クラウド:メールのプロの独り言

メールのプロの独り言

ガジェット、スマートフォン、各種サービスや商品について個人的な感想を書いています。 Twitterやってます @akibaryu


【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック
メールのプロの独り言トップ > クラウド


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

DropBox回復♪

2014-01-15 18.33.00

DropBoxが一週間ほど不調でした。

報道では先週2日間障害があったそうです。

 

報道がない障害で多いのがスマホアプリの写真サムネール表示です。

以前からDropBoxで便利で大好きなのがスマホで撮影した写真の自動アップロードと同期機能です。

少しずつ機能が向上して、いまでは自動アップロードした写真やスクリーンショットのサムネールがいつでもみられるようになりました。

サムネールをタップすると本体では削除した画像がディスプレーサイズで表示されます。

 

この機能実にありがたいです。

カメラアップロードから削除してもみることができます。

iCloudよりずっと便利で実用的です。

 

辛いのがときどき同期はできるのですがサムネール更新されなくなることです。

今回は一週間にも及びました。

依存度が上がっているな、と、実感する出来事です。

 

そして溜まりに溜まった(えっと3桁軽くいってます。4桁行きそうな勢いでした)画像サムネールが一気に更新されたのは感動的でした。

5台ほどの端末が一斉に更新かかりました。

 

DropBox亡くなったら代替手段なさそうです。

DropBoxはこちら

アメリカSugarSyncが無料サービス終了|日本法人は無料継続

クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル
小山 龍介
東洋経済新報社
売り上げランキング: 144,745

DropBoxと覇を競っていたファイル共有サービス(パソコン間の同期がメイン)SugarSync

DropBox同様に無料アカウントがあります。

アメリカでは競争激化からでしょうか無料サービスからの撤退が発表されました。

 

人気のスキャナーScanSnapのように同期の高速差からサービスに織り込んだりアプリ連携しているところもあっただけに残念です。

日本でもわかり易く簡単で、バックアップ機能や共同作業(複数人が同時に更新した場合のバージョン管理機能)など使い始めやすく、使い込むと手放せない高機能を両立しているDropBoxが人気が高いように感じます。

わたくしはDropBoxもSugarSyncもBOXその他いろいろ登録していますが、普段使いはDropBoxに落ち着いています。

 

今日日本のSugarSyncさんからメールが来ていました。

昨日、米国SugarSync社より2014年2月8日をもって5GB無料のサービスを終了するという発表がございました。
SugarSync.jpから5GB無料のサービスをお申し込み頂き、ご利用頂いているお客様につきましてはサービス終了の対象外となりますので、2014年2月8日以降も継続してご利用頂けることをご案内いたします。

日本ではSugarSync無料サービス継続されるそうです。

 

有料サービスしか無いとなかなかトライしにくいですから無料継続されるといいですね。

SugarSync日本版はこちら

 

ブロガーイベントなどで取得することになってアカウントが複数化したので知ることができました。

元々のアカウントはアメリカで取得しているので無料のものは来年2月で消えてしまうようです。

一部保存していたデーター移動しないといけなくなりました。

PFUさん主催のScanSnapブロがイベントで試すために作ったアカウントが生き残ることになったのは不思議な気分です。

イベント以来使っていなかったのですがアカウントはこちらに変えて使い続けることにしました。

詳しくはこちらをご覧ください。

◆米国SugarSync社 発表のプレスリリース内容に関して(2013年12月11日)
http://www.sugarsync.jp/news/20131211_news.html?cid=melma13121201_01

日本法人が出来る前から使っている人や、そういう人の紹介から入った人はアメリカ版のはずです。

2014/2/8までに有料版に移行しないと使えなくなるそうです。

バックアップとして利用していたりすると影響大きいですね。

 

クラウドサービスも普通の商売同様、ビジネスが上手く行かなければ撤退や倒産ということになります。

選択するときは品質も大切なのですが継続性はもっと重要です。

Catchなど撤退されてしまい未だに困っています。

Evernoteにはとても否定的ですが商売上手なので継続の可能性が高いことから不満ばかりでも有料版を複数アカウント使い続けています。

無料有料にかかわらず、これからも撤退や倒産はおきつづけます。

それを踏まえて便利なところを最大限活用しつつ、万一に備えて複数の代替手段を日頃から準備し慣れておくのも利用者にとって大切なノウハウだと思います。

それは守っているのですがCatchのように完全に置き換えられるようなサービスがないと結構キツイですね。

 

 

[GTD]Nozbeがかなりよくなっていた

2013-11-21_11h49_58

ToDoやGTDアプリほど多いものはありません。

今朝メールボックスを開くとNozbeからのアップデートのお知らせが来ていました。

最新版Nozbeはかなり使いやすくなっていました

後半に使わなかった理由をあげていますが改善されていたのが大きいです。

  • 日本語化された(まだ日本語じゃないと言いたいレベルではあります)
  • 無料で100MBまでと実用的な容量に改善された
  • DropBoxとBOXに連携しデータ連携が可能になった(素晴らしい改良です)
  • iPhone、Android、Windows、Macネイティブアプリが揃った
  • 次のToDoがいい感じ

とりあえず日本語化されています。

本当にとりあえずで、意味通じない機械翻訳です。

iPhone版は英語のままのようです。

 

容量が1MBだったのは意味不明でしたが100MBでToDo本体は容量に含まれないようです。

これならそこそこ使えそうです。

 

さらにDropBoxとBOXに連動しているのは素晴らしいです。

有料課金しにくくなるので英断ともいうべきものです。

他のアプリから活用しやすくなります。

この連携機能が機能すれば使い方は無限に広がります。

たとえばToDoで何か作業するとなっている時、そのファイル自体が関連付けられていればそのままシームレスに作業を開始できそうです。

 

ブラウザーで使えるのでOS選ばないのはとても嬉しいです。

iOS、Android、Mac、Windowsそれぞれにネイティブアプリがあるのもいいです。

これならさくっと作業できます。

 

これから試したいのがToDoの連携機能です。

多くのToDoで物足りないのが洗濯はじめたら掃除機かけて洗濯物干して猫トイレ掃除し、買い物に行くとか、サーバーAの処理終わったらサーバーBのCをチェックしてDをバックアップしサーバーEに接続するとか順番に作業するような物事というのも多いです。

それがひとつひとつ独立しすぎていると使いにくいですしまとめてひとつのToDoにしてしまうと終了のチェック入れるタイミングが難しいのとタスクが大きくなりすぎて管理しにくくなります。

Nozbeでは次のタスクを指定できるようでそれはかなりの魅力になりそうです。

これからその部分中心に確認しみます。

 

また、毎日必ずやることリストなどが意外にうまく管理できないToDoアプリ・サービスが多いです。

Any.Doもよさそうなのですが毎回アンインストールしています。

毎日やるリストでひとつでもやり残すと翌日それしか表示されなかったり全部クリアーしても一部の毎日のToDoが表示されないことがあってうまく動作してくれないからです。

他のアプリでも毎日やることの数が増えるとどうもうまくないことがおおいです。

自動化できない定型処理や自分で確認すべきことが多数あるためチェックシート作っているのですがこれがToDo管理ツールで管理できないのがとても不便です。

もしかしたらNozbeでできるかもしれません。

すくなくとも経費管理のような失敗続きのものはうまくいきそうな雰囲気です。

スプレッドシートでいついくらの引き落としといったことをつけていきたいので、例えば複数のクレジットカードの請求額チェックを毎月繰り返しのToDoにいれて、全てで同一の費用管理シートと関連付けられれば今は紙ベースで行っている管理がデジタル化できます。

できればGoogle Docsと連携してくれるともっと楽になりますね。

ほとんどのOSでそのままスプレッドシートを更新できますから。

関連サービス:Nozbe

Nozbe

以前Nozbeを使わなかった理由

だいぶ以前に登録して使わなかったサービスです。

  • 日本語化されていなくて使いにくい
  • 無料では1MBまでと何もできない容量
  • 有料版は月額約1千円もした
  • アプリもキビキビ感がなかった

ブラウザーで使う感じのサービスでした。

雰囲気は強力そうですがあまたあるToDo管理に機能も定かではなく動作の重いサービスに月額1千円も支払う気になれませんでした。

容量が何を意味したのか当時不明確でした。

添付ファイルだとしたら写真1枚オリジナルで保存不可能。

WordやExcelでもこのサイズにはなかなか収まりません。

データーの量だとしたら1MBではあっというまに使い切ってしまいます。

短期間の試用版でしかない雰囲気で毎月1千円も払う気もしないのでさっと触って終わりになっていました。

1千円も毎月支払うなら使い慣れたRemember The Milkを有料版にアップグレードするほうがいい感じでした。

使わない理由部分は解消されていました。

 

 

 

 

ToDoやGTDは相変わらず人気分野ですね。

書籍の出版状況で本当の人気がわかると考えています。

ToDo関連はコンスタントに出版続いています。

それだけこれでOKという決定打がないということでもあってずっとつづく改善の対象なのかもしれません。

保存上限10万枚と回答が来る #EVERNOTE

2013-10-23_15h49_06

EVERNOTEクリティカルな障害に対しようやく返事が来ました

EVERNOTE保存件数は10万枚

上限10万枚であると公式にサポートが認めました。

サイト上にはそういう制限みたことがなくいつから一ヶ月の帯域以外に制限があったのか知りたいです。

また、制限があるなら問い合わせの初回でその制限とわかったはずでとても残念な対応が続きました。

さらに10万枚と言い切ってきましたがテストした限りは約10万枚で10万枚を若干下回る枚数で上限に達します。

 

EVERNOTEサポートからはブラウザーのバージョンを教えろとかアプリをインストールしろとか、スクリーンショットを取れといった様々な要求が来ました。

しかし結果はユーザー環境でもなく上限が10万枚であるというはじめからの疑念通りのものでユーザーアカウント情報の表面的なもの(プラチナかどうかや保存枚数)という個人情報でない契約情報のごく一部を確認すればすぐに分かる問題でした。

これほど簡単なことに9日間もあれこれと作業指示してきたEVERNOTE社にはとても残念な気持ちでいっぱいです。

EVERNOTE社の対応

ノート保存上限は10万枚なので削除して使ってください!

プレミアム会員の費用や9日間も付き合わされた時間を弁償してほしいものです。

 

また、何をしたかの中に削除して再度投稿できること。投稿続けると上限に達することを確認しているとスクリーンショット付きで連絡しています。

しかし、メールには削除すれば保存できることを確認してくださいと全くメールを読んでいないような回答が帰ってきました。

ビジネス版なども登場していますがはたしてこのような仕様をかくした上限があるサービスで大丈夫なのでしょうか。

それともビジネスライセンスだと上限が変わるのでしょうか。

多大な時間を奪われて予想したとおり保存枚数に制限があることがわかりました。

またその保存数で使うしかないそうでプレミアム会員であってもその権利は放置のようです。

3年ライセンスを使用しているので2年以上プレミアム期間が残りながら実質使えなくなりました。

2013-10-23_18h02_11

使い始めた頃からサービスのクオリティーに疑問がありEVERNOTEについてはどうしても否定的な評価をしてきました。

今回のクリティカルな障害とそのEVERNOTEサポートの対応は残念という言葉では言い尽くせないものがあります。

10万枚の上限疑惑はかなり早い段階で問い合わせていました。

反論できない資料を揃えるまでごまかしてこられた印象です。

10万枚の上限も、詳細な情報を送り2日も放置され、督促しての結果の返事です。

上限とわかっているなら速攻で回答できたはずで誠意の片鱗も感じることができませんでした。

やっぱり安心して使えるマイクロソフトかGoogleのサービスを選ぶべきだったという結論で終わったのは残念です。

以降の予定ですが、2年以上も残っているプレミアムの権利までゴミにされるのは納得できませんので新規アカウントへの権利の移行を要望してみます。

サービスを選ぶときはサポートの質を確認しないといけないと、改めて身にしみる事件でした。

 

経過は以下を御覧ください。

ScanSnapとEvernote連携はメールが一番かも
Evernoteサービス障害
evernote障害状況
EVERNOTE保存数制限が見えた件

EVERNOTE障害状況続報

EVERNOTE障害状況続報2(保存枚数上限で動きません)

#EVERNOTE クリティカル障害経過

 

 

 

 

EVERNOTEに保存数上限10万枚があることがはっきりしました。

EVERNOTEサポートの対応クオリティーも明確になりました。

大切なデーターを保存する対象としてはいささか残念すぎました。

Googleクラウドを活用してリーズナブルに保存していくか、マイクロソフトのOneNoteなど高品質なツールをお金出して買っていくか2択が現時点2013/10/23での有力候補になっています。

Surfece Proが型式落ちになった刺激的に下がりませんかね。

レスポンスがどうしても無理であの金額では買えないんです。

それ以外はなかなか実用性高いのですが。

#EVERNOTE クリティカル障害経過

2013-10-23_11h42_18

EVERNOTEが新規ノート作成できない状態になってはや一週間以上が経過してしまいました。

ユーザーサポートは以前からそうですが問い合わせに対して調査をしてくれません。

やるのは問い合わせで返すことだけ。

それもブラウザーのバージョンを尋ねるなど枝葉末節のことばかりで障害について自社サーバーサイドの問題を調査する気配はいつもの様に全く感じ取れません。

※長年障害対応を技術者としてあるいは責任者としておこなってきました。

サーバーサイドの問題とユーザーサイドの問題に応じてユーザーに教えてほしい内容は明確に変わります。質問の内容からテンプレートから適当に探し返しているだけなのが明瞭に伝わってきます。

 

サポートからの連絡は受付の自動返信以外はほとんどブラウザーのバージョンなど自社のログを見ればひとめでわかることばかりです。

また、考えられないことですがログに残していないとしても問い合わせフォームにサポートあ必要とする情報を収集する機能をつければ住むようなものが大半です。

単純には問い合わせフォームに問い合わせ内容に応じて知りたい環境を埋めてもらう項目を準備し必須項目化する。

Javascriptなどで問い合わせフォームにアクセスしているブラウザーやパソコンのOSや画面解像度などは簡単に取得できますからユーザーに手間ひまかけさせる必要性もじっさいにはほとんどありません。

ユーザーとのやりとりが増えればサポートコストとして跳ね返ってきましからこうした対応を的確に行うのはCS満足度アップだけではなくコスト削減とサポートの効率化、回答の迅速化のためにも重要な施策です。

 

ユーザーサポートからのメールはほぼ日本時間の未明で午前2〜5時に集中しています。

プレミアムユーザーには1営業日以内の対応となっています。

残念なことに9営業日目に入っていますが音沙汰ありません。

 

サポートからの最後の問い合わせ返しが10月21日 08:57と珍しく日本時間に作業しているようです。内容もテンプレートぽくはないのでもしかすると担当が処理できないと判断してエスカレーションしたのかもしれません。

仕事の都合でそのメールに気づいたのは10月21日の夜遅く。

他社サポートの未熟な応対にこれ以上時間かけられない。

一週間以上も有料サービスが使えない状態では困るのでEVERNOTEサーポートに対してスクリーンショットを多用し誤解が起きないよう箇条書きで

  • 起きていること
  • ユーザーとしての障害内容想定
  • ユーザーとして想定内容の調査
  • 照査結果から想定内容絞込
  • 更に検証
  • EVERNOTEはサービス契約違反状態(保存件数に上限がある)
  • 上限発生していることをさらに検証

複数の方法で検証していて、その内容も時系列にそって伝えました。

内容が多くスクリーンショット貼るのは時間がかかるため小一時間メール書くのにかかりました。

 

EVERNOTEサポートへの返信は10月22日 00:42

普段EVERNOTEサポートが返信を送っている時間帯の少し前になりました。

待ちましたがいつもの返信が来る時間帯には「ありがとうございます」どころか受領確認のメールも来ません。(これもいつものことです)

さらに1営業日待ちましたが2013/10/23 13:45現在EVERNOTEサポートからは一切連絡がないままです。

13:49メールを再度送りました。

 

EVERNOTEではよく障害に出会います。

サポートに連絡しても埒が明かないのでクリティカルと判断した時以外は様子見するとか、クライアントアプリのように利用を断念し、別の方法で使ってきました。

今回のように動作しなくなることもあり、何度かEVERNOTEの障害についてサポートに対応依頼をしたことがあります。

毎回、問い合わせとは無縁な環境についての質問返しが数回あり、後は放置されます。

そして自動返信から問い合わせチケット有効期間切れ通告が来て終わりです。

とても残念なサポート体制です。

 

それでもなかなか他に代替となるサービスがないので仕方なく使い続けてきました。

知り合いにも制約は伝えつつ限定的に使うなら便利だよと薦めてきました。

しかし使えない状態で9日も放置され、しかもこれほど簡単な障害を認識できないのではおすすめするのが厳しく感じています。まだ検索できるので完全に使えないとまで言い切れない状態です。

しかしノート登録件数上限があるかどうかの検証中に一度検索できなくなる。

ノート一覧さえ表示されない状態になってしまいました。

サポートに連絡しても現状対処されない障害です。

わたくしは経験からこうした自体も予想して準備し、それが運良く効果があり自分で回復させることができました。しかし、ふつうなら完全に使えない状態で放置されることになります。

 

EVERNOTEをお使いの方へ危険回避の方法

EVERNOTEはノート件数に気をつけてください、上限があります

わたくしのアカウントでは約10万枚(99950〜85枚)で上限迎えました。

新規保存ができないのが特徴でしたが一切使えなくなる障害にもあっています。

一律の上限とは限りませんしこれ以外にも問題が公開されていないだけの恐れもあります。

アップロード容量だけではなくノート枚数に上限があることにご注意ください。

連携アプリなど使い込むと案外ノート枚数使ってしまいます。

 

EVERNOTE障害への準備

EVERNOTEは不安定なサービスでサポートがほとんどん対応してくれません。

自助努力で対処できないと利用できなくなる可能性が高いです(経験上ずっとそうでした)

EVERNOTE以外にも大切なデーターは保存しましょう。

わたくしはwebクリップ以外はメールや他のクラウドにもできるだけ保存するようにしています。

ゴミ箱にゴミを溜めておけいましょう

消極できな対策ですがいまのサービスレベルでは有効です。

EVERNOTEが動作しなくなった時件数上限に引っかかってしまった可能性があります。

EVERNOTE社が対応してくれないため一切何も操作できなくなる可能性があります。

じっさい今回もそういう事態になりました。

ゴミ箱にノートをいくつか捨てて保存しておきましょう。

ゴミ箱を空にする操作がアプリやブラウザ経由、連携アプリの何れかからできればノート保存件数上限を下回ることができ、操作可能な状態に復帰できる可能性があります。

ただし保存してしまうと今度は全く使えなくなりますからご注意ください。

サポートの要請もそのまま信じないほうが無難です。

もしも他の環境で投稿してください。

という依頼を真に受けてゴミ箱からにした状態でやっていたら、保存済のノートを見ることも、サポートが要求してくる操作やスクリーンショットを撮ることも含め何もできなくなっていました。

じっさいその要請メール後にwebクリップして完全に操作不能になってしまいました。

 

EVERNOTE代替手段

Gmail 、Google Driveがevernote代替の第一候補

簡単に安く使うにはGmailやGoogle Driveの利用がオススメです。

弱点は日本で使えるアプリでの連携がEVERNOTEより少ないこと。

webクリッパー相当の機能がまだ貧弱なことです。

Chrome限定ですが機能拡張にwevクリッパー的なものがGoogle謹製で公開されています。

 

evernote代替の第二候補はOneNoteです

機能的にはevernoteのクリッピングツールをはるかに凌駕する高性能ぶり。

保存もSkyDriveが使えます。

とてもよいのですが高価格なのが玉に瑕です。

Office365というクラウドサービス(月額または年一回払い)は購入コストを引き下げるのに便利です。バージョンアップで買い直すことになることを考えるとパッケージを買うより割安だと思います。

金額以外ではwebクリップに限定すると一手間余計にかかることがマイナス要因です。

スクリプトかけば解消できそうな気はします。

一番大きい障害がパソコンではWindowsに限定されてしまうことです。

スマホ用にはアプリが提供されているので問題は小さいのですがLinuxでも使いたいです。

※もしかするとブラウザーで使えるのかもしれませんがマイクロソフトサイトで情報見つけられませんでした。

 

価格が下がっている初代Surfaceは日本ではマイクロソフトオフィスが添付されていてこの価格帯ですからRT含めて検討対象にできるかもしれません。

第二世代が一ヶ月遅れて日本にも販売されるということなので在庫調整でもう少し値段下がるかもしれずレスポンスにうるさくないならいい選択肢だと思います。

Surface RTはamazonで36,000円(2013/10/23 14時)

バッテリーの保持時間含めて遅ささえ気にならないなら魅力ある製品です。

アプリはスマホに比べると限定的なのでどう使うのかは事前に検討の必要があります。

RDPでパソコンリモート制御するとかならなんでもできるわけで、iPadやAndroidタブレットよりずっと使いやすいです。

 

 

Surface Proがもしもアメリカと同時発売だったら買っていました。

4ヶ月以上も経過してしまうとハードウェアの古さが目立ってしまい金額の高さが眼についてポチれませんでした。

値段が落ちてきてちょっと考えてもいいかなという気になってきたのはある意味EVERNOTE障害のおかげです。

EVERNOTE障害状況続報2(保存枚数上限で動きません)

2013-10-21_02h27_44

あいかわらずEVERNOTEは保存容量上限にかかったまま使えない状態が続いています。

サポートは相変わらず作業してくれず、放置されるので対応してほしいと催促するとブラウザーのバージョンを教えろといった何日もたって催促されて言うことかといった質問が帰ってきます。

 

これ以上気長に待てませんので保存上限に達していて動作しないので自社サービスのログとエラーログの確認をお願いしました。

それへの回答は使っていないEVERNOTEアプリを入れ同期ボタンを押して「アクティビティーログ」をおくれとかブラウザーでスクリーンショットを取れとか。

初回の問い合わせに対する対応であればまだ妥当性を失っていませんがこれほど繰り返しあれこれ作業させてからのサポートからの要請というのは理解のほかです。

自社サービスの障害状況をチェックする機は一切ない様子で残念通り越して呆れてしまいました。

 

もしかして時間稼ぎしていて上限という問題を有耶無耶にしたいだけかも。

それでも使えるようになればいいので試してみました。

ノートを削除しゴミ箱からも消す。

更に動かなくなった場合の予備にノートを削除しゴミ箱に入れておく。

こうすることで表示さえできなくなってしまうことへの対処にしています。

 

結果ですが一週間たっても保存上限にぶつかってしまい使えない状態です。

ノートを削除すればその分保存でき、ふたたび動作しなくなります。

 

ERROR表示はパターンがいろいろあるようで前回はログインしていないという不思議なエラー表示でした。

今回は、ノートの保存サイズ上限は100MBですというエラーになりました。

2013-10-21_02h27_44

でもそんな巨大なものではなく表示しているページの記事部分を保存しようとしているだけです。

2013-10-21_02h28_24

念の為にURLだけのクリップを試しました。

おなじく保存できるノートは100MBまでですというERROR文です。

しかし、URLのクリップだけでは1KBも消費できません。

あきらかにERROR文がまちがっています。

もしかすると被害状況を連絡している中で一部コードに手を加えたのかもしれません。

 

2013-10-21_02h30_02

保存できている枚数が初回よりも若干増えています。

99,994枚となっています。

しかし、この枚数が正確かどうかは不明です。

2013-10-21_03h21_14

ゴミ箱には7枚いれてあります。

2013-10-21_03h29_12

ChromeでEVERNOTEにログインし新規ノートを作ろうとすると前回までと同じで「読み込み中…」となって先に進まなくなります。

この部分はまだ手が入っていないのでしょうか。

2013-10-21_03h39_47

ゴミ箱を空にします。

2013-10-21_03h39_56

ゴミ箱を空にした上でさらに数枚削除しゴミ箱に入れました。

こうしておかないとハングアップ状態になってしまうと何もできなくなってしまいます。

じっさい状況確認でテストしていた前回は、ブラウザーで枚数も表示されずノートも一切表示されないため、ノートの削除という手法も取れなくなっていました。

ゴミ箱に念のためノート数枚いれておいたのでゴミ箱を空にするオペレーションがたまたまできて使える状態に戻せました。

 

2013-10-21_03h42_33

ゴミ箱を削除した後、さらにノートを数枚削除しました。

この一週間で100枚近い貴重な資料が消えました。

2013-10-21_03h43_25

先ほど記事保存でもURL保存でもエラーになったページを保存してみました。

2013-10-21_03h43_42

あっさりと保存できました。

やはり保存可能枚数が約10万枚であるというEVERNOTEの状況に変わりはありません。

サポートは対応されず催促すると利用者に無駄な作業を繰り返させる以外の対応はしてくれません。

 

それにしても使えないままでは困ります。

質問もどんどん的を得ないものとなってきていて収集がつかなくなってきています。

このままごまかされても困るしまた連絡放置されてしまいましたので先ほど返信をもう一度しました。

 

問題点はwebクリッパーで保存できないこと。

症状を見ると保存容量に上限があると思われること。

自社のログ及びエラーログを調査して対応してほしいことを箇条書きにしました。

 

経過は以下を御覧ください。

ScanSnapとEvernote連携はメールが一番かも
Evernoteサービス障害
evernote障害状況
EVERNOTE保存数制限が見えた件


EVERNOTE障害状況続報

10月15日の午前10時過ぎに障害にであってしまってから、サポートらしいと認められる対応はまだありません。

 

サポート担当がどのような人なのかは採用も管理もしてきたのである程度わかっています。

多くを期待していないのですがEVERNOTE社につきましては以前からミニマムの対応もおできにならないのがとても残念に思っています。

過去記事にも書いていますが、わたくしはこうしたサービスの企画も構築も運用もサポートも多数複数の企業で経験があり一定の基準を持っていての評価です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ふつうならさっさと他の方法を探るのですがそうもいかないのが辛いところです。

現状だと検索できることなど含めるとGoogleのGmailかGoogle Driveに乗り換えるのが現実的です。

新規データーはそれでもいいし、利用料金の支払先がGoogleになるだけ。EVERNOTEプレミアムの数年分が無駄になるのが悔しいだけですむはずです。

しかし約10万枚あるノートをどうするかがとても問題になります。

そのまま放置してもいいのですがすると2箇所検索しないと情報を探せなくなってしまいます。

はじめのうちは古いデーターはEVERNOTE

新しいよく使うのはGoogleとなってそれほど手間にはならないのですが数ヶ月経つと過去情報EVERNOTEとGoogleで調べてマージしないといけなくなってしまいます。

量が少なければ大したこと無いのですが10万枚は自分にとってもそれほど少なくはありません。

エクスポート機能があればそれをGoogleクラウドに入れる方法考えればいいのですが10万枚一気にエクスポートできないと大変です。

じっさいには一括エクスポート方法が見当たらず、一枚ずつの処理になりそうです。

10万枚を一枚ずつ表示してコピペとかバイト使ってもやってもらえないでしょう。

EVERNOTE障害状況続報

2013-10-16_10h12_08

連休明け朝からEVERNOTEが使えなくなりました。

昨日の朝、サポートからのメールへ返信しましたが、未だに有効な回答も作業しているといった方向さえもいただけないままです。

プレミアムになっていますが、いままでも同様でサポートのお陰で障害が復旧したということもないのは残念なところです。

毎回問い合わせに対して書いている内容と重複する環境問い合わせメールが着てそれへ返信しても応対がないままになります。

サポートで対処できなくても状況報告くらいするのが普通ですがそれもできないクオリティーは改善していただきたいところです。

 

今回はかなり状況が悪いと判断して自分で調査を開始いたしました。

結果として10万件に達する直前で新規ノート作成ができなくなる。

適切なエラーを返せず、連携アプリでもEVERNOTE社純正ツールでも間違ったエラーメッセージを表示するか単に処理が固まってしまいます。

 

ブラウザ経由では使えたため一部のノートを削除して動作できるようになることを確認しました(昨日の昼頃)。

上限という仮説を検証するためさらに記事投稿することにしました。

※危険なのでしたくはないのですが、EVERNOTEサポートはあてにできないので検証して状況を開発チームなり運営の技術者にそのまま伝えてもらわないと改善する可能性がありません。

 

結果として想定通り連休明けと同じ状況になりました。

それよりも事態は悪化し、ブラウザーでも操作不能になりました。

ログインまではできるのですが一切ノートも表示できなくなり回復させた対処=一部のノートを削除しゴミ箱も空にするができなくなりました。

2013-10-16_19h56_15

※ノートブック一覧まで表示できるもののノートは一切見えず、保存件数も表示できない状況。

表示のためのDB問い合わせに対して応答が得られていない状況のようです。

 

 

やむなく壊れても回復しやすいWindowsXP環境にEVERNOTE純正アプリをインストールしました。

ゴミ箱に2件だけノートを残してあるのでゴミ箱を空にするオペレーションさえできれば、また操作できるようになるはずだからです。

 

2013-10-16_20h19_16

※仮想環境にXPを構築しておいたのが役立ちました。

2013-10-16_22h03_20

ノート件数は約10万枚のはずが1,560枚…

2013-10-16_22h04_20

商売がうまいのはさすがソ連の方とは思うのですが、基本機能はしっかり作るようになってほしいです。

2013-10-16_22h17_47

いろいろな場面でエラー表示されて何もできません。

サポートへの問い合わせもiPhoneではクリックすると固まってしまいます。

 

2013-10-16_22h19_00

何とか使えるように戻しました。

こまめにノート削除して削除した件数分だけ投稿するようにしている分には使えています。

なぜサポートでこの状況把握できないのかは果てしなく不思議です。

 

※障害状況の仮説

DB操作上で扱えるノートに上限があり、それを超えるとDBからの応答を得られなくなる。

バッファーオーバーフロー的な状況を想定しています。

ちょうど限界を超えたところでハングアップするはずなので2件ほど削除できれば動作するはずと考え、2件だけゴミ箱に残しておきました。

状況の想定があっていれば、ユーザーが対処できない状況でも技術者にゴミ箱を空にしていいと伝えればとりあえず操作できる状態に回復できると考えました。

 

EVERNOTEクライアントアプリからはノートはほとんど表示されませんがなんとなくアクセスはできている状態になりました。

そこで「ゴミ箱」を空にする操作をしてみました。

同期状態なのでうまくするとゴミ箱の中を削除するオペレーションが伝わりブラウザーなどからも操作可能なノート数限界を1枚下回る状態に戻せるかもしれません。

 

結果は正解だったようでしばらくするとブラウザーで操作できるようになりました。

ノートを見ながらあきらめが付くものを削除して今保存したいデータを追加するを繰り返しつつ使っています。

 

 

経過は以下を御覧ください。

 

ScanSnapとEvernote連携はメールが一番かも
Evernoteサービス障害
evernote障害状況
EVERNOTE保存数制限が見えた件

 

サービスそのものやサポートのクオリティーは残念ですが、今時点でEVERNOTEのようなサービスがほとんどないので限界を知りつつ使うというのは十分にアリかなとは思います。

あれこれ検討して、現時点での有効な移行先はGmailの有料オプションになりそうです。

Google APIも利用したいし、15GBでは容量が足りないためです。

EVERNOTEのwebクリッパー的なものがGoogleサービス用に登場するのを待っています。

EVERNOTE保存数制限が見えた件

2013-10-16_15h11_53

EVERNOTEの障害で昨日の朝から泣かされています。

元々も巨大なサービスの企画や構築、開発、運用、ユーザー対応なども複数の会社で責任者や中心的技術者としてやってきましたので文句を言いつつここまで対応がだらしないとついつい萌えてしまいます(^_^;)

EVERNOTE障害状況

おかげで台風の中余分な検証してみて明確になったことがありました。

ログインできる

ログイン情報の修正ができる

過去情報が参照できる

過去情報の変更もできる

新規情報の書き込みを受け付けない

 

EVERNOTE障害から状況分析

SQLに翻訳するとSelectとUpdateはできている。

Insertできていない。

もしかして本当のバグでエラー表示が間違っているだけではないのか!?

どんなバグかというと格納数上限

TOPに貼った画像は障害中のEVERNOTEサービス

保存ノート数はわたくし的には控えめな99,950枚です。

1GBの転送量の1/4くらいしか毎月使ってきませんでした。

ちょっとした怖さを感じていたからです。

どうやら予想が的中したかもです。

EVERNOTEには保存できるノート数に上限があり、上限に達したとき適切なerrorを返せずサポートもその事実を知らない

ま、よくありがちなことです。

EVERNOTEに枚数上限があるのか簡単なテストで確認

昨日の朝保存している途中で突然保存できなくなったことや障害の表れ方から枚数上限というEVERNOTEが販売上言っている一ヶ月間の転送量制限以外の制限のある可能性が急浮上しました。

作業の合間に検証してみました。

まずは現在のノート枚数チェック

99,950枚と表示されています。

新規ノート作成しようとすると

2013-10-16_10h12_08

「ノートデータの読み込み中……」と表示したまま固まります。

昨日の朝からずっとこの状態です。

これも格納上限があり新規ノートID取得ができないとすればなんとなく有り得そうです。

こういうバグはあまりないし、発生時には開発社なり運営者にアラート出すように作りこむものですがそうしたこともしていないのでしょう。

2013-10-16_15h11_53

99,950枚

2013-10-16_15h13_11

頻繁に障害にあっていて不快感を感じてしまう記事を削除して仮定の検証してみました。

えい、不愉快だ!きえろ〜(心の叫び)

2013-10-16_15h13_36

一枚減って99,949枚になりました。

新規ノート作成……

同じエラーです。

 

でもあきらめません。

ダサイDBはvacuumしないと回復しないものです。

きっと見かけ上の削除で削除されていないのでしょう。

探すと見つけました

 

2013-10-16_15h15_33

なるほど、ゴミ箱に18枚ありますね。

2013-10-16_15h15_52

ゴミ箱を開くと一番初めにEVERNOTE者が靴下を売り始めましたと褒め称えるニュースが入っています。

これでは枚数減っていません。

探すと完全削除ぽいメニューが有ります。

一枚一枚表示しないと削除できないのが不便ですね。

ゴミ箱内一括削除がほしいし、ゴミ箱に入れない設定もほしい。

EVERNOTEには保存上限がありました

ゴミ箱のノートを削除しました

2013-10-16_15h17_43

ちなみに上の状態でノート枚数99950とかはバグっていると思われます。

ゴミ箱の枚数はカウントされていない様子です。

ノート削除したら新規投稿可能になったEVERNOTE

2013-10-16_15h20_37

削除意外なにもしていないのに新規投稿ボタン押すと書き込みできる画面にすぐに移行しました。

保存自動でできています。

では今度は障害にあったiPhoneのSmartNewsから投稿。

予想どうり投稿成功しました。

2013-10-16_15h22_32

堀北真希さん、うつくしいですね。

「あまちゃん」から一年ぶりになる主演の「ミス・パイロット」

他の女優さんなら白々しくなりそうなはじめてフライトシミュレーター操作して感動の涙を流す場面が見ているこちらまで感動してしまう。いい演技ですね。眼がいいです。

 

脱線しました。

 

あれほどうんともすんとも言わなかったEVERNOTEに保存できました。

 

2013-10-16_15h47_41

FireFoxのwebクリッパーでも保存できました。

 

ここまでのEVERNOTE障害とそれに対する個人的な検証の結果EVERNOTEには保存枚数上限があり10万枚を少し下回るところで上限に達するようです。

ノートを削除しゴミ箱からも完全削除すれば削除した枚数分だけは(追加?で)登録できるようです。

容量セーブしてテキストを保存されている方などは注意したほうがいいかと思われます。

 

2013-10-16_16h06_37

今月は断捨離でScanSnapで資料スキャンしてPDF化しメールでEVERNOTEに保存するということを試しているのでごく一部のノートが容量大きくて、いつもより帯域使用量が倍あまりいっていますがそれでも50%にもたっしていません。

転送量制限に引っかかっているとかでもありません。

 

 

さて、サポートに連絡してあげるか彼らが状況把握できるまでにどんなことが必要かを見て自分のEVERNOTE社に対する評価がどの程度正しいかを確認するか。

単純な設定の問題で個別対応で上限引き上げられるか、致命的な設計上の問題で対処不能か全体設定変更が必要でできるかどうかもわからない状況下のいずれかではないかと考えられます。

まともな技術者が入れば上限設定しておいてサービスの破綻を防ぎ、必要に迫られたら個別ユーザーのみ設定を変えるといったちょっと姑息な対応をしそうですが果たしでどうでしょう。

※保存件数無制限にした場合、SQLで使用されるメモリー上限がなくなりサービスが停止状態になる恐れもあります。本来はそうした上限明示しなければなりませんし、LIMITなどつかい上限以下で動作するようにSQL文を工夫するべきですが、安直に保存件数に社内にも非公開の上限もうけてしまうという逃げができてしまう体質というのはスタートアップにはありがちです。

 

ブラックボックスの検証ってたまにやってみたくなりますが、まさか必要に迫られてやるハメになるとは思いませんでした(もうそういう野暮な仕事からは引退したんだから)。

状況から格納できる枚数に絶対的な上限が存在するようです。

憶測ですが過去にも何度も保存できなくなったことがあります。

そのうちの何回かは上限にぶつかっていた気もしています。

 

ということで、99,000枚くらいは保存できるようなので普通に使う人には上限気にしなくても大丈夫でしょう。

写真とか自炊データーといった容量の比較的大きなデーターを格納していればたった1GBの転送量ではそれほどの枚数保存できませんから。

逆に容量気にして画像を最小限に抑えテキストデーターなどをこまめに保存していたりメールアーカイブとかしていると上限超えてしまうかもしれません。

わたくしは気になるネット上のデーター始めメモ代わりにあれこれぶち込んでいます。

DropBoxへの移行は以前から考えつつも踏み切れないのもファイル数制約が多くのOS(実際にはファイルシステム)に存在するからで1万前後で障害に見舞われる可能性がグッと上がります。

 

SSDでもデジカメでも多分開発社の想定超えて使って限界超えて障害に見舞われますが、EVERNOTEは転送量以外無制限のはずがあっという間に上限にぶつかることがはっきりしてしまい残念な結果になりました。

逆に上限がはっきりしましたので普通に使われる方は安心していいといえるかもしれません。

無制限という言葉ほど危うく怪しいウリ文句はありません。

上限がはっきりしていれば使い方から、それで満足できるかどうかを検討できます。

 

EVERNOTEはこちら

 

 

スペックにしてはまだ高いと思うもののもしもこれでSkyDrive 1TBとかついてきたら無条件で買うだろうと思っているのがマイクロソフトのSurfaceです。

マイクロソフトオフィスがついていてEvernoteのwebクリッパーよりはるかに使えるOne Noteが使えるのが最大の魅力です。初代は処理速度がわたくしには遅すぎるのとSkyDriveがちょっと高いのでまだ手を出しませんがいずれは移行したいシステムです。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



スポンサードリンク