クラウド:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > クラウド


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「食べる」オイシックスIT勉強会受講してきました #おいしっくす

2014-10-30 19.11.58

五反田のおいしっくす本社で開かれた「食べる」オイシックスIT勉強会

どうしても聞きたいセッションがあって参加させていただきました。

2014-10-30 19.00.31

 

 

本社4階で開催されました。

 2014-10-30 19.02.22

 

2014-10-30 19.02.36

おいしっくすさん本社入り口

おいしっくすの野菜など商品が山盛りをイメージしていたのですが、そんなことはなく極普通の会社でした。

2014-10-30 19.04.02

19時開場

19時直前につきました

いつものように最前列中央

講演者の方も、スライドも見やすい位置を確保出来ました。

 

となりにアルコールの臭い振りまく酔っぱらいが座ってしまい、暴れて超迷惑。

途中で寝ているなどつまみ出したくなってしまいました。

もっともセミナー始まるとそちらに興味が集中して存在忘れることができました。

 

入り口でOisix主力製品の一つVegeelいただきました。

大好きな野菜ジュースの一つです。

野菜を飲み込んでいる実感が残るのと、分離しているというわけでもないのですが、材料の野菜それぞれが不思議にわかるんです。それでいて一体化していて美味しサラダを頬張っている感覚に近いです。

配合が変わったのかどうかわかりませんが飲んだ時の印象は缶詰時代のほうが好きです。

今の紙パッケージは処分しやすいし軽いので気に入っています。

 

Vegeelについての驚きの裏話があって唖然としたことは又の機会に。

 

創業メンバーのお一人が登壇されたのを除くと、システム関連のメンバーとしてはとてもお若い方が次々登壇されました。

とくにインフラが若手で驚きました。

体力もいるけれど経験がモノを言う世界を若手が引っ張っているんですね。

 

全体としてはやっぱり技術者狩りが目的なのかもしれません。

情報収集に派遣される場合には、自社の魅力を事前事後にしっかり再認識させないと取られちゃいますよ。

 

以降、各セクションについて個別にまとめていきます。

 

 

Oisix(おいしっくす)

メールのプロの独り言: 「食べる」オイシックスIT勉強会受講してきました #おいしっくす
メールのプロの独り言: 「食べる」オイシックスIT勉強会とてもいい雰囲気でした #おいしっくす
メールのプロの独り言: oisix会社案内 #「食べる」オイシックスIT勉強会 #おいしっくす
メールのプロの独り言: oisixイベントも自前です! #「食べる」オイシックスIT勉強会 #おいしっくす<
メールのプロの独り言: SwiftがJavaエンジニアにはとても使いやすいそうです #おいしっくす #IT勉強会
メールのプロの独り言: 一番楽しみにしていたAWSは20代女性のスピーカー!! #おいしっくす #IT勉強会
メールのプロの独り言: AWSはインフラエンジニアを救えるか1 #おいしっくす #IT勉強会
メールのプロの独り言: AWSはインフラエンジニアを救えるか2 #おいしっくす #IT勉強会
メールのプロの独り言: AWSはインフラエンジニアを救えるか3 #おいしっくす #IT勉強会
メールのプロの独り言: AWSに泣かされたところ|女を泣かすなんて! #おいしっくす #IT勉強会
メールのプロの独り言: Oisixインフラ田中沙織さんの野望 #おいしっくす #IT勉強会
メールのプロの独り言: オイシックスにおける商品検索改善Solr #おいしっくす #IT勉強会
メールのプロの独り言: 本番に近いデーターでテストするには #おいしっくす #IT勉強会
メールのプロの独り言: 「食べる」オイシックスIT勉強会懇親会 #おいしっくす

OneDrive容量無制限は日本も対象!

2014-10-29_23h17_23

昨日2014年10月28日OneDriveが容量無制限になるという記事を書きました。

日本のサイト見ても今まで通り1TBでした。

日本だけ特殊にしている日本法人があるので再来年かな!?

 

ところが今日、日本Microsoftが珍しく素早いアナウンスを行いました。

Office 365 をご利用いただいているお客様の OneDrive 容量が無制限に - Office Blogs - Site Home - TechNet Blogs

 

日本のOneDriveユーサーも容量無制限になる対象だそうです!

これは嬉しい誤算です。

Office365の魅力一気に爆発ですね。

 

Microsoft Office 365 SoloもOneDrive容量無制限サービス対象と明記されています。

amazonなど通販で買うと一ヶ月あたり千円割りこみます。

Officeが2台のパソコンにインストールできてスマホなどでも使えての価格ですから、今までに比べるとすごい破壊力です。

 

なんパッケージ買ったかもはや思い出せないMicrosoft Office

Officeと名前がついた時はフロッピーでした。

そのころから2002か2003まで買い続けていました。

 

2014-10-29 23.30.01

この頃が一番使いやすかったかも。

 

リボンUIが受け入れられなくて個人では買わなくなって久しいです。

仕事ではいくらUI悪くても使うしか無いので使い続けています。

毎月千円でオフィス一式も容量無制限のクラウドストレージもつかえて、スマホもタブレットもOKというのはコストパフォーマンス高過ぎるくらいです。

あとは転送速度をもう少し向上して欲しいです。

動画や静止画を10GBくらいあっという間に撮ってしまうので、今の転送速度だとアップできず手元に貯まる一方なんです。

bitcasa継続手続きが必須です|11月15日までに完了しないと全データ削除されます

2014-10-29_10h24_30

昨日bitcasaの残念な対応について書いたばかりです。

 

メールのプロの独り言: 手のひら返しなBitcasa|容量無制限だけど使い過ぎる奴が悪というデジャブー対応で幕

 

けさ、bitcasaから通告メールが来ていました。

無料アカウントにも届いていてびっくりデス。

 

無料アカウントであってもbitcasaでは移行手続きをしないと全データー削除されます。

期限:2014年11月15日

(日本時間なのか、どこの時刻が期限なのかは不明です)

 

英文で着ているのでアメリカの西海岸標準時とかなのでしょう。

 

新サービス移行で全データーを削除します。移行ツールがあるので2014/11/15までに完了してください。移行しないと全データーは自動的に削除されます。

 

日本だったら物議醸しそうなメールですね。

アメリカ的というか事務的なメールです。

コンシューマー向けサービス諦めちゃった感がにじみ出ている文面、ビジネスが軌道に乗せられなかった時ってこんなものかもしれません。

同様なサービスで先輩であり先にこの分野では破綻してしまったSugarSyncは、一足先に無料アカウント自体を閉鎖しました(日本における同一サービス名での運営元は日本限定で継続中です。ヤフーと同じで日本だけ別法人が運営しています)

 

移行手続きしないと削除されます。

メールなんて届かないことは珍しくないので注意が必要です。

仮に届いても全部英文では迷惑メール扱いされたり読まれなかったりする可能性が大きいのでさらにご注意を。

この手のスパム・フィッシング詐欺メールも多いのでこれまたご注意くださいませ。

 

bitcasaのようなクラウドサービスはパソコンに常駐されていて普段気にもかけません。

ブラウザーでわざわざアクセスすることもないので気付かずデータ削除されることがないとも言えません。

 

bitcasa移行手順

Bitcasaのサービス変更に伴う移行手続きはブラウザーで行います。

データーの変換も必要で11月15日までに完了しないと全データー失います。

また容量無制限版利用中の方はさらに1TBコース、または10TBコースに移行が必要です。

容量超える分はサヨナラです。

転送は決して早くないので大容量を信じて預けていた場合には急いでダウンロード始めることをおすすめします。普段でもあまり高速ではない上に、期限が近づくとあわててダウンロードする人が増えて帯域を圧迫し、さらに遅くなることが予想されます。

 

Bitcasaはブラウザーで移行手続きします。

案内メールに書かれたアドレスにアクセスします。

メールがとどかない場合にはトップページ

Bitcasa Cloud Storage Platform

から試してみてください。

(まだ移行のリンクはないみたいですが…)

 

移行案内メールからの手続き手順

2014-10-29_10h25_04

メールのリンクをクリックするとこんな画面に

一応日本語です

 

ログインします

 

2014-10-29_10h27_15

移行手続きが始まります

「始めよう」をクリックします

2014-10-29_10h27_58

今どこまで進んでいるかわかりやすい、いい作りです。

セキュリティーの質問を2つ設定しなくてはなりません。

ちょっと面倒ですね。

これやるなら二段階認証にしてしまえばいいのに。

 

2014-10-29_10h30_18

自分のアカウントの契約内容が表示されます。

これは無料アカウントの分

ここも「次へ」をクリックして先に進めます。

2014-10-29_10h30_48

容量制限が行われたため移行するファイルの選択画面が表示されます。

制限以内であれば「すべてのファイルを転送」をクリックします。

撮りためた動画などを保存していた場合には泣くしか無いですね。

小梅の動画など保存しなくて正解でした。

 

2014-10-29_10h31_22

ファイルの量によって待ち時間変わるようです。

しばらくするとログイン画面に変わります。

ここでログインすれば移行手続き完了(だと思われます)。

ログインしないと利用規約に合意していないので多分、移行手続き住んでいないということになり…

最後まで一気に終わらせましょう。

 

画像表示ができるようになっていた

遅いんでブラウザでアクセスすることめったにありません。

2014-10-29_10h33_12

画像もダウンロードしないと見られなかったし。

試してみたら画像は小さなサムネイル付きで一覧表示され、サムネイルクリックするとアルバム的に画像を見ることができます。生データを送っているのか表示までは結構待つ感じです(200Mbps光回線経由Core i7 8GBメモリー 240GB SSD環境)。

 

2014-10-29_10h35_40

画像表示はこんな感じです。

手のひら返しなBitcasa|容量無制限だけど使い過ぎる奴が悪というデジャブー対応で幕

2014-10-28_13h21_28

bitcasaというクラウドストレージサービス

有料版は格安で容量無制限と売りまくっていました。

怪しい…

というと申し訳ないのですがそれができた企業がありません。

それでも使ってみようとしたことが何度かあるのですが転送速度が遅すぎたので実用にまでは行きませんでした。

 

bitcasa公式ブログ10月23日更新↓

Bitcasa

 

無制限プラン廃止

すべてのユーザーは1TB(99ドル)か10TB(999ドル)へ移行が必要。

 

言っていることがもうまるっきりデジャブー過ぎて泣けてきました。

使いすぎるひどい奴が居る。

極わずかの人間が本当に1TB以上も保存している。

だから運営できないんだ。

 

ソフトバンクさんが全く同じ事言っていましたね。

無制限です使い放題ですとユーザー集め

帯域不足が露呈すると使うひとを悪人呼ばわり

そしてそういうひとを排除するのではなくて

全員一律値上げして帯域制限かける。

 

無制限ですとかおいしい言葉で釣る人は

みんなおんなじ行動と言動なのが悲しい限りです。

 

使われて困るならはじめから無制限なんていうのがおかしい。

おいしい言葉で釣って餌を与えないつもりで居るのは悪辣すぎる。

 

ま、どちらも信じていなくて無制限前提では使ったことがないので被害は受けていません。

でもこうした行為って公取などが厳正に取り締まり経営者は告発ナリするべきだろうし、被害者救済するべきでしょう。

そうしないと今後も、消費者を口先でだます商法がまかり通ってしまいます。

 

食べ放題でも実際には食材切りれましたなんてギブアップするお店もあるというけれど、そういうのは一回こっきりその場限りだからまだ可愛いものです。

インターネット系のサービスでこうした詐欺的募集は厳罰に処してほしいと願わずに要られません。

嘘を言わずにリミットあるならそれを明示して募集する、たったそれだけのことを何故騙そうとするのでしょう。

 

ありがちなんですが今後は品質高めて、さらにB2B分野を切り開きます。

クラウドサービスはどこでも失敗するとおんなじことを言い、そのまま悪化しつつ消えていきます。

bitcasaだってクラウドストレージでの容量無制限募集がどんな結果になるかは先人をたくさんみてきたはずで、言い訳できる余地は一ミリだってありはしません。

Evernoteダウン中|いつになったら顧客を向いたサービスになるのだろう

2014-10-23_12h43_03

使おうと思うと落ちていることが珍しくないEvernote

昨年までに比べるとダウンすることは減ったのですが相変わらず亡くなりません。

 

今朝も使えないのでサイトにアクセス。

すると普通に表示されています。

ログインメニューをクリックすると画像のようにメンテナンス中表示です。

 

バッグを販売開始したから買えなど、毎週売り込みのメルマガはEvernoteから来ます。

一度たりともサービス落ちていますとかいう謝罪メールも通知のメールさえもありません。

もしも定期メンテナンスならば事前通知しないサービスなんてまず見たこともありません。

 

商売だけは上手ですがいつになったら顧客を向いたサービスになるのだろう。

アプリから接続してもわかるような表示に相変わらずなりません。

とっても簡単な改良なのになんでしないんだろう。

利用者なんて実はどうてもいいとはじめから思っているのは理解して使っているのですが、これだけ利用者が増えてくれば自然と良くなるものなんですが…

 

ビジネス用途にも進出しているようですがこういうサービスを仕事で使って大丈夫なんだろうか。

利用を限定的にしないと本業にダメージ出されるようなサービスは避けた方がいい。

 

投稿直前にサイト復活したようです。

DropBoxのID/パスワードは流出したのか!?

2014-10-14_15h47_21

DropBoxのユーザー情報(ID、パスワード)流出したという報道が一部で出回っています。

引用というか、そのまんまDropBoxさんの回答↓

The Dropbox Blog

Dropbox wasn’t hacked

Dropbox / 7 CommentsPosted by Anton Mityagin on October 13, 2014

Recent news articles claiming that Dropbox was hacked aren’t true. Your stuff is safe. The usernames and passwords referenced in these articles were stolen from unrelated services, not Dropbox. Attackers then used these stolen credentials to try to log in to sites across the internet, including Dropbox. We have measures in place that detect suspicious login activity and we automatically reset passwords when it happens.

Attacks like these are one of the reasons why we strongly encourage users not to reuse passwords across services. For an added layer of security, we always recommend enabling 2 step verification on your account.

こういうのって部分的に抜き取ると意味が変わってしまうので全文、公式ブログの主張を転載させていただきました。

 

で、部分的に引用、それも英語じゃわからないから意訳を試みてしまうと

 

『DropBoxがハッキングにあったってニュースがあるねぇ、流出!?しちゃあいねぇさ。よそのサービスで流出したものなんじゃね!?だから、使いまわしすんなって言ってるよね!そんなことよりてめぇら、なんで二段階認証使いやがらねぇ。そうすりゃ問題ないだろうが。』

こんな風に訳してはいけませんが、そんなふうに読めちゃったりもするし、部分を抜出して報道するとそういう風に見えることもあるってことで(^^ゞ

 

わたくし自信はDropBox愛用し続けてます。

多分今後も使います。

 

二段階認証使っているかどうかはノーコメントです。

『もっと簡単な方法実証しやがれヽ( ´ー)ノ フッ』

あ、心の声が…

 

携帯電話常時持っていて常時圏内なんてムリだろうが。

ビジネスアカウントなんて始めているけど、ビジネス用と私用は使わいわけるでしょう。どうしろっていうのさ!?

なんとも現実に合わないというか遅れている。

 

一応他社と違い対策は準備されています。

アカウントで 2 段階認証を有効にするには - Dropbox

二段階認証の説明の中で

緊急バックアップ コードを保存する

2 段階認証を有効にする前に、特別な 16 桁のバックアップ コードを受信します。このキーは紙に書き留めて安全な場所に保管してください。携帯電話を紛失したり、セキュリティ コードを受信できない、セキュリティ コードが生成されない際に Dropbox に緊急アクセスするには、このバックアップ コードが必要になります。

と「緊急バックアップコード」作って紙に書いて(いつでも)持っていろとおっしゃる。

 

こんなの読む前に書いたんですが

メールのプロの独り言: KING JIMミルパスの魅力|こんな時代のセキュリティー確保

 

紙に書いてってのはさすがにないでしょう。

せめてキングジムさんのミルパスくらい使ったほうがいいと思うよ(^^ゞ

 

なんだか、ミルパス買うしか無い気がしてきた。

DropBox男前な大幅増量(値下げ)

2014-08-29_13h03_51

DropBoxが価格改定行いました。

無料で2GBから

有料版は毎月1,200円で100GB

 

マイクロソフトやGoogleと比べると割高感がある価格設定でした。

 

それがなんと大改定。

今まで最大500GBだったんです。

100GBの料金で一気に1TBです!

DropBox

 

有料版が複数コースあったものが一番安い料金に統一され容量は一気に、なんと10倍です♪これを喜ばないで何を喜べばいいんだろう。

 

写真など大量に撮影するので100GBという容量は検討するにも値しないほど容量不足でした。

それが1TBとなると話が変わってきます。

すべてを保存するにはまったく足りませんがよく使うデーターや、Windowsなどのバックアップだって保存できそうです。

 

様々あるクラウドストレージの中でDropBoxは以前から一番のお気に入りサービスです。

単にクラウドが使えるということにとどまらず複数端末間で常時自動で最新状態にファイルを同期してくれます。

さらに変更や削除を行ったファイルまでも30日間なら複数バージョンが自動的に保存されていてブラウザーからのアクセスで簡単に取り出せます。これのおかげで何度助かったことか。

 

バックアップ&リストアの魅力を語る人は少ないのですが、もっと少なくて本当に使っているかい!?って言いたくなるのが共同作業に向けたファイル共有機能です。

DOS時代からファイル共有しての共同作業をしてきました。

ふるくはNetWareをツテを伝って無理やり購入して使ったりもしました。

Sambaなんかもずいぶん使いました。

 

どれもこれも、複数人が一つのファイルを更新すると必ず破綻しました。

それぞれが違う編集して勝手なタイミングで保存するためバージョンがごちゃごちゃになります。

Aさんが編集した部分が巻き戻ったかと思うと、一旦確定した部分が消えていたり。

 

ソフトウェアコーディングの世界では、あきらめてGitなどバージョン管理ツールに逃げています。

チェックインとチェックアウトという面倒な手続きで管理するのですが、内容の不整合はどうしようもなく誰か管理者置いてその人が一元管理するような余分な仕事が待っていることが多いです。

ソースコードはテキストファイルだからまだましです。

Excelとかワードとかパワーポイントになるとどうにも始末におえません。

 

DropBoxはとっても簡便な方法を提供してくれています。

たった一人だけが変更中ならそれを上書きで保存します。

編集前のファイルも30日バックアップされているのでなんの心配もありません。

 

万一複数の人が同じファイルの編集始めてしまったら…

 

ある人の編集結果が残ります。

それ以外の人の編集したものはタイムスタンプ利用してファイル名変えたものが複数、同じフォルダーに保存されます。

これを見れば誰もが、ファイルに分岐が発生したことがわかります。

それをどうするかは使う人達や内容に寄って変わるでしょう。

 

どれを残すかあるいはマージするかは話しあえばいい。

少なくとも上書きされてわからなくなったりしません。

いちいち保存できるのかどうか(チェックイン)考える必要もありませんし、保存したいタイミングで打ち合わせできるとも限りません。

それでもビジネスの現場では仮でもいいから改訂版が必要なことは頻繁にあります。

 

今まで使ってきた中では、DropBoxの共同編集に対する取り組みが一番教育などの手間がかからず、ミスの発生も少なく活用できています。

 

iPhoneクラウドビジネス活用術 (エイムック 2905)

エイ出版社 2014-07-25
売り上げランキング : 56689
by ヨメレバ

 

おとなの入門書 無料クラウドサービス (超トリセツ)

インターナショナル・ラグジュアリー・メディア 2014-06-26
売り上げランキング : 39898
by ヨメレバ

 

Dropbox Perfect GuideBook[Kindle版]

大重 美幸 ソーテック社 2014-06-15
売り上げランキング : 30684
by ヨメレバ

 

完全図解 いちばんわかりやすいビジネス整理術

オダギリ 展子 成美堂出版 2014-06
売り上げランキング : 37470
by ヨメレバ

 

改善して欲しい部分もずっと初期からあります。

パソコンのハードデュスクの黒子に徹しているのは素敵です。

でもそうではなくて、NASとしての機能が絶対的にほしいです。

つまりHDDやSSD内にファイルを持たないで外付けHDD感覚でDropBox常時活用させてほしいわけです。

これができないがためにとっても気に入っているのですが、メインのストレージにはOneDriveやGoogle Docsなどを考えなくてはならなくなってしまいます。

 

今週ちょうどそうしたストレージを探していて、WebDAV対応のサービスを幾つか契約してみました。

転送速度が今ひとつで常用には厳しいですが、DropBoxの使い勝手よりは欲しい使い方に近くてメインはこれらの中のどれかにしようかなんて考えています。とくに画像・動画はひたすら容量食っていて常時SSDに置くのは厳しいんです。

 

サービスはいつなくなるかもしれません。

自分にとって不都合な改変が起きることもままあります。

SugarSyncというDropBox対抗馬は事実上個人向けから撤退したように。

 

なのでどんなに気に入っても、一つだけに絞り込むことは危険です。

使いやすいものと次善の策的なもの、低コストで最後のバックアップ的に保険的に使えるものなど、複数使い分けるのがいいと思います(いいつつ、なかなか実現できていないのですが)。

Evernoteに期待したいこと

2014-06-11_07h52_08

日本では不仕事人気なEvernote。

わたくしも使い続けていますしプレミアムも契約しています。

でも、この会社がいいと思ったことがありません。

 

けさもウェブクリッパーが保存できずエラーが不明。

サイトにアクセスできるけれど複数アカウントでログインできない。

水曜だからMicrosoftがアップデート提供日でEvernoteはメンテナンスかも!?

 

15年前でも、ネット上でサービスするときには必ずサービスのステータス(状態)わかるようにしていました。

トップページにアクセスすればメンテナンス中とか故障中とか表示します。

Twitterもはじめの頃は人気が出過ぎて使われすぎ、よく鯨が風船に釣り上げられて飛んでいました。

どんな形でも良いから、利用者が抵抗感じないですむように配慮しつつ現在のステータスと復活予定はすぐわかるようにするべきもので、ほとんどのサービスはそこに注力してきました。

 

Evernoteだけはそういうことを一顧だにしないまま利用者が1億人超えたというので不思議です。

なんでもいいさという人がそれほど多いのかなぁ、努力する必要ないってことかな?

まさかね、いままでネット上のサービスを色々やってきたけれどそんなことすればクレーム対応で大変でした。

 

あるとすれば、利用者が多いと言っているけれど実態はほとんどの人がほとんど使っていないのかもしれない。

なんてことではないかと心配になってしまいます。

いまは、投資家からお金かき集めて順調そうに見えますが利用実態が表面化して資金引き上げなんて起きたら…

 

大量につかっているとクライアント版入れてもほとんど同期されません。

そのためクラウドサービスが終わると全データー喪失してしまいます。

 

先日も99000枚を超えて保存できなくなってしまいました。

サポートに連絡してもその事実さえ把握することができず見当違いなあれをしろ、これを確認しろというばかりで自社サービスの上限も理解できていませんでした。

 

しかし、クラウド上で情報保存するには便利なのでまだ使い続けています。

自衛策としてバックアップ取れるようにプレミアム契約するような使い方はしないことに決めました。

複数アカウント使い分けて1アカウントあたりノート枚数をできるだけ少なくして利用していく予定です。

 

継続せという点でお金至上主義は意味がありますが、サービスを提供する以上正しいエラーを返しわかりやすく状況を表示する、サイト上(トップページ、ログインページ、ヘルプページなど)でサービスステータスと回復見込みを常時すみやかに表示するという最低限ですぐできることから行ってほしいと思います。

 


2014年6月11日09:34追記

アクセスできなくなってから3時間余経過

2014-06-11_09h33_59

ログインページにようやくアクセス不能表示が出るようになりました。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク