

それがandroid6 Marshmallowにアップデートしてアプリも対応が進むとKitKat時代のように電池が持つようになりました。

 

なんかもうスマホ買い替えなくていいんじゃない!?

MVNOの格安SIMだけ契約しようかな。

Nexus5では電話しないのでデータ回線で十分。

容量も1GBもあれば十分。

 

来年1月には通話用のauガラケーがおなじく2年縛り終了。

これも解約しないとまたも2年間割高な通信費を払いつdけなくてはならなくなります。

解約すると通話回線がGS02だけになります。

これがまだ来年7月まで契約残っています。

 

困るのが買ってそうそうに、容量不足でほとんど使えないと実感してしまったこと。

通話の方も1年間は10分まで無料だったんですが、どうにも不調で使えませんでした。

 

Nexus5回戦解約するとまともに通話できなくなってしまいます。

それは少し困る。

 

理想形はGS02のSIMを他のSIMフリー機に入れて使えること。

それが可能であれば電話も使えるしとりあえずなんとかなります。

 

そうなると、標準SIMとmicroSIMが使えるタイプのフリーSIMスマホが理想です。

回線抱き合わせだと安くっていることがあるので、本体にmicroSIMつけて買い、そのSIMはNexus5に挿す。

もともとSIMフリーなNexus5ですからつかえるはず。

もしだめでも、そのスマホで使えばOK。

 

SIMつけなかった格安スマホにはGS02の標準SIMを移植してみる。

これで両方使えたらかなり理想的な通信環境になります。

これは買いたいと思えるようなスマホに出会うまで、そのまま使い続ければいい感じ。

MVNOの格安SIMはあれこれためしてもいいし。

 

そこで気になっているのがOCNからのメルマガにあった

【12月21日以降出荷予定】SIMフリースマホ AuBee smartphone 「elm.」 (バックパネル2枚付き:レッド/ブラック) + OCNモバイルONE音声通話対応SIMパッケージセット 【送料無料】

税込みでも7,344円

SIMは3,240円とかするものなので、SIM買ったと思えば本体使えなくてもそんなに痛くありません。

 

格安SIMフリースマホなのにメインメモリーも512MBではなく1GB搭載

いまどき2〜3GBが普通とはいえそれは中級クラス以上の話。

GS02や同時期に売っていたソニエリ端末も512MBでandroid2.3なんですが、発表当時は十分だったはずが今時のアプリはメモリー使用量がぐっと増えていて、512MBではたりていません。すぐ落ちてしまいます。

 

 

2GBほしいけれど、数万円出して買って使わず仕舞いこむとかもったいなさすぎます。

Nexus5があるのに、それより劣る機種使うのも無駄。

標準SIM使えるような機種はなかなか無くて、あってもすごくプアーなスペック。

試しに買ってみようかな。

 

音声回線がバンドルのため、半年間の縛りがあります。

といっても、最安の契約なら月額1,600円なんで、それほど苦になりません。

 

 

OCN ONE回線だけの契約もありかなと悩ましいところです。

自宅がOCN光なので毎月100円値引き。

月額972円(税込)からのLTE「OCN モバイル ONE」【NTTコミュニケーションズ】

Nexus5を電源ボタン使わずロック解除する簡単な方法(動画)

2015-12-09 16.37.20

Nexus5のスリープ解除はBluetoothカメラシャッターリモコンで解決

結論を先に書けば、Bluetoothをつかったカメラシャッターリモコンをつかうと、電源ボタンを使わずNexus5のスリープ解除できます。

android4、android5 lollipop、android6 Marshmallowそれぞれで確認しました。

KitKat時代はCamera360というアプリが必要(インストールするだけで使わなくてOK)でしたが、以降それも不要になりました。

 

Nexus5のスリープをBluetoothカメラシャッターリモコンで解除する方法

事前にBluetoothで接続しておきます。

すぷーぷ解除したい時、カメラシャッターリモコンのシャッターボタンを押すだけです。

くわしくは、動画を参照ください。

 

Nexus5とのつきあい

Nexus5を使う上で不便なこと

iPhoneならば電源とホームの2つのボタンでスリープ解除できます。

Nexus5は本体右側面上部にある電源ボタンのみでスリープ解除。

普段はちょっと不便かな程度。

なれてしまえばなんとかなります。

 

困るのが防水ケースなどに入れた時。

iPhoneとちがい専用ケースはめったに売っていません。

既成の汎用ケースは防水や防塵性はしっかりしていても、Nexus5の電源スイッチを押しやすいようにはできていません。

 

2年前の11月、試用させてもらいすぐに悩ましく感じたのがこのスリープ解除問題でした。

スリープ解除さえできれば、防水ケースは画面操作はできるので問題ありません。

 

そんな問題はあるものの、かなり気に入ったので仕様品を返す前に秋葉原駅前のヨドバシカメラマルチメディアアキバに行ってNexus5を現金購入していました。

4万円もしないハードで、これだけ使えるスマホはそれまで触ったこともありませんでした。

スリープ解除ボタンとカメラ・レンズの位置・構造(すごく汚れやすい)のほかは、とにかく大満足でした。

25ヶ月以上使い続けていますが、いまも不満はあまり感じていません、スリープ解除以外は。

 

Nexus5スリープ解除方法発見

Nexus5を使い始めてから、スマホでの写真撮影もとても増えました。

なんだかんだで3万枚以上も撮影しているようです。

スマホ使い始めてからの写真撮影枚数は、2015/12/09までで40,216枚を超えています。

(40,216枚はカメラアップロードで保存できた総枚数)

 

撮影頻度が上がると、スマホのシャッターが不便で仕方なくなりました。

解決策として買ったのがBluetoothカメラシャッターリモコンです。

手ブレもしないし、シャッター押しにくくて撮影失敗ということも減りました。

 

そしてあるとき気づいたのが、Nexus5が電源ボタン押していないのにロック解除されていることがあることです。

スリープからの復帰は電源ボタン以外方法がないはずなのになんでだろう?

 

チェックしていくと、Bluetoothカメラシャッターリモコンが原因でした。

なんと、シャッターボタン押すとスリープ解除できるんです

具体的な操作方法は動画をご覧ください

 

Nexus5スリープ解除方法

 

androidのバージョンによって、どちらのボタンで解除できるかかわりました。

android6 Marshmallowでは小さい方のボタンでスリープ解除できます。

わたくしがためしたのは写真のタイプです。

購入した時は送料入れると2千円近くしたのが8割近くも安くなっています。

android 5.1来た!ファーストインプレッションは5.0系とあまり変わんない

2015-04-03 11.13.54

昨日、ついに来ました!

2015-04-03 11.13.48

2015-04-03 11.13.54

Android 5.1 System Updateのお知らせ。

今回は早かったです♪

2015-04-03 11.14.10

220.7MBあります。

2015-04-03 11.14.21

ダウンロード待機中のまま…

あれ、失敗

2015-04-03 11.25.44

再試行もダメ。

ということで、あわてて電源つないでみた。

2015-04-03 11.42.00

設定アプリからシステムアップデート確認まで行ってダウンロード

電源つないだら成功。

充電しながらやれとはどこにも書いてないし80%近くバッテリー残量あったんだが。

 

Androidのシステムアップデードでダウンロード進まなかったり失敗した時は充電しつつ再試行してみるとうまくいくことがあります。

2015-04-03 13.04.22

220.7MBしか無い割にはアップデート作業待ちました。

まってられず他の作業していたのではっきりしませんが10分以上かかったみたいです。

 

起動は正常。

アプリも特に問題出ていない様子。

Lollipopに上がった段階で実行環境が大きく変わりました。Lollipop Android5.0で動いていれば大丈夫そうです。

一番問題は何ヶ月たっても対応できないソフトバンクのWi-Fi認証アプリ。

2015-04-04 01.13.48

50時間以上、バッテリー運用できていたのが嘘のように何もしていない間にもグングン減っていきます。

SmartNewsのような電池食いアプリ使いうと一気に残量減ります。

 

バッテリー交換したいな。

自分でできるという記事も見ましたが、やや怖いかな。

外出時はモバイルバッテリーの容量大きめのものをもつ生活に戻ってしまいました。

 

Android 5.1ではバッテリーに関しては改善は感じられませんでした(まだ半日です)、。

アマゾンでは、cheero Power Plus 3が相変わらず良く売れています。

わたくしのは、初代cheero。

給電スイッチがスライド式でマン充電になっても手動で切らないといけない旧タイプ。

 

新型はそんな手間かからないし容量も増えたし軽くなっているいい子です。

旧型cheero、困ってしまうほどダメにならなくて、まだまだ快適に使えるんです。

買い換えたいけど4とか5になってしまいそうです。

スマホの通信量削減サービスOpera Max

2014-11-22_15h51_53

高速ぶらうーザーメーカーとして有名なPera社からAndroidスマートフォン用の通信量削減サービスが日本向にも公開されました。

Opera Maxというアプリを導入すると通信量がおよそ半減しますというものです。

 

仕組みそのものは目新しくありません。

Androidが登場してまもなく、OperaブラウザーがAndroid対応しました。

その時出たのは2種類。

 

ひとつは普通のブラウザー。

もうひとつは通信量削減タイプのブラウザーでした。

 

Opera Maxは後者の技術を自社アプリいがでも使えるよう拡充したものでしょう。

 

仕組みはProxyと言われる、今週ニュースを賑わせたものの同類です。

通信するとき、特別に準備されたプロキシサーバーを経由します。

Androidならこのへんの設定は変えやすいはず(セキュリティー強化が進むのでこれからはわかりません)。

 

サーバー経由するなら遅くなって不便な感じがします。

ただ経由するだけならそうです。

やるかやらないかは別にして、通信内容も盗み放題ですから危険犯す価値はありません。

もしも隣国のサービスならガン無視決め込みます。

 

Operaはヨーロッパの会社なので、プライバシー保護とかは日本よりもマシかもしれません。

アメリカ以上に消費者は厳しいです。

 

通信するときにOperaのサーバーを経由します。

Operaのサーバーが画像や動画など容量を圧縮しやすいデーターを小さく改良して転送してくれます。

その結果トータルで通信量は半減するんじゃねぇの!?というサービスです。

 

動画を見ることが多いとか、写真の多いサイト(ごめんなさい、わたくしのブログも気をつけないと写真アホみたいに入れている記事があります)見ることが多い人にはかなり効果の高いサ^ビスです。

逆に文字中心でパソコン通信時代の切り詰めた使い方を実践し続けている方には、あまり意味が無いかなと思われます。

 

わたくしは外出時はテキスト通信ばかりなのでこのサービスの効果享受できません。

逆にそういうガマンしないという手もあるのですが、容量制限などするな!と常々主張していますが、自分は回線に負荷かけたくないので普段の月は1GB未満しか使わないんです。(契約は5GBとか実質無制限とかです)

 

スマートフォン用 Opera Max のダウンロード - Opera Software

通信内容がOperaには筒抜けになっているかもしれません。

それ言ったら、そもそも携帯電話会社には筒抜けですよね(^^ゞ

 

逆に、有名ホテルでWi-Fiつかうと情報集められていたというニュースが話題になりました。

韓国語を使う人達が犯人だとの話しでした。

そんなのモバイル通信とかWi-Fiとか共有LANつかうときの常識なんだけど、こんなことに影響受けている会社があったなら、企業IT部門やCIOがまったく機能していないんですね。わたくしならCIO即座に解雇しますよ。

 

Opera MaxはOperaとスマホ間を暗号通信にしてくれるそうなので、逆に安全に使えるかもしれません。

というか、対応策はOpera Max同様VPN接続に変えることで、どこと接続して使うかの問題になります。

公衆無線を信用するかOperaを信用するかなら後者じゃないのとは思うんですが、これは人それぞれの判断する部分だと思います。

 

 

 

仕様がはっきりしないので躊躇しています。

ダウンロードは我慢してもいいんですがアップロードに関与されるなら使わないです。

日夜スマホで撮影し、それをサーバーと時分のパソコンに自動同期させています。

そのとき圧縮解凍とか余分なことされて画質が劣化するのは受け入れられません。

 

Wi-Fiのみでアップロードしていればもアップロード画質低下問題は回避できるようです

Wi-Fi に接続しているのに Opera Max では VPN 接続が有効のままです。なぜでしょうか?

接続をモバイルネットワークから Wi-Fi に切り替えると、圧縮モードは完全に停止せず、一時停止します。これは、モバイルネットワークに戻った時に圧縮モードを再度有効にできるようにするためです。基本的に Opera Max はいつデータを自動的に圧縮するべきかを認識できるため、モバイルネットワークに切り替えるたびに Opera Max を起動する必要はありません。

アップロードだけではなくてWi-Fi運用の時は、ダウンロードも圧縮しないんですね。

さて困るな。

これだとmobileワイファイルーターで通信しているときはWi-Fiと認識されて圧縮してくれないですね。

スマホをテザリングにして、そのスマホにOpera Max入れるという解決策があるけど、上級者モード作って手動設定を追加して欲しいところです。

 

もう少し調べて良さそうなら使ってみようかな。

真偽の程がはっきりしませんが、某メーカーのワイファイルーターも隣国へ情報筒抜けになっているとか…

ありえそな話で、1台持っているので悲しくなりました。

NEC製なら、あれこれある中でマシかなと思っているのですが、かうとしたら傍受しにくい複数電波併用できて高速通信できるacが安定して使える上位機にしようかなとチェックしているところです。

 

Opera Max - Data manager - Google Play の Android アプリ

ベータ版の間は7日間無料

Savings Passをタップすると無料期間延長できる。

 

なるほど、テスト期間終わると有料化されるっぽいですね。

MVNO格安通信サービスが増えているので料金相当抑えめでないと日本では苦戦しそう。

逆に1〜300円/月位になったらデータ通信契約を1段階下げられてコスト低減できるかもしれません。

 

これからOpera Maxのような接続サービス増えてくれると通信量減らせ通信費削減しやすくなるので嬉しいです。

Android5.0 Lollipop on Nexus5(2013)になりました♪

2014-11-19 04.04.33

待ちに待ったロリポップことAndroid5.0配信の順番が回ってきました。

わたくしのNexus5(2013)では、配信の順番が来たらお知らせ音がなりました。

2014-11-19 03.33.22

通知画面にも「システムアップデートが利用可能」と嬉しい情報がでました。

アップデートには21分程かかりました(光回線利用)。

メールのプロの独り言: Lollipop Android5.0へNexus5(2013)アップデート♪

 

2014-11-19 13.00.26

キャリアで売っているのと違い素のままのAndroid

ホーム画面は変わりませんでした♪

画面下の「戻る」「ホーム」「最近使ったアプリ」表示は見やすくなりました。

2014-11-19 03.33.39

Android4.4.4では、機能を図解にしたアイコンでした

Android5.0では抽象化が進みました。

表示面積が小さくなって、逆にクリアーに見えやすくなりました。

2014-11-19 04.02.31

設定画面の雰囲気はガラッと変わりました。

他のアプリでもOSが呼ばれる当たりは同じようなUI・UXに変わっています。

全体によりシンプルに、抽象化が進んでわかりやすくなった印象です。

2014-11-19 04.03.19

2014-11-19 04.03.15

データ通信量画面

過去データーはきちんと引き継がれています。

見た目は、情報が伝わりやすくなった気がします。

2014-11-19 04.03.52

ロリポップに一番期待しているのがユーザー管理

2014-11-19 04.04.00

ユーザーが追加できるようになりました。

これでオンとオフ(仕事とプライベートなど)が切り分けやすくなります。

2014-11-19 04.04.33

ビルド番号はだいぶ変わりました。

カーネルバージョンの3.4.0部分までは一緒です。

2014-11-19 03.33.44

画面の背景色と文字色が反転しました。

好みの問題くらいでしょうか。

2014-11-19 04.06.59

画面を上から下へスワイプ

バッテリー残量見るくらいしかできなかったのが操作性が上がりました。

 

ライトがあるのが嬉しい

懐中電灯アプリをわざわざフォームに入れていました。

 

画面のキャストはどう使うのだろう。

 

2014-11-19 04.07.33

ホームボタンあたりを上へスワイプ

2014-11-19 04.08.16

Google Nowは相変わらず変。

いる場所違うんだけど…

2014-11-19 04.08.29

1時間毎の予報

 

相変わらずスライドバー動かして見る方式です。

これって一覧性が低くて好きになれないUIです。

24時間分を一気に表示してほしい。

 

夜にでもじっくり違いを体験して見る予定です。

残念!スマホNexus5(2013)ハングアップの原因はEvernoteでした

2014-08-07 23.01.33

梅雨明け前後からNexus5(2013)がしかりとハングアップするようになりました。

操作していないのに本体が熱くてバッテリーの消耗も激しいです。

それまでおかしいくらいに快調だったのに。

 

ハングアップするようになる前との変化は

  • Androidの4.4のマイナーバージョンアップがあった
  • 梅雨明けが近づけものすごく暑くなってきた
  • Evernoteアプリを性懲りもなくインストールした

の3点です。

 

Android  4.4.4にアップデートされました。

こちらはセキュリティーと安定性工場が目的で機能追加はないという話です。

ネットを調べてもAndroid4.4.4にアップデートしてハングアップするといった話はNexus5(2013)についてはみかけません。

たぶん、嫌疑から外して良さそうです。

 

気温の上昇はあるのですが、柴犬桃子との散歩は猛烈に暑い時期は外していてそれまでとかわりませんでした。

なので散歩中でもハングアップする理由としては考えにくいです。

それにそれまでなかった本体の異常な過熱という問題もあります。

バッグに入れ操作していないのに触るのがためらわれるほど本体が熱くなっていました。

 

11月末に買いましたが本体が過熱するというのは充電中に使っていても体験しませんでした。

かなりおかしい状況です。

 

何を起動しても操作受け付けなくなり電源ボタン長押しで再起動させなくてはいけなくなりました。

毎日発生していて、ひどいときには4〜5回ハングアップすることもあります。

はじめはカメラアプリが原因なのかと思いました。

カメラ使用中に操作できなくなる、動画撮ったのに保存できないということが頻発したためです。

しかし、カメラが一番使っているから目立つだけで他のアプリも同じように操作受け付けなくなりOSごとかたまります。

 

嫌っているEvernote入れたのは、使っているアプリが対応していない場合Evernoteアプリをインストールして同期設定しておかないとEvernoteに共有メニューからアップロード出来ないからです。逆にiPhoneと違ってEvernote入れておけば非対応のアプリでも共有から簡単にデータをアップロードできるAndroidはとても便利です。

いつものようにインストールはすんなり出来ました。

いつものように、はじめの椅子とダウンロードが上手く進みません。

それでも数年ぶりでダウンロード完了しました。

丸3日と数時間かかりました。

 

Evermote入れてからハングアップ始まりました。

アップロードできなくなるのは惜しいけれど、Evernoteは常に品質悪いのでハングアップの最右翼です。

しばらく様子見てもうこれでは使えないと諦めてアンインストールしました。

 

Evernoteアンインストールすると嘘のようにNexus5(2013)熱持たなくなりました。

ハングアップもそろそろ10日たちますがありません。

バッテリーがハングアップ繰り返している間に傷んでしまったようで、後遺症としてバッテリーの持ちがかなり劣化しました。

 

おそらくノート枚数が少なければ不具合目立たないのではないかと経験上思います。

9万枚以上常時保存しているプレミアムアカウントのひとつでいやというほど不具合を味わっています。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク